引越し時に必要な電気・ガス・水道の手続きは?わかりやすく説明

引越しの準備は思ったよりも手間がかかるものです。電気・ガス・水道のように引越し当日まで使っていて、引越し先でもすぐに使う必要があるものは、手続きをしっかりしておきたいものです。手続きの流れや、必要なことを知っておきましょう。

電気・ガス・水道の引越時の手続きとは

引越しするときの準備はいくら余裕をもってはじめても、なかなか進まないものです。私も引越し当日になってもまだ荷物の整理が終わっていなくて、慌てて荷造りして、運送会社の方にあきれられ、最後はいるものも、いらないものもとにかく箱に突っ込んで引越した、なんてことがありました。

引越し先が決まって運送の手配も済んでしまえば、後は不要品の処分や荷造りくらいで当日を迎えればいいと、のんきに構えていると、思わぬ落とし穴にはまってしまうこともあるので要注意です。住所が変わることによって届け出なければならない手続きは役所だけではなく、郵便局や金融機関など思いのほかたくさんあるので、忘れないように確認しておきたいものです。

引越しの日が決まったら、なるべく早めにすませておいた方がいいものの代表が、電気・ガス・水道の手続きです。手続きにはこれから出て行く住居のものと、引越してから暮らす住居のものとがあります。近所なら同じ会社への連絡ですむこともあるでしょうが、たいていはまったく違った町に引越すことになるので、両方の会社に連絡しなければなりません。

引越し準備前に手続きの全体を知りたい方にオススメな情報です

新居への入居日が決まって、運送会社とも契約したら、後は荷造りだけ、というわけにはいかないのが引越し。日に日に近づいてくる引越し日。でも、準備は進まない。そんなときには、見落としのないようにチェックリストを作って、必要なことをあらかじめまとめておきましょう。

電気・ガス・水道の手続きについては、まとめて一度に済ませてしまうのが、混乱しないためのポイントです。ここではその手続のために必要な情報をまとめました。これを読めば迷わず、引越しに必要な電気・ガス・水道の手続きの準備ができます。

基本的に押さえておきたいのは、引越し前の住居と引越し先の住居の手続きをバラバラにしないことです。前の住居の解約と新しい住居での契約を一度に片付けてしまうのが、コツです。

まず、いったいどこに連絡すればいいのかすらわからない、という場合は、電気・ガス・水道の使用量や料金が書いてある領収書などを探してください。

それも見つからないようでしたら、契約している電力会社・ガス会社・水道局などをネットで検索して問い合わせ先の電話番号を見つけましょう。最近ではインターネットでも手続きできるところも増えています。電力会社は以前は地域ごとに特定の会社が決まっていましたが、自由化されたので、変更していたらそこに連絡します。

ガスは地域によって都市ガスやプロパンガスなどさまざまな企業があります。水道に関しては基本的に市町村などの公営水道が多いでしょう。

解約のときはどのくらい前までに連絡すればいいのか

電気・ガス・水道はそれぞれメーターで使用量を調べて請求されるので、どこが区切りなのかがそれぞれの事業者にとっても大事です。特に何日前までに連絡すると決まっていない会社がほとんどですが、引越しの日程が決まったのならすぐに連絡するのがベストです。

たいていは1カ月以上前に引越し日が決まっていると思いますが、事情があって、突然の引越しということだってあるでしょう。既に日程が迫っているのなら1週間くらい前の連絡でも仕方ありませんが、引越しの前日などにあわてて連絡するようなことにならないように準備しましょう。

引越し先にも同時に連絡しておくほうがいい

市内での引越しで同じ事業会社に頼むなら一度の手間で済みます。しかし、遠方への引越しの場合はあらかじめ不動産会社や大家さんなどに連絡先を聞いておき、引越しの日に電気・ガス・水道がすぐに使えるようにしておきましょう。せっかく引越したのにホテルに泊まらなければならないはめになってしまわないように。

電気は事前に契約が必要になった

電気に関しては、最近では自由化されたことによって、地域に関係なくさまざま事業者と契約できるようになりました。電力会社の事情がよくわからない場合はややこしいので、あらかじめ研究してこの電力会社にすると決めている場合以外は、引越しの準備で忙しい時に、電力会社で迷うのは避けたいものです。

特に決まっていないのなら、とりあえずは、わかりやすい従来の地域電力会社と契約して、落ち着いてから検討したほうが慌てることがなくていいでしょう。

ただし、以前は引越した先でブレーカーのスイッチを入れて「電気使用開始申込書」を後で送るだけで電気が使えたのですが、自由化によって事前の契約が必要になっています。

あらかじめ引越し先の電力会社に使用開始日を連絡して、事前に契約を結んでください。電力会社によって手続きの詳細は違っていますが、基本的には電話やインターネットにより申し込めます。

停止のタイミングはいつがいいのか

電気もガスも水道も、引越し当日まで使えるほうが便利です。あらかじめ連絡しておけば日付を指定して使用停止にできるので、引越し日にすべてを停止するようにします。

電気・ガス・水道はそれぞれが住宅まで配線や配管によってつながっているものを、メーターの前で止めたり開けたりすることによって、使用の開始や停止が行なわれます。それぞれの仕組みの違いや安全に対する配慮の違いから、事業者の担当者が来て作業する場合と、申込者本人が自分でする場合があります。

電気はブレーカーを切るだけでいい?

一般に電力会社では、利用者が自分でブレーカーを切るように指示されることが多いでしょう。メーターは後で確認に来て、料金を清算して自動引き落としか請求書が送られてくるはずです。

ただし、事業会社や地域によって対応が違う場合があるので、余裕をもって1カ月前くらい、ぎりぎりでも1週間前までには連絡して、どんな方法で停止するのかを確認しておきましょう。なお、電気の使用停止をインターネットで申し込める会社もあります。

ガスや水道の停止や開通には、立会いが必要?

ガスや水道は、電気と違って開栓や閉栓などのために係員が訪問することが多いです。ガスは原則的に停止する当日に係員が来てメーターを確認し、閉栓します。このときには本人の立会いが必要なので、スケジュールの調整が大切です。水道は立会いが必要な場合と必要でない場合があります。

水道の引越し先での使用開始の場合は、事前に市町村の水道部局に連絡しておけば、自分で水止め栓を開いて開栓して使用できます。後で使用申込書を郵送します。

ガスは使用開始の際にも、係員が来て開栓を行います。ガスという安全に配慮する必要があるものを扱うので、専門家による安全確認が必要だからです。このときも本人の立会いが必要です。

さらに、ガスは都市ガスとプロパンガスがあり、規格も複数あって使用できる機器も違ってくる場合があります。引越し先でそれまで使っていたガス器具が使えるかどうかのチェックも必要なので、できるだけそのときに荷物から出しておけるようにしておきたいものです。

引越しが予定通り進まなくて引越し先に到着できないなどということがないように、スケジュールに余裕をもって時間を設定するか、家族で分担して立ち会うなどが必要な場合もあります。また、電気や水道はその日に使えないと困りますが、ガスは引越してすぐに調理などする余裕もないですから、当日の日程調整がむずかしければ翌日に来てもらうという方法もあります。

初めての引越しでは新規の契約を結ぶことになる

それまで家族と同居していたのに、新たに一人暮らしを始めたというようなときは、電気・ガス・水道などの契約を個人で新規に結ぶことになります。ただし、新規に契約をするといっても、通常の移転に比べて大きな違いがあるわけではありません。

事前に引越し先の電力会社・ガス会社・水道局などに連絡しておき、新しく契約をすることと名義人を伝えて、利用開始の契約書になっているハガキなどを送ればいいだけです。引越し当日に立会いのあるガスなどは、その場で契約書に記入して渡せば済む場合もあります。

まとめ

引越しの準備は、当日が近づけば近づくほど忙しくなってしまいます。早めの対応ができるものは、できるだけ先に済ませておきたいものです。電気・ガス・水道などの手続きは引越し日さえ決まれば簡単に手続きできます。最近はインターネットでの手続きも簡単にできるところが増えてきました。

ガスなど当日に立会いが必要な場合は、引越し前の作業と引越し先での作業の日程をうまく合わせる必要がありますが、余裕をもって対応しましょう。