トヨタホームの坪単価はいくら?注文住宅の魅力と安く建てるコツを紹介

yototaho-mu

トヨタといえば自動車を思い浮かべる人もいるかもしれませんが、住宅事業も展開しており耐震性の高い注文住宅を建てたいという人に人気があります。トヨタホームは自動車事業で培った鉄に関するノウハウと独自の製造技術により、自動車と業界トップクラスの品質を誇ります。

注文住宅を建てるときの選択肢として考えている人も多いかと思いますが、そのときに気になるのは坪単価ですよね。いくら高品質でも予算オーバーとなるようでは依頼できません。そこで、ここではトヨタホームの魅力と家を建てるときの坪単価、そして安く建てるコツをご紹介します。

これから注文住宅を建てるために検討を始めた人は、ぜひ参考にしてください。

トヨタホームの商品ラインナップ

toyotahomu

まずはトヨタホームの商品ラインナップをご紹介します。トヨタホームの注文住宅は、工法ごとに2つのシリーズがラインナップされています。シリーズごとの特長と人気住宅の坪単価をチェックしていきましょう。

シンセシリーズ:ユニット工法

シンセシリーズは高層ビルなどにも使われている鉄骨ラーメン構造を採用した注文住宅です。標準仕様でも住宅品質確保促進法(品確法)で定められた耐震等級が「3」であり、地震に強いという特長があります。「長期優良住宅」の対象になりますので、税金の軽減や住宅ローンの金利引き下げなどの優遇を受けることができます。

柱と梁で十分な強度があるため筋交いや耐力壁が必要なく、最大35畳の柱のない空間を作り出すことができます。さらには大開口にすることで、大きな窓で自然光や風を室内に取り込むこともできます。また、最新の防犯システムを導入しており、家族の安全を守れる家として人気があります。

人気住宅の坪単価
シンセ・アイラシク60万〜100万円
シンセ・フィーラス60万〜100万円
シンセ・ヴィトロワ70万〜100万円
シンセ・ピアーナ70万〜100万円

エスパシオシリーズ:鉄骨軸組工法

エスパシオシリーズは高性能と自由度を備えた、独自の新・鉄軸工法「EST工法」を採用した注文住宅です。ラチス柱を耐力壁に採用しており、柔軟性と粘り強さを持たせたことで、高い耐震強度を実現しています。こちらも耐震等級が「3」で「長期優良住宅」の対象の対象となっています。

上下階での通し柱の必要がなく、柱の位置を1階と2階で変えることができるため、自由度の高い間取りで設計できるという特長もあります。外観も自由度が高く、一般的に難しいとされている曲線を描くデザインにも対応しており、個性的な外観の家に仕上げることも可能です。

人気住宅の坪単価
エスパシオEF370万〜100万円
エスパシオLS75万〜100万円
エスパシオLX80万〜100万円
エスパシオ GARAGE STYLE PLUS70万〜100万円

トヨタホーム注文住宅の3つの魅力

トヨタホーム注文住宅の坪単価は工務店で建てるよりも高く、予算が限られている場合には少し躊躇するかもしれません。それでも無意味に坪単価が高いわけではなく、高品質を追求した結果の価格設定になっています。

特に下記の3点については他のハウスメーカーよりも優れており、これらの点に魅力を感じるのであれば決して割高ではありません。

  • 業界トップクラスのテクノロジー
  • トヨタグループによるサポート
  • 快適さを維持するための60年長期保証

それぞれの魅力について詳しく解説していきます。

業界トップクラスのテクノロジー

商品ラインナップでも少しご紹介しましたが、トヨタホームの注文住宅は耐震性が高さや自由度の高い間取りなどの特長があります。これらの特長の背景にあるのが、業界トップクラスのテクノロジーです。

  • 鉄を知り尽くしたトヨタの構造技術
  • 大震災にも耐えられる耐震技術
  • 長く暮らすための耐久性技術
  • 自動車業界で培われた工場品質
  • 自由度の高いデザイン力

トヨタの強みは、自動車製造のノウハウを有していることにあります。優れた強度解析技術と鉄に関するノウハウを活かして、間取りの自由度が高い独自構造を実現し、さらには高い耐震性能を発揮しています。サビ対策も徹底しているため、耐久性の高さも備えています。

また、シンセシリーズは85%を工場で家を作りますが、その工場品質はトヨタ自動車と同等で、徹底した効率化と高品質を両立しています。在来工法では平均120日かかっていた工事期間が約45日に短縮されるため、近所にも迷惑がかからず、建築中に雨などで構造体などが傷む心配もありません。

もちろんデザイン力も優れており、幅広いラインナップから選ぶことができるため、外観も内装も理想通りの家を作ることができます。

トヨタグループによるサポート

ハウスメーカーに注文住宅を依頼した場合には、基本的には家を建ててもらったあとは家のメンテナンスをしらもらうくらいの関係になります。ところがトヨタホームの場合には、家を建ててからもトヨタグループ全体で下記のようなサポートをしてもらえます。

  • 健康で快適な環境づくり
  • クルマとの連携
  • 防犯対策
  • エネルギー対策

例えば電気自動車やハイブリッド車との連携で、クルマに充電できるだけでなく停電時にクルマから家に電気を供給できるシステムを導入することができます。またトヨタホームの電子錠は、自動車の盗難防止効果のあるイモビライザーの技術を応用したもので、確実に家族の安全を守ってくれます。

家そのものだけでなく、新居での生活が始まってからも最新テクノロジーで安全や快適性を維持できる。それがトヨタグループであるトヨタホームを選ぶ大きな魅力のひとつです。

快適さを維持するための60年長期保証

トヨタホームの家は最大60年の保証を受けることができます。基礎や構造体、外壁などの初期保証は30年ですが、そこから10年ごとの延長保証があり、無料で定期点検を受けることができます。さらには60年経過後も、点検やアドバイスを受けることができます。

家の寿命は30年とされているのに60年も保証できるのは、トヨタホームが品質に自信を持っているからです。耐震性能の高さはもちろんのこと、100年使用できる鉄骨、トヨタグループの高い技術など、60年で簡単に壊れることがない家を作っているからこその長期保証サービスです。

30年で寿命を迎える家を35年ローンで購入することが、これまでの家づくりの常識でした。30年前後で様々な部分に問題が出るので、建て替えたりリフォームが必要になったりで、またお金を借りる必要が出てきます。

だったら坪単価が高くても、建て替えもリフォームも必要のない生涯暮らせる家のほうがトータルコストが安くなります。2倍の寿命があるわけですから、坪単価が高額になって当然。そう考えられるなら、トヨタホームの注文住宅は決して高い買い物ではありません。

トヨタホームで安く注文住宅を建てるコツ

toyotaho-muyasuku

高品質で寿命が長いという魅力を持つトヨタホームの注文住宅ですが、残念なことに坪単価は高めです。お伝えしましたように、寿命から考えたときの坪単価は決して高額ではありませんが、私たちが銀行などから借りられるお金には限度があります。

そうなると、少しでも安くしてもらいたいところですよね。そこでどうすれば出費を抑えてトヨタホームの注文住宅を建てられるのか、そのコツをご紹介していきます。

予算を提示してその範囲でできることを提案してもらう

価格を抑える

トヨタホームのような高額になりやすい注文住宅を建てる場合には、最初から予算を提示してしまいましょう。

これ以上は出せないという予算を伝えて、その範囲で選べるモデルや間取り、オプションを提案してもらうのがおすすめです。

これをしないと、担当者は便利な機能を提案してくるなどして、気がついたら予算を大幅にオーバーしてしまいます。反対に予算がわかっていれば、高額になる機能などを勧めてくることもありません。

ただし気をつけたいのは、家造りには注文住宅の価格だけでなく、ローンや税金、そして引越し費用などもかかりますので、予算総額から300万円程度を引いた額を、新居の価格として提示してください。

自分で判断するのが難しいようなら、それらの費用も含めて「総額で◯千万円で建てたい」と伝えて、経費などの計算も担当者に任せましょう。

部屋数を減らした間取りにする

キッチン・リビング

トヨタホームの注文住宅は間取りの自由度が魅力のひとつですが、だからといって必要以上に部屋を増やすと、それだけ柱や壁材が必要になるので坪単価が上がってしまいます。リビングとダイニング、キッチンを区切るのではなく、ひとつの大きな空間にまとめるなどして部屋数を減らしましょう。

和室が欲しい場合でも、リビングの一部に畳を敷く「和コーナー」とすることで、コストを抑えることができます。

部屋数とはまた違いますが、水回りを1階だけにするというのも、坪単価を下げるのに有効です。2階にトイレや洗面台があると便利ですが、コストアップに繋がります。予算が限られている場合には、トヨタホームであれもこれも叶えるのは難しいので、ある程度の妥協が必要です。

間取り一括見積もりサービスを利用する

注文住宅を安く建てるには、シンプルに「値引きしてください」とお願いする方法もありますが、残念ながらトヨタホームはあまり割引をしてくれません。60年保証などを考えたときに、安く売ると割りに合わないケースも出てくるため、直接的な値引き交渉は期待できません。

ところが、相見積もりの状態になると話が変わってきます。1社だけでなく複数の会社に見積り依頼をして、最適なプランを提案してくれたところに依頼すると伝えると、競争に勝つために通常よりは安い金額を提示してくれることもあります。

もちろん値引き額には限界がありますが、「タウンライフ家づくり」のような無料一括見積りサービスを使えば、トヨタホーム以外のハウスメーカーのプランや坪単価もチェックできて参考になります。ちなみに「タウンライフ家づくり」では400万円もお得に家を建てられたというケースもあります。

人生最大の買い物をするわけですから、急ぐ必要はありません。予算を抑えつつも理想通りの家に近づけるように、ぜひ一括見積りサービスを活用してみましょう。

まとめ

トヨタホームはトヨタグループの高い技術を活かして、最高品質の耐震性能や耐久性を持った注文住宅を建ててくれます。ただし坪単価は60万〜100万円と町の工務店と比べると1.5〜2倍くらいあり、かなり高額です。

それでも最大60年の保証期間があり寿命が2倍ありますので、長い目で見れば実はコストパフォーマンスが優れています。

それでも安い買い物ではありませんので、慎重に検討したいところですし、少しでも安く建てたいですよね。予算が限られているのであれば、予算を担当者に伝えておいたり、部屋数の少ない間取りにしたりするなどして、予算オーバーにならないように工夫しましょう。

また、間取り一括見積もりサービスを利用して、相見積もりの形にすることもおすすめです。他社の提案の中にも魅力的なものがあるかもしれませんので、坪単価を抑えたい人だけでなく、トヨタホーム以外の提案も見てみたいという人は利用してみてください。

\好きな間取りを選んで最大400万円安くなる/

タウンライフ一括見積りサービス