引越し掃除で便利な100均グッズ21選!意外と使えるアイテムを紹介

引越しをするときには旧居はもちろんのこと、新居もしっかりと掃除をしておきたいところです。ただ、引越しはなにかとお金がかかりますので、掃除グッズはできるだけ格安に揃えたいところです。そこでおすすめなのが100均グッズです。

ホームセンターなどで数百円するようなグッズも、100均なら1個100円(税込110円)ですから、出費を大幅に減らすことができます。そこでここでは、100均ショップで買い揃えることができる、おすすめの100均グッズをご紹介していきます。

引越し時のハウスクリーニングはこちら
引越し時のハウスクリーニングの料金相場!メリットとデメリットを解説

引越し掃除に便利な100均グッズ

100均ショップには、引越し掃除に役立つグッズがいくつもあります。どれも100円ですので手軽に試せるのも嬉しいところです。ただ、引越し前はゆっくりとグッズを試している時間もありませんので、ここでは確実に役立つグッズに絞ってご紹介していきます。

旧居の引越し掃除に役立つ100均グッズ18選

まずは旧居の引越し掃除に役立つ100均グッズをご紹介します。100均ショップごとに商品の名称が多少違うこともありますが、基本的にはどのショップでも購入できます。

1:傷直し棒

フローリングや柱など、木材についてしまった傷を隠すためのグッズです。「キズ消しクレヨン」としても売られていることもあり、傷を埋めるようしながら塗っていき、表面を平に仕上げて傷をわかりにくくします。

ベースとなる木材に近い色の棒で傷を埋めて、仕上げに家具用ワックスを塗れば小さな傷ならほとんどわからなくなります。ただし木材の色や傷の大きさによっては思ったようには仕上がらないこともあります。

2:壁の穴埋めパテ

画鋲の穴が数ヶ所空いているくらいなら補修費用を取られることはまずありませんが、ネジ穴のように大きな穴がいくつも空いていると、敷金から補修費用が引かれてしまいます。それを回避するためのアイテムが「壁の穴埋めパテ」です。

穴にパテを挿入して面をならせば、穴の跡はほとんどわからなくなります。ただし色のついた壁だと反対に補修跡が目立ってしまいます。白い壁専用の補修グッズと考えてください。

3:壁紙用消しゴム

子どもが壁紙に落書きをした跡や、日常生活で付いてしまった壁紙の汚れを簡単に落とせるのが「壁紙用消しゴム」です。壁紙のシミまでは消すことができませんが、付着した汚れくらいならあっという間に落ちていきます。

実は文具の消しゴムでも壁紙の汚れを落とすことができますが、文具の消しゴムだと消しカスがたくさん出てしまいますので、できれば消しカスが出にくい専用の消しゴムを購入するのがおすすめです。

4:メラミンスポンジ

メラミンスポンジは強力な汚れ落としで、水に濡らして汚れのある部分を擦るだけで、汚れがきれいに落ちていきます。ただのスポンジのように見えますが、拡大すると小さな孔が無数に空いていて、その穴で汚れを削り落としていきます。

洗剤が不要でどこでも手軽に使えるという魅力で、水垢やトイレの黒ずみ、網戸の汚れを落とすのに適しています。金属面を強く擦ると傷が目立ちますので、力強く汚れを落とそうとするのではなく、優しく擦るように使いましょう。

5:ダイヤモンドクリーナー

浴室の鏡にこびりついてなかなか落ちない水垢を取り除くのに最適なグッズが「ダイヤモンドクリーナー」です。ダイヤモンドが配合された研磨剤で、メラミンスポンジでも落とせなかった水垢も根こそぎ取り除いてくれます。

ただしあまり力を入れると鏡面に傷が付いてしまいますので、こちらもメラミンスポンジと同じように軽く擦るように使ってください。また鏡以外には使わないように気をつけてください。

6:マイクロファイバー雑巾

雑巾は引越し掃除の必須アイテムのひとつですが、思ったほど汚れが落ちません。ところがマイクロファイバー雑巾は通常の雑巾よりも汚れを絡め取りやすい構造になっており、洗剤なしでもしっかりと汚れを落とすことができます。

フローリングの水拭きや水回りの清掃、窓掃除にも適しており、ホコリも吸着しやすいので家具や家電の裏側の清掃にも使えます。普段からこまめに掃除をしているなら、引越し掃除でも掃除機とマイクロファイバー雑巾さえあればOK。とても便利なグッズですので必ず購入しておきましょう。

7:タオル雑巾

タオル雑巾はスタンダードなタイプの雑巾です。通常はマイクロファイバー雑巾があれば十分ですが、汚れがかなり気になる部屋を掃除するのにいきなりマイクロファイバー雑巾を使うと、すぐに汚れがこびりついて使い物にならなくなります。

カーテンレールや窓枠などホコリが溜まりやすい場所は、まずはタオル雑巾である程度のホコリを取り除いておき、仕上げにマイクロファイバー雑巾できれいにするといった使い方がおすすめです。

8:重曹スプレー

引越し掃除に限らず掃除をするときの便利グッズとして人気なのが「重曹スプレー」です。重曹は弱アルカリ性の性質を持ち、酸性の汚れをきれいに落とせます。重曹だけでも売っていますが、重曹水を作る手間が省けるため、スプレーになっているグッズがおすすめです。

油汚れや手垢など、酸性汚れが多いキッチンや浴室を掃除するのに適しています。反対に畳のような天然素材の掃除には向いていません。万能スプレーと思われがちですが、どこでも使えるわけではないので、用途に応じて他の洗剤と使い分けましょう。

9:クエン酸スプレー

クエン酸スプレーは酸性の性質を持つため、アルカリ性の汚れを落とすのに適しています。蛇口周りにこびりついた白い汚れや、便器の黄ばみなどをキレイにするのに活用しましょう。除菌効果や消臭効果もあるので、キッチンシンク掃除の仕上げにもおすすめです。

気をつける点はアルミや大理石などの掃除には使わないことです。また、油汚れや手垢を落とすのにも適していません。使える場所が限られてしまいますが、まな板の除菌にも使えるため、持っておいて損はありません。

10:セスキスプレー

重曹スプレーよりもしっかりと油汚れを落としたいときに便利なのが「セスキスプレー」です。重曹スプレーよりもアルカリ度が高く、酸性汚れである油汚れをきれいに除去できます。ただし重曹のように研磨効果がないので、五徳をゴシゴシ磨くといった用途には適しません。

キッチンコンロ周りの油汚れを浮かして取るときや、扉の取手や浴槽についた皮脂汚れを簡単に落としたいときにおすすめです。

11:油汚れクリーナー

油汚れクリーナーはその名前のとおり、油汚れを落とすのに特化したウェットティッシュタイプのクリーナーです。高性能界面活性剤の効果で換気扇やコンロ、グリルなどキッチン周りの油汚れを手軽に落としたいときに役立ちます。

どの100均ショップにも置いてありますが、それぞれに洗浄力が違います。口コミで評判がいいのはキャンドゥの油汚れクリーナーです。お近くにキャンドゥがあるなら、そちらで購入するのがおすすめです。

12:ビニール手袋・ポリエチレン手袋

強力な洗剤を使うときに手荒れが心配な人もいますよね。そういう人はビニール手袋やポリエチレン手袋を100均ショップで購入しておきましょう。数十枚入りになっているので、躊躇なく新しい手袋に交換できるので、手袋から他の場所に汚れが移るということがありません。

服を濡らしたくないというときには、腕までカバーするビニール手袋もあります。種類が色々とありますが、おすすめなのはできるだけ薄手のものです。細かいところを掃除するのに厚手の手袋だと作業しにくいので、薄手タイプの手袋を購入しましょう。

13:カビ取りスプレー

浴室に発生したカビを放置しておくと印象が悪く、敷金が返ってこなくなりやすいので、「カビ取りスプレー」を使ってできる範囲内でカビを落としておきましょう。シーリングのカビまでは除去できませんが、壁や床のカビはきれいに落としてくれます。

壁にカビがびっしりとついているときには、カビ取りスプレーを吹き付けたキッチンペーパーをその部分に貼り付けておくと、スプレーをかけるだけよりもカビが落ちやすくなります。キッチンペーパーがない場合は、合わせて100均ショップで購入しておきましょう。

14:クレンザー

キッチンシンクが曇っていると、引き渡しをするときの印象が良くありません。丁寧に使ってきたことをアピールするために、クレンザーで軽く磨いておきましょう。シンクが入居したときと同じくらいピカピカに仕上がります。

お風呂の鏡や焦げ付いた調理器具を磨いたり、他の洗剤で落としきれなかった汚れやもらいサビなどを落としたりするのにも使用できます。徹底的にきれいに仕上げたいときに利用しましょう。

15:ハンディモップ

ホコリを取り除くときに便利なのがハンディモップです。カーテンレールのような高い場所も手を伸ばして拭くだけでホコリを取り除けますし、新居に持っていく家具や家電のホコリを落とすときにも役立ちます。

新居に移ってからも手軽な掃除道具として重宝するので、1本購入しておきましょう。種類が多いアイテムのひとつですが、引越し掃除でのおすすめはマイクロファイバータイプのハンディモップです。小さなホコリも残さず取り除きましょう。

16:水切りワイパー

窓掃除やお風呂掃除に便利なのが「水切りワイパー」です。洗剤を使って窓や浴室の壁などを洗ったあとに水で洗い流しますが、その洗い流すために使った水を取り除くのに使います。水だからそのままにして乾くのを待てばいいと思うかもしれませんが、水滴は水垢やカビの原因となります。

水滴が残らないように仕上げるのに便利なグッズで、普段のお風呂掃除でも活躍するので引越し掃除のタイミングで1つ購入しておきましょう。

17:掃除手袋

掃除手袋は手袋タイプのモップです。掃除手袋を着用し、指や手を使って細かい場所のホコリを取り除きます。素材はマイクロファイバーでできているため、小さなホコリも逃すことなく、しっかりとキャッチしてくれます。

窓のサッシや敷居など、掃除機や雑巾ではキレイにしにくい場所の掃除に役立ちます。水洗いして繰り返し使えるので引越し後にも活躍してくれます。

18:歯ブラシ

細かい箇所のホコリ落としや磨きに使えるのが歯ブラシです。専用の小さなブラシも売っていますが、歯ブラシのほうが柔らかく、排水溝などの細かい所を掃除できます。いま使っている歯ブラシを掃除用にしても構いませんが、その場合には広がってしまった先端をハサミでカットして使いましょう。

新居の引越し掃除に役立つ100均グッズ4選

次に新居の掃除に役立つ100均グッズをご紹介します。新居の引越し掃除はできれば家財を搬入する前に終わらせておきたいところです。このため掃除機なしで部屋の掃除をしなくてはいけません。

1:フローリングワイパー&フローリングシート

まず購入しておきたいのが、フローリングワイパーとそれに取り付けるフローリングシートです。掃除機がないので部屋のホコリなどを取り除くのには、フローリングワイパーとシートの組み合わせが手軽で便利です。シートはウェットタイプとドライタイプの2種類を用意してください。

自分で新居に運ぶことになるので、カバンなどに入るように折り畳めるものか分解できるタイプのフローリングワイパーがおすすめです。

2:スポンジ&中性洗剤

新居はハウスクリーニング済みの物件がほとんどですが、念の為に水回りは掃除しておくのがおすすめです。この掃除はそこまでしっかりとしなくてもいいので、スポンジと中性洗剤でさっと洗いましょう。重曹スプレーの残りがあるならそれでも構いません。

3:排水溝に使うブラシ

新居で綺麗な流し台を常に清潔に保つ便利なアイテムとしてブラシがあると便利です。マンションの場合はディスポーザーの掃除にも使えるのでおすすめです。排水溝が汚れてくると異臭やカビの原因にもなります。重曹を使ってやるとすごく綺麗になります。

4:除湿剤&除湿シート

押入れやウォークインクローゼットのカビ対策として、除湿剤と除湿シートを購入しておきましょう。家財を搬入してからだと除湿シートを敷くことができないので、シートは事前に購入して搬入までに敷いておく必要があります。

除湿剤は引越しが落ち着いてからでもいいのですが、近所に100均ショップがないなら、他のグッズと合わせて購入しておきましょう。

引越し掃除に100均グッズを使うときの注意点

ここまで引越し掃除に便利な100均グッズをご紹介してきましたが、100均グッズならではの注意点がいくつかあります。どのような点に気をつければいいのか、詳しく見ていきましょう。

商品によっては効果が薄いことがある

100均グッズの中には「激落ち」みたいなネーミングの掃除グッズがいくつもありますが、必ずしも通常の商品と同じ効果が得られるとは限りません。洗剤は大手メーカーの商品よりも薄くなっていることもありますし、安く作るために質も低いものが少なくありません。

簡単な掃除くらいなら問題ありませんが、本気できれいにしようと思うと、100均グッズでは難しいケースもあります。その場合には100均グッズにこだわらずに、それなりのお金をかけて、品質の高い掃除グッズを使いましょう。

内容量が少なくて足りなくなりやすい

高額な掃除グッズと品質は変わらないけど、量が少なくなっているグッズも多数あります。ケースだけ大きくて内容量が少ないなんてこともあり、掃除をしているときに足りなくなるなんてこともあります。不足してから買いに行くのは2度手間ですので、洗剤などは少し多めに用意しましょう。

ちなみに引越資材も100均ショップで売っていますが、ガムテープや荷造り紐などはホームセンターで購入するよりも量がかなり少なく、むしろ割高になることもあります。粘着力も弱く、紐も切れやすいものが多いので、引越資材は100均ショップではなくホームセンターで揃えてください。

耐久性は低いので使い捨てだと考える

基本的にどのグッズも耐久性は低めです。長く使うようには作られていませんので、消耗品と割り切って、使い捨て感覚で利用しましょう。あくまでも一時的な使用だから100均クオリティでも不満を感じることなく使えます。

できれば旧居で使ったグッズは、引越準備で発生した他の不用品とまとめて捨ててしまいましょう。そうすれば引越荷物も少なくて済みます。

必要ないものは買わない

100均ショップに行くときに気をつけなくてはいけないのが、余計なものまで欲しくなるということです。高いものではないのでついでに買っておきたくなりますが、引越し前は荷物をできるだけ増やさないように心がける必要があります。

引越しが終わってから購入すればいいだけなので、掃除に必要ないものは買わないようにしてください。また掃除グッズでも「便利そう」というだけで買わないように、できるだけ最小限のグッズで部屋をキレイに仕上げましょう。

まとめ

引越しは新居への入居費用や引越業者に支払う料金など、なにかとお金がかかります。できることなら無駄な出費は少しでも減らしたいところですよね。でも敷金をしっかりと回収するには部屋の掃除は必須。お金をかけずに掃除をしたいなら、100均グッズを活用しましょう。

普段からこまめに掃除していれば、基本的には100均グッズで部屋はきれいな状態になります。ただ、掃除をほとんどしてなかった場合には、100均グッズでは汚れを落としきれないこともあります。そういうときは、多少お金をかけて高品質な掃除グッズを購入しましょう。

また、100均グッズはそれほど耐久性が高くありませんので、長くつかうというよりは引越し掃除が終わったら捨てるくらいの感覚で揃えておきましょう。なおかつ100円とはいえ必要のないものは買わないようにして、無駄な出費をしないように心掛けましょう。