ウォーターサーバーのおすすめメーカーと失敗しない選び方

最近は水道水の安全性を不安視する人が増え、ウォーターサーバーを利用している人の数がどんどん増えています。

また、水道法の改正についても検討されているため、今後水道の安全性について更に考える機会が増える事でしょう。

毎日使う水だから安全なものを使いたい。そのためにウォーターサーバーを選択することになるのですが、ウォーターサーバー業者も多数営業しています。

そうなると、どのウォーターサーバー業者を利用すればいいのか、自分や家族に合った業者はどれかわからなくなってしまいますよね。

ここではウォーターサーバー選びで失敗しないためのコツを紹介しますので、これからレンタルを考えている人は参考にしてください。

ウォーターサーバーを選ぶときは水の種類を最初に決める

水の種類と聞いて、一般的なイメージでは水道水のみを考えるのではないでしょうか。確かに何も利用しないのであれば水道水1択です。

しかし、ウォーターサーバーの場合は、天然水とRO水と呼ばれる2種類に分かれています。ですのでウォーターサーバーを選ぶ時は、2種類の水について理解した上で選びましょう。

ウォーターサーバーの水は、大きく分けて「天然水」と「RO水」に分けられます。

天然水は自然の水を汲み上げ加熱消毒したもので、RO水は水を濾過して純水にした水にミネラルなどの成分を添加しています。

一般的にウォーターサーバーに美味しさを求める人は天然水を選び、安全性を求める人はRO水を選びます。しかし金額面では天然水が高く、RO水が安くなる傾向があるためコスト面を重視する場合は逆を選ぶことになるでしょう。

まずはどのような水を生活の中に取り入れたいのかを検討し、それに合った水を選ぶようにしてください。

ただし、どちらが正解ということはありません。

自分で考えて決めたものであればどちらを選んでも問題はなく、きちんと考えて選ぶということが大切です。

ウォーターサーバーの水の選び方

ウォーターサーバーの水は、大きく分けて「天然水」と「RO水」に分けられます。

天然水は自然の水を汲み上げ加熱消毒したもので、RO水は水を濾過して純水にした水にミネラルなどの成分を添加しています。

一般的にウォーターサーバーに美味しさを求める人は天然水を選び、安全性を求める人はRO水を選びます。しかし金額面では天然水が高く、RO水が安くなる傾向があるためコスト面を重視する場合は逆を選ぶことになるでしょう。

まずはどのような水を生活の中に取り入れたいのかを検討し、それに合った水を選ぶようにしてください。

ただし、どちらが正解ということはありません。

自分で考えて決めたものであればどちらを選んでも問題はなく、きちんと考えて選ぶということが大切です。

RO水に使用しているろ過装置

天然水は加熱消毒ですので、比較的誰でもイメージしやすい処理ですがRO水のROとは何か分かりにくいところです。

ROとはReverse Osmosis Membrane の略称で、日本語では逆浸透と呼びます。いわゆるフィルターのことでRO膜とも呼ばれています。

RO膜は、0.0001ミクロン単位の小さな不純物も拾う優れたフィルターで、ダイオキシンなども通さない程の性能を持っているのが特徴です。

この優れたRO膜でろ過した水のことを、RO水と呼んでいます。

意外と重要なのがウォーターサーバーのサイズ

ウォーターサーバーはこれまで日常になかったものが、いきなりキッチンやリビングに置かれます。

標準サイズの場合、それなりに大きいため、かなりの存在感になります。

こだわって水を選ぶことも重要なのですが、このウォーターサーバーのデザインを軽視していると後悔することになります。

ウォーターサーバーのサイズは床置き型と卓上型に分けられる

ウォーターサーバーのサイズは、基本的に床置き型と卓上型の2種類に分かれています。

床置き型とは高さ1m以上の比較的大型のウォーターサーバーで、スペースも確保しなくてはいけません。ただ、タンクは大型のものですので、使用頻度の高い場合におすすめです。

一方卓上型は高さ50㎝前後のコンパクトな設計となっているタイプで、棚やテーブルに置くこともできる軽量な点も特徴的です。しかし、容量もその分少なくなります。

そのため一人暮らしで部屋がそれほど広くない場合は、コンパクトサイズでじゃまにならないサーバーがおすすめですし、家族で使う場合は大容量のサーバーが便利です。

またボトルのセットが簡単かどうかも重要なポイントになります。下向きと上向きの設置方法に分かれていますが、どちらにしても1度持ち上げなければいけません。

たとえば12リットルのボトルの場合は12kgを持ち上げることになります。力のない女性には大仕事ですよね。

重さも考えて軽量のパックを利用できるウォーターサーバーや、ボトルを持ち上げなくてもいいタイプのウォーターサーバーを考えましょう。

ウォーターサーバーの機能やデザインも考える

ウォーターサーバーは、ただ温水と冷水を出す機械ということではありません。グレートが上がるタイプであれば、オートクリーン機能などオプションもあるのです。

レンタル料金を考えた上で、高機能なウォーターサーバーについても考えておく

高機能なウォーターサーバーになるとオートクリーン機能がついていて、殺菌対策もばっちりできていますので、安全を重視するならオートクリーン機能は必須と考えておきましょう。

しかし、その分グレードが上がっているため、レンタル料金はオートクリーン機能無しと比較して高くなります。

また、ウォーターサーバーは、温水・冷水・常温水の3つに分かれて管理されていて、コストを抑えたサーバーは温水や冷水どちらか1種類もしくは2種類のみとなっている場合があります。

ですので、レンタル料金を抑えたい場合は、ウォーターサーバーの温水・冷水に機能についても注目するのが大切です。

使用用途とデザインもしっかりと考えて、サーバー選びはとことんこだわるようにしましょう。

使い捨てタイプと回収型はどちらを選ぶべき?

ウォーターサーバーは、本体だけでなく水の入った容器(タンク)も費用に入ります。ですので、本体だけに気を取られていると容器の選び方を間違えて、使用用途に対して合わない上に割高になってしまう可能性があります。

容器の選び方についても覚えておきましょう。

ウォーターサーバーの容器は回収費用から考える

ウォーターサーバーの容器は、簡単に説明しますと使い捨てタイプと回収タイプに分かれます。

どちらを選んでも性能的には大きな違いはありませんが、回収タイプの場合は使用済みのボトルを業者に回収してもらうまで保管しておく必要があり、収納面で考えなければいけません。

一方回収タイプのボトルは再利用が前提になり使いやすい反面、衛生的なことをかんがえると不安材料になりますので、最近は安全性を高めるために使い捨てタイプが増えています。

エコのためと思えば大したことはないのですが、使わないものがいつまでも家にあるのは気持ち悪いという人は使い捨てタイプを選ぶようにしましょう。

また回収タイプのボトルで、回収費用が有料になる業者も少ないですがあるようです。一見すると当たり前に感じますが、基本無料ですので回収タイプを選ぶ場合は、無料回収の業者を選ぶようにしましょう。

サービス対応から選ぶ

ウォーターサーバー業者によって、サービス面の対応も変わります。ウォーターサーバーの性能には関係ありませんが、故障時や疑問点が湧いた時の問い合わせ時などで重要な要素です。

ですので、サービス対応についてもしっかり注目しておきましょう。

ウォーターサーバー業者の対応が丁寧かどうか見極める

ウォーターサーバーの契約手続きや問い合わせ時の応対が、丁寧でしっかりしている業者を選ぶようにしてください。

つい、費用を優先させてしまうところではあるものの、安さ優先で選んだ結果、電話がほとんどつながらない、アフターサービス無しなんていう業者もあります。

Webから追加注文ができ、困ったときの電話サポートが土日祝日でも対応している業者を選ぶためにも口コミなども含めて参考にしましょう。

水やサーバーレンタル料など電気代から選ぶ

ウォーターサーバーの費用から選ぶ時に悩むのが、レンタル料や電気代などどこに注目すべきかということではないでしょうか。

費用に関してはどれも重要な要素ですので、バランスを考えながらウォーターサーバー業者を選ぶことが大切です。

ウォーターサーバーはトータルコストで考えて月額費用が安いところを選ぶ

ウォーターサーバーをレンタルするときに、水の価格しか見ない人がいますが、実はウォーターサーバーには他にもお金がかかります。

・ウォーターサーバーをレンタルするときの月々の費用
・ウォーターサーバーレンタル料
・電気代
・水の価格
・配達送料
・保証料(業者による)

ウォーターサーバー本体の値段については基本的にどこも無料ですが、自己洗浄機能がついているような高機能なウォーターサーバーは有料になる傾向があります。

またウォーターサーバーは常時電源につながっていますので、電気代がかかります。更に水(1容器)の価格は注文時の最低注文数がありますので、少なくともそれだけの費用は必要になります。

※一般的には24Lが最低注文量になります。

それに加え、ウォーターサーバー業者によっては水の配達送料がかかることもあります。
コストを考えるときは、これらの費用をすべて合わせて、月額いくら掛かるかを計算することになります。

ウォーターサーバーを借りるときには二通りの考え方があります

トータルコストを考える場合、更に2種類の考え方に分かれるのではないでしょうか。

・市販の水を購入するよりもとにかく安く済ませる
・コストは無視していいので、水道水や市販の水よりも安全で美味しい水を飲みたい

上記のうちどちらが正解ということはありません。

自分たちがウォーターサーバーに何を望むのかを明確にするための方向性だと考えてください。

ここでは前者のコストパフォーマンスに優れた水について紹介していきます。
安くて安全な水さえ手に入れば味なんてそんなに違いはない、そういう人向けのウォーターサーバーを紹介していきます。

コストパフォーマンスの高い水はRO水だが必ずしも天然水が高い訳ではない

ウォーターサーバーには、水を濾過して作ったRO水と天然の水を加熱殺菌して作った天然水の2種類があります。

RO水は天然水など元から純度の高い水で作る必要がなく、水道水や地下水などからでも作ることが可能です。

反対に天然水は天然の水を組み上げるために、くみ上げ装置や一定規模の施設が必要になります。

RO水…水道水や地下水など人工的に作られる水でコストが安く味もいまいち
天然水…ミネラル豊富な自然ろ過した水、厳選された採水地からくまれてくる味が美味しい

そして値段が高いのは天然水になります。
そのため、コストパフォーマンスを追求していく場合は、天然水よりもRO水を選ぶのが一般的です。

とはいえ、水の値段は相対的なものであって、例えばA社の天然水とRO水を比べた場合、天然水の価格のほうが高くなるのですが、A社の天然水が、B社のRO水よりも安くなることもあります。

RO水が安いというのはあくまでも目安でしかないと考えてください。

コストパフォーマンスに優れたウォーターサーバー

ここでは、コストパフォーマンスの高いウォーターサーバーを紹介していきます。とにかく安く利用したい、とりあえず安い業者を知りたいという人は頭に入れておくようにしましょう。

富士おいしい水

低価格で安全な水を提供しているのが富士おいしい水です。
天然水であっても他社のRO水よりも安いため、味にこだわりつつも低コストを実現可能です。
RO水であればさらに安くできますので、ウォーターサーバーのお試しとしてもおすすめです。

宅配エリア
全国(沖縄県・一部離島を除く)
注文単位
税別588円(12L×2本)
水の価格
天然水39円〜,RO水24円
サーバーレンタル料
0円
電気代
450円〜
配達送料
389円〜
富士おいしい水の月額費用は、天然水2623円〜、RO水1927円〜となります。

アルピナウォーター

アルピナウォーターは天然水をRO処理したRO水になります。
水道水のような安全性が不確かな水ではないため、赤ちゃんからお年寄りまで利用することのできるウォーターサーバーになります。
宅配エリア
全国(沖縄県・一部離島を除く)
注文単位
税別686円(8L×3本)
水の価格
RO水39円〜
サーバーレンタル料
572円
電気代
800円〜
配達送料
0円〜(関東エリア以外は350円もしくは600円掛かる)
アルピナウォーターの月額費用は大体3430円〜となります。

うるのん

サーバーの種類が多く、天然水とセットになったプランを利用すると割引もあります。また、ウォーターサーバーの利用料は、省エネタイプ以外は無料となっているのも特徴です。

宅配エリア
全国
注文単位
税別1898円(12L×1本)
水の価格
天然水69円〜,RO水53円
サーバーレンタル料
0円~円(省エネタイプは300円)
電気代
390円〜(省エネ運転の場合)
配達送料
0円〜(業務提携先のみ0円、それ以外は150円~1580円)

ウォーターサーバーは水の質だけでなくランニングコストで選ぶ

数あるウォーターサーバー業者の中から1社を選ぶことはとても大変な作業です。ですのでまずは水の種類のみ考え、その次にオートクリーン機能のあるウォーターサーバーが必要か考えてます。

あとは使用するスタイルに合わせて、自分に最適なものを選び、最終的には信頼できる業者かどうかを決め手にします。

ウォーターサーバー選びで悩み過ぎる必要はありませんが、長く使い続けるにあたって品質とコスト面で納得のいく選択をしたいところです。

ですので安易に契約するのではなく、納得できるウォーターサーバー選びを行いましょう。

また、ウォーターサーバーを少しでも安い価格で利用したい場合は、ウォーターサーバーのレンタル費用や、電気代、そして水の送料まで含めた総合的な価格で比較することが大切です。

まずは水の種類と何を重視するのか決めましょう。