同じ建物内で引越しをした場合の引越し費用や敷金礼金はどうなるのか

同じマンション内でも間取りが違ったり、最上階などの眺望のいい部屋が空いたときに引越しをしたくなったりすることがありますよね。この場合の引越しはいったいいくらくらいの費用で行えるのでしょうか。そして大家さんに支払う敷金や礼金はどうなるのでしょう。

レアな状況過ぎてあまり情報のない、同じマンション内での引越しについての情報をまとめましたので参考にしてください。

同じマンション内の引越し費用はいくら?

同じマンション内の引越しであれば、友人などに依頼して自分たちだけで行ってしまうという方法もあるのですが、マンションの規約に「引越し作業には養生が必要」などの項目がある場合は引越し業者に依頼する必要が出てきます。

この場合の引越しはトラック作業がなくなるため、実際に掛かるのは養生の費用と、引越し作業社の人件費ということになります。

引越し作業の人件費は1人あたり15,000円前後になり、これに作業者の人数を掛けることになります。2名作業なら3万円、3人作業なら4万5千円というのが人件費の相場で、その他の費用として5000円程度になります。

作業時間と荷物の関係もありますが、一般的には3万円前後が相場になります。

実際には引越し一括見積もりサイトを利用するなどして相見積もりの状態にすれば、2万円前後にまで下がることもあります。

同じマンション内の引越しにかかる敷金や礼金の考え方

同じマンション内なのだから、あらたまって礼金なんて必要ないと思うかもしれませんが、基本的な考え方として、現在の契約を終了させて、新しく契約をし直すことになります。

そのため、現在の契約で敷金の精算を行った後、一度返金があるかもしくは差額分の敷金と礼金、場合によっては仲介手数料を支払う必要があります。火災保険などは利用会社によっては引き継げるケースもあります。

大家さんにしてみると、礼金は大きな収入源のひとつですので、同じマンション内であっても払ってもらいたいお金になります。もし大家さんと仲が良いような場合は、相談してもいいかもしれませんが、失礼のない範囲での依頼にしておきましょう。

考え方として、新たな引越し先がたまたま同じマンション内だったというだけで、引越しにかかる初期費用は他の場所への引越しと同じようにかかるのだと覚えておきましょう。

同じマンション内の引越し費用を安くする方法

引越しにかかる初期費用の発生は避けられないものの、引越し料金はやり方次第で大幅に下げることが出来ます。

それは運んでもらう引越しの荷物を、可能な限り少なくするということです。大きな家具は自分たちで運ぶのは危険ですし、養生も必要になります。それとは別に、ダンボールの荷物などはすべて自分で運ぶのです。

ダンボールも引越し業者からもらう必要はありません。スーパーやコンビニで手頃なサイズのダンボールを10個程度もらっておけばそれで運べます。

衣類などはそのままの状態で運べますので、引っ越しを午後に依頼して、午前中に自分たちで運べる荷物はすべて運んでおきましょう。

おそらく大型の家具と家電だけ動かしたら引越し業者の作業は完了となります。

作業の実労働時間は30分もかからないかもしれません。少なくとも1時間で終わりますので、引越し料金を大幅に下げることができるのです。

同じマンション内ですので、雨に濡れる心配もありませんので、梅雨や秋雨の時期で引越し料金が安くなる6月や9月10月に引越しをすればさらに料金も下がります。

30分程度の作業で済む場合は、1万円前後の引越し料金になることもありますので、まずは運びだしてもらう荷物を最小限に抑えて、引越し一括見積もりサイトで見積り依頼してみましょう。