引越し先のカーテンを用意できなかったときの応急処置

引越し作業が終わってから採寸して買いに行こうと思っていたカーテン。引越し作業が思いのほか時間がかかったり、近所にカーテンを売っているお店が見つからなかったりして、引越しをしたその夜までにカーテンを用意できないことがあります。

カーテンがないと外から丸見えになってしまいますので、なんとかして応急処置をして外から見えないようにしたいところです。ここでは、引越し先のカーテンを用意できずに、引っ越し初日の夜を迎えてしまったときの応急処置について紹介します。

サイズが合わなくても旧居のカーテンは持っていく

まず引越しをするときの注意点として、旧居のカーテンが新居で使えないとわかっていても、新居のカーテンを入手するまでは捨てないようにしてください。寸足らずでも長すぎても構いません。数が足りなくてもないよりはマシです。

  • 旧居のカーテンは新居のカーテンを手に入れるまでは手放さないこと
  • 荷造りをするときは取り出しやすい場所に梱包する

引越しの荷造りの際は、上記の二点を頭にいれておいてください。

すぐに使うもの専用の箱を作って、そこに入れておくと引越し先ですぐに使用することができます。せっかく準備をしても、どこに入れたのか見つからなくなってしまったのでは意味がありません。

100円ショップやコンビニでカーテンの代表品を購入する

旧居のカーテンが寸足らずだった場合は、カーテンの下部から家の中が丸見えになってしまいます。カーテンの数が足りないときは、目隠しが一切ない状態になってとても危険です。

誰かが引越してきたとき、近所の人たちはどんな人が引越してきたのか気になりますので、悪気がなくても光が漏れていたらついついそちらに目をやってしまいます。

男性の一人暮らしであればそれほど気にしなくてもいいかもしれませんが、女性の一人暮らしの場合は、確実に外から覗けないようにしたいですよね。そんなときに使用したいのが100円ショップやコンビニで購入できる代用品です。

100円ショップやコンビニで買える代用品は以下のものになります。

  • 新聞紙
  • レジャーシート
  • 包装紙
  • アルミシート

新聞紙やレジャーシートは、見た目がとてもみすぼらしくなりますが、たった1晩のガマンです。自分の身の安全を守るためにも贅沢は言ってられません。上記の代用品とガムテープを購入して、窓の隙間に貼り付けてください。目隠しとしては十分すぎる効果があります。

すぐにカーテンを購入することができるお店紹介

とりあえず応急処置はしたとしても、翌日にはカーテンを購入しに行かなくてはいけません。ただ、カーテン販売店でもお店によってはオーダーを受けてから制作するようなお店もありますので、定尺のカーテンをすぐに購入するお店を検索しておきましょう。

全国展開をしていて、定尺カーテンをすぐに購入することができるお店は下記の2店になります。

  • ニトリ
  • 無印良品

引越し後の家具などをカーテンと一緒に購入するのに、少しでも安く買いたい場合はニトリ、ちょっと質の高いものを買いたい場合は無印良品がおすすめです。

忙しくてカーテンを買いに行けないときは

引越しの手続きなど、どうしてもカーテンよりも優先しなくてはいけない作業があって、翌日以降もカーテンを購入しに行けそうにない場合におすすめなのがAmazonとヨドバシ.comです。

実物を確認して購入することができないので、できれば実店舗で購入検討するのがベストですが、時間がない場合はそうも言ってられませんよね。いつまでも新聞紙やレジャーシートで隠すわけにもいきません。

Amazonヨドバシ.comなら注文翌日(最短当日)着でカーテンを購入することができますので、引越し作業の合間にカーテンサイズを測って、スマホから購入すれば翌日にはカーテンを手に入れることができます。もちろん定尺カーテンに限りますが、賃貸物件なら定尺カーテンでカバーできるはずです。

近所にニトリや無印良品がない場合にも「とりあえず購入」のために使える思わぬ穴場ですので、Amazonとヨドバシ.comでもカーテンの購入が可能だということを頭の片隅に入れておきましょう。