用途に合わせて選ぶWiFiルーターの選び方とおすすめの機種

wifi ルーター

最近はパソコンを持たずに、スマホやタブレットでインターネットを楽しむ人が増えてきましたが、高画質な動画をスマホの回線だけで利用していると、あっという間にギガ不足になってしまいますよね。大容量のプランにしても速度制限に引っかかることもあります。

データ通信を頻繁に行うなら、やはり自宅にも光回線やCATVなどを引いておきたいところです。そのときに必要になってくるのがWiFiルーターです。インターネット回線を引いても、WiFiルーターがないとスマホやタブレットをインターネットに繋げることができません。

ただ、WiFiルーターにもたくさんの種類があり、用途によって最適な機種が違います。ここでは、これからWiFiルーターを導入するという人のために、用途に合わせたWiFiルーターの選び方と、おすすめの機種をご紹介していきます。

WiFiルーターとは

自宅でインターネットを利用するには、インターネット回線とモデム(回線終端装置)、そしてルーターと呼ばれる機器が必要になります。パソコンの場合は、ルーターにLANケーブルで接続することでインターネット回線に繋がります。

ところが、スマホやタブレットはLANケーブルでの接続ができませんので、このルーターにWiFi機能を持たせる必要があります。このWiFi機能を持ったルーターのことを、WiFiルーターと呼びます。

レンタルのWiFiルーターではダメな理由

光回線などで契約すると、WiFiルーターをレンタルで貸してくれることがあります。ひかり電話に加入している場合には、ひかり電話対応のルーターが必須になり、オプションでWiFi機能を持たせることもできます。

わざわざWiFiルーターを自分で買わなくても、レンタルでいいじゃないかと思うかもしれませんがレンタルのWiFiルーターには下記のようなデメリットがあります。

・最新機能を備えていない
・出力が弱くWiFiルーターから遠い場所にまで電波が届かない
・レンタル費用が高すぎる

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

最新機能を備えていない

レンタルされるWiFiルーターの場合には、基本的にルーターの種類を選ぶことができません。タイミングによっては最新機能を備えた機種を借りられることもありますが、レンタル品の場合は機能よりも安定性を重視するので、数年前のモデルが貸し出されることもあります。

後ほど詳しく説明しますが、通信規格が遅くて不安定なものしか対応してないこともあり、レンタルWiFiは何かと不便な思いをすることがあります。無料で最新のWiFiルーターを借りられる光回線もありますが、そうなると光回線の選択肢が狭まります。

高機能で最新のWiFiルーターを使いたいのであれば、レンタルではなく自分で購入するようにしましょう。

出力が弱くWiFiルーターから遠い場所にまで電波が届かない

レンタルされるWiFiルーターはWiFiの出力がそれほど高くありません。マンションくらいなら、繋がりにくくなることもありませんが、2階建ての家などになってくると、1階に接地したWiFiルーターの電波を2階で拾えないということがあります。

最新のWiFiルーターはアンテナ本数が多くて高出力のものもあり、さらには受信している場所を検知して、電波を集めるといった機能を持った機種もあります。レンタルで借りたら、全然電波が届かなかったなんてこともありますので、そういう場合には自分で購入するのが1番です。

レンタル費用が高すぎる

フレッツ光でホームゲートウェイ(モデムとWiFiルーターが一体になったもの)をレンタルすると、1ヶ月で750円のレンタル費用が発生します。2年借りると18,000円、3年借りると27,000円にもなります。これくらいの予算があれば、かなり高性能なWiFiルーターを購入できます。

ただレンタル費用が300円程度しかかからないケースや、無料でレンタルしてくれる光回線もあります。その場合はレンタルのほうが出費を抑えられます。レンタル料金によってどちらがお得になるかが違いますので、自分の利用したい回線でのレンタル費用をチェックしておきましょう。

ひかり電話ルーターがあってもWiFiルーターを追加できる

ひかり電話に加入した場合、ひかり電話専用のルーターが無料で貸し出され、必ずそれを使わなくてはいけません。このため、ひかり電話に加入している人が「ひかり電話を使えるWiFiルーター」を探すという勘違いがよくあります。

このようなケースでは、ひかり電話ルーターとWiFiルーターをLANケーブルで接続して使います。ひかり電話ルーターとWiFiルーターを繋いで、「ブリッジモード」に設定すればOKで、この方法なら自分の好きなWiFiルーターを使うことができます。

WiFiルーターの比較検討項目

自分に最適なWiFiルーターを選ぶためには、WiFiルーターのスペックを比較検討する必要があります。このため、比較検討するために重要なスペックの読み方についてご紹介します。

・通信規格
・周波数
・転送速度
・ストリーム数(アンテナ数)
・セキュリティ規格
・ビームフォーミングの有無

WiFiルーターを選ぶときにチェックするスペック、こんなにもあります。とはいえ、一つひとつはそれほど難しくありませんので、どのようなポイントで選べばいいのかを見ていきましょう。

通信規格

WiFiルーターにはいくつかの通信規格があり、通信規格の種類によって使える周波数や理論上の速度が違います。

IEEE802.11a:周波数 5GHz / 速度 54Mbps
IEEE802.11b:周波数 2.4GHz / 速度 11Mbps
IEEE802.11g:周波数 2.4GHz / 速度 54Mbps
IEEE802.11n:周波数 2.4GHz / 速度 600Mbps
IEEE802.11n:周波数 5GHz / 速度 600Mbps
IEEE802.11ac:周波数 5GHz / 速度 6.9Gbps
IEEE802.11ax(次世代):周波数 2.4GHz / 速度 9.6Gbps
IEEE802.11ax(次世代):周波数 5GHz / 速度 9.6Gbps

基本的にはIEEE802.11acに対応しているWiFiルーターであれば、下位の通信規格でも通信できるようになっています。例えばWiFiルーターが11acに対応していたとして、スマホが11nだった場合には、自動的に11nで接続します。

現在は11ac対応が主流で、価格も以前よりも落ち着いていますので、11ac対応モデルを選んでおけば間違いありません。11axのモデルも発売されていますが、まだ価格も高くスマホやパソコンも対応していませんので、新しいもの好きというのでなければ必要ありません。

周波数

WiFiルーターには、2.4GHzと5GHzの2種類の周波数帯域があります。それぞれの特徴は次のようになっています。

2.4GHz:障害物に強く、電子レンジやBluetoothの影響を受けやすい
5GHz:障害物に弱く、電子レンジやBluetoothの影響を受けにくい

最新のWiFiルーターはこの2種類の電波どちらも利用できるようになっていて、それぞれに下記のようなSSID(ネットワーク名)を持っています。例えば下記のようなSSIDになります。

2.4GHz:xxxx-xxxx-g
5GHz:xxxx-xxxx-a

このとき「xxxx-xxxx-g」を選べば、2.4GHzの回線に接続され、「xxxx-xxxx-a」を選べば5GHz回線に接続されます。ここまではなんとなく理解できたかと思います。少し難しいのは、周波数と通信規格の関係です。

WiFiルーター通信規格:IEEE802.11ac
スマホの通信規格:IEEE802.11ac

このような条件で上記のSSIDに接続した場合、適応される通信規格は次のようになります。

xxxx-xxxx-g(2.4GH):IEEE802.11n
xxxx-xxxx-a(5GHz):IEEE802.11ac

WiFiルーターもスマホも11acに対応していても、11acは5GHzしかないため、2.4GHの回線に接続すると自動的に11nでの通信になります。

転送速度

通信規格に理論上の速度を掲載しましたが、それは通信規格での最大速度であり、実際にはWiFiルーターごとに転送速度が違います。機種のスペックとしては、下記のように周波数ごとの最大転送速度が記載されています。

5GHz:866Mbps
2.4GHz:300Mbps

これは5GHzで接続したときには866Mbpsでデータ通信でき、2.4GHzで接続したときには300MBpsでデータ通信するという意味になります。ここで5GHzのほうが高速になっているのは、5GHzが高速通信の出来るIEEE802.11acを使用しているためです。

もし、接続するスマホが11nまでしか対応していないなら、5GHzでも300Mbpsまでしか転送速度は出ません。転送速度が速いほど快適な通信ができますが、基本的には速度が速いほどWiFiルーターの価格が高くなります。

ストリーム数(アンテナ数)

比較するときに重要なスペックとして「ストリーム数」があります。これは道路の車線数だと考えてください。パッケージには「4×4」や「3×3」と記載がされています。「4×4」これは送信アンテナが4本、受信アンテナが4本という意味になります。

ストリーム数が多ければ多いほど高速な通信ができるのですが、スマホ本体にアンテナが「1×1」しかなければ、WiFiルーターが「4×4」だとしても、「3×3」が余ってしまうことになります。このためストリーム数は、実際に接続する人数やスマホのアンテナ数によって選びます。

iPhoneの場合は「2×2」のアンテナになっていますので、快適に通信をする場合には少なくとも「2×2」以上のストリーム数を選び、家族がいる場合には、「4×4」やそれ以上のアンテナ数のあるWiFiルーターを選びましょう。

セキュリティ規格

WiFiルーターはデータを電波に乗せて送受信します。このため、データをそのまま飛ばしてしまうと、少し技術のある人であれば簡単にデータをのぞき見することができます。そこで、WiFiルーターはデータを暗号化して送受信しています。

セキュリティ規格には、WPA・WPA2・WEPなどがありますが、WPA2が最新規格ですので、WPA2に対応しているWiFiルーターを選びましょう。ここは迷う必要はありません。WPA2対応かどうかだけチェックして、対応していなければ除外してください。

ビームフォーミングの有無

電波は通常、アンテナを中心に360°まんべんなく広がっていきます。ところが、最新のWiFiルーターはビームフォーミングといって、通信をしている端末がある部分に電波を集中させて、通信を安定化させる機能がついています。

このビームフォーミングによって、電波の受信エリアが30〜40%広がり、通信速度も1.5倍速くなります。2階建てや3階建ての家で暮らしているという場合に、家のどこにいてもWiFiをつかむことができるため、広いマンションや大きな家で暮らしている人は、ビームフォーミング機能のある機種を選びましょう。

WiFiルーターの選び方

ここまでの説明で、WiFiルーターについてかなり詳しくなったかと思いますが、いざ選ぶとなると何を基準にして選べばいいのか迷いますよね。そこで、ここでは具体的なWiFiルーターの選び方をご紹介します。

まず、絶対条件として通信規格はIEEE802.11acを選びましょう。価格が落ち着いてきたので11ac非対応のWiFiルーターを選ぶ理由はありません。そのうえで、どのような環境で使うのかを書き出しましょう。チェックするポイントは下記の4点です。

・インターネット回線速度
・接続台数
・家の広さ
・予算

それぞれのポイントについて、どのような選び方をすればいいのか解説します。

インターネット回線速度

まず重要なのがインターネット回線の速度です。光回線の100Mbpsで契約している場合には、いくらWiFiルーターを高速化しても、インターネット回線がボトルネックになります。このため、転送速度の速いモデルを選んでも意味がありません。

もしインターネット回線が1Gbpsのような高速回線で契約しているなら、WiFiルーターもそれに見合ったものにしないと、今度はWiFiルーターがボトルネックになります。インターネット回線の速度とWiFiルーターの速度のバランスを考えて選びましょう。

接続台数

家族と一緒に暮らしている場合には、必然的に接続する台数が多くなります。この場合には、ストリーム数の多いWiFiルーターを選ぶようにします。反対に、1人暮らしでスマホしか接続しないような場合には、ストリーム数は少ない機種でも問題ありません。

1人暮らしでもスマホだけでなくパソコンも接続するというのであれば、ストリーム数が多いものを選ぶようにするなど、接続台数に合わせてストリーム数を決めましょう。

家の広さ

スタンダードWiFiルーターは3LDKや2階建ての戸建てくらいが、電波の届く範囲だと考えてください。これよりも広いマンションや2階建てでも広さがあるような場合には、電波が届かない可能性があります。

この場合には、ビームフォーミング機能のある機種や、可動式アンテナがついた機種を選ぶようにしましょう。可動式アンテナがついたWiFiルーターは、受信エリアが23%程度広がります(機種によります)。家の広さと電波が届く距離を頭に入れて、WiFiルーターを選びましょう。

予算

WiFiルーターを選ぶときに、予算をいくらでもかけられるなら、ハイグレードモデルを買っておけば間違いありません。最新規格のIEEE802.11ax対応モデルのような特別な機種でもない限り、2万円もあればハイグレードなWiFiルーターを購入できます。

でも、そんなにも予算をかけられないという人もいますよね。そういう人は、まず自分で予算の上限を決めておきましょう。その範囲で絞り込みをすれば、自分に最適なWiFiルーターを簡単に見つけることができます。

用途に合わせたWiFiルーターのおすすめの機種

ここまでWiFiルーターの選び方をご紹介してきましたが、やはり自分で選ぶのが難しいという人もいるかと思いますので、ここでは用途に合わせたおすすめのWiFiルーターをいくつかご紹介していきます。

大きな家で快適に使うなら「BUFFALO WXR-2533DHP2」

・IEEE802.11ac対応
・転送速度:1733Mbps(5GHz)/800Mbps(2.4GHz)
・ストリーム数:4(アンテナ数:4×4)
・可動式アンテナ+ビームフォーミング対応

BUFFALOのWXR-2533DHP2は、4×4の高感度大型可動式アンテナが特徴のWiFiルーターです。店頭価格は2万円前後と高額ですが、可動式アンテナでビームフォーミングにも対応していますので、大きな家でも隅々まで電波が行き届きます。

また、3台まで同時処理ができますので、家族で使っていても通信速度を落とすことなく、快適にインターネットを楽しむことができます。

1人暮らしでも高速通信をしたいなら「ELECOM WRC-1750GST2」

・IEEE802.11ac対応
・転送速度:1300Mbps(5GHz)/450Mbps(2.4GHz)
・ストリーム数:3(アンテナ数:3×3×2周波数)
・ビームフォーミング対応

ELECOM WRC-1750GST2のストリーム数は3ですが、それでも転送速度が1300Mbpsもありますので、1Gbpsの光回線でも十分に対応できます。有線LANも1000Mbpsに対応していますので、パソコンで高速通信をしたいという人にも最適です。

ビームフォーミングも行えますので、家のどこでスマホやタブレットを使っても、最高画質でYouTubeなどの動画を楽しむことができます。十分な機能を備えながらも、アンテナは可動しませんので広い家には不向きですが、1人暮らしなら不便さを感じることはありません。

コストパフォーマンスに優れた標準機なら「IODATA WN-AX1167GR2」

・IEEE802.11ac対応
・転送速度:867Mbps(5GHz)/300Mbps(2.4GHz)
・アンテナ数:2×2
・ビームフォーミング対応
・360度全方位に死角を作らない「360コネクト」技術搭載

実売価格5,000円以下ですが、3階建ての戸建てや4LDKのマンションなどでも利用できるコストパフォーマンスに優れたWiFiルーターです。それを実現しているのが、360度全方向に電波の死角を作らない「360コネクト」技術で、アンテナ数を減らすことができるため価格が安くなっています。

転送速度は上記の2機種よりは劣りますが、100MBpsの光回線ならまったく問題ありませんし、1Gbpsの高速通信でも実際の速度は1Gbps以下になることを考えると、十分に対応できます。家族で使うためのWiFiルーターで、少しでも安く購入したい場合におすすめです。

ワンルーム向けの格安モデル「BUFFALO WMR-433W2-BK」

・IEEE802.11ac対応
・転送速度:433Mbps(5GHz)/150Mbps(2.4GHz)
・ストリーム数:1(アンテナ数:1×1)
・重さ19gで持ち運びにも最適なWiFiルーター

BUFFALOのWMR-433W2-BKはトラベルルーターという位置づけですが、もちろん家でも使うことができます。定価が3,300円ですが、実売は3,000円以下ですので手軽に購入できます。転送速度は433Mbpsですので、100Mbpsの光回線でも快適に利用できます。

ストリーム数が1つしかありませんので、たくさんの端末を一度に接続するという使い方は向いていません。とはいえ、スマホやタブレット、パソコンなどで使っているものだけがインターネット回線に繋がっていればいいのであれば、ストレスを感じることはありません。

まとめ

自宅に光回線を引いても、WiFiルーターがなければスマホやタブレットでインターネットに接続することができません。ただしWiFiルーターなら何でもいいわけではなく、使用環境や用途に合った機種を選ぶ必要があります。

選び方としては「IEEE802.11ac対応」であることは必須で、快適な環境で接続したいならビームフォーミング機能をつけておきましょう。あとは部屋の広さや回線速度から絞り込みを行えば、最適なWiFiルーターを見つけ出すことができます。

基準としては、3LDKで2階建てくらいならストリーム数が2、それよりも大きい家ならストリーム数が3もしくは4のWiFiルーターを選びましょう。1人暮らしでスマホ1台しか接続しないならストリーム数は1でも問題ありません。

スペックが低くなればなるほど価格は安くなりますが、それだけストレスの原因にもなります。もし悩むようであれば、スペックが1ランク上の機種を選んで快適さを優先しましょう。