【引越し準備やることリスト】準備期間にやること&必要な手続き

そろそろ引っ越しをしようと考えている方、引っ越しの際にはどのような準備が必要かご存知でしょうか?引越し業者はどうやって選べばいいの?荷造りは自分でするの?どのくらいの準備期間が必要?引っ越しに関する疑問は沢山あるかと思います。そこで、今回は引っ越しに関する情報をかき集めました。これさえ読んでおけば、引っ越しなんて怖くない!引っ越し準備パーフェクトガイドです。

引っ越し準備に必要なこととは?

引っ越しをしようと考えている方、必要な準備に関して詳しく知っていますか?引っ越しといっても、選ぶ業者によってサービスは様々です。自分に合った業者やプランを選んで、お得に引っ越しを済ませたいですよね?

さらに、引っ越しにともなって、自分で準備しなければならないことも多数あります。荷造りだけが引越し準備じゃない?直前になって、あれをしないと!これもしないと!と焦ることがないよう、事前に計画を立てておきましょう。

それでは、具体的にどのような点に気をつけて引っ越し準備を進めていけばよいのでしょうか?必要な手続きリスト・手順を参考にして、計画通りに準備を進めていきましょう。

引っ越し準備のやることリスト

1.引っ越し業者選び

引っ越しをする際、たいていは業者に頼むことが多いかと思います。業者選びが、まず第1のポイントです。というのも、引っ越しの料金には決められた価格がありません。業者のホームページを見ても、料金が明記されていませんよね?

どんな荷物をいくつ運ぶのかによって料金が変わるため、実際に見積もりを取ってみないと金額が分からないのです。この料金が、選ぶ業者によって大きく違うというのが特徴なのです。一般的に、大手の業者は金額が高めのようです。

料金を比べて安い業者を選択するため、見積もりは複数の業者にお願いしたほうが良いでしょう。もし、1社だけにお願いをした場合、比較対象がないため高い料金を提示されても気づきにくいのです。

複数の業者に見積もりを依頼するにあたって、便利なのが一括見積もりサイトです。一括見積もりサイトでは、いつ頃、どこからどこに引っ越したいのかなど、簡単な入力をするだけで、複数の引越し業者に対して一斉に見積もり依頼を出してくれます。

すると、業者はその日中か翌日には見積もりを返してきます。その料金を比べて、あなたは引越し業者を選択することが出来るのです。あっという間に見積もり比較が出来るというのが、一括見積もりサイトの利点ですね。

2.いらない物の処分

引っ越しをする際、この機会を利用して不要品を処分しましょう。不要品を処分することで荷物を減らすことが出来れば、その分の引っ越し料金も安くなります。まずは、いらないものをリストアップしてみましょう。

そして、最初にすべきことはゴミとして捨てるのではなく、リサイクルショップで買い取りをしてもらえないか聞いてみることです。自分では不要だと思っているものでも、買い取りをしてもらえることが結構あります。

ゴミとして処分すると処分費用がかかる場合があります。リサイクルショップに買い取ってもらえば、その処分費用もかかりません。業者によっては、トラックで引き取りに来てくれるところもあります。

残念ながらリサイクルショップで引き取ってもらえなかったものは、ゴミとして処分することになるかと思います。家具などの大型のものは、粗大ゴミとして処分する必要があります。

ゴミ捨て場に捨てることが出来たら良いのですが、そうはいきません。粗大ごみを出すには、事前に予約が必要です。さらに、この予約をした時から引き取ってもらう日までの期間が2~3週間かかる場合もあります。

引っ越しの日までには引き取ってもらう必要があるため、粗大ゴミ収集の予約に関しても1ヶ月前までには終わらせておきたいところですね。各自治体の粗大ゴミ受付センターに電話をして、申し込みましょう。

収集当日は、コンビニやスーパーなどで購入した「粗大ごみ処理券」を貼り付けたうえで自宅の前に出すという流れが多いと思いますが、各自治体によって違いがありますので、事前に確認しておきましょう。

3.荷造り

もし、荷造りを自分でする場合には、計画的に始めなければいけないでしょう。というのも、荷造りは思ったよりも時間がかかるのです。家族で引っ越す場合は、約1ヶ月前あたりから準備をしたほうが良いと思います。

業者によっては、荷造りに必要なダンボールやガムテープ等を無料でもらえる場合があります。そうでなければ、自分で購入する必要があります。ダンボール・ガムテープ・新聞紙などは捨てずに溜めておくようにしましょう。

4.パソコンのバックアップ

引っ越しの途中、破損させてしまいやすい荷物の第1位がパソコンです。振動や衝撃に弱い電子機器なので、トラックで運ぶことはオススメしません。しかし、どうしてもトラックで運んでもらわないといけない場合もあるでしょう。

引っ越し業者の保険でも、パソコンのデータ内容までは補償しませんというところが多いです。引っ越しでパソコンを移動させる際には、事前にバックアップの用意を自分でしておきましょう。

5.新居のレイアウトを決める

見落としがちなのが、新居のレイアウト作成です。どの場所に何の家具を置くか、だいたい決めておいたほうが良いでしょう。あらかじめ図を作っておけば、引っ越しが終わった後にバタバタ考える必要がありません。

また、作った図を作業員に渡しておけば、その位置へ搬入してくれるため、家具の搬入をスムーズに行うことが出来ます。後で自分たちで動かすよりも、運んでもらったほうがずっと楽ですよ。

6.近所の人への挨拶

今までお世話になった近所の方へは、しっかりと挨拶をしてから引っ越しましょう。特に挨拶品などを渡す必要はなく、一言声をかけるだけで大丈夫です。

そして、引っ越し先でも近所の方へ挨拶をしておいたほうが良いでしょう。義務ではないのですが、個人的にはしておいたほうが良いかと思います。この際、挨拶品を持参する必要が有るため、あらかじめ準備しておきましょう。

挨拶品は500円〜1,000円くらいのもので大丈夫です。タオルや洗剤など、日用品を贈ることが多いようです。引っ越し挨拶は、一戸建てなら向こう三軒両隣、マンションなら両隣と上下階、管理人さんにしておくと良いでしょう。

7.転居はがき

今までお世話になった方には「引っ越しました」という転居はがきを出しましょう。引っ越しが終わってからバタバタと準備するよりも、作業が忙しくなる前に終わらせてしまったほうがいいかと思います。

8.掃除

引っ越し前には掃除が必要不可欠です。普段は手が行き届かなかった場所まで、しっかりと掃除してから出ていきましょう。賃貸住宅に住んでいる場合は、この掃除を怠ると退去時の立ち会いで清掃料金を請求される場合があるので要注意です。

必要な手続きリスト

賃貸の解約

引っ越しの日程が決まったら、まずは賃貸解約の手続きをしなければなりません。賃貸アパート、マンション、駐車場を契約している方は、大家さんや管理業者に連絡を入れて、退去日を知らせましょう。基本的に、退去日は1ヶ月以上前に知らせるというのが常識です。

しかし、住宅の賃貸借契約書に「2ヶ月前には知らせてください」と書いてある場合もあります。もし、決まった日までに退去日を知らせなかったら、超過した分の家賃を取られてしまいます。引っ越し日程が決まったら、出来る限り早く知らせるようにしましょう。

小中高校の転校

子供がいる場合は、引っ越しが決まったら時点で担任の先生に連絡を入れてください。生徒の転校に伴い、担任の先生も様々な手続きをしなければなりません。余裕を持って連絡しましょう。

公立の小中学校の場合、担任の先生に連絡した後、在学中の学校で「在学証明書」「教科書受給証明書」を発行してもらいます。引っ越し先の教育委員会に、住民票と在学証明書を提出して「転入学通知書」を発行してもらいます。

そして、指定を受けた学校へ行って「教科書受給証明書」「転入学証明書」を提出します。私立の学校だと学校によって手続きが異なるため、学校に問い合わせる必要があるでしょう。

高校の場合は、転校先の学校に欠員がある場合のみ、転校が可能です。さらに、編入試験に合格しなければ転校することは出来ないのです。早めに連絡をして、スムーズに転校できるようにしましょう。

固定電話、ネット回線

固定電話は116に電話をして引っ越しの旨を伝えましょう。また、NTTのホームページで手続きをすることも出来ます。ホームページだと待たずに手続きができるのでおすすめです。

インターネット回線を使用している場合は、引っ越し先でも引き続き使えるように手続きを行わないといけません。インターネット回線を繋ぐには工事が必要になるります。予約してすぐに工事をしてもらえる訳ではないため、早めに連絡をしておきましょう。

転出届

引っ越しの前日までに、転出届を提出しておきましょう。提出する際には、運転免許証やパスポートなどの身分証明書と印鑑が必要です。各自治体の窓口で転出届を提出すると「転出証明書」を発行してもらえます。

この「転出証明書」は、引っ越した先で転入届を提出する際に必要になります。受け取ったら、なくさないよう保管しておきましょう。

印鑑登録

引っ越す前に役所で印鑑登録廃止手続きをし、新しい引越し先で新たに印鑑登録をする必要があります。廃止手続きをする場合は印鑑と印鑑登録証が必要なので、必ず持って行きましょう。

国民健康保険

引っ越す前日までに、健康保険証を返納しなければなりません。新しい保険証は引越し先の自治体窓口で発行してもらえます。手続きを忘れないようにしてくださいね。

児童手当

児童手当の手続きは、現在と同じ市区町村内に引っ越す場合と、他の市区町村に引っ越す場合によって異なります。同一の市区町村内に引っ越す場合は、児童手当の受給元が変わらないので、市区町村役場に「住所変更届」を提出するだけで大丈夫です。

他の市区町村に引越しをする場合は、まず引越し元の市区町村役場に「児童手当受給事由消滅届」を提出して「所得課税証明書」を発行してもらいましょう。そして、引越し先の市区町村役場で「児童手当認定請求書」を提出すれば手続完了です。

電気、ガス、水道

電気、ガス、水道に関しては、それぞれ使用停止の手続きをする必要があります。電気会社、ガス会社、水道局へ電話もしくは、インターネットで連絡をしてください。氏名、現住所、引っ越し日などの必要事項を記入します。

料金の精算は、引っ越し当日に担当者に支払う方法がありますが、個人的にオススメなのは口座引落しです。あらかじめ料金を口座引落しで支払っていた人は、翌月に引き落としてもらうことが出来ます。

引っ越し先の家で使用開始の際、ガスだけは立ち会いのもと開栓手続きが必要になります。引っ越し後すぐにガスを使用したいのであれば、引っ越し前にあらかじめ予約しておいたほうが良いでしょう。

NHK、衛星放送、ケーブルテレビ

NHK、衛星放送、ケーブルテレビも引っ越しの手続きが必要です。それぞれの会社に連絡をして、引っ越しの旨を伝えましょう。

各種配達サービス

郵便局に転居届を提出すると、その日から1年間は古い住所へ届いた郵便物を、引っ越し先の住所へ転送してくれる「郵便転送サービス」があります。転送されない期間を設けてしまわないよう、引っ越しの1週間くらい前までには手続きをしておきたいですね。

運転免許証などの本人確認証と印鑑を持参し、郵便局の窓口へ行きましょう。ほんの数分で手続きは完了します。また、日本郵便のホームページからも手続きが可能です。

新聞配達を頼んでいる場合は、それぞれ販売店に連絡をする必要があります。中止の手続きをして、料金の精算をしましょう。

銀行口座

銀行口座に関しても、それぞれの銀行窓口に連絡して、住所変更をする必要があります。口座がすぐ使えなくなるということはありませんが、手続きをしないと必要書類が届かなくなるため、必ず住所変更をしてくださいね。

携帯電話

引っ越しをしても携帯電話はそのまま使用できますが、住所変更をしないと必要書類が自宅へ届かなくなります。そのため、それぞれの携帯電話会社で住所変更の手続をしましょう。

クレジットカード

クレジットカードを利用している場合は、カード会社に登録されている住所の変更手続きをおこないましょう。変更手続きをしないと、必要な郵送物を受け取れなくなってしまいます。

引っ越しの準備期間

一人暮らしなら1~2週間

一人暮らしの場合だと、荷造りは1〜2週間程度かかると考えておいてください。もちろん個人差はありますが、家族での引っ越しに比べて荷物の量が少ないから大丈夫!と思っていたら大変です。

仕事をしている場合、平日はなかなか荷造りも出来ないのが現状です。思った以上に時間がかかってしまい、休日だけでは終わらないこともあるのです。余裕を持って準備していきましょう。

家族での引っ越しは2~4週間

家族で引っ越しする場合、荷造りには1ヶ月かかると思っておきましょう。どんなにテキパキとこなしても、最低2週間は必要です。荷造りは余裕を持って始めることが重要です。

もし、共働きで引越し準備の余裕がないという場合には、引っ越し業者の「おまかせパック」を利用することも視野に入れましょう。荷造りも荷解きも引っ越し業者がやってくれるため、荷造りがとても楽になります。

荷造りで気をつけたい3つのコツ

1.普段使わないものを先に詰める

まずは、あまり使用頻度の高くない、季節外れの衣類や布団などから荷造りを始めてしまうのがコツです。荷造りの基本は「使っていないものからダンボールに詰める」です。衣類も、着ていないものを先に荷造りし、引越し直前まで使うものを後に荷造りしましょう。

特に押入れに入っているものから荷造りを始めると、梱包したダンボールを再び押入れへと戻すことが出来るため、ダンボールが部屋にあふれて邪魔になるという現象が起きません。

2.玄関から遠い部屋を先に荷造りする

玄関から遠い部屋を先に、近い部屋を後に荷造りするのも、コツの1つだと言えるでしょう。というのも、引越しの荷造りをしている間も普段通りの生活をする必要があるため、廊下や玄関などに荷物があふれ返るという状態は避けなければなりません。

引越しの荷造りをしつつ快適に暮らすには、玄関から遠い部屋を荷造りしていくのが良いでしょう。荷造りを終えたダンボール箱などを遠くの部屋に積み重ねていったほうが、外に出づらいという状況は生まれにくくなります。

3.軽い物は大きな箱に詰める

衣類など軽い物は大きな箱に入れると良いでしょう。そうすると、ダンボールが重くなりすぎることもないため、運ぶ時に苦労するということもありません。

逆に、本や食器などの重いものは、小さな箱に入れるようにしましょう。大きなダンボールに重いものを入れてしまうと、運んでいる際にダンボールが破けてしまう恐れもあります。

大型製品の荷造りで気をつけたい5つのコツ

1.冷蔵庫は引っ越し前日までにコンセントを抜く

冷蔵庫は、引っ越し前日までにコンセントを抜いておきましょう。コンセントを抜くと、庫内が外気温に戻っていく過程で結露が発生します。また、冷凍庫内の霜が溶ける段階で水が出ることもあります。

遅くとも6時間前までには冷凍庫を空にしてコンセントを抜く必要があります。冷蔵庫、冷凍庫の扉は開けたまま、底に厚手のタオルなどを敷いて、出た水分を吸収させましょう。しっかりと庫内を乾燥させておくのがコツです。

2.テレビアンテナの脱着、配線は各自でおこなう

テレビアンテナの脱着や配線などは、基本的に引っ越し業者の有料オプションとなってしまいます。業者の作業範囲としては、機器の運搬と設置のみになります。なので、テレビ・オーディオビジュアルの配線は自分自身でおこないましょう。

もし、自分でするのに不安がある場合は、引っ越し業者の有料オプションを申し込んでください。だいたい5,000円前後で引き受けてくれるところが多いようです。

3.洗濯機の取り付け・取り外しは有料かも

洗濯機の取り付け、取外しは標準サービスとなっている業者も多いですが、有料オプションとして取り扱っているところもあるので注意が必要です。洗濯機内の衣類はすべて取り出して、水をきちんと抜いておきましょう。

ドラム式洗濯機の場合は、輸送用の固定ねじがないと洗濯機が故障する可能性があります。もし、失くしてしまった場合には、各メーカーへ問い合わせて送ってもらうようにしましょう。

4.ベッドの分解は業者がやってくれることが多い

ベッドに関しては、引越し業者が分解や組み立てをしてくれるケースが多いかと思います。分解や組み立てには、その製品ごとの専用工具が必要となる場合があるため、その場合は準備しておきましょう。

5.食器類はひとつずつ丁寧に包む

引越し業者が使う、ミラーマットという専用の緩衝材があれば梱包する必要はありません。しかし、それは有料オプションである場合がほとんどです。使用しない場合は、新聞紙で代用が可能です。

新聞紙で食器をひとつずつ丁寧に包みましょう。あらかじめ、新聞紙1枚を折りたたんで軽く揉みほぐし、空気を含ませてから使うのがコツです。新聞紙で包んだ食器は、重たい食器が下にくるようにして並べていきます。

軽い食器が上になるように気をつけ、お皿は出来るだけ平らではなく立てて並べていきましょう。こうすることによって、上からの加重がかかった場合、食器が割れにくくなります。

詰め終わった箱をゆすって、あまりにもカチャカチャという音がするようであれば、あいた隙間に新聞紙などを詰めるようにしてください。中身が動かないようにすれば、割れる確率がぐっと下がるでしょう。

引っ越し当日に準備するもの8つ

1.スリッパ

片付けをしている間に、床はホコリまみれになるかと思います。捨てても良いスリッパを履きながら作業したほうが良いでしょう。ない場合は100均などで購入することをオススメします。

2.ガムテープ・カッター・ハサミ

荷物をダンボールへ詰めていく際に必要となってきます。複数用意して、子どもたちにも手伝ってもらうと良いでしょう。ちなみに、ガムテープは重ね貼りがしやすく丈夫な、布テープがオススメです。

3.油性ペン

どのダンボールに何が入っているかを書くのに、油性ペンは必要不可欠です。必ず1本は準備しておくようにしましょう。1本で2種類の太さが使えるものが便利だと思います。

4.軍手

素手のまま作業をすると、梱包中にケガをしてしまう恐れがあります。出来る限り軍手を付けて作業をしたほうが良いでしょう。新しく購入する場合は、滑り止めがあるものを選んでくださいね。

5.掃除用具

引っ越しが全て完了したら、隅々まで掃除をする必要があります。雑巾やゴミ袋などは多めに準備しておきましょう。使用したものはそのままゴミへ出せるようにすると、手間が省けるかと思います。

6.トイレ、浴室の用品

引っ越し当日、最後まで使用するのが浴室やトイレだと思います。なので、トイレットペーパーや洗面用具などは荷造りの中に入れてしまわないほうが良いでしょう。最終日に必要な分だけ残して、残りをダンボールに入れてしまうのも1つの方法ですね。

7.寝具

引っ越しを完了した後、その場所に数日間とどまるようであれば、寝具だけは残しておく必要があります。間違って荷造りしてしまわないよう気をつけてくださいね。

8.照明、カーテン

引越し後に数日間その場所に居続ける場合は、寝具と同様、証明やカーテンも残しておきましょう。ただし、完全に自分が出て行く退去日には、それらも忘れないように外していきましょうね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?引っ越しはまず、複数の業者から見積もりを取って、納得のいく業者を選ぶところから始めましょう。たまたま目についた業者を選んでしまうと、悪い業者に当たってしまうかもしれません。

引っ越しの日程が決まったら、余裕を持って準備を進めてください。荷造りは思った以上に時間がかかります。家族の手伝いを得ながら、みんなで進めていってくださいね。

引っ越しに伴って必要となる手続きも沢山あります。一度に全部やろうとせず、1つずつ丁寧に終わらせていくと良いでしょう。きちんと計画を立てて臨めば、引っ越しも楽しいものです。引っ越し先で快適な生活を始められるよう、事前準備をしっかりして引っ越しましょう!