引越し費用が今すぐ払えない!後払い出来る引越し業者11選

引越しは荷物の移動だけでなく、入居費用や新しい家具や家電の購入などで何かとお金がかかります。前もってわかっていた引っ越しなら、ある程度備えておくことができますが、急に決まった転勤などでは、貯金額だけではちょっと不安になることがありますよね。

そういうとき、引越し費用を後払いできればいいのにと思ったりしませんか?ところが引越しは当日に現金払いするのが一般的。それでも最近は後払いにも対応してくれる引越し業者も増えてきました。そこで、ここでは引越し費用を後払い出来る業者をご紹介していきます。

引越し費用は前払いが基本

まず覚えておいてほしいのが、引越し費用は原則として前払いが基本となります。理由はいろいろあるのですが、後払いにして引越し作業中に依頼者と連絡が取れなくなると料金の回収ができなくなり、さらには荷物の処分費用まで発生することが理由のひとつとして挙げられます。

このため、引越し約款によって料金は荷物を預かる前に支払うとしていることがほとんどです。ただし、見積もりしたときよりも荷物が増えていて、トラックに積み切れないなどのトラブルがあった場合には追加料金を請求するなんてこともあるため、荷物を積んでから支払うというケースもあります。

いずれにしても、引越し当日には現金を用意しておく必要があります。ただ、繁忙期の家族引越にもなると数十万円も用意しなくてはいけませんし、それを保管するのも少し不安ですよね。何よりも、そもそも貯金がなくて支払えないなんてこともあるかもしれません。

こういうとき、地域密着型の小さな引越業者なら後払いに対応してくれるケースもありますが、そもそもお金がなくて前払いできないという人に、親切心だけで後払いに応じてくれるなんてことはほとんどありません。

とはいえ引越業者も確実に支払ってもらえるなら、後払いでも問題なく応じてくれます。そのひとつがクレジットカード払いで、その他にもいくつかの支払い方法がありますので、次章で詳しくご紹介していきます。

引越し初期費用払えない!お金かかりすぎを解決するクラウドローンサービス

引越し費用を後払いにする方法

原則前払いの引越し費用を後払いにするための方法は3つあります。

  • クレジットカード払い
  • QRコード決済
  • NP後払い

クレジットカード払いやQRコード決済は普段から使っているので、理解できるかと思いますが、NP後払いというのがあまり聞き慣れない支払い方法かと思います。そこで、それぞれの支払い方法のメリットや特徴についてご紹介していきます。

クレジットカード払い

クレジットカード払いのメリット

  • ポイントが貯まる
  • 分割払いできれば支払いが楽になる
  • 現金の管理で気を使わなくて済む

引越し業者がクレジットカード払いに対応していれば、手元にあるクレジットカードを使って支払いができます。支払うタイミングは引越し業者によって違いますが、事前決済もしくは当日に専用端末を使って決済を行います。

クレジットカード払いにするとカードのポイントを貯めることができ、さらには分割払いにすることで返済の負担を減らすことも可能です。さらに、当日にまとまった現金を持ち歩かずに済むというメリットもあります。

QRコード決済

まだ一部の引越し業者でしか対応していませんが、PayPay、楽天Pay、メルペイ、LINE Pay、au PayといったQRコード決済が使える業者がいくつかあります。こちらも引越し費用の支払いは荷物を積み込む前か後になりますが、QRコード決済とクレジットカードを紐付けていれば、実質的にクレジットカード払い(後払い)になります。

QRコード決済のキャンペーンに合わせて利用すれば、後払いになるだけではなく高額なポイント還元を受けることもできます。結果的に引越し費用も抑えることができ、かなりお得に引越しできます。

NP後払い

導入している引越し業者はわずかですが、NP後払いというサービスを導入している場合には、コンビニや銀行、郵便局などで後払い(請求書払い)できます。請求書は引越し完了後に、株式会社ネットプロテクションズから新居に届き、発行から14日以内に支払いを完了させます。

アディダスなど様々なネットショップで採用している後払いシステムですので、安心して利用できます。「手元に現金がないけど、次の給料日に確実に支払える」というような場合におすすめの後払い方法です。

引越し費用を後払い出来る業者11選

引越し費用の後払い方法について把握したとことで、実際に後払い出来る業者を11社ご紹介します。いずれも優良な引越し業者ばかりですので、引越し費用を後払いにしたいときの参考にしてください。

引っ越しのプロロ

引越のプロロ

引っ越しのプロロは、北海道から関東までのエリアで展開している引越業者です。後払いとしてはクレジットカード払いだけでなく、NP後払いにも対応しています。NP後払いが使えるので、クレジットカードを持っていない人でも後払いにできます。

土日などの休日も割増しになることなく、平日と同じ料金で引越しを提供してもらえ、さらには長距離の引越しを得意としているので、遠方への引越しを格安で行いたい人におすすめです。知名度はそれほど高くありませんが、年間1万件の実績があり、任せて安心の引越業者です。

対応エリア:北海道・東北 / 関東・甲信越
当日現金:◯
クレジットカード払い:◯
NP後払い:◯

スター引越センター

スター引越センターは、横浜に拠点のある地域密着型の引越業者です。「ハイクオリティ&ローコスト」を掲げており、どこよりも高品質でどこよりも安い引越しを目指しています。年間5,000件の実績があり、そのほとんどが紹介やリピーターということからも満足度の高い引越し業者であることがわかります。

後払い方法としては、クレジットカード払いとQRコード決済、NP後払いすべて対応しています。さらには引越し費用でTポイントやRポイントを貯められます。営業エリアが限られているので、すべての人が利用できるわけではありませんが、とても魅力的な引越し業者です。

対応エリア:関東・甲信越
当日現金:◯
クレジットカード払い:◯
QRコード決済:◯(PayPay、楽天Pay、メルペイ、LINE Pay、au Pay)
NP後払い:◯

第8位 スタ

アート引越センター

アート引越センター

大手引越し業者のアート引越センターは、クレジットカード払いのほかQRコード決済として楽天Payにも対応しています。三井住友カードを利用して引越しをする場合には、引越し優待サービスダイヤル経由で申し込むと引越基本代金が30%オフになります。

50年の実績に基づく品質は業界トップクラスで、老舗引越し業者でありながらも常に新しいサービスの開発を行い、引越しをより良いものにするための努力を怠らない業者です。確実な引越しと丁寧な接客応対を最優先したい人におすすめです。

対応エリア:全国
当日現金:◯
クレジットカード払い:◯
QRコード決済:◯(楽天Pay)
NP後払い:×

アリさんマークの引越社

アリさんマークの引越社はクレジットカード払いだけでなく、様々なQRコード決済方法に対応している大手引越し業者です。クレジットカードと紐付けできないため後払いにはできませんが、引越業者としては珍しくゆうちょペイにも対応しています。

丁寧な接客応対を得意とし、単身女性のリピート率が高いのがアリさんマークの引越社の特徴のひとつです。コストパフォーマンスも高く、プランも充実しているなど、引越しに求めるものがすべて揃っている魅力的な業者です。

対応エリア:全国
当日現金:◯
クレジットカード払い:◯
QRコード決済:◯(PayPay、楽天Pay、メルペイ、LINE Pay、au Pay、ゆうちょペイ)
NP後払い:×

日本通運

日本通運は日本全国に張り巡らされた独自の物流ネットワークを活用した、単身引越しや長距離引越しを得意としています。官公庁や学校などの引越しも手掛けており、丁寧な運搬に関しては飛び抜けて高い品質を持った引越業者です。

クレジットカード払いはもちろんのこと、QRコード決済の選択肢が多く、ドコモユーザーが使っているd払い、中国で主流となっているWeChat Pay、Alipayにも対応しています。

対応エリア:全国
当日現金:◯
クレジットカード払い:◯
QRコード決済:◯(PayPay、楽天Pay、メルペイ、LINE Pay、au Pay、ゆうちょペイ、d払い、WeChat Pay、Alipay、J-Coin pay)
NP後払い:×

サカイ引越センター

サカイ引越センター

サカイ引越センターの後払いは、クレジットカード払いのみ対応しています。大手引越し業者ですが、QRコード決済やNP後払いには対応していませんので注意してください。また、クレジットカード払いも一括払いのみですので、引越し費用が高額で返済が難しい場合などは、後からリボ払いに変更するなどの手続きが必要になります。

引越しの作業品質が高く、2021年のオリコン顧客満足度No.1という実績もあり、丁寧に荷物を運んでもらいたいときにおすすめの業者です。高額な引越し費用の後払いには適していませんが、クレジットカードの支払いまでに費用を用意できるのであれば問題なく利用できます。

対応エリア:全国
当日現金:◯(事前振り込みも可)
クレジットカード払い:◯
QRコード決済:×
NP後払い:×

アーク引越センター

アーク引越センター

アーク引越センターの後払いは、クレジットカード払いのみ対応しています。支払い方法は限られてしまいますが、単純明快でわかりやすい見積もりに定評があり、駆け引きのない見積り料金を提示してくれるので交渉が苦手な人からも高く評価されています。

全国に200の拠点があり、近距離の引越しだけでなく長距離の引越しも行っています。豊富な引越しプランとオプションにより、イレギュラーな引越しでも柔軟に対応してもらえます。さらに、作業スタッフの全員が専門教育を受けているため、高品質の引越しを提供してもらえます。

対応エリア:全国
当日現金:◯
クレジットカード払い:◯
QRコード決済:×
NP後払い:×

ハート引越センター

ハート引越センター

ハート引越センターは北海道から九州まで、すべて直営の拠点で運営している大手引越し業者です。あたり前のことをきちんと行うため、利用者の満足度が高いことで知られており、引越優良事業者にも認定されています。

後払いはクレジットカード払いのみ対応しており、選択肢は少なめです。ただし引越しでPontaポイントが貯まるサービスや楽天市場にショップを展開するなど新しいサービスを積極的に行っていますので、今後はQRコード決済などにも対応していく可能性があります。

対応エリア:全国
当日現金:◯
クレジットカード払い:◯
QRコード決済:×
NP後払い:×

SGムービング

SGムービングは佐川急便系列の引越し業者で、クレジットカード払に対応しています。クレジットカードはJCB、MasterCard、VISAはもちろんのこと、OricoやAMERICAN EXPRESS、AEONなども利用できます。またクレジットカードによっては分割払いやリボ払いも可能です。

独自の物流ネットワークを活かした格安のカーゴプランや、運び手を自分で用意して引越し費用を抑えることができるチャータープラン、女性向けのレディースプランなど、他ではあまり用意されていない豊富なプランが魅力の引越し業者です。

対応エリア:全国
当日現金:◯
クレジットカード払い:◯
QRコード決済:×
NP後払い:×

ヤマトホームコンビニエンス

ヤマトホームコンビニエンスはクロネコヤマトの物流ネットワークを活用し、専用ボックスを使った引越しを提供してくれる引越し業者です。専用ボックスの数と移動距離で引越し料金が決まり、移動距離が遠方になるほどコストパフォーマンスが上がるといった特徴があります。

専用ボックスを使った引越しにはクレジットカード払いが対応していますが、追加で大型家財を運ぶ場合には別途現金払いが必要になります。このため後払いしたい場合には、大きな家具や家電がないことが必須条件になります。

対応エリア:全国
当日現金:◯
クレジットカード払い:◯
QRコード決済:×
NP後払い:×

赤帽

赤帽

赤帽は軽貨物車を使った小さな引越しに特化した物流業者です。赤帽は個人事業主の集まりですので、店舗によってクレジットカード払いの可否が違います。クレジットカード払いができる店舗もあれば、現金払いのみの店舗もあるので事前に確認しておきましょう。

それぞれの店舗で自由度が高いため、後日振込みにも対応してもらえるケースもあります。ただし、軽貨物車を使った引越しですので荷物が少ない単身引越しでないと利用が難しく、長距離の引越しにも適していません。それでも引越し料金が安く、若者を中心に人気があります。

対応エリア:全国
当日現金:◯
クレジットカード払い:◯
QRコード決済:×
NP後払い:×

引越し費用を後払いにするときの注意点

手元に現金がないときに便利な引越し費用の後払いですが、利用するにあたっていくつかの注意点があります。どのような点に注意して利用すればいいのか見ていきましょう。

見積依頼をするタイミングで後払いを申し出る

後払いを希望する場合には、見積もりの段階で伝えておきましょう。支払うときになっていきなり「クレジットカード払いにしたいのですが」と伝えても、事前に決済するための端末を用意しておらず、現金払いを求められる可能性があります。

これはQRコード決済やNP後払いでも同じです。必ず見積もりを出してもらうタイミングで、支払い方法を伝えておき、お互いの共通認識として引越し当日まで何度か確認しておきましょう。

自分のクレジットカードが対応しているか確認する

クレジットカード払いに対応しているからといって、必ずしも自分の手元にあるクレジットカードが使えるとは限りません。例えばMasterCardやVISAには対応していても、JCBは使えないというようなことがあります。

使えても一括払いのみ可能というようなケースもありますので、クレジットカード払いをするときには、自分のカードが使えるかどうかを確認しておきましょう。見積依頼をするときに、所有しているすべてのクレジットカードを用意しておくと安心です。

手数料や金利が発生することもある

クレジットカード払いをする場合には、手数料や金利が発生することがあります。NP後払いでも後払い手数料がかかります。一括払いをするならそれほど大きな金額ではありませんが、数十万円の引越し費用を24回払いすると、それなりの利息が発生します。

分割払いやリボ払いにするのであればきちんと利息のことも考え、返済計画を立てた上で利用しましょう。反対に無理な返済は引越し後の生活を圧迫しますので、引越し費用が高額な場合には、利息を払ってでも分割して返済しましょう。

利用金額が大きい場合には利用限度額を超えないように気をつける

引越し費用をクレジットカード払いにする場合には、利用限度額についても意識しておきましょう。新居用の家具や家電の購入をクレジットカード払いにしていたり、新居の初期費用にクレジットカードを使っていたりした場合、すでに利用限度額がギリギリになっている可能性があります。

そうなると、引越し費用をクレジットカード払いできません。数十万円の引越し費用をクレジットカードで後払いするときには、事前どれくらいの利用限度額があるのかチェックしておき、支払いのときにクレジットカードが使えないなんてことのないように注意しましょう。

まとめ

キャッシュレスの時代になっても引越しは現金前払いが基本で、後払い出来る業者は限られています。どうしても後払いをしたいのであれば、クレジットカード払いもしくはQRコード決済、NP後払いに対応している引越し業者を利用するしかありません。

ただし、大手引越し業者であればクレジットカード払いは可能ですし、徐々にQRコード決済も増えてきました。それでも支払い時にいきなりクレジットカード払いやQRコード決済を求めても、対応しきれませんので、必ず事前に支払い方法を伝えておきましょう。

自分の持っているクレジットカードが必ずしも対応しているわけではありませんので、クレジットカード払いをするときには、自分のカードが使えるかどうかの確認もしておきましょう。合わせて利用限度額の確認もしておきましょう。

引越しは何かとお金がかかり、知らないうちにクレジットカードの限度額いっぱいまで使っていることがありますので注意してください。