【2020年度・沖縄版】口コミから判断する引っ越し業者おすすめランキング

沖縄引越し業者

沖縄は県内で引っ越しする人も多く、さらには東京や大阪などの船舶を使った長距離引っ越しも多く、引っ越し業者は幅広い対応が求められるエリアです。ところが大手引っ越し業者がそれほど進出していないのもあり、業者選びで悩んでしまう人が多いエリアでもあります。

そこで、ここでは実際に引っ越しをした人の口コミを参考にして、沖縄でおすすめできる引っ越し業者ランキングをご紹介していきます。これから沖縄で引っ越しをするという人は、ぜひ参考にしてください。

引越し業者おすすめランキング

それではまず、沖縄で引っ越しをするときにおすすめの引っ越し業者ランキングを1位から順にご紹介していきます。

第1位 サカイ引越センター

サカイ引越センター

サカイ引越センターは業界最大手の業者で、那覇市だけでなく沖縄市にも拠点があります。徹底した社員教育を行っており、利用者が気持ちよく引っ越しできることを最優先してくれます。作業品質も業界トップクラスということもあり、沖縄でも高く評価されています。

プラン料金
単身5.5万円
夫婦9.0万円
家族10.5万円

口コミ

・清潔感のある服装や丁寧な運搬が好印象。また利用したい
・営業担当が親切で、安くなるための提案もしれくれた
・梱包も養生もしっかりとしていて、不安なく運んでもらえた
・繁忙期なのでやや高かったけど、作業の質を考えれば妥当

料金相場がやや高めですが、口コミでは「料金以上の働きをしてもらえた」という声が多く、高額な引越し料金になっても、ほとんどの利用者が満足しています。ただし、繁忙期の県外引越はかなり割高になる傾向もあり、予算が限られている人は注意が必要です。

それでも作業品質がとても高く、安心感があるという口コミも多数あります。作業スタッフの応対もよく、トラブルがあっても冷静に最善の方法を考えてくれるとのこと。多少料金が高くても、確実な引っ越しをしたいという人に適しています。

第2位 沖配引越センター

沖配引越センター

沖配引越センターは浦添市に本社のある地域密着型引っ越し業者です。浦添市だけでなく、那覇、宜野湾、中部と合わせて4ヶ所も拠点があり、沖縄本島において迅速な対応をしてもらえます。単身引越は1万円からとリーズナブルで、県外引越にも対応しています。

プラン料金
単身2.8万円
夫婦4.0万円
家族6.0万円

口コミ

・作業スタッフの連携がよくて、ムダのない動きで運んでくれた
・離島への引っ越しでしたが他社よりも安くて、作業がスピーディ
・見積もりからダンボールの引き取りまで、すべてが親切丁寧
・しつこい営業電話もなく、料金も安くて満足

沖配引越センターの料金相場は平均よりも低く、格安で引っ越しできる業者として定着しています。安く引っ越しするためのノウハウもあり、実際に利用した人の口コミからも「安かった」の声が多数挙がっています。

ただ安いだけでなく、作業スタッフも営業担当も親切で、親身になって対応してくれる点も高く評価されています。他の島への引っ越しにも対応しており、オールラウンドに利用できるという点も人気につながっています。限られた予算で引っ越しをしなくてはいけない人におすすめの業者です。

第3位 アート引越センター

アート引越センター

アート引越センターは全国展開をしている大手引っ越し業者で、より良い引っ越しを目指して、積極的に新しいサービスの開発を行っています。沖縄本島のみの引っ越しだけでなく、県外への引っ越しも得意としており、高品質な引っ越しで荷物を守ってもらえます。

プラン料金
単身6.9万円
夫婦9.3万円
家族11.8万円

口コミ

・料金の説明がわかりやすく、すべてが丁寧で安心して見ていられた
・オプションの大型家電引取が便利で、スマートな引っ越しができた
・応援部隊が来てくれて、あっという間に搬入が完了
・相見積もりにしたら、どこよりも安くしてくれた

サービスが充実しているということもあり、料金相場はかなり高めです。利用する人は高値であることを前提にしていることもあり、料金に対するネガティブな評価はあまりありません。また、予算に合わせた提案もしてもらえるので、相談することで安く利用できることもあります。

口コミで多いのは作業スタッフの笑顔での対応で、体育会系のノリで明るく元気のいい引っ越しをしてもらえるため、作業を見ているだけで楽しい気分になるという声もありました。もちろん品質も高くて安心して任せることもできる優良業者のひとつです。

第4位 ハート引越センター

ハート引越センター

ハート引越センターは知名度がそれほど高くありませんが、こちらも全国展開をしている大手引っ越し業者です。高い品質を維持するために、すべての拠点を直営とし、フランチャイズを使わない誠実な引っ越し業者として、引っ越し慣れした人たちから支持を得ている業者です。

プラン料金
単身5.6万円
夫婦7.0万円
家族9.2万円

口コミ

・アットホームな雰囲気の営業担当で、とても親切にしてくれた
・最初から安値を提示してくれるので、面倒な駆け引きがなくていい
・安くするための提案をしてくれるなど、終始親切で素晴らしい
・テキパキとしてて予想していたよりも早く終わった

料金相場は平均よりも安く、しかも最初から安値を提示してもらえたという口コミが多く、交渉が苦手という人でも適正な金額で引っ越しできます。安くできる日を教えてくれるなど、予算に合わせた提案もしてもらえるのもハート引越センターの魅力のひとつです。

もちろん作業品質も高く、梱包も養生も丁寧できちんと荷物と建物を守って引っ越ししてもらえます。作業スタッフに清潔感があるという声も多く、ストレスの少ないスマートな引っ越しを期待できる人気業者です。

第5位 沖縄配送

沖縄で45年以上の歴史がある地域密着型業者の沖縄配送。沖縄本島に6ヶ所も事業所があり、25台の車両をフル活動させて沖縄の引っ越しを支えています。利用者の50%が紹介とリピーターで、品質が高く信頼できる業者として人気があります。

口コミ

・電話対応もよく、作業員もテキパキしてて良かった
・特別に目立ったサービスはないけど、料金は他社よりも安く大きなミスもない
・最後まで笑顔で対応してくれて、礼儀正しい接客だったのでまた利用したい
・繁忙期の急な引っ越しだったけど、安値で応じてくれた

口コミの数が少なかったので料金相場の算出ができていませんが、実際に利用した人の声からは「他社よりも安い」というものが多いので、大手引っ越し業者よりはリーズナブルな料金で引っ越しできると推定できます。

「豊富な実績と確かな技術」を掲げているように、職人のような誠実さで引っ越しをしてもらえ、その確実さが高く評価されています。口コミが少ないため初めての利用だと不安になるかもしれませんが、実際には多くの人が利用しており、安心して利用できる優良業者です。

第6位 赤帽

赤帽

赤帽は軽トラックを使った単身引越を専門的に行っている業者です。他社とは違い、搬出搬入の手伝いをしなくてはいけませんが、人件費を抑えているため、大手では実現できないような低料金で引っ越しができます。安さが魅力の業者ですので、若者を中心に人気があります。

プラン料金
単身1.0万〜9.0万円

口コミ

・営業トークしないのが良かった。ムダのないシンプルな引っ越しになった
・料金は安いし、人情味あふれる引っ越しで楽しかった
・他社よりも安くて、LINEを使ってのやり取りが便利だった
・急な引っ越しになったけど、格安で対応してくれた

料金相場に幅がありますが、遠方への引っ越しでなければ2万円前後、同一市内での引っ越しであれば1万円台で対応してもらえます。ただし、軽トラックに乗るだけしか運んでもらえませんので、荷物が多い場合には往復もしくは2台での対応になり、やや割高になります。

手伝いが必要という点に不安を感じる人もいるかもしれませんが、作業スタッフによっては重たい家電や家具も1人で運んでくれます。担当する人によってどこまで手伝うか変わってきますので、力仕事に不安がある人は、まずは相談してみることをおすすめします。

第7位 ハトのマークの引越センター

ハトのマークの引越センター

ハトのマークの引越センターは引っ越し業者の協同組合で、沖縄エリアでは宜野湾市にある昭和50年創業のグローバル運輸が担当しています。地域密着型らしい柔軟な対応に定評があり、大手に負けないだけのサービスを受けられるということで人気の業者です。

プラン料金
単身3.3万〜4.0万円
夫婦6.0万〜8.0万円
家族6.5万〜9.0万円

口コミ

・電話対応が良くて、作業もテキパキしてて気持ちのいい引っ越しになった
・おまかせパックで利用したけど、驚くほど短時間で梱包が終わった
・電話だけで見積もりをしてもらえて助かった。料金も満足
・スピード重視でやや雑な感じはあったけど、料金を考えれば妥当かな。

大手引っ越し業者と比べると料金相場は低く、地域密着型業者に近い金額で荷物を運んでもらえます。利用した人の声も「安い」とするものが多く、料金を少しでも抑えたい人たちの引っ越しを支えています。

ただし、スピード重視の引っ越しをしているため、サカイ引越センターやアート引越センターほどの丁寧さがなく「少し雑」とする声がいくつかあったため、ランキングは7位としています。ただし、破損が起きるほどの雑さではないので、安さ重視の人におすすめの業者です。

第8位 日本通運

日本通運

日本通運は全国に張り巡らされた物流ネットワークを活用した長距離引越や、専用ボックスを使った単身引越を得意としている業者です。船便を使った引っ越しに定評があるため、県外への引っ越しや海外への引っ越しによく利用されています。

プラン料金
単身2.0万〜9.0万円
家族3.0万〜15.0万円

口コミ

・相見積もりにしたときに営業担当の対応がよく、相談にも乗ってくれた
・少し面倒で複雑な引っ越しでしたが、快く応じてくれた
・質問にも丁寧に答えてくれて、作業スタッフも笑顔で良かった
・遠方への引っ越しになったけど、思ったほど高くならなかった

料金相場に幅があるのは長距離引越で使われることが多いためで、県内での引っ越しであればそこまで高額にはなりません。ただし、近距離や中距離の引っ越しでは他社よりも高いという口コミも多く、沖縄本島内での引っ越しをリーズナブルに行いたい場合には不向きです。

それでも大手企業や官公庁などの引っ越しも手掛けるなど、信頼と実績がずば抜けている業者です。ランキングは8位ですが、予算に余裕があり、引っ越しでの荷物の破損を避けたいような場合には、積極的に利用したい業者です。

第9位 ヤマトホームコンビニエンス

ヤマトホームコンビニエンス

ヤマトホームコンビニエンスはクロネコヤマトの宅急便の物流ネットワークを活用し、専用ボックスを使った引っ越しを行っている引っ越し業者です。以前は通常の引っ越しも手掛けていましたが、現在は受付休止中で、荷物の少ない単身引越に特化したサービスになっています。

プラン料金
単身2.1万円

口コミ

・作業の手際がよく、あっという間に運んでくれた
・安いだけでなく丁寧。1人暮らしで荷物が少ないならこれで十分
・早さ重視で選びましたが、期待に応えてらえる迅速な引っ越し
・予想よりも安くてびっくり。荷物が増えなければまた利用したい

宅急便サービスの延長のようなもので、荷物を専用ボックスに積み込んで混載便で運ぶというシンプルな引っ越しになります。このため料金は2万円前後と格安で、しかも県外への引っ越しであってもリーズナブルな料金に抑えてもらえます。

養生などのサービスはありませんし、運べる荷物に限りがあります。それでも丁寧な搬出搬入をしてくれて、接客応対もよいという口コミも多く、気持ちのいい引っ越しができます。小さな引っ越しを格安で行いたいという人向けのサービスになります。

ランク外

ランキングにはハトのマークの引越センターや赤帽を含めて、4社の地域密着型業者がランクインしていますが、沖縄には他にも人気の引っ越し業者がいくつかあります。口コミ数が少ないためランキング外にしていますが、困ったときに頼りになる存在です。

そんな地域密着型の業者から2社をご紹介します。

琉球トータル引越サービス

琉球トータル引越サービス

琉球トータル引越サービスは沖縄本島内で、混載便である「あいのり便」を利用して格安の引っ越しを行っている地域密着型業者です。離島への引っ越しも県外への引っ越しもリーズナブルな価格で対応してもらえ、さらには母子家庭や高齢者、妊婦さんなどに優しい業者としても人気があります。

ムービング沖縄引越センター

ムービング沖縄引越センター

ムービング沖縄引越センターは柔軟な対応をウリにしている地域密着型業者で、急な引っ越しにも対応してくれます。またスカイポーターを所有しているので、6階建てでエレベーターがないというようなケースでも、確実な搬出搬入をしてもらえます。

沖縄にはこのような、個性豊かな地域密着型業者がいくつかあります。繁忙期でランキングに入っている業者に断られたときや、すぐに引っ越しなくてはいけないようなケースなどでも柔軟な対応をしてもらえますので、選択肢のひとつとして覚えておきましょう。

沖縄の引越しで失敗しない業者の選び方

失敗しない引越し

沖縄は島という特殊な環境で、県外に引っ越しをするときには船もしくは航空機を使って引っ越しをするので、どうしても割高になります。さらに対応できる業者も限られています。さらに沖縄本島はいくつもの引っ越し業者があり、どこに依頼すればいいのか迷ってしまいます。

そこでここでは、沖縄の引っ越しで失敗しないためのポイントを3つご紹介します。

  • 台風への対応ができる業者を選ぶ
  • 県外への引っ越しは専用ボックスも検討する
  • 見積もりは2〜4社に依頼して相見積もりの形にする

沖縄で引っ越しをするときには、この3点を意識してください。それぞれのポイントについて、詳しく解説しています。

台風への対応ができる業者を選ぶ

注意
沖縄で引っ越し業者を選ぶときに気をつけなくてはいけないのが、台風への対応です。

冬場は気にする必要はありませんが、夏から秋にかけての引っ越しでは常に台風を想定しておく必要があります。引っ越しスケジュールに余裕を持たせるのはもちろんですが、業者にも対応を確認しておきましょう。

  • どのレベルの台風なら引っ越しを行うか
  • 中止になった場合の対応

台風シーズンに引っ越しをするときには、必ずこの2点を質問しておき、いざというときに揉めないように事前に対策を話し合っておきましょう。もし納得できる対応をしてくれないようであれば、その業者は選択肢から外しておいたほうが無難です。

備えあれば憂いなしです。面倒でもきちんと台風を想定し、それに対して丁寧に説明してくれる業者に依頼してください。

県外への引っ越しは専用ボックスも検討する

沖縄から県外への引っ越しをする場合、船舶か航空機を利用することになるので家族の引っ越しであれば、通常期でも35万円くらいかかります。繁忙期になると50万円を超えることもあり、このようなケースでは、大切なもの以外はすべて買い換えるほうが安くなります。

家具や家電はリサイクルショップで引き取ってもらい、できるだけダンボール箱だけで引っ越せるようにしましょう。そうすることで、日本通運やヤマトホームコンビニエンスの専用ボックスを使った引っ越しを利用でき、格安で荷物を運んでもらえます。

まだ使えるものを手放すのはもったいないと思うかもしれませんが、どんな家具や家電でも寿命があり、引っ越しのタイミングで壊れてしまうこともあります。高いお金をかけて運んだのに壊れてしまったのでは、悲しくなりますよね。

だったら、新生活は新しい家具や家電でと割り切るのがおすすめです。買い換えるときの費用を算出してみて、明らかに安く収まるようであれば、専用ボックスを使った引っ越しも選択肢に入れておきましょう。

見積もりは2〜4社に依頼して相見積もりの形にする

引っ越し業者に見積依頼をするとき、1社だけに絞る人もいるようですが、これはあまりおすすめできません。1社にだけ依頼すると足元を見た金額を提示されることが多く、交渉をしても相場以上の金額での引っ越しになってしまいます。

ところが2〜4社の相見積もりにすると、業者間で競争が生まれて、それぞれが自社でできる最安値を提示してくれます。これにより交渉することなく、引越し料金を大幅に下げることができます。

ただし安さだけで業者を選ばないように気をつけましょう。引っ越しは料金が低いほど作業品質が下がる傾向にあります。安かろう悪かろうの引っ越しにしないためにも、業者の信頼性というのがとても重要です。

営業担当の接客応対をチェックして「この業者なら安心して任せられる」と感じた業者に依頼しましょう。そのような業者が複数あったときに、初めて料金で比較しましょう。

\引っ越し見積もりが最大半額!/

まとめ

沖縄は拠点のある大手引っ越し業者が限られていますが、地域密着型の引っ越し業者が充実しているエリアです。このようなエリアで満足度の高い引っ越しをする場合には、引っ越し業者選びがとても重要になります。

まず気をつけたいのが台風シーズンでの引っ越しです。沖縄で夏場に引っ越しをするときには、台風が直撃したときの対応をきちんと説明してくれる業者に依頼しましょう。曖昧な説明しかしてもらえない場合には、実際に台風が来たときに揉める可能性があります。

台風対策の説明をきちんとしてくれる業者は、信頼できる業者でもあります。そのような信頼性の高い業者だけに絞り込みを行って見積依頼しましょう。1社だけの見積もりでは相場よりも高値を提示されてしまいますが、競争相手がいることでどの業者も相場以下にまで下げてくれます。

また県外への引っ越しをする場合には、大きな家具や家電を手放して、ダンボールに収まった荷物だけを専用ボックスで運んでもらうという方法もおすすめです。繁忙期では家具や家電を持っていくよりも買い替えたほうが安くつくこともありますので、テクニックのひとつとして覚えておきましょう。