公式サイトや店頭でのWiMAX契約は損!総額費用を安くするお得な申込み方法

これからWiMAXの契約をしようと考えている人に知ってもらいたいこと。それは申込み方法によって総額費用が大きく変わるということです。

契約期間の3年間利用したときの総額が数万円の差がありますので、できるだけ費用を抑えられる方法で契約しましょう。

ここでは、とにかく安くWiMAX契約をして、お得にインターネットライフを楽しめる申込み方法について分かりやすくご紹介していきます。

WiMAXはどこで契約しても通信速度は同じ

wimax
WiMAXはUQコミュニケーションズが管理するモバイル回線で、いくつものプロバイダーがMVNO(仮想移動体通信事業者)として、その回線を使ったサービスを提供しています。

この仕組の特徴は、どのプロバイダーを使っても通信速度が変わらないところにあります。

格安SIMのMVNOの場合、プロバイダごとに「A社よりB社の回線速度が速い」というようなこともありますが、WiMAXの場合はA社もB社も回線速度は変わりません。

ただし、プロバイダごとに利用料金に違いがあり、キャッシュバックなどのキャンペーンもそれぞれが行っています。

このため「A社よりもB社のほうが安い」という状況が発生しています。

つまり総額費用を安くするには、どこと契約するのかがとても重要になってきます。このことを踏まえたうえで、WiMAXの販売方法・契約方法について見ていきましょう。

WiMAXの販売方法

店頭販売
WiMAXを契約できる場所は大きく分けて3つあります。

  • 店頭(家電量販店)
  • 店頭(UQスポット)
  • インターネット

WiMAXは家電量販店やUQスポットなど、店頭での契約が可能です。

さらには、インターネットでの契約も可能なのですが、どこで契約するかによって総額費用が違ってきます。

どういうことなのか、それぞれの場所での契約について詳しく説明していきます。

店頭(家電量販店)

WiMAXはスマホと同じように家電量販店で契約できます。

ただし、スマホの場合にはdocomoやau、SoftBankなどと契約することになりますが、WiMAXの場合には家電量販店がプロバイダーとなって契約するか、UQ WiMAXとの契約になります。

家電量販店がプロパイダーのインターネット

    • ヤマダ電機:YAMADA Air Mobile WiMAX
    • ビックカメラ:BIC WiMAX SERVICE
    • ヨドバシカメラ:ワイヤレスゲートWi-Fi + WiMAX2+
    • ケーズデンキ:KT-WiMAX

ヨドバシカメラ以外は家電量販店がプロバイダーになって、WiMAXの契約を行っています。ヨドバシカメラもワイヤレスゲートと提携しているため、基本的にはワイヤレスゲートしか選ぶことができません。

また、家電量販店によってはUQ WiMAXの契約が可能なケースもあります。

家電量販店での契約のメリットとしては、説明を受けながら契約を進められることと、キャッシュバックを受けられたり、格安でパソコンやタブレットを購入できたりするということです。

ただし、プロバイダーの選択肢がないというデメリットもあります。

店頭(UQスポット)

UQスポットで契約できるのは、UQコミュニケーションズが提供するUQ WiMAXだけです。UQ WiMAXはWiMAXの本家本元ですので、docomoやau、SoftBankと同じような立ち位置になります。

安心して利用できるというメリットはありますが、通信速度は他のプロバイダーと変わりません。

ただしWiMAXに関する知識が豊富で、トラブルが発生したときにはとても助かる存在でもあります。

設定などが分からないという人にとっては、UQスポットでの契約もおすすめです。

ただし、安く契約したいとなると選択肢からは外れます。その理由については後ほど詳しく説明します。

インターネット

WiMAXのプロバイダーの多くは店舗を持たずに、インターネットを利用してWiMAXの契約を行っています。

その数は10社以上あり、それぞれに利用料金やサービス内容に違いがあります。このためどれを選んでいいのか分かりづらいというのが、インターネットで契約するときのデメリットになります。

ただし、ここでしっかり比較検討を行うことで、総額費用を大幅に減らすことができます。

このため、1円でも安く契約したいのであれば、インターネットでの契約がおすすめなのです。

とはいえ「おすすめ」と言われても本当なのかどうか心配ですよね。どれくらいお得なのか、次章で総額費用を比較しつつ説明していきます。

申込み方法ごとの総額費用比較

ネット申し込みがお得
総額費用を安くしたいならインターネットでの契約がおすすめとお伝えしましたが、実際にどれくらいお得なのか3年間の総額費用比較見ていきましょう。

ここではBIC WiMAX、UQ WiMAX、BroadWiMAXで比較していきます。

BIC WiMAX(BIC定額ギガ放題)
初回登録料3,000円
基本使用料4,880円/月
お得割/長期利用割引-500円/月
ギガ放題お試し割引-684円/月(3ヶ月)
3年間総額費用163,008円
Broad WiMAX
初回登録料3,000円
基本使用料(契約月)2,726円の日割り料金
基本使用料(1〜3ヶ月)2,726円/月
基本使用料(3〜24ヶ月以降)3,411円/月
基本使用料(25ヶ月以降)4,011円/月
3年間総額費用134,352円
UQ WiMAX
初回登録料3,000円
基本使用料(契約月〜3ヶ月)3,696円/月
基本使用料(4ヶ月以降)4,380円/月
3年間総額費用162,324円

Broad WiMAXの料金体系がやや複雑ですが、BIC WiMAXと比べると約29,000円も総額費用が安くなります。

Broad WiMAXが特別に安いのでは?と思うかもしれませんが、実はBroad WiMAXよりも総額費用が安くなるプロバイダーが他にもいくつかあります。

3年間総額で13万円台というのは、インターネットから申し込みをした場合では標準的な金額になります。

インターネットだけで契約を受付けているプロバイダーは、店舗がないため運営費用を抑えることができます。UQ WiMAXのようにCMを流していないため、宣伝費もかかりません。

これだけの費用が抑えられるわけですから、店頭やUQ WiMAXで申込みをする理由はどこにもありませんよね。

家電量販店系のプロバイダーは、パソコンやタブレットを割引で買えたりしますが、割引額は数千円ですし、それらの端末の代金がかかるので出費は増えてしまいます。

とにかく総額費用を安くしたいなら、インターネットからの申込みと覚えておきましょう。

最も安く申し込みするなら価格.com経由がおすすめ

WiMAXはインターネットからの申込みがおすすめとお伝えしましたが、総額費用をさらに抑える方法があります。

それが価格.com経由での申込みです。

すべてのプロバイダーを利用できるわけではありませんが、価格.comから申込みをすると公式サイトから申込みをするよりもお得に契約できます。

価格.comから申込みした場合の割引額
GMOとくとくBB39,145円割引
hi-ho39,772円割引
advent34,508円割引
BIGLOBE76,886円割引
@nifty29,366円割引

※割引額は2019年6月28日現在

このように価格.comから申し込みをするだけで、高額な割引を受けることができます。

公式サイトでも割引やキャッシュバックがありますので、実際の差額はそれほど大きくありませんが、それでも価格.com経由のほうが総額費用を抑えることができます。

これだけお得なら価格.comから申込みをすべきですよね。でも気をつけてもらいたいポイントがいくつかあります。

価格.comから申し込む際の注意点

    • 価格.com経由だと解約金が高額になることがある
    • プロバイダー経由のほうが高額なキャッシュバックを受けられることがある

価格.com経由の申込みの場合には、更新月以外での解約が公式サイトからの申込みと比べると高めに設定されていることがあります。

もちろん、更新月以外で解約をしなければ済む話ではありますが、あまりにも高額になりすぎているケースもありますので、確認はしておきましょう。

また、プロバイダーもキャンペーンを頻繁に行っており、タイミングによってはプロバイダーのほうが総額費用を安くできることもあります。

注意
基本的には価格.com経由での申込みで問題ありませんが、できるだけ公式サイトもチェックして最新のキャンペーン情報を確認してください。また、価格.comは税込表記、プロバイダーは税抜表記になっていますので、比較するときには注意してください。

総額費用を安くできるおすすめプロバイダー

インターネット申込の総額費用を安く抑える方法
ここまでの説明を踏まえて、総額費用が安くなるプロバイダーをご紹介します。

それぞれの特徴と、キャッシュバックやauのスマホをお持ちの方は「auスマートバリューmine」の割引が利用できるのかどうかについても調べましたので自分に最適なプロバイダーを選びの参考にしてください。
※プロバイダーの表記に合わせるため、金額は税抜表記になります。

GMOとくとくBB(価格.comギガ放題プラン)

GMOとくとくBBは公式サイトで契約しても、3年間で13万円以内とかなり格安で契約できますが、価格.com経由で契約すればさらに総額費用を抑えることができます。

さらにauのスマホを使っていれば、auスマートバリューmineに対応していますので、最大毎月1,000円の割引を受けることができます。

毎月1,000円ですので、3年間で実質36,000円割引になりますので、なんと3年間の総額費用は9万円以下になります。

GMOとくとくBBの魅力は20日間の解約期間があるという点で、自宅で電波が入りにくいなど、使用上の問題があった場合には、20日以内であれば解約金なしで解約できます。このため、初めてWiMAXを使うという人にもおすすめです。

初回登録料2,000円
基本使用料(契約月)0円
基本使用料(1〜2ヶ月)3,609円/月
基本使用料(3ヶ月以降)4,263円/月
キャッシュバック32,050円
auスマートバリューmine
3年間の実質費用123,110円(公式:127,269円)

JPWiMAX

JPWiMAXは価格.comでの契約ができませんが、キャッシュバックとしてAmazonギフト券16,000円分をもらえます。

さらには基本料金も安く設定されていますので、総額費用がかなり安くなっています。

ただし、契約月を1ヶ月目としているため、他のプロバイダーよりも、利用料金が1ヶ月分少なくなっています。

それでも費用総額が低いのがJPWiMAXです。auスマートバリューmineには対応していませんので、au以外のスマホを利用している人で、少しでも費用を抑えたいという人におすすめのプロバイダーです。

初回登録料3,000円
基本使用料(契約月〜3ヶ月)2,800円/月
基本使用料(4〜24ヶ月)4,100円/月
キャッシュバックAmazonギフト券16,000円
auスマートバリューmine×
3年間総額費用118,100円

Broad WiMAX

Broad WiMAXはキャッシュバックもありませんし、価格.com経由での申し込みもできませんが、月々の支払いが低く設定されているプロバイダーです。  

さらにauスマートバリューmineにも対応していますので、auのスマホを使っていれば、毎月最大1,000円の割引を受けられます。

さらに端末到着後8日以内の申請で契約キャンセルができます。このため、GMOとくとくBBと同様に初めてのWiMAX契約という人でも安心して申し込みできます。

また、ノートパソコンやタブレットとのセット販売も行っていますので、家電量販店よりもお得に端末を購入できます。

さらに、他社のWiFiサービスからの乗り換えの場合、最大19,000円分の契約解除料金をBroad WiMAXが負担してくれます。

初回登録料3,000円
基本使用料(契約月)2,726円の日割り料金
基本使用料(1〜3ヶ月)2,726円/月
基本使用料(3〜24ヶ月以降)3,411円/月
基本使用料(25ヶ月以降)4,011円/月
auスマートバリューmine
3年間総額費用134,352円

安さ重視ならインターネットからの申込みが必須

WiMAXを契約するときに店頭で契約しようと考えている人もいるようですが、家電量販店やUQスポットで契約すると総額費用がかなり高額になります。

少しでも安く契約したいなら、インターネットで契約できるプロバイダーを選びましょう。

インターネットで契約する場合も、価格.com経由で契約することで公式サイトから申込みをするよりも総額費用を抑えられることもあります。

価格.com経由で申込みできるプロバイダーは限られるため、どこよりも安くなるというわけではありませんが選択肢のひとつとして入れておきましょう。

いずれにしてもWiMAXを安く契約したいなら、インターネットでの申込みが必須です。

説明を聞かないと不安という人は店頭でも構いませんが、安さ重視で選ぶならインターネットから申込みを受付けているプロバイダーを利用しましょう。