【一人暮らしにおすすめのウォーターサーバー】コスパ別に徹底比較

一人暮らし

一人暮らしとなると生活面で様々な悩みがでてくるもので、その1つがウォーターサーバーの利用を始めるかどうかです。

ウォーターサーバーは、ただ水を温水や冷水にするだけでなくろ過を行うので、安全性を高めて尚且つ美味しい水を飲むことができます。

ウォーターサーバーは様々なメーカーが貸し出しを行っていて、機能性やデザイン、水の種類についても違いがあるのです。

しかし、初めて利用する方にとっては、どこのウォーターサーバーが一人暮らしに合っているのか分かりくいでしょう。

更にウォーターサーバーの供給方法だけを見ても容器に入った水を利用するタイプと、水道管からパイプを伸ばして利用するタイプに分かれていて、どちらにどのようなメリット・デメリットがあるのか悩みます。

一人暮らしの方でウォーターサーバーの利用について悩んでいるあなたへ向けて、一人暮らしにおすすめのウォーターサーバーを紹介しつつ、選び方のポイントについても解説していきます。

ウォーターサーバーは、どれも同じように感じている方も今回の記事を参考に、改めて各メーカーの違いやウォーターサーバーの種類について覚えておきましょう。

一人暮らしにおすすめのウォーターサーバーをランキング形式で紹介

一人暮らしにおすすめのウォーターサーバーについて、ここではランキング形式で1位から順番に5機種・メーカーをご紹介していきます。

ウォーターサーバーは、同じメーカーで何種類もウォーターサーバーを提供していたり、水も数種類用意していたりするため、メーカー単位で比較した後は同一メーカー内で更に検討する必要もあるでしょう。

ここではおすすめのメーカーとウォーターサーバーについて、ご説明していきます。

フレシャスのスラット

フレシャス スラット
一人暮らしにおすすめのウォーターサーバー1位は、ウォーターサーバーを提供しているフレシャスのスラットと呼ばれるシリーズです。

一人暮らしの方におすすめのウォーターサーバーの条件は、大きすぎないタンク容量と宅配の受け取りしやすさ、レンタルを含む料金の安さなどになります。

そしてフレシャスは、どの条件についても他社のメーカーや他の機種と比較して満たしているため、おすすめしました。

スラットがおすすめの理由

一般的に一人暮らしの方が、1ヶ月に飲用水として水を利用する量は16L前後で、スラットは18.6Lと大きすぎない最低注文量となっています。

ちなみに最低注文量は、大きなものになると20Lを超えるプランもあるため、一人では飲み切れない量といえるでしょう。

タンク容量についても、他社と比較し9.3Lと1桁とコンパクトなため、容量面でも一人暮らしに向いています。

また、料金についてはレンタル料金972円と無料の業者と比較して、一見すると高いように感じます。しかし、実際に負担する料金は、他にも水自体の料金や電気代なども含まれるため、総合的に判断するとコストも抑えられています。

ちなみにスラットの場合は、18.6Lで月額4282円と他社よりも数10円から100円単位で安いです。更に配達日・時間についても指定できるので、受け取りやすさも大きなメリットでしょう。

コスモウォーターのらく楽smartプラス

コスモウォーターのらく楽smartプラス
一人暮らしにおすすめのウォーターサーバー2位は、コスモウォーターのらく楽smartプラスです。コスモウォーターもウォーターサーバー事業を展開している企業で、ウォーターサーバーのレンタルを行っています。

2位の理由は、コスト面を重視した場合に一人暮らし向けといえます。しかし、その他タンク容量などで1位のスラットと比較した際に、スラットのメリットが多いからです。

コスモウォーターのらく楽smartプラスとは、プランの名称でウォーターサーバー自体は1機種のみ取り扱っているので、プランも1種類になります。

コスモウォーターの特徴

コスモウォーターのウォーターサーバーは、タンク容量12Lと一般的な水準で、最低注文数量は24Lと一人暮らしにしては多いです。

そのため一人暮らしの方が1ヶ月で飲み切ることが難しいため、料理など他の用途でも用いる工夫も必要になります。

また、宅配時間の指定はできないものの、宅配日の指定はできます。一人暮らしの方で、時間指定しなくとも受け取ることができる場合は大きなデメリットにならないでしょう。

タンクの設置箇所は、ウォーターサーバーの下部になっているので、10L前後のタンクを持ち上げるのが難しい・手間を感じることはありません。

信濃湧水

信濃湧き水
一人暮らしにおすすめのウォーターサーバー3位は、信濃湧水になります。ウォーターサーバーは2種類用意していて、エコサーバーとスタンダードサーバーから選ぶことが可能です。

エコサーバーとは、自動クリーニングやECOモードと呼ばれる機能を搭載したタイプで、1週間に1度自動クリーニングを行ったり、最大42%省エネしたりといった機能があります。また、1ヶ月の利用料金は最低注文数量で契約した場合、3000円と1位のフレシャスなどと比較しても特に安い料金設定です。

しかし最低注文量が、1本12L2本ですので、24Lと一人暮らしには多く使い切るのが難しい側面もあります。とにかくコスト重視で考えている場合は、信濃湧水を検討するのもおすすめです。

プレミアムウォーターのスタンダード

プレミアムスタンダード
一人暮らしにおすすめのウォーターサーバー4位は、プレミアムウォーターになります。プレミアムウォーターの主な特徴は、フレシャスと同じくウォーターサーバーの機種が豊富な点と水の配達指定に関して柔軟に対応してもらえる点などです。

また、一人暮らしにおすすめの機種は、プレミアムウォーターのスタンダートタイプでシンプルな機能と横幅27㎝のスリムな設計が、主な特徴となります。

配達指定については、配達日・配達時間どちらについても指定できるため、一人暮らしで忙しい方にとって受け取りやすいサービスが魅力です。

最低注文量ですが、一般的なウォーターサーバーと同じく24Lと一人暮らしには、多いといえるでしょう。

また、毎月の料金についても平均的な使用頻度として考えた場合でも、5000円を超える可能性があるため、コストを抑えたい方でなくとも負担が少々大きいです。(基本プラン19080円×2=3960円、電気代35円×31日=1085円、合計5045円)

アクアクララのアクアアドバンス

アクア
一人暮らしにおすすめのウォーターサーバー5位は、アクアクララになります。アクアクララの主な特徴は、機種の豊富さと最低注文量の無い点などでです。

機種はシンプルやコンパクト、ハイクオリティ、スタイリッシュなど8種類用意していて、ウォーターサーバー業者の中でも特に豊富となっています。

また、おすすめとしているアクアアドバンスは、アクアクララの機種の中でも省エネ機能やUV殺菌、ICチップによる温度管理など様々な技術を詰め込んだ、ハイクラスです。

殺菌性能については、タンク内の殺菌処理だけでなく抗菌処理を行った蛇口を使用したり、抗菌加工を施したエアフィルターを設置したりと、殺菌や抗菌に関する技術を詰め込んでいます。

アクアクララのサービス面の特徴

アクアクララのメリットは、最低注文量を設定していないため自由に注文数を指定できる点と、アクアアドバンスなどの機能の豊富さです。

しかし、タンク・ボトル交換については、どの機種でもサーバーの天面に設置する形のため、交換に力と手間が必要になります。また、水の配達指定については、配達日と配達時間どちらも指定できないため、アクアクララの配達ペースに合わせて受け取る形です。

料金設定については、1ヶ月辺り4300円前後と平均的ですので、特に割高・割安といったわけではなく、割高でなければ契約したい方も検討してみるのもいいでしょう。

一人暮らしにおすすめのウォーターサーバーのスラットの特徴

フレシャスのスラットについて更に詳しく、なぜおすすめなのか利用メリットや特徴についてご紹介していきます。

フレシャスのスラットは、料金は平均的ですがその他の機能性や使いやすさなどの点で、一人暮らしの方に向いているといえるでしょう。

それでは詳しくご紹介します。

スラットはサイズがスリムで容量もコンパクト

フレシャスでは、最低注文量18.6Lと量が指定されているメーカーの中では、比較的抑えられています。ですので、一人暮らしの方でも1ヶ月に使い切ることが可能で、残ってしまうなど無駄な使用に繋がりにくいです。

また、スラットのタンク容量から見ても、9.3Lと一般的なウォーターサーバーの12Lと比較して約3Lも少ないため、1度のセットで使い切りやすいのが魅力でしょう。

ボトル交換など使いやすさやスペースで優れている

一人暮らしの方がウォーターサーバーを設置する上で悩むところは、スペースの確保と静音性、ボトル交換の作業などの手間や使いやすさなど様々です。

その点スラットは、一人暮らしの場合に悩むポイントを解決できる要素を持っています。

スラットの機能性

以下にスラットの機能性をご紹介します。

・ボトル設置箇所はサーバー下部(足元)のため、持ち上げる必要がない
・ポンプ音を抑えたことで静音性に優れ、寝室に置くことが可能
・温水、冷水、常温水、70度や90など調整できる。
・デュアルタンク構造で、冷水と温水を維持するための消費電力を抑える
・部屋の明るさをセンサーでキャッチして電源をオフにする、SLEEP機能を内蔵
・蛇口の位置を高くし、トレーが広くしたことで鍋なども置けるスペースを確保

このようにスラットは、省エネ機能をはじめ温度調整の自由度や、静音性など日常生活で邪魔にならない細かな配慮も大きな魅力です。

受け取り時間を細かく指定できる

フレシャスでは、水の配達日と配達時間について、どちらも利用者が指定できるため一人暮らしの方でも余裕を持って毎回受け取ることができます。

また、注文後の最短お届け日は、午前中の追加注文に限り最短3日後に配達してくれるので、スピーディに対応可能です。

一人暮らしの方がウォーターサーバーを選ぶ時のポイント

一人暮らしにおすすめのウォーターサーバーは、フレシャスのスラットですが、ウォーターサーバーだけでなく選び方についても覚えておきましょう。

選び方のポイントは、サイズや使いやすさ・コスト面になります。

スペースの確保ができるサイズ

一人暮らしの場合、家具・家電などでウォーターサーバーを設置できるスペースを確保できていないことが多いです。

そのため、いわゆるスリムタイプのウォーターサーバーを選びましょう。スリムタイプとは、ウォーターサーバーが細いタイプのことです。幅20数㎝などのサーバーもあるので、契約前に機種のサイズもチェックしておきましょう。

また、どうしても床置き型を設置するスペースが無い時は、卓上型も検討してみることをおすすめします。

卓上型とは床置き型の約2分の1のサイズで、テーブルや棚・キッチンなどに設置できる程コンパクトな設計になっているのが特徴です。

総合的な料金から選ぶ

ウォーターサーバーの料金設定にも注目することが、選び方のポイントです。しかし、ウォーターサーバーの料金は以下のように、複数の項目を足した料金を請求されるため、分かりにくい側面もあります。
・レンタル料
・ボトル(水)の料金
・電気代
・初期費用
・メンテナンス費用

そして、フレシャスのスラットの場合、一人暮らしで1ヶ月辺り4300円台になり多くのウォーターサーバー業者と同じ水準となっています。

中には3000円台で提供しているウォーターサーバー業者もあるため、コスト重視で考えている方は、前述のような3000円台や4000円弱のプランを探してみましょう。

ただ、料金が安くなるほどウォーターサーバーの機能もシンプルとなる傾向もあるため、機能性も考慮している場合は、料金だけで選ばないのがポイントです。

ボトル交換や操作のしやすさ

ウォーターサーバーの選び方として、ボトル交換や操作のしやすさなど機能性にも着目することもポイントです。

ウォーターサーバーはどれも同じように見えますが、実は消費電力や温度管理機能、静音性やボトル交換方法など、様々な点で違いがあります。

そのため機能性を考慮せず契約してしまうと、ボトル交換位置がウォーターサーバーの天面で、毎回手間が掛かり使いにくく感じるなどデメリットに後から気付くことになってしまうでしょう。

機能性を選ぶ際に注目すべき項目

たとえば、以下のような点にも注目しながら、ウォーターサーバーを選ぶことをおすすめします。
・静音性に優れているか
・省エネ機能が搭載されているか、もしくは消費電力を抑えられているか
・ボトル交換位置が上下どちらか
・トレー周辺のスペースは確保できているか
・シンプルな機能か、それとも豊富な機能か

一人暮らしにおすすめのウォーターサーバーはフレシャスのスラット

一人暮らしにおすすめのウォーターサーバーは、ウォーターサーバー業者フレシャスのスラットと呼ばれる機種になります。

1ヶ月辺りに掛かる料金は、4300円前後と平均的ですが配達日と配達時間どちらも指定できる点や、最低注文量が18.6Lと使い切れる量などでおすすめです。

また、温水と冷水タンクを別々にするデュアルタンク構造や、光センサーを活用し明るさに応じて温水用ヒーターを一時的にオフにするSLEEP機能など、省エネにも優れています。

一人暮らしの方で、ウォーターサーバー選びに悩んでいる方は、ボトル交換しやすさや機能性などを考慮してフレシャスのスラットも検討してみてはいかがでしょうか。