【月々のウォーターサーバーの電気代と維持費を比較】安い高いメーカーはどれ?

安いウィーターサーバー

ウォーターサーバーを使用している方、もしくはこれからウォーターサーバーを選ぶ方の多くは、電気代や維持費に関して気になっているのではないでしょうか。

既に利用している方の場合は、今使用しているウォーターサーバーの電気代や維持費が高く、どうすれば節約できるのか分からないと悩むこともあります。

また、これからウォーターサーバーを選ぶ場合は、電気代に関して比較検討したいが確認方法が分からず、比較できない状況になりやすいです。

ウォーターサーバーは基本的に24時間電源に接続しているため、常に電気代が掛かります。また、仕組みは各メーカーで大きな違いはないものの、電気代は数100円単位で変わるのが特徴です。

ウォーターサーバーの電気代や維持費が気になる方に、電気代や維持を比較紹介します。

ウォーターサーバーの電気代が安いメーカー

電気代安い
ウォーターサーバーの電気代が安いメーカー、および機種についてご紹介します。ウォーターサーバーの費用は、ボトル代やレンタル料を優先的に考えますが電気代にも注目です。

電気代はウォーターサーバーの中でも、特に費用が変わる部分で場合によって300円や500円も異なることがあります。

フレシャスデュオ

ウォーターサーバーの電気代が安いメーカー1つ目は、フレシャスのデュオシリーズです。

フレシャスには、様々なウォーターサーバーがありデュオと呼ばれるシリーズもあります。デュオの電気代(1ヶ月あたり)は、エコモードなどを使用すると330円程度に抑える事が可能です。

他社のウォーターサーバーは、電気代1000円以上になることも珍しくなく、3分の1以下まで電気代を削減できるエコモードは大きなメリットです。

そしてデュオのエコとは、以下の3種類です。

・SLEEP機能:部屋の明るさを自動感知し、一時的に温水機能を停止してくれる
・コモード:温水を70度に設定してくれる
・デュアルタンク構造:温水・冷水タンクを離すことで、熱の干渉を避け温度変化による再加熱なども抑える。

アクラクララアドバンス

ウォーターサーバーの電気代が安いメーカー2つ目は、アクラクララのアクラクララアドバンスです。

アクアクララのアクラクララアドバンスは、同社のシリーズでも消費電力削減にも力を入れたタイプです。

具体的にはダブル省エネモードと呼ばれる機能によって、従来品と比較して約22%の電気代削減を実現しました。そして電気代は省エネモードを機能させた状態で、約350円程度と400円以下に抑えることができます。

アクラクララアドバンスも設置場所や利用状況により電気代は変わりますが、比較的安い電気代で稼働できるといえるでしょう。また、省エネモードの温水は70~75度に設定されます。

フレシャススラット

ウォーターサーバーの電気代が安いメーカー3つ目は、フレシャスのスラットです。

フレシャスのスラットは、SLEEP機能やエコモード、デュアルタンクによって電気代380円程度と400以下に抑えることができます。また、デザイン性にも優れていて、重厚感や高級感のあるマットな質感も魅力的です。

フレシャススラットのエコモードを入れた場合は、温水が80~85度から70度~75度まで抑えられます。

電気代を抑えたい方に加えて、デザイン性にもこだわりがある方にもおすすめですよ。

ウォーターサーバーの電気代が高いメーカー

電気代が高いとだめなのか
ウォーターサーバーの電気代が比較的高いメーカー、および機種をいくつかご紹介します。

ウォーターサーバーの電気代を決める要因は様々ですが、性能と関係があります。また、電気代が高いケースはその他の料金が安い傾向でもあるので、乗り換えることで安くなる場合もありますよ。

うるのんのスタンダードサーバー

ウォーターサーバーの電気代が高いメーカー1つ目は、うるのんのスタンダードサーバーです。

うるのんには3種類のウォーターサーバーがあり、スタンダードサーバーはデザイン性や機能がシンプルなタイプです。

スタンダードサーバーの電気代は、常に稼働した場合1ヶ月に1200円や1500円程度掛かります。電気代の安いウォーターサーバーは1ヶ月あたり300円や500円ですので、特に高いことが分かります。

また、エコモードなど省エネ機能は搭載していないタイプで、グランデやスタイリッシュサーバーに搭載しているのが特徴です。ですので、うるのんを利用する予定で、省エネも気になる方はグランデやスタイリッシュサーバーもおすすめですよ。

アルピナウォーター

ウォーターサーバーの電気代が高いメーカー2つ目は、アルピナウォーターです。

アルピナウォーターには、スタンダードサーバーと電気代を35%削減できるエコサーバーの2種類があります。しかし、公式サイトには電気ポット程の電気代としか記載されていないため、評判や口コミ、問い合わせしたケースなどを複数参考にすると1000円前後の電気代になる傾向です。

エコサーバーの場合は1000円を下回る可能性もありますし、使用頻度によってはスタンダードサーバーでも900円台に抑えられることもあるでしょう。

また、ボトルの価格が非常に安く、12L1本あたり1050円(税別、天然水)と低コストですので、総額では高い費用にならないよう配慮されています。

クリクラ

ウォーターサーバーの電気代が高いメーカー3つ目は、クリクラのウォーターサーバーです。

クリクラは、クリクラサーバーと省エネサーバーの2種類用意していて、デザイン面の変化はありません。そして省エネサーバーは、クリクラサーバーに対して電気代削減率54%と高効率です。

しかし電気代は、クリクラの省エネサーバーで754円前後と少々高く、クリクラサーバーは電気代削減率から計算すると1000円や1300円程度掛かります。

ウォーターサーバーの電気代だけでなく維持費も比較

ウォーターサーバー維持費
ウォーターサーバーの電気代を意識することは大切ですが、維持費についても確認しましょう。維持費とはボトル代や初期費用、レンタル料などのことでメーカーによって設定方法が大きく異なるのが特徴です。

ウォーターサーバーの費用項目と共に維持費を4種類ご紹介していきます。

アクアセレクト

ウォーターサーバーの維持費が安いウォーターサーバーの1つは、アクアセレクトです。アクアセレクトの電気代を除いた場合は、月額費用を3000円未満に抑えることができます。

契約時に必ず掛かる費用項目は、ボトル代のみで2496円(アクアセレクトサーバー、2箱目~)です。また、安心プランと呼ばれるアフターフォローサービスが、アクアセレクトライフにあり、毎月550円上乗せされても4513円で済みます。

ワンウェイウォーター

ワンウェイウォーターは、アクアセレクトなどと同じくボトルのみの負担で済む、月額費用の安いウォーターサーバーです。

天然水は4種類あり、プレミアムプラスが12L1本あたり1350円と4種類のうち最も安く、2本セットで3000円未満に抑えられます。

また、3種類の天然水は、12L1本あたり2052円で2本セット4104円となりますが、維持の高いウォーターサーバーと比較すると、極端に高い設定ではありません。

フレシャス

フレシャスは電気代が安く、ウォーターサーバーの性能が良い一方、維持費が比較的高い傾向のウォーターサーバーです。

費用項目は、ボトル代とサーバーレンタル代、もしくはサーバー代などがあります。

具体的には以下のような項目です。
・ボトル代
・サーバーレンタル代もしくは購入代

たとえばデュオを選び、天然水はフレシャス富士の1箱を購入すると、月額5120円(税抜き)掛かります。そして電気代を含めると5500円前後になるでしょう。

ウォーターサーバーの電気代を抑えるポイントと選び方に関する注意点

ウォーターサーバー設置場所
ウォーターサーバーの電気代を抑えるポイントや選び方、電気代と維持費に関する注意点を解説します。

ウォーターサーバーの電気代も意識するべきポイントですが、維持費と関連しているのでバランスを見ながら選びましょう。

ウォーターサーバーの設置位置に気を付ける

ウォーターサーバー自体の電気代が1000円以上と高い場合は、300円など安いウォーターサーバーと同じ水準にすることは難しいでしょう。

しかし、設置位置に気を付ければ、多少安くすることは可能です。ウォーターサーバーの幅や背面を数10㎝空けることで、熱がこもる現象を防ぎます。

そして熱がこもらなければ、冷水タンクを余計に冷却する必要がなくなり消費電力を抑えることができます。

ウォーターサーバーの電気代と維持費の設定に関する傾向

ウォーターサーバーの電気代や維持費からメーカーや機種を選ぶ場合、どれか1つの費用のみで判断しないようにしましょう。

つまり、ウォーターサーバーの電気代が安いと維持費が高くなりやすく、ウォーターサーバーの維持費が安いと電気代が高い傾向があります。

そのためウォーターサーバーの費用を比較する時は、電気代と維持費を合算した上で選びましょう。

ウォーターサーバーの電気代が安いメーカーはフレシャスなど

ウォーターサーバーの電気代のみで比較した場合、安いメーカーの1つはフレシャスです。フレシャスのウォーターサーバーは、3つのエコ機能を搭載してるため効率よく稼働できます。そのため1ヶ月の電気代を、300円~400円程度に抑えることができます。

しかし、ウォーターサーバーの電気代が安い場合は、ボトル代やレンタル料などが掛かる傾向もあるため、月額費用で見ると高いケースもあるため確認が必要です。

具体的にはウォーターサーバーの電気代とボトル代、サーバーのレンタル料、メンテナンス費用、初期費用の有無や料金です。

まずはウォーターサーバーの電気代から比較しつつ、維持費や契約年、サーバーの機能性やサイズと順番に確認してみましょう。