ローコスト注文住宅10選!安いハウスメーカーおすすめランキング

Yasui hausumēkā

多くの人にとって、人生最大の買い物となるマイホーム。せっかくなら分譲住宅ではなく注文住宅で理想の家を建てたいですよね。とはいえ予算が限られていて、注文住宅は難しいかなと諦めていませんか?実はハウスメーカーによっては、1,000万円台で注文住宅を建てることができます。

ただし安いだけで技術力が低いハウスメーカーもあり、どこに依頼すればいいのか判断が難しいところです。そこで、ここでは家を建ててからでも後悔しない、信頼できるおすすめのハウスメーカーをランキング形式でご紹介していきます。

安いハウスメーカーおすすめランキング

注文住宅は1棟ごとに大きさも設備も違いますので、建物価格だけでは安いのかどうかの判断ができません。そこでここでは、実際に建てた人の坪単価を基準にして、おすすめのハウスメーカー10社をご紹介していきます。

第1位 ジブンハウス

ジブンハウス

参照:ジブンハウス

坪単価:30万〜57万円

ジブンハウスは2016年に設立したばかりで、知名度はそれほど高くありませんが、「本体価格899万円から」を実現し、いま注目されているローコストハウスメーカーのひとつです。

最先端のテクノロジーを駆使したご提案と、合理的な設計や全加盟店共同での資材発注によりコストダウンを実現しています。

「スマートカスタム住宅」を新しい家づくりのカタチとして、家族みんなで家でスマートフォンを家づくりができるような仕組みをとっています。

プランや広さ・オプションなどのカスタマイズから、VRでの内覧や見積もりまでは、スマートフォンで見られるようになっており、その後、近隣のジブンハウスSTOREで細かい部分を決めていくような流れになります。

また、ローコストでも耐震等級3相当を確保しているので、構造においてもこだわりが見えます。

大手ハウスメーカーのようなマニュアル通りのサポートではなく、しっかりと向き合ってサポートするスタンスが高く評価されており、さらにはリーズナブルに注文住宅を建てられるということで、ランキング1位としてご紹介しました。

施工エリア全国
年間施工実績約230棟
工法木造軸組

第2位 アイダ設計

aida

参照:アイダ設計

坪単価:32万〜65万円

アイダ設計が掲げているのが「正直価格」です。以前はハウスメーカーの多くが複雑な価格設定を採用し、値引き交渉を前提とした割高な価格を提示するなど、わかりにくく不信感を与える見積を提示していましたが、これを改善する流れを作ったのがアイダ設計です。

自社工場でのプレカットや一括仕入れなどによって、徹底したコスト削減を行っています。また、土地の仕入れからアフターサービスまで外注することなく、自社で対応することで中間マージンをカットし、1000万円台の注文住宅を実現しています。

また、環境に配慮したエコ住宅にも取り組んでおり、ZEH住宅も得意としています。ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019では優秀企業賞を含む、3部門を受賞しており、光熱費の安い注文住宅を格安で手に入れることができます。

施工エリア関東・宮城・福島・新潟・長野・山梨・静岡・愛知・三重・岐阜・京都・大阪・福岡・佐賀・熊本・鹿児島・沖縄
年間施工実績約2,600棟
工法木造軸組

第3位 タマホーム

tamahome

参照:タマホーム

坪単価:34万〜75万円

「Happy Life, Happy Home.」でおなじみのタマホームはテレビCMを流すなど、広告宣伝費を使って知名度を上げているのもあって、価格が高いという印象があるかもしれませんが、坪単価が34万〜75万円と低予算で家を建てることができるハウスメーカーのひとつです。

日本の森林を守るために国産材にこだわるなど、安いだけでなく環境にも優しい注文住宅を建てることができます。低価格を実現するために工期が短くし、オリジナル部材ではなく汎用品を使うなど、徹底したコスト削減も行っています。

所得が高くない人でも無理なくマイホームを建てて欲しい。そんな思いで創業したハウスメーカーですので、安いのはもちろんですが品質も重視しています。長期優良住宅にも対応しており、100年暮らし続けることもでき、生涯で家にかけるコストも大幅に減らすことができます。

施工エリア全国
年間施工実績約8,900棟
工法木造軸組

第4位 飯田産業

iidasangyo

参照:飯田産業

坪単価:35万〜52万円

「いいだのいい家」のキャッチコピーでおなじみの飯田産業は、年間6,600棟以上の住宅を販売している大手ハウスメーカーのひとつです。「より良質で安価な住宅を供給して社会に貢献する」という方針から、適正価格での提供を実現しています。

土地探しから施工までトータルでサポートを受けることができ、シンプルでありながらもノウハウが詰まった設計にも定評があります。ただ安いだけでなく、耐震性や耐久性の高さにもこだわっており、長期間安心して暮らすことができる注文住宅を建ててもらえます。

初めに総額を提示してくれて、後から追加料金が発生することがないというのも、おすすめのポイントになります。総額がわかっているのでインテリアや引越し代などの予算を組みやすく、初めて家を建てるという人におすすめです。

施工エリア関東エリア・宮城・静岡・愛知・大阪・兵庫・愛媛・沖縄
年間施工実績約6,600棟
工法木造軸組

第5位 イシンホーム

ishinhome

参照:イシンホーム

坪単価:35万〜55万円

イシンホームは標準フル装備の注文住宅を販売しているハウスメーカーです。通常はオプションになるような太陽光発電システムや、樹脂サッシ、Low-Eガラスなどが標準で装備され、低価格なのにオプションを選ぶ必要がほとんどありません。

安い理由はフランチャイズ展開にあります。大手ハウスメーカーでは工場の管理や本社経費などが価格に乗せられますが、イシンホームはそれらがなく、さらには全国150拠点で一括仕入れを行っており、建材や設備を安く仕入れています。

さらには太陽光発電システムによる収益を得られる仕組みがあり、35年で最大480万円の収益があるため、実質の坪単価はさらに下がります。設備が充実した注文住宅を安く手に入れたいときにおすすめのハウスメーカーになります。

施工エリア全国
年間施工実績約3,000棟
工法木造軸組、独自認定工法

第6位 アイフルホーム

eyefulhome

参照:アイフルホーム

坪単価:40万〜69万円

アイフルホームは大手住宅設備メーカーであるLIXILグループのハウスメーカーです。フランチャイズ展開により中間マージンをカットし、さらにLIXILグループであることを活かし、資材の一括購入などによって安い注文住宅を提供しています。

低価格でありながら耐震等級3を実現し、長期継続点検などのアフターメンテナンスも充実しているため、長く安心して暮らせるのもアイフルホームの魅力です。また、インターネットで住宅を建てる「web housing」など、時代にあったサービスを提供してもらえます。

アイフルホームは子どもにやさしい住まいを目指しており、2008年から連続してキッズデザイン賞を受賞しています。バリアフリーはもちろんのこと、ユニバーサルデザインですべての人が快適に暮らすことができますので、子育て世代におすすめの注文住宅です。

施工エリア全国(沖縄県を除く)
年間施工実績約4,650棟
工法木造軸組

第7位 ヤマダホームズ

yamadahome

参照:ヤマダホーム

坪単価:40万〜80万円

ヤマダホームズは「心を満たす住まいづくり」を目指している、ヤマダ電機グループのハウスメーカーです。ローコストからハイグレードまで幅広くラインナップされており、ローコスト住宅の「Felidia」は気密性と断熱性が高く、冷暖房費を約40%カットできるなど、ランニングコストにも優れています。

ヤマダ電機グループのハウスメーカーらしく、ZHEを標準仕様とすることを目指しており、予算を抑えて太陽光発電システムなどを導入できます。さらに省エネ家電も安く購入できるというのもヤマダホームズの魅力のひとつです。

そしてローコストハウスメーカーとしては珍しく、定期点検とメンテナンスを行うことで最長60年の保証を受けることもできます。安いだけでなく、品質に自信のあるからこその長期保証です。建て替えをすることなく長く暮らしたいという人におすすめです。

施工エリア関東・東海・関西・岩手・秋田県・宮城・福島・石川・山梨・長野・徳島・広島・香川・愛媛・福岡・宮崎・鹿児島・佐賀
年間施工実績約1,700棟
工法木造軸組、2×4、2×6、木質系プレハブ

第8位 アキュラホーム

aqura

参照:アキュラホーム

坪単価:40万〜140万円

アキュラホームは「日本の住まいを安くする」をミッションに掲げたハウスメーカーで、使い勝手の良い高品質な注文住宅を1,000万円台から建てることができます。約1,000件のデータを分析して設計される動線の評価が高く、家事が楽になる家として定評があります。

資材の大量一括仕入れ、下請けや孫請けを使わない直接施工、施工の合理化などによって、徹底的なコストダウンを行いローコストでの注文住宅づくりを実現しています。連続してグッドデザイン賞も受賞しており、安くても外観にこだわりたい人にも最適です。

「匠の心」を持った職人が揃っているため、現場の対応能力や施工技術が高く、間違いのない家づくりが期待できます。また、建てて終わりではなく「永代家守り活動」といって、建ててた後もしっかりとサポートしてもらえるのがアキュラホームの魅力です。

施工エリア東京・埼玉・千葉・神奈川・茨城・大阪・京都・兵庫・奈良・広島・山口・静岡・愛知・群馬・岐阜・三重、岡山
年間施工実績約1,400棟
工法木造軸組

第9位 富士住建

fujijuken

参照:富士住建

坪単価:42万〜50万円

富士住建は「高品質を適正価格で」をモットーにしている、地域密着型のハウスメーカーです。オプションで設備を追加するのではなく、標準ですべてが揃っているというのが特長で、最新の高品質設備により快適な生活を提供してもらえます。

値引きができないほど利益率を徹底して抑え、さらに設備メーカーと年間契約を行うことで仕入れ単価も抑えています。モデルハウスを建てず、豪華なカタログを作らないなど徹底したコストダウンにより、すべて揃っているのにリーズナブルな注文住宅を実現しています。

価格は安くても長期優良住宅にも対応可能で、定期的なメンテナンスを行うことで長く暮らせるというのも富士住建の強みになります。関東限定ということでランキングは9位となりましたが、充実設備の家を希望する人に適したハウスメーカーです。

施工エリア関東全域
年間施工実績約870棟
工法木造軸組、2×4、2×6

第10位 ヤマダレオハウス

leohouse

参照:ヤマダレオハウス

坪単価:44万〜76万円

ヤマダレオハウスは7位のヤマダホームズと同じくヤマダ電機グループのハウスメーカーで、高品質でリーズナブルな注文住宅を建てることができます。自由設計なのに1,000万円台のローコストが人気で、これまでに28,000棟の実績がある人気の高いハウスメーカーでもあります。

狭小地での住宅設計を得意としており、土地の価格が高い都市部でも快適な暮らしを手に入れることができます。断熱性や気密性といった機能面も優れており、環境負荷の少ないZEHにも対応しているため、ランニングコストを抑えることもできます。

12テーマ120のプランが用意されている「Happy LEO house」なら、自分たちだけの理想の家づくりも可能で、予算は限られているけど、ライフスタイルに合った個性的な家を提案してもらいたいという人におすすめです。

施工エリア関東・東海・四国・岩手・宮城・福島・富山・石川・福井・山梨・長野・京都・大阪・奈良・兵庫・岡山・広島・福岡・佐賀・大分・熊本・宮崎・鹿児島
年間施工実績約2,000棟
工法木造軸組、2×4、2×6

安いハウスメーカーを選ぶときのポイント

yasuihausume-ka

ハウスメーカーを選ぶときに最も大事なのが、1社に絞るのではなく複数社に提案してもらうということです。注文住宅だから、どこに依頼しても自分の思い通りの家ができると思っているかもしれませんが、ハウスメーカーはそれぞれに個性があり、外観も間取りも違ってきます。

自由設計で希望通りに仕上げてくれる業者もあれば、規格が決まっていていくつかのパターンから選ぶことしかできない業者もあります。複数社に提案してもらえば、ハウスメーカーの特長がわかり、自分たちの家づくりに最適な業者を見つけることができます。

複数のハウスメーカーと話をするわけですから、手間と時間がかかりますが、これから何十年も暮らす家だと考えれば、ハウスメーカー選定は慎重に行う必要があります。いきなり1社に絞って進めるのではなく、複数社の提案を比較検討してください。

比較検討のポイントについて、詳しくお伝えしていきます。

坪単価ではなく総額で比較する

ハウスメーカーを2〜3社に絞ったら、そこからは業者選定になりますが、予算が限られている場合にはどうしても坪単価が気になるかと思いますが、業者の絞り込みが終わったら坪単価のことは忘れましょう。ここから大事なのは支払総額がいくらになるかということです。

そもそも坪単価というのは、ハウスメーカーごとに算出方法が違うため、選定するための参考にはなりますが、必ずしも建物価格や工事総額に比例するわけではありません。坪単価が安くても、オプションを追加したら予算をオーバーすることがよくあります。

また本体工事費の他に、屋外給排水工事費や空調設備費、外構工事費など別途工事費もかかり、諸費用も発生します。オプション費用とそれらの費用を合わせた総額を出してもらい、比較検討しましょう。

知名度だけでは選ばない

ランキングに入っているハウスメーカーの中には、名前を聞いたことがある業者もあれば、初めて知った業者もあったかと思います。ハウスメーカー選びで信頼できるかどうかというのも、とても重要なポイントになるので、誰もが知っている有名ハウスメーカーに依頼したくなる気持ちはわかります。

でも、名前を知っているということは、何らかの形で広告を出して宣伝をしています。その宣伝費はもちろん価格に上乗せされます。それなのに知名度の高いハウスメーカーとそうでないハウスメーカーで坪単価が同じだとすると、知名度の高いハウスメーカーはどこかでコストダウンをしていることになります。

それが一括仕入れや直接施工といった明確な理由があればいいのですが、理由がよくわからないけど安いというのでは手抜き工事をされる可能性がありますし、質の悪い建材を使っていることも考えられます。

低価格の理由

比較検討対象に知名度の高いハウスメーカーが含まれているなら、なぜ低価格を実現しているのかを納得できるまで説明してもらいましょう。

言葉を濁すようでしたら、丁寧に説明してくれる他のハウスメーカーを選ぶことをおすすめします。

住宅のライフサイクルも含めて検討する

注文住宅を建てるときに、もうひとつ気をつけたいのが家の寿命です。一般的な住宅の寿命は30年とされていますが、耐久性の高い建物であれば定期メンテナンスで60年近く暮らすことができます。

それでは寿命30年で1,500万円の家と、寿命60年で2,000万円の家のどちらを購入するほうが賢いでしょう?予算がどうしても1,500万円しかないのであれば、前者を購入するしかありませんが、多少の余裕があるなら後者のほうが賢明です。

もちろんメンテナンス費用もかかりますので、単純に寿命が長いほうがいいとは言えませんが、いくら安くても寿命が短くて建て替えが必要になるのであれば、トータルで損することもあるのだということを覚えておきましょう。

特に寿命が30年なのに35年ローンを組むと、ローンを残したまま建て替えをしなくてはいけなくなります。目先のお金も大切ですが、家を建てるときにはきちんと家のライフサイクルも考えて、どのハウスメーカーがお得なのか判断しましょう。

「タウンライフ家づくり」を使ってハウスメーカー選びを簡単に!

taunraifu

ハウスメーカーの選定は複数社の提案を比較検討するとお伝えしましたが、毎日仕事が忙しいのに、そんな時間はないという人もいるかと思います。そういう人におすすめなのが無料一括見積りサービスの「タウンライフ家づくり」です。

このサービスでは、1回の申し込みで複数社から、間取りプランや資金計画書提案の提案をしてもらえ、さらには土地探しまでお願いすることができます。提案された間取りを比較検討して業者の絞り込みができます。

「タウンライフ家づくり」には全国600社も登録しており、ランキングに入っている業者の中にも登録しているハウスメーカーがあります。

taunraifu

ここでのランキング同様に厳選されたハウスメーカーや工務店だけが登録されていますので、安心してご利用ください。

実際に利用している人の評価も高く、GMOリサーチの注文住宅部門調査結果で、利用満足度、知人に薦めたいサイト、使いやすさの3部門で1位になっています。

taunraifu

ランキングに入っていない地域密着の工務店なども登録されていて、さらに格安に注文住宅を建てることも可能です。

これから家を建てるというのであれば、ぜひ「タウンライフ家づくり」を活用してみましょう。

\好きな間取りを選んで最大400万円安くなる/

タウンライフ一括見積りサービス

まとめ

坪単価を基準に安いハウスメーカーのランキングをご紹介してきましたが、参考になったでしょうか。初めて名前を知ったというハウスメーカーもあって、本当に信頼できるのか心配になるかもしれませんが、知名度は低くてもいずれも確かな実績のあるハウスメーカーです。

予算が限られているのであれば、まずはこの中から選ぶといいでしょう。ただし、1社に絞って検討するのではなく、必ず複数のハウスメーカーに提案してもらいましょう。安いハウスメーカーはそれぞれに強みもあれば、弱い部分もありすべての点で満足できるわけではありません。

「タウンライフ家づくり」を使って、いろいろな業者の提案を比較し、自分たちの理想に近い提案をしてくれたハウスメーカー2〜3社に絞ってください。最終的には知名度と坪単価は忘れて、提案してもらった総額や住宅の寿命など、総合的に満足度の高い提案をしてくれたハウスメーカーに依頼しましょう。

家は人生最大の買い物です。急いで購入する必要はありませんので、じっくりと時間をかけて信頼できるハウスメーカーを選定しましょう。

\好きな間取りを選んで最大400万円安くなる/

タウンライフ一括見積りサービス