おすすめのビデオ・オン・デマンド(VOD)は?選び方は?分かりやすく比較

「気になる映画があるけどなかなかレンタルビデオ屋さんに行くひまがない」、「借りたDVDを返却するのが面倒くさい」、「毎週見ているドラマを録画し忘れてしまって困った」という方や、最近CMでも話題になっているビデオ・オン・デマンド(VOD)って何?など、一度は耳にしたことのあるVOについて初心者の方にわかるように説明していきます。

また、VODを提供するサービス業者が多くてどこのVODにしたらいいかわからい!という方にもVODを選ぶポイントや目的別におすすめのVODを紹介していきます。

ここでビデオ・オン・デマンドがあなたの生活に身近になることでしょう。

ビデオ・オン・デマンド(VOD)とは

VODとはVideo On Demand(ビデオ・オン・デマンド)の略称で、スマホやタブレット、受信対応テレビなどにインターネットを通して配信され、好きな時間に好きな場所で見られる映像配信サービスです。

ホテルの宿泊の際にテレビカードというのを1,000円で購入して、ホテルの部屋のテレビで好きな映像を見れるというサービスも、法人、ビジネスホテル向けのVODになります。

ホテルにあるVODと一緒なら見られる動画の種類が少ないんじゃあ?と思われるかたもいるでしょう。

しかし、VODで見ることができる動画本数は最大190,000本と多く、ジャンルは、海外や国内映画はもちろん海外・国内ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、バラエティ、ドキュメンタリー、音楽など幅広くあります。

最近では、Netflixやamazonプライム・ビデオなど独自の番組を制作して配信するところもあります。

また、地上波テレビ局の公式オンデマンドによるドラマ見逃し配信も増えています。

VODの動画再生方式

VODの動画再生方法は大きく分けて2つあります。

ストリーミング再生

動画をWi-Fiや4G回線などのインターネットを通し、受信した音楽や映像をダウンロードを待たずに再生する方法で、常にインターネットに接続しながら再生されるのが特徴です。

メリット

  • 動画を保存しないので、端末の容量を気にしないで再生できる。
  • インターネット環境に接続すれば、受信を待つことなくすぐに見ることができる。

デメリット

  • インターネット環境が高速回線じゃないと、画質が落ちたりすることがある。
  • 通信しながら再生するので、とばして見たりすることには向いていない。
  • モバイル通信だと通信料が高くなる。

ダウンロード再生

あらかじめ端末に動画を保存して再生するという方法。

メリット

  • 事前にダウンロードしておけば、飛行機の中や車の中などインターネット環境がない場所でも好きな時間に気軽に見ることができる。
  • インターネット環境により画質が悪くなることがなく、常に最高画質で閲覧することができる。

デメリット

  • 端末容量を使用してしまう。
  • 容量が大きいとダウンロード完了までに時間がかかってしまう。

VODの料金の仕組み

1番組ごとに支払うレンタル料金

VODの料金体制は大きく分けて2つです。
レンタル屋さんで借りるように1番組ごとに支払います。
例えばドラマだと1話あたり300円〜500円するので、コストがだいぶかかります。また視聴できる期間が2〜3日以内と決まっています。

定額制で決まった月額料金を支払う

対象の作品が見放題です。月額の価格帯は税別400円〜1,990円と高いところでも、外食2回分くらいなので断然こちらがお得です。

重要:定額制サービスでも最新作を見る場合や特定の作品には、レンタル料金やポイントが必要になります。

VODメリットとデメリット

ここで簡単にVODのメリット・デメリットを紹介します。

メリット

  • レンタルビデオ屋さんに借りに行ったり返却する手間がはぶける。
  • 定額制なので延滞料金が発生することがない。
  • 事前にインターネットの環境があるところでダウンロードさえすれば、飛行機や外出時の車の中などのインターネット環境がない場所でも、お子様などにタブレットやスマホで好きな時に動画を見せることができる。

デメリット

  • インターネット(契約)の環境が必要。
  • 加入後、機種変したときなど、アプリインストールやログインが必要
  • 支払い方法は、クレジットカード決済やdocomo、au決済またはポイント利用になるので現金払いができない。

YoutubuやFC2など無料で見られる動画サイトもありますが、これらは違法にアップロードされている動画が含まれていてます。

また、クリック詐欺やウイルス感染も危険ですので、多少のお金を払ってでも正規のVODサービスを利用するを推奨します。

VODの設定と視聴方法

設定から視聴方法についてここで紹介します。
例えばスマホでU-NEXTを申込んだ場合の設定から視聴までの流れを見てみましょう。

  • STEP.1
    専用アプリをインストール
    AppStoreかGooglePlayストアにアクセスしてアプリをインストールします。アプリは無料。
  • STEP.2
    アプリを起動
    アプリを起動して設定・サポートを開いて、一番下のログインをクリックしてID・パスワードを入力
  • STEP.3
    動画を選択
    あとは見たい動画をクリック
  • STEP.4
    再生がはじまります
    見放題作品はそのまま再生がはじまります。レンタルの場合はレンタル料金支払うか、画面にすすみますのでレンタル料金ポイントを利用すると視聴できます。
サイトで申し込み後、基本無料アプリで操作して、動画を見ることができるので簡単です。また「ダウンロード」ボタンをクリックすればダウンロードがはじまります。

テレビで見る方法

ここではテレビ画面でVODを楽しむ方法を簡単に紹介します。

テレビと端末をHDMIケーブルで直接つなぐ

2,000円〜3,000円くらいで購入できますが、対応しているデバイスが決まっているので確認しましょう。

テレビアプリから見る

インターネットに接続しているテレビを、テレビリモコンを操作して視聴します。メニューボタンや、ホームボタンから開くことができます。

外部機器(セットポップボックス)を使う

家電量販店で5,000円〜9,000円くらいで購入でき、テレビのHDMI端子に接続して、自宅のインターネットを通して無線でスマホからテレビにとばして視聴することができます。
・Google ChromeCast
・Fire TV Stick
・Apple TV
などがあります。

ゲーム機から見る

プレイステーション4など、PSストアからアプリをダウンロードしてログインし視聴できます。

注意
それぞれ対応したVODサービスが決まってるので確認しましょう。例えばChromeCastはU-NEXT、Hulu、dTV、Netflix対応等

すぐに解約できるのか?

すぐに解約でき、手続きも簡単です。解約方法を知ってから契約したいという方のために、いくつか紹介します。

解約方法

どのVODサービスもホームページでログインし、解約手続きができます。
今回はU-NEXT、dTV、フジテレビオンデマンドの3つの解約方法を紹介します。

U-NEXTの場合

U-NEXT公式サイト(video.unext.jp)へアクセスしログイン後、メニュー[設定・サポート]>[契約内容の確認・変更]にて解約手続きができます。

dTVの場合

Mydocomoへアクセスしログイン後、[契約内容・手続き]をクリック>しばらく下に進むと[オプションサービス]>[dTVをクリック>[お手続きするをクリック]>手続き内容のdTVにチェックを入れ次へと進むと解約手続きができます。

フジテレビオンデマンドの場合

公式ホームページへアクセスしログイン後、[マイメニューをクリック]>[月額コースの確認・解約]>[解約したいコース]>[解約する]ボタンをクリックすると解約手続きができます。

解約時の料金

無料期間内の解約の場合は、お金は一切かかりません。
基本どのVODサービスも解約時の料金は、月額料金+利用した有料コンテンツのみとなります。こちらもいくつか紹介します。

U-NEXTの場合

月額1,990円(税別)+レンタル料金となります。

dTVの場合

月額500円+レンタル料金となります。

フジテレビオンデマンドの場合

月額888円(税別)+購入パックor購入エピソード料金となります。

Huluの場合

レンタル料金が必要となる有料コンテンツがないので、月額料金933円(税別)のみとなります。

すでに支払いをスタートしている方の解約

すでに支払いをスタートしている方は、解約のタイミングを注意しましょう!

解約のタイミングは月末

例えば定額制のVODサービスの場合、月途中での解約は可能ですが、スカパー!と同じように解約した月の料金まではかかってしまいます。
しかしスカパー!と大きく違うのが、解約するとポイントなども失われ、すぐに視聴ができなくなってしまうことです。なのでできれば月末ギリギリで解約したほうが損はしません。

数が多すぎてわからない!VODを選ぶポイントとは?

選ぶポイントは大きくわけて3つあります。

1料金と配信動画本数

せっかくお金を払うなら動画の種類もたくさん見たいはず。映画やドラマだけでなく、アニメやバラエティなどの動画も配信しているのか見てみるのも良いでしょう。

マルチデバイス対応

スマホやタブレットの小さい画面だけじゃなくて、家族みんなでテレビの大画面でもみられるのかどうかも大事です。

オフライン(ダウンロード)視聴可能かどうか

お子さんに飛行機の中や、車の中などインターネットがない環境でも見せたいときはダウンロードができるのかどうかも確認しましょう。

これらのポイントを考えながら次のVODサービスの比較表を見てみましょう。

VODの比較表2018

同じVODでも配信している動画本数は3,000本〜190,000本とだいぶ違いがあります。ここでVODの種類とサービス内容を紹介いたしますので比較してみましょう。
動画本数はもちろん、先ほど案内したダウンロード再生ができるのか、テレビで見たいという方はテレビ出力にも対応しているかなども見ましょう。

サイト月額
(税別)
対応デバイス動画本数ダウンロード電子書籍無料期間
U-NEXT1,990円TV・PC・スマホ・タブレット・プレステVITAなど110,000本31日間
Hulu933円TV・PC・スマホ・プレステ

 

50,000本不可2週間
Netflix650円〜TV・スマホ・タブレット数千本1ヵ月
amazonプライム・ビデオ400円TV・スマホ・タブレット・30,000本30日間
dTV500円TV・PC・スマホ・タブレット120,000本31日間
フジテレビオンデマンド888円PC・スマホ・タブレット22,000本不可31日間
ビデオパス562円PC・TV・スマホ・タブレット10,000本30日間
ビデオマーケット500/980円PC・TV・スマホ・タブレット190,000本不可初月
dアニメストア400円PC・TV・スマホ・タブレット2,400作品(×各話)31日間

目的別で選ぶVOD

とにかく最新作が見たい人はU-NEXT

U-NEXTでは、劇場公開&放送間もない最新作品の更新がとにかく最速。書籍、漫画が33万冊以上配信、雑誌が70誌以上が読み放題。
毎月有料コンテンツで使える1,200ポイントがもらえるので、最新作がすぐ見れます!

今なら31日間無料体験に申し込むと最新映画で使えるポイントが600ポイントもらえるため、無料体験するだけでもだいぶお得です。

ドラマ見逃しを見たい人はフジテレビオンデマンド(FOD)

フジテレビオンデマンド(FOD)なら、好きな俳優、芸人が出ているフジテレビの人気番組をいつでも見ることができ、フジテレビ以外のタイトルも多数あります。
名作ドラマをもう一度みたり、最新ドラマを見逃してしまっても期間限定付きで配信しているので安心です。

月額料金をおさえたい人はamazonプライム・ビデオ

amazonプライム・ビデオでは、月額400円または年間3,900円プランが選択でき、年間プランの場合、月額に換算すると月額325円ととにかく安く、amazonの配送特典も利用できちゃいます。

最近ではバラエティなどの日本のオリジナル番組に力を入れているので、テレビ番組にあきたという方におすすめです。

海外ドラマをとにかく見たい人はHulu

ドラマやアニメを一気に見たい方は、月額料金のみですべてのサービスが利用可能のHuluがおすすすめです。

高画質で見たい人はNetflix

U-NEXTやdTV、Netflixでは4Kという超高画質対応の動画を配信しています。またNetflixではここでしか見られない独自に制作した映画やドラマ、アニメシリーズがとても人気です。

とにかくスポーツを見たい人はスカパー!オンデマンド

スカパー!オンデマンドで野球やサッカーはもちろん、ゴルフや釣り番組も見れます。
スカパー!を契約していない方でも、基本料金0円+番組視聴料だけで、スカパー!番組の放送をリアルタイムでスマホやタブレットで見ることができます。
スカパー!契約中の方は契約チャンネルをスマホやタブレットでもすぐに視聴できます。

アニメをたくさん見たい人はdアニメストア

dアニメストアなら懐かしいアニメから最新のアニメまで見放題。さらにアニソンや声優によるライブやミュージカル配信などアニメ好きにはたまらない企画やイベントも行われています。

また、国内会員数最大で120,000本もの動画を配信しているdTVと合わせてみても良いでしょう。
どちらも普段の買い物で貯まるdポイントが使えるので、dポイントカードをもっているならこちらの2つがおすすめです。

auポイントで見たい人はビデオパス

ビデオパスなら、auウォレットカードで貯まったポイントを使って、最新の映画やドラマが視聴できます。

映画やドラマは持ち歩く時代へ

VODは、最初の設定で戸惑う方も多いと思いますが、レンタルビデオ屋さんに行く手間や、延滞料金が発生してしまう心配がなくなるのでとっても便利です。

ドラマも懐かしい古いドラマから、放送中の最新ドラマまで期間内のドラマ見逃しサービスでみれるので録画し忘れても落ち込むことはありません!

そして事前にダウンロードしておけばWi-Fiなどのインターネット環境がない場所でも動画が視聴できるので、飛行機の中や車の中など好きな場所、好きな時間で気軽に見ることができ、今や映画やドラマは自宅で見るだけではなく、外に持ち出して見る時代へとなりました。

もちろん対応テレビであれば、自宅の大画面のテレビでも視聴可能なので、使いこなせればかなり快適な生活になることでしょう。

映像配信サービスだけでなく、U-NEXTのように電子書籍の配信サービスもあるので、コンビニの立ち読みのように雑誌、小説、漫画などの気になるページだけ見ることもできます。
料金も外食2回分くらいで、映画やドラマが見放題、雑誌まで読めちゃうと考えると、とてもお得です。
そして何と言ってもU-NEXTなど31日間無料体験などを利用すれば、無料期間内の解約だと、お金は一切かからないので気軽にはじめられます!

モバイルルーターについては次の記事が参考になります。

あわせて読みたい
引越し先でのインターネットは新規契約でモバイルルーターがおすすめ