ウォーターサーバーの水は安全?雑菌が繁殖しやすいサーバーの特徴

ウォーターサーバーの雑菌

ウォーターサーバーを導入してみたいと考えている方の中には、安全に利用できるのか不安になっているのではないでしょうか。

水の品質管理は難しく、空気に触れたり1度飲んだりした場合は、早ければその日に飲めない状態になります。

そしてメンテナンスされたウォーターサーバーの水といっても、100%安全とはいいきれません。なぜなら、雑菌が繁殖しやすい状況もあるからです。

ウォーターサーバーの水が安全か気になる方に向けて、雑菌が繁殖しやすいウォーターサーバーの特徴をはじめ、対策やおすすめの業者をご紹介します。

ウォーターサーバーや水は雑菌が繁殖しやすい?

ウォーターサーバーの水
ウォーターサーバー業者は、安全に水が飲めるよう水やサーバーに様々な安全対策を施しています。しかし、それでも雑菌は繁殖します。

ウォーターサーバーを初めて導入する方は、まずウォーターサーバーの仕組みや水の特徴について理解しておきましょう。

ウォーターサーバーの仕組みと安全性

ウォーターサーバーの仕組みは基本的のどの業者も同じで、ボトルに入った水をサーバーに接続してサーバー内で温度調整します。

最近では水道管と直結する、ボトル不要なタイプもありますが、それでもウォーターサーバー内部の仕組みは同じです。

ウォーターサーバー内部では、流入してきた水を冷水タンクと温水タンクに分けて供給します。そして、冷水タンク側では電子式もしくはコンプレッサーを利用して、水を冷却する仕組みです。

一方温水タンク側では、いわゆる電気ポットと同じ仕組みで水を温めます。簡単に説明すると、金属製の棒に電気を通して、タンク全体を温めます。

水の性質と雑菌

ウォーターサーバーの水は安全かどうかを考える前に、水そのものの性質について基本的な知識を覚えておきましょう。

そもそも水は長期間常温で放置し続けると、口につけて飲料したり汚れが入ったりしなくても菌が繁殖します。また、空気に触れ続けることで、雑菌の繁殖に繋がります。

つまりウォーターサーバーの水が安全かどうかに捉われず、水は雑菌が繁殖することを前提として、どのような保管・品質管理が必要かなどについて目を向けることが大切です。

水道水の安全性

ウォーターサーバーの水と共に気になるのが、水道水の安全性ではないでしょうか。

水道水は水道局が設置している専用のフィルターなどを使用して、何度も不純物を取り除いています。更に、塩素などの薬品を用いて殺菌消毒も行うだけでなく、定期的な水質検査も実施しているなど、非常に厳しい衛生環境で水を提供しているのが特徴です。

ですので、水道水の安全性については、私達一般の方が不安になる程の問題点はありません。法律上、最も厳しく定められているのは、水道水だからです。

しかしウォーターサーバーの水も、飲料水として利用できる品質ですので基本的に雑菌が繁殖した状態を抑えることができます。

雑菌が繁殖しやすいウォーターサーバーの特徴と選び方

ウォーターサーバーの業者は、国内に多数あり各ウォーターサーバーの装置や品質管理について、違いがあります。

そしてどのウォーターサーバーも、使用者の管理状況やサービス内容によっては雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

ですので契約前に雑菌が繁殖しやすい、ウォーターサーバーの特徴も把握しておきましょう。

ウォーターサーバーのボトルタイプ

ウォーターサーバーには、リターナブルボトルとワンウェイボトルと呼ばれる、2種類のボトルタイプが存在します。

そして雑菌が繁殖しやすい・衛生面で気になるのは、リターナブルボトルです。

リターナブルボトルとは、硬いプラスチックでできたボトルで、使用後にウォーターサーバー業者へ返却し、ウォーターサーバー業者が洗浄したのち再利用します。

つまり何度も利用できるボトルで、東京都健康安全研究センターの調査によると、リターナブルボトルから雑菌が検出された事例も過去にあります。

一方ワンウェイボトルとは、新品のボトルに水を詰めて使用後は廃棄する使い切りタイプです。

どちらも各家庭やオフィスでも利用されているので、飲料水として利用できます。また、必ずしもリターナブルボトルが危険ということではありませんが、衛生面を最優先した場合はワンウェイボトルがおすすめです。

ボトルに空気が入っているタイプ

水の封入方法は、業者によって違いがあります。

衛生面を考慮した場合は、空気に触れていない・入っていない状態のボトルの方が、雑菌も繁殖しにくい状況といえるでしょう。

しかし、ウォーターサーバーの中には、空気が少し入った状態で提供しているケースもあり、出荷段階で空気に触れています。

水は空気中の雑菌に触れて、繁殖するのでボトル内に空気が入り込んでいると衛生面で良いとはいえない状況です。

どのように水を封入しているか、各業者のサービス内容を比較しましょう。

ウォーターサーバーの自動クリーニングが無い

ウォーターサーバーの雑菌繁殖を考える上で、ウォーターサーバー本体も確認しておきましょう。

ウォーターサーバーは各業者によって機能が異なり、自動クリーニング機能を搭載しているタイプもあります。

自動クリーニング機能とは、温水タンクで温められた100度に近い熱湯を、サーバー内に循環させて熱消毒を行うクリーニングです。

しかし、自動クリーニング機能が無いサーバーは、配管やタンク内の熱消毒ができないため、衛生面を考える上でなるべく避けた方が良いでしょう。

メンテナンスサービスの違い

ウォーターサーバーは自動クリーニング機能だけでは、配管以外に汚れが溜まるため定期的な清掃が必要です。また、ウォーターサーバーの分解が必要のため、利用者側では清掃できません。

ですのでウォーターサーバー業者では、契約内容に定期メンテナンスサービスも含めているので、半年など数ヶ月ごとにウォーターサーバーを清掃したり、動作点検したりします。

メンテナンス方法は、1年ごとに利用者宅で1日かけて点検・清掃を行ったり、半年ごとにウォーターサーバーを向上へ戻して点検したりなど様々です。

もっとも安全な業者というのはありませんので、ウォーターサーバーの定期交換や部品交換など、納得できるサービスから選びましょう。

水の種類

ウォーターサーバーは、RO水と天然水の2種類存在します。

安全性という点では、RO水の方が優れている点が多いです。RO水は天然水だけでなく水道水を、逆浸透膜と呼ばれる特殊なフィルターを通しています。そのため、不純物や雑菌を幅広く取り除くことが可能です。また、後からマグネシウムなどを添加しています。

一方天然水は、必要最低限のろ過を行うものの、基本的に味や成分重視ですのでミネラルが豊富で、多少の雑菌が含まれる可能性もあります。

しかし、問題はウォーターサーバー業者の品質管理ですので、品質管理がずさんであれば水野種類に限らず危険です。

ウォーターサーバー業者の実績や品質管理を調べた後に、水の種類を好みと衛生面から決めましょう。

雑菌など衛生対策が施されたウォーターサーバーとは

安全なウォーターサーバー
衛生面で比較的評判が良く、情報公開されているウォーターサーバー業者をご紹介します。

安全性を気にしてウォーターサーバー業者選びに悩んでいる方は、次の項目でご紹介する業者から選ぶのもおすすめです。

ウェンウェイタイプのコスモウォーター

コスモウォーターは、大分県と京都府、静岡県の3つの水源から取水している、天然水にこだわっています。

おすすめポイントは、ウォーターサーバーの自動クリーニング機能とワンウェイボトル(折りたためる形状)を採用している点です。

更にウォーターサーバーの自動クリーニングは、2種類搭載していて外気を取り込む際に独自技術(特許技術)でクリーン化するなど、熱消毒機能も48時間おきに実施します。

サーバーの種類が豊富なプレミアムウォーター

プレミアムウォーターもおすすめのウォーターサーバーです。プレミアムウォーターは、富士吉田や北アルプスなど、5つの水源から天然水を選ぶことができるのも魅力です。

安全性についてはウォーターサーバーの機能性に注目です。

ウォーターサーバーは合計6種類用意していて、卓上型やロングタイプなどサイズも豊富で、どれも自動クリーニングや省エネモードも搭載しています。

更に2050円で次亜塩素酸水を使用した内部クリーニングキットも利用できたり、訪問クリーニングを依頼したり、衛生面にも配慮されたサービスがあります。

様々なウォーターサーバーや天然水から選びたい方にもおすすめです。

無菌エアレスパックが魅力のフレシャス

フレシャスは富士山の天然水や長野県の名水、木曽の湧水を提供しているのが大きな特徴です。

木曽の湧水は雑味の少ない飲みやすさが魅力で、富士の天然水はバナジウム含有量180μgの硬水を味わうことができます。また、どちらもワンウェイボトルに封入されるので、再利用されたボトルではありません。

ウォーターサーバーは5種類に加えて、アニメやキャラクターコラボデザインも用意しています。

特に注目すべきポイントは、フレシャスの強みでもある無菌エアレスパックです。水がタンクに入る際、ワンウェイボトル(パック)が収縮するので外気が入りにくい構造を実現しました。更に温水の循環を行う自動クリーニング機能も搭載。

ボトル内の水と空気の接触に配慮しているフレシャスも、雑菌の繁殖が気になる方におすすめといえるでしょう。

ウォーターサーバーの水はメンテンナンスとクリーニングで品質を維持できる

ウォーターサーバーの水が安全かどうかについては、自動クリーニング機能や定期メンテナンスなどで、飲料水として利用できます。

しかし、利用者側も気を付けることがあり、たとえば品質に問題のあるウォーターサーバー業者を選んではいけませんし、ボトル開封後2週間・3週間と放置してはいけません。

また、水道水は法的に厳しい基準があるので、品質面でウォーターサーバーの水が気になる方もいることでしょう。

ウォーターサーバー本体も衛生面に配慮されたクリーニング機能があるだけでなく、業者による本体交換・定期点検(部品交換や分解掃除など)など、品質向上に努めています。

少なくとも飲料水として問題無く利用できるので、気になる方はワンウェイボトルやクリーニング機能などから選んでみてはいかがでしょうか。