ワンウェイとボトル方式のウォーターサーバーってどっちがいいの?

ウォーターサーバーの水の容器は大きく分けて2種類のタイプがあります。それはワンウェイ方式とボトル方式ですが、それぞれ特徴がありメリットやデメリットに違いがあるのです。

人によってはウォーターサーバーの業者選びのポイントにもなるほど実は重要な違いだったりもします。しかし、初めてウォーターサーバーを利用する方にとっては、何がどのように違うのか分かりにくいところです。

また、ワンウェイ方式とボトル方式のコストや衛生面も気になるところで、それぞれどのような特徴があるのか事前に知っておくことが、快適な利用に繋がります。

ウォーターサーバー業者選びだけでなくワンウェイとボトル方式について悩んでいる方へ向けて、ワンウェイ方式とボトル方式のの特徴やメリット・デメリットをご紹介していきます。

ワンウェイ方式の容器の特徴

ワンウェイ容器とは、いわゆる使い捨て容器のことです。ですので使用済みの容器は、ウォーターサーバーに返却せず捨てることができます。

また、他にもボトル方式の容器とは違った特徴、メリット・デメリットがあるので各特徴を把握した上で選ぶことをおすすめします。

空容器の保管場所に困らない

ワンウェイ方式の容器は、ウォーターサーバー業者に返却する必要がありません。ですので、使用済み空容器の保管場所を確保しなくても、利用し続けられるというメリットでもあります。

ウォーターサーバー本体の設置場所は確保できたけれど、容器の保管場所について悩んでいる方は、ワンウェイ方式を提供している業者から選ぶのもおすすめです。

使い捨てタイプで割高になる傾向

ワンウェイ方式の容器は、利用者にとって保管場所の確保や返却手続きを行う必要がないなどのメリットもあります。

ただし、ウォーターサーバー業者にとっては、毎回容器を製造するため容器代がかかり割高になる傾向もあるのです。
もっともボトル方式が安いのは容器代だけではなくRO水での利用が多いためで、ワンウェイ方式でもRO水のウォーターサーバーを選べば、金額差はあまり気にする必要はないほど小さくなります。

ボトルを再利用しないので常に新しい容器で使用できる

ワンウェイ方式の良いところは、お手軽であるところと衛生的であるというところにあります。

ワンウェイ方式の容器は使い捨てで、中身の水がなくなったら、容器をゴミとして捨てることになります。

普通のペットボトルの飲料と同じ感覚です。

衛生的というのは、水が工場の出荷から一度も空気に触れることなく、ウォーターサーバーで利用できるということにあります。容器そのものも常に新しいものを使用していますので、クリーンな状態で使うことができます。空き容器を保管しておく必要もないので、回収までの保管場所で悩む必要もありません。

ウォーターサーバーのメンテナンスは自分で行う

ワンウェイ方式の容器を利用する場合は、ウォーターサーバー業者ではなく宅配業者が配達します。また、ボトル方式の容器では、ボトル回収の際に定期メンテナンスも行いますが、ワンウェイ方式では配達などもないため定期メンテナンスを実施しないケースも多いです。

そのため利用者自身が、定期的にメンテナンスを行うケースもあります。しかし、最近のウォーターサーバーは、殺菌や清掃機能を内蔵しているタイプも増えているので、ボタン1つで実行可能です。

定期的に清掃機能を実施することに関して手間を感じない方は、デメリットにはならないでしょう。

ボトル方式の容器の特徴

ボトル方式の容器とは、ワンウェイ方式と違い再利用できるタイプです。使用方法は、ウォーターサーバー業者から定期的に水の入ったボトルを受け取り、使用済みの空容器を業者へ返却します。

このようにボトルの受け取りと返却を繰り返しながら、使用するのがボトル方式の基本です。そして他にもワンウェイ方式と違った特徴があるので、こちらもメリットとデメリットを把握した上で検討してみましょう。

ワンウェイ方式よりも割安の傾向

ウォーターサーバー業者提供しているボトル方式の容器は、再利用されるため毎回新規で生産する必要がないため、生産コストも抑えられやすい傾向にあります。

こういった理由もあり、ワンウェイ方式よりも割安になるケースもある点が特徴です。また、RO水の場合は、更に料金を抑えやすいためコスト重視で考えている方にとってもメリットとなるでしょう。

ボトルを再利用する

ウォーターサーバー業者から回収されたボトルは、殺菌と洗浄を行った上で再利用することになりますので衛生面も配所していてエコです。また、無駄なゴミを発生させたくないといった考え方の人に最適な容器ともいますし、自分で容器を処分する必要もありません。

しかし殺菌や洗浄をするとはいえ、何度も使った容器を使いまわすのは気持ち悪いと考える人も増えています。たとえばコンビニで売っているペットボトル飲料の容器が、使いまわされたものだと思ってしまう方には、使用をためらってしまう可能性もあるでしょう。

このため、最近ではボトル方式ではなくワンウェイ方式が主流になりつつあります。もし、再利用するという部分が気になる場合は、ワンウェイ方式も検討してみるのがおすすめです。

空ボトルの保管場所を確保する必要がある

ボトル方式の容器を使う場合は、使い切るとボトルを回収してもらい、空のボトルと新しいボトルを交換する作業を定期的に行います。

そして中身が入っていても入っていなくても、常にボトル数本を家の中に保管しておくことになるため、保管場所の確保が必要です。

一般的にボトル方式の容器は、12Lや8L前後ですので比較的大きなボトルということもあり、一人暮らしや現在設置スペースの確保に悩んでいる方にとってはデメリットでもあります。

ウォーターサーバー業者が定期メンテナンスを行う

ボトル方式の容器の場合は、定期メンテナンスを行うウォーターサーバー業者が多いのも特徴です。一般的にボトル回収時にウォーターサーバー業者が、交換作業と同時にウォーターサーバー本体のメンテナンスも行います。

そのため利用者がウォーターサーバーの点検や清掃について考える必要はなく、ボトル回収時に行われる定期メンテナンスで十分です。

ウォーターサーバーのワンウェイ方式とボトル方式はどちらが衛生的か

ウォーターサーバー業者が提供している、ワンウェイ方式とボトル方式について衛生面でも気になる方がいるのではないでしょうか。

どちらの容器で契約するか悩んでいる方にとっては、衛生面についても把握しておくことが大切ですので、ここで覚えておきましょう。

衛生面はワンウェイ方式とボトル方式どちらも問題ない

一般的なイメージとしてボトル方式のウォーターサーバーは、容器を使いまわししているため、衛生面で問題があるように感じるところです。

しかし、実際のところはボトル方式でもワンウェイ方式でも、衛生面ではどちらも問題ありません。それよりも、正しく製造・管理しているウォーターサーバー業者を選ぶことが、衛生面に関係しています。

また、実績のあるウォーターサーバー業者は、ボトルの洗浄や殺菌を常に気にしていますので、100%安全とはいい切れませんが、品質管理など安全性の高い状態で管理しているでしょう。

1つの考え方として大手のウォーターサーバー業者であれば、衛生面での違いはそれほど考える必要はありません。また、口コミや評判などから、容器や水の管理について比較検討するのもおすすめです。

どちらを選ぶべきかということに関しては生活スタイルに合わせて検討する

ウォーターサーバーのワンウェイ方式とボトル方式、どちらを選ぶべきかという問に対して、すべての人に適した答えはありません。
ただ、再利用がどうしても気になるのであれば、ワンウェイ方式を選び、不要になった容器を自分で捨てるのが面倒だったり、毎回出るゴミが気になったりするようならボトル方式を選ぶのがおすすめです。

他の観点から検討すると、10Lや12Lもあるボトルは持ち上げるのも一苦労です。その場合ワンウェイ方式、ボトル方式に関わらず、できるだけコンパクトな7L前後の容器を用意しているウォーターサーバーから選びます。

また、料理中にウォーターサーバーを使用する前提で購入したけれど、容量が小さく水をすぐ使い切ってしまうなど、用途を考えずに契約してしまうと後々大変です。

どのような場面でウォーターサーバーを使用するのか購入前に整理しておくのも考えつつ、ワンウェイ方式とボトル方式、どちらが自分のライフスタイルに合った容器がイメージした上で選ぶようにしましょう。