ビクトリーホームの坪単価の相場はいくら?注文住宅の口コミ&評判もチェック

ビクトリーホームは、施主と担当スタッフや建築家を1つのチームとして作り上げる「建築家と創る世界に一つだけの家」をこだわりとしているハウスメーカーです。

豊富な経験に裏付けされたスタッフの親身なヒアリングと建築家のデザイン性と暮らしやすさを両立させる提案力が魅力です。

本記事では、ビクトリーホームの坪単価や住宅の性能や設備、ビクトリーホームが手掛ける商品についてまとめました。神奈川県に家を建てたいと考えている人は、モデルハウス見学会も行われていますので、一度足を運んでみるとよいでしょう。

ビクトリーホームの坪単価

ビクトリーホームの坪単価は約46~ 66万円です。ローコスト住宅を手がける他のハウスメーカーの坪単価と比較してみましょう。

クリックで見れる坪単価
エースホーム 約40~60万円
タマホーム 約40~70万円
クレバリーホーム約40~60万円
ロイヤルハウス約35~65万円
ダイケンホーム約45~55万円

ローコスト住宅としては、少し高めの位置にあるメーカーと言えます。住宅性能を高い基準で整えたい人には、選択肢には入れにくいでしょう。

デザイン性には優れた魅力がありますので、予算をあまりかけずに個性的でおしゃれな家が欲しい人にはおすすめしたい住宅メーカーです。

➤あなたの理想の家を希望価格で手に入れる

ビクトリーホームの特徴

土地探・設計・施工・アフターサービスまで含めたワンストップ対応も安心材料の一つとなっています。神奈川県全域を施工エリアとした地域密着型かつ、デザイン性とコストパフォーマンスの高さを重視した柔軟性が魅力です。

ビクトリーホームの特徴は、大きく2つあります。

担当建築士と時間をかけて理想の家に近づける工夫

転用:ビクトリーホーム

ビクトリホームの家づくりは、自由設計の木造軸組工法を採用しています。建築士とじっくり時間をかけて設計し、限られた予算でも理想の家に近づける工夫やデザインの提案力が魅力です。

狭小地・変形地であっても、要望や予算の条件を考慮し、それら土地の問題を解消し、最善の設計を考えていくのを得意としています。

脱臭・調湿効果のある珪藻土を採用

細かな孔によって調湿を行い、脱臭能力にも優れた珪藻土の素材や無垢材の空間となじみの良いオリジナル色にした環境クロスを採用しています。

「夏場は涼しく、冬場は暖かく」の家づくりに適した、高気密・高断熱な設計は、機能的で快適性を考えたこだわりの仕様です。

商品別の特徴と坪単価

ビクトリーホームの商品は、「建築家と作る自由設計」のみです。基本プランなどは用意されていませんので、ホームページに掲載されている施工事例から3つ紹介します。

建築実例はこちらから見ることができますので、合わせて参考にしてください。

こだわりの動線設計、自慢のモダンデザイン住宅

転用:ビクトリーホーム

縦の2WAY玄関で玄関ホールを縮小し、さらに折り上げ天井でリビングを広くする工夫がされています。

キッチンやランドリールームなどの水回りの動線は回遊が可能です。そして、生活のしやすさとデザインにもこだわった住宅です。

坪単価は不明です。

中庭をつなぐリビングと存在感溢れるアクセント階段が光る邸宅

転用:ビクトリーホーム

この家は、奥行きのある広い玄関ホールが高級感を感じさせます。

リビングまでの通路に設置された階段は、造作階段となっており、天井から降りる照明光と合わせて特別感を生み出しています。リビング奥のアイランドキッチンとキッチン裏手のランドリールームは、動線を意識した配置となっています。

坪単価は不明です。

木の温もり、癒し溢れるWAモダン

転用:ビクトリーホーム

木の質感を活かした温かみのある空間とリビングダイニング部分に設置された掘りごたつが、和の雰囲気を演出しています。

キッチン横のパントリー、主寝室にウォークインクローゼットや階段であがれる小屋裏収納など、収納の工夫も満載です。懐かしさもあり、家族みんなが安らげる空間設計になっています。

坪単価は不明です。

気になるメンテナンス費用はいくら?

ビクトリーホームでは、引き渡しから3ヶ月・2年目・5年目・10年目の合計4回の定期点検を無償で行います。

建物の保証は、10年以降有償メンテナンスを実施することでプラス15年の延長が可能です。

転用:ビクトリーホーム

10年以内にシロアリ被害が発生した場合は、保証約款に基づき最高300 万円までの「シロアリ保証制度」を導入しています。

建具の建て付け不良、急な水漏れ、台風時の被害等のトラブルに関しては、定期点検以外でも早急に対応してくれます。

ビクトリーホームの口コミ評判

ビクトリーホームで実際に施工された人の評判について、施工エリアが狭いこともあり、口コミなどでの評価は見つけられませんでした。

ビクトリーホームのお得なキャンペーン詳細

ビクトリーホームでは現在、お得なキャンペーンは行っていません。イベントとして、企画住宅の現地見学会は行われています。

売主のため仲介手数料が不要で販売されていますので、興味があれば内覧だけでもしてみるとよいかもしれません。

イベント情報はこちら

ビクトリーホームのメリット・デメリット

ビクトリーホームでの施工を考えた場合のメリット・デメリットを紹介します。

ビクトリーホームのメリット

編集部
編集部

デザイン性の良さ

建築家がじっくりと時間をかけて、豊かな発想力と飽きのこないデザインと独自性のある設計をします。特に格子や階段、さらに照明やキッチンの配置まで、アクセントとして組み込むデザインが素敵です。

編集部
編集部

予算を考えた提案力

限られた予算の中から、理想の家に近づける提案力に優れているところが魅力です。諦めるのではなく、建築家の豊かな経験で予算のかけどころを考え、より理想の家に近づけます。

編集部
編集部

狭小地や変形地の施工が得意

どのような土地であっても、その土地の状況に合わせたプランを考えることを得意としています。特に狭小地や変形地であっても、しっかりとした構造計算をもとに設計するので安心です。もちろん予算の条件なども考慮しています。

ビクトリーホームのデメリット

編集部
編集部

構造の強みがわからない

他メーカーでは当たり前となっている構造の強みや工夫などの情報が、ホームページでは確認できません。構造について事前に知っておきたい人は、どうしても物足りなさを感じることでしょう。

編集部
編集部

性能の情報が少ない

構造と同様に、住宅性能についても情報が少ないのが気になります。コストカットを考えると性能についてはあまり期待できないかもしれませんが、相談次第といったところでしょう。

編集部
編集部

施工エリアが限定される

施工エリアは神奈川県のみの小規模な会社で、年間の施工実績は60棟です。じっくりと検討を重ねる時間がある人向けのハウスメーカーですね。

ビクトリーホームがおすすめなのはこんな人

ビクトリーホームをおすすめできる人は以下です。

  • 神奈川県に家を建てることを考えている人
  • デザイン重視の家を考えている人
  • 土地が狭い人や変形地に建築を考えている人

神奈川県を施工エリアとしているため、まずはこの条件がクリアできる人へおすすめします。高いデザイン性にこだわっているハウスメーカーですので、イメージしているデザインがある人は相談してみるとよいでしょう。

階段の形状や照明をアクセントにしているデザインが、とてもおしゃれで、個性を出したい人にはよいメーカーです。

土地に合わせた建築を得意としているので、狭かったり変形地だったりしても、あきらめずに相談してみることをおすすめします。