【WiMAX 2+とは?】WiMAXとポケットWiFiの違いとそれぞれのメリット・デメリット

wimaxとは

最近はパソコンを持たない人も増えてきて、それに代わってスマホやタブレットが主流になってきました。

スマホやタブレットはどこにでも持ち歩けるので、それに合わせてインターネット回線も固定回線ではなく、モバイル端末を使う人が増えつつあります。

そんな持ち運びできるインターネット回線の中でも、特に人気があるのがWiMAXです。

ここではWiMAXの特徴やポケットWiFiの違い、それぞれのメリット・デメリットをご紹介しながら、自分に適したインターネット回線を選ぶ方法をお伝えします。

WiMAXとは

モバイルルーター
WiMAXとは、無線通信技術の規格のひとつで、UQコミュニケーションズ社が提供する「UQ WiMAX」というモバイルWi-Fiルーターの名称です。

続いて、WiMAXがどのようなインターネット回線なのかについて、分かりやすく説明していきます。

WiMAXの特徴

WiMAXはいくつものプロバイダーが提供しており、利用料金の相場としては1ヶ月あたり4,000円前後になっています。

最初の1〜2ヶ月だけ大幅値引きしていることもありますが、基本的にはこれくらいかかると考えておきましょう。

通信速度は最大1.2Gbpsとなっていますが、実測値としては30〜120Mbps程度です。インターネット接続環境としては10Mbpsあれば十分ですので、WiMAXを使っていて「遅い」と感じることはほとんどありません。

ただし通信速度制限があり、3日で10GB以上使うと1Mbpsにまで速度低下します。また、3年契約が基本で更新月以外の解約は解約金が発生します。

WiMAXの基本スペックは以下です。

WiMAXのスペック
月額利用料金3,500〜4,500円
通信速度最大1.2Gbps
実測速度30〜120Mbps
通信速度制限3日で10GBを超えると1Mbps
契約期間2年もしくは3年

WiMAXとWiMAX 2+はどう違う?

wimax
wimax2+
WiMAXについて調べていると「WiMAX 2+」という単語が何度も出てきます。WiMAXとWiMAX 2+はどのような違いがあるのか気になると思いますので、2つの関係性について解説しておきましょう。

「WiMAX 2+」は通信システムの最新規格

4Gや5Gといった言葉を耳にしたことがあるかもしれません。よくスマホでも目にする「LTE」というのも同じく4Gの通信規格のひとつです。

4Gとは
4Gとは第4世代移動通信システムのことで、WiMAXはこの第4世代移動通信システムに該当する通信規格で、よく目にする「LTE」というのも同じく4Gの通信規格のひとつです。

しかし、正確にはWiMAXやLTEは3.9Gと呼ばれる規格で、3Gと4Gを橋渡しする「限りなく4Gに近い3G規格」です。

本当の意味での4Gに対応しているが「WiMAX 2+」で、WiMAXの進化版が「WiMAX 2+」と覚えておきましょう。

WiMAXは2020年3月で終了

WiMAX 2+が登場したことにより、3.9G規格のWiMAXサービスは2020年3月31日で終了することが決まっており、すでに新規での受付は行っていません。このため現在WiMAXと呼ばれているものはすべてWiMAX 2+サービスになります。

WiMAXの広告に「WiMAX 2+」と書かれているのは、WiMAXからの移行期の名残りで、最新規格を使ったサービスであることをアピールするためのものです。

現在はすべてのWiMAXがWiMAX 2+を採用していますので、違いを気にする必要はありません。

WiMAXはプロバイダーごとにサービス内容が違う

WiMAXには様々なプロバイダーが提供していますが、UQ WiMAXが設備投資を行い通信回線を整えています。

この整えた通信回線に「WiMAX」というサービス名をつけて、下記のようなプロバイダーに提供しています。

  • JPWiMAX
  • GMOとくとくBB
  • カシモWiMAX
  • Broad WiMAX
  • So-net WiMAX

また、UQ WiMAXは通信回線を貸し出すだけでなく、自社でも「UQ WiMAX」として通信事業を行っています。

ただし、それぞれにキャッシュバックやオプションなどで差別化を行っており、利用料金にも違いがあります。

名称やプランは違うけど使っている回線は同じ

契約する会社が違うと回線も違うと思われる方もいますが、プロバイダーは同じ通信回線を使い、通信端末も共通のものを提供しているため通信速度に違いはありません。

WiMAXとポケットWiFiの違い

WiMAXとポケットWiFI
WiMAXについては理解できたかと思いますが、同じようなモバイルWiFiサービスにポケットWiFiがあります。

WiMAXとポケットWiFiにはいったいどのような違いがあるのか、ここでは2つのサービスの違いについてご紹介します。

名称の違い

WiMAXの名称については、冒頭で説明致しましたので省かせていただきますが、ポケットWiFiとはもともとワイモバイル社(旧イーモバイル)が提供しているモバイルWi-Fiルーターの名称です。

最近では、「ポケットWiFi」をモバイルWiFiサービスの総称として「ポケットWiFi」と呼ぶことがありますが、正確にはWiMAXとポケットWiFiはまったくの別物なので、自身で調べるときには注意が必要です。

通信方式が違う

WiMAXとポケットWiFiは以下のように通信方式に違いがあります。

  • WiMAX:WiMAX 2+
  • ポケットWiFi:4GLTE
WiMAXはすでにお伝えしましたようにWiMAX 2+方式を採用していますが、ポケットWiFiはスマホと同じ4GLTEを採用しています。

いずれも4G規格の通信技術ですが、使用する周波数などに違いがあります。

WiMAXの周波数は2.5GHzが採用され、4GLTEは2GHzや700〜900MHzの電波を使用します。

電波は周波数が低いほど繋がりやすいという特徴があり、低周波数を利用できるポケットWiFiは繋がりやすく、WiMAXは繋がりにくいという違いがあります。

その他にも違いがありますので、それぞれのメリットとデメリットを見ながらWiMAXとポケットWiFiの違いについて把握していきましょう。

WiMAXのメリットとデメリット

wimax2+
それではまず、WiMAXのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

メリット

WiMAXのメリットは以下のとおりです。

  • 容量制限なしで利用できる
  • 通信速度制限がかかっても1Mbpsで通信できる
  • 最大1.2Gbpsの超高速通信に対応
  • LTEオプションをつければ屋内や地下でも使える
  • auのスマホと組み合わせて割引を受けられる

WiMAXのメリットは、高速な通信を容量制限なしで利用できるという点です。

3日で10GB以上使うと通信速度制限が発生しますが、スマホやタブレットで接続するなら3日で10GBを超えることはほとんどありませんし、通信速度制限になっても1Mbpsで通信できます。

また、有線接続すれば1.2Gbpsの超高速通信も可能で、オンラインゲームなどの応答速度の速さが求められるような使い方でも十分に対応できます。

さらに、auのスマホを使っているなら、最大1,000円/月の割引を受けられますのでauユーザーなら毎月の通信費を大幅に減らすことができます。

デメリット

WiMAXのデメリットは以下のとおりです。

  • 屋内や地下などで電波が入りにくい
  • 山間部ではアンテナが少なく繋がりにくい
  • プロバイダーが多くて選定が難しい
  • 3年契約で更新月以外は解約金が発生する

WiMAXのデメリットは電波が入りにくいということです。

とくに屋内や地下に弱いという弱点もありますが、オプションで4GLTE回線を使うことができますが、4GLTE回線はデータ容量が7GBまでしか使えません。

山間部ではそもそもアンテナがないこともあり、メインのインターネット回線としては使えない地域もあります。

また、WiMAXを取り扱っているプロバイダーは10社以上あり、それぞれ利用料金やサービスに違いがあるため、プロバイダー選びが難しいというのがWiMAXの大きなデメリットです。

また、ほとんどのプロバイダーは3年契約を必須としています。3年間使い続けるなら問題ありませんが、転勤などによる引っ越しや引っ越し先でWiMAXの電波が入らないというようなときでも、更新月以外の解約には解約金が発生します。

このようにWiMAXは、使う人を選ぶという難しさがあります。

ポケットWiFiのメリットとデメリット

ポケットWiFi
それでは次に、ポケットWiFiのメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

ポケットWiFiのメリットは以下のとおりです。

  • 回線が安定している
  • 利用可能エリアが広い
  • セットにすると割引を受けられる
ポケットWiFiはスマホと同じ4GLTE回線を利用していますので、電波が屋内に届きやすく回線が安定しています。

その回線もSoftBank回線を利用していますので、人が生活している地域であれば、ほぼどこでも利用できます。

また、ソフトバンクやワイモバイルはポケットWiFiとスマホをセットにすることで、セット割引を受けることも出来ます。

デメリット

ポケットWiFiのデメリットは以下のとおりです。

  • 通信量に5GB/月や7GB/月の上限がある
  • 通信速度制限がかかったときは128kbpsになって何もできなくなる
  • 回線が混雑する時間は速度低下する

ポケットWiFiはWiMAXと違って、7GB/月という容量制限があります。

7GB使用すると128kbpsまで低速化されてしまい、ほとんど使い物にならない状態になってしまいます。

また、ソフトバンクの回線を利用しますので、夕方以降やランチタムなどの回線が混雑する時間は通信速度がかなり低下することもあります。

特に都市部では利用者がかなり多くなるため、インターネット検索するだけでもかなり時間がかかります。

最近はスマホでも数十GB利用できるプランもありますので、あえてポケットWiFiを選ぶ理由がありません。

WiMAXとポケットWiFiのどちらを選ぶべき?

WiFIとポケットWiFi
ここまでの説明でWiMAXもポケットWiFiも一長一短で、すべての人に適しているわけではないのが分かってもらえたと思います。

では、WiMAXとポケットWiFi一体どちらがおすすめなのでしょうか?大まかには以下の基準で選びましょう。

WiMAXを選ぶポケットWiFiを選ぶ
通信速度が早いほうが良いWiMAXの電波が入らない
auスマホ・ケータイを使っているSoftBank光を使っている

判断基準についてもう少し詳しく説明していきます。

WiMAXの電波が入る場合はWiMAXを選ぶ

まずは、WiMAXの公式ホームページなどで自分の住んでいる地域でエリア検索を行い、WiMAXの電波が入る場所なら間違いなくWiMAXを選びます。

理由は、通信速度の速さと通信量が無制限なので、現在日常でストレスなく使用できるモバイルルーターがWiMAXだからです。

地下や山間部で電波が入りにくいというデメリットもありますが、日常環境ではまず問題ありません。

WiMAXが利用できない場合

では、WiMAXの電波が入らないといった場合はポケットWiFiにするしかないのでしょうか?

実は、ポケットWiFiには、Ymobileやソフトバンクが提供している通信制限があるポケットWiFiだけではなく、通信量無制限で利用できるものもあります。

それが、「GLOBAL WiFi」といったWiFiレンタルサービスが提供するレンタルWiFiです。

WiMAXの電波が入らないときは、無制限で利用できるWiFiレンタルサービスを利用しましょう。

モバイルルーターはWiMAXを選ぶ

自宅などの自分の使用環境でWiMAXの電波が入るなら、あえてポケットWiFiを選ぶ必理由はどこにもありません。利用料金もそれほど大きく変わりませんので、無制限で利用できるWiMAXのほうがおすすめです。

おすすめのWiMAXベスト5

モバイルWiFiでインターネット接続するなら、WiMAX回線がおすすめとお伝えしました。

しかし、WiMAX回線のデメリットであるプロバイダーの多さで悩むことになるかと思いますので、ここではおすすめのWiMAXプロバイダーを5つご紹介します。

1位 JPWiMAX

JPWiMAXの特徴

    • 世界最大のWiFiコミュニティが運営
    • 利用料金が安い
    • Amazonギフト券16,000円分がキャッシュバック

JPWiMAXは世界最大のWiFiコミュニティのFONが運営するWiMAXで、利用料金が安いだけでなく、Amazonギフト券16,000円分がキャッシュバックされます。

このため、3年間の実質費用が業界トップクラスに安く、1円でも費用を抑えたい人におすすめです。

JPWiMAXの詳細
3年間の実質費用118,100円
利用料金契約月〜3ヶ月:2,800円/月
4〜24ヶ月:3,500円/月
それ以降:4,100円/月
キャッシュバックAmazonギフト券16,000円
auスマートバリューmine×

2位 GMOとくとくBB

GMOとくとくBBの特徴

    • 最大31,500円キャッシュバック
    • 20日以内ならキャンセルOK
    • auスマホの月額利用料が最大1,000円/月割引

GMOとくとくBBは最大31,500円のキャッシュバックを受けることができ、さらにはauスマートバリューmineの対象となっているため、auスマホを使っている場合には、スマホ料金を毎月最大1,000円割引で利用できます。

スマホ割と合わせると3年間の実質総額を10万円以下にすることもでき、さらに20日のキャンセル期間があるため、自宅で電波が入るかどうかが不安だという人も、安心して申し込みできます。

GMOとくとくBBの詳細
3年間の実質費用127,269円
利用料金(ギガ放題プラン)/th>

契約月:3,609円の日割り料金
1〜2ヶ月:3,609円/月
それ以降:4,263円/月
キャッシュバック31,500円
auスマートバリューmine

3位 Broad WiMAX

Broad WiMAXの特徴

    • 他社からの乗り換えで解約違約金を負担してくれる
    • サポートがしっかりしている
    • auだけでなくUQ mobileでも月々割が受けられる

Broad WiMAXは、他社からの乗り換え時に解約違約金を肩代わりしてくれます。このため、契約途中のインターネット回線でも、自己負担額なしでBroad WiMAXへの乗り換えが可能です。

サポートにも定評があり、人気のWiMAXサービスのひとつです。

こちらはauスマートバリューmineだけでなく、UQ mobileのギガMAX月割にも対応しており、格安料金のUQ mobileのスマホを使っているという人でも実質月額利用料金を抑えることができます。

Broad WiMAXの詳細
3年間の実質費用134,352円
利用料金(クレジットカード払い)契約月:2,726円の日割り料金
1〜2ヶ月:2,726円/月
3〜24ヶ月:3,411円/月
それ以降:4,011円/月
キャッシュバック0円
auスマートバリューmine

4位 カシモWiMAX

カシモWiMAXの特徴

    • 初期費用が安い
    • UQ mobileのギガMAX月割対象
    • スマホ端末が安くなる

引っ越しなどでまとまったお金が必要だという人は、生活が落ち着くまでWiMAXの利用料金も抑えたいところですよね。

そういう人におすすめなのが、最初の1ヶ月を1,380円で利用できるカシモWiMAXです。

auスマートバリューmineは使えませんが、UQ mobileのギガMAX月割対象になっています。UQ mobileのスマホを使っている場合には、スマホ料金が300円割引になり、3年間利用時には10,800円もお得になります。

カシモWiMAXの詳細
3年間の実質費用133,368円
利用料金(ギガ放題)契約月:0円
1ヶ月:1,380円
2〜24ヶ月:3,480円/月
それ以降:4,079円/月
キャッシュバック0円
auスマートバリューmine×

5位 DTI WiMAX

DTI WiMAX

    • 契約月から2ヶ月間利用料金無料
    • NTTグループカード契約で最大6,000円割引
    • ネット以外の割引サービスが充実

大手インターネットプロバイダーでもあるDTIもWiMAXサービスを行っています。こちらは契約月から2ヶ月間無料で利用できるため、初期費用を徹底して抑えたいという人におすすめです。

auスマートバリューmineの対象外になっていますが、NTTグループカードを新規契約し、そのカードで支払いをすれば最大6,000円の割引を受けることができます。

さらにDTI Club Offサービスも使えますので、映画を安く観れたり、レストランやホテルで割引サービスを受けたりすることもできます。DTI WiMAXは利用料金に反映されないところで、お得さを感じることができます。

DTI WiMAXの詳細
3年間の実質費用134,430円
利用料金(ギガ放題)契約月〜2ヶ月:0円/月
3ヶ月:2,590円/月
それ以降:3,760円/月
キャッシュバック0円
auスマートバリューmine×

WiMAX 2+はプロパイダーの比較をしっかり行う

WiMAX 2+が今のところ一番優れているモバイルルーターであることを説明してきました。とはいえ、WiMAX 2+は基本的には自宅で電波が入ることを条件に利用できます。

多少電波の入りが悪いというデメリットがありますが、その弱点もauの4GLTE回線と組み合わせることでほとんど感じることがありません。

自宅でWiMAXの電波が入らない場合には、ポケットWiFiを使用するという選択肢になりますが、これだとあっという間にギガ不足になってしまいます。こんな時は、光回線かWiFiレンタルサービスの利用を検討しましょう。

WiMAXは様々なプロバイダーが提供しているサービスですので、WiMAXを利用すると決めたらしっかりと料金等を比較し、もしauのスマホを使っているなら、auスマートバリューmine対象となっているプロバイダーを選ぶようにして、スマホ割でお得にWiMAXを利用しましょう。