タイ旅行で使える海外用レンタルWiFiおすすめランキング【3G/LTE】

日本人海外旅行者に人気の国のひとつであるタイ。バンコクのような都市部を旅行するくらいであれば、無料WiFiを上手に活用することでインターネットに接続できますが、少し郊外にまで足を伸ばすとなると、ネット環境がないと何かと不便さを感じることになります。

タイ旅行を満喫したいなら、やはりレンタルWiFiは借りていきたいところです。ただし、レンタルWiFiの業者も増えてきて、どこで借りればいいのかさっぱり分からないという人もいるかと思います。そこで、ここではタイ旅行でおすすめのレンタルWiFiを、ランキング形式でご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

タイ旅行でおすすめレンタルWiFiランキング

第1位 グローバルWiFi
第2位 イモトのWiFi
第3位 Wi-Ho(ワイホー)
第4位 韓国データ
第5位 ラッキーWi-Fi
第6位 jetfi
第7位 FAST-Fi
第8位 ジャパエモ
第9位 88モバイル

jetfi

ポイント

  • アジアプランなら複数国で利用できる
  • 端末が届いた日に接続設定できる
  • モバイルバッテリーレンタル0円

jetfiはアジアの複数国にまたがって利用できるレンタルWiFiです。例えば、タイだけでなくミャンマー、ラオス、カンボジアといった周辺国にも行きたいという場合には、jetfiのレンタルWiFiが1台あればすべての国でインターネット接続ができます。

ただし、使い放題プランの場合には周遊利用はできません。周遊利用をしたい場合には、アジアプランを利用しましょう。

端末は空港でも受け取れますが、端末が届いた日に国内でも接続設定ができますので、事前に接続確認をしたいという人は、宅配便で自宅に送ってもらいましょう。また、モバイルバッテリーを無料で借りることができますので、タイでの外出時間が長い人は合わせて借りておきましょう。

受取方法空港・宅配便
返却方法レターパック
支払方法クレジットカード
申込期限1〜3日前

jetfiのレンタル料金

アジアプラン 350MB680円/日
アジアプラン 500MB980円/日
アジアプラン 1GB1,280円/日
使い放題プラン1,280円/日

Wi-Ho(ワイホー)

ポイント

  • レンタルWiFiの老舗サービス
  • クレジットカード以外の支払方法にも対応
  • 3,000円以上の契約で送料無料

Wi-HoはレンタルWiFiの老舗で、信頼と実績のある大手業者のひとつです。利用料金がやや高めに設定されていますが、他社にはないサービスを提供してくれます。例えば、レンタルWiFiではクレジットカード払いのみ対応ということも多いのですが、Wi-HoならAmazonPay払いやコンビニ払いにも対応しています。

さらに、3,000円以上の利用で宅配便の送料が無料になります。もちろん空港での受取りもできますので、忙しくて宅配便を受け取れないという人でも利用できます。利用中は24時間体勢でコールセンターがサポートしていますので、初めてのレンタルWiFiという人におすすめです。

受取方法空港・宅配便
返却方法空港(窓口・返却BOX)・宅配便
支払方法クレジットカード、AmazonPay、コンビニ後払い
申込期限1〜3日前(空港によっては当日もOK)

Wi-Ho(ワイホー)のレンタル料金

通常(300MB/日)680円/日
大容量(500MB/日)980円/日
1ギガ(1GB/日)1,180円/日
無制限1,780円/日

グローバルWiFi

ポイント

  • 300MBなら1日170円で利用できる
  • 無制限でも1日1,200円
  • 国内16空港、2営業所で受取可能

グローバルWiFiの魅力はなんといっても、その低価格にあります。300MBならたったの170円で利用できますので、長期間の旅行でも高額にならずに済みます。300MBでは足りないと思うかもしれませんが、タイは国が運営する無料WiFiが2万ヶ所以上あるので、あまり困ることはありません。

ただし、パソコンを繋げたり移動中に動画を見たりするといった使い方だと、300MBではさすがに不足します。そういう場合には超大容量の1.1GBがおすすめです。現地の無料WiFiとうまく組み合わせれば1日1.1GBもあれば十分です。

受取方法空港・宅配便・現地
返却方法空港(窓口・返却BOX)・宅配便・現地
支払方法クレジットカード、請求書払い
申込期限1〜3日前(空港によっては当日もOK)

グローバルWiFiのレンタル料金(早割)

通常(300MB/日)170円/日
大容量(600MB/日)420円/日
超大容量(1.1GB/日)610円/日
無制限1,200円/日

イモトのWiFi

ポイント

  • 知名度抜群の安心感が高いレンタルWiFi
  • 1日680円から利用可能
  • 早割で最大20%OFF

海外用のレンタルWiFiといえば、まず思い浮かべるのがイモトのWiFiですよね。利用者がとても多いため、安心感があります。ただし、早割を使わないとやや割高になってしまうため、タイ旅行が決まったらすぐに予約しておきましょう。

安いのは3Gですので、回線速度にややストレスを感じるかもしれません。海外で回線の遅さに悩まされるのは時間がもったいないので、できれば4G/LTEプランで利用しましょう。1日1GBのプランを友だちとシェアして使うのをおすすめします。

受取方法空港・宅配便
返却方法空港(窓口・返却BOX)・宅配便
支払方法クレジットカード
申込期限1〜3日前(空港によっては当日もOK)

イモトのWiFiのレンタル料金

4G/LTE 大容量(500MB/日)1,280円/日
4G/LTE ギガ(1GB/日)1,580円/日
4G/LTE 30日(500MB/日)23,000円/30日
3G 大容量(500MB/日)680円/日
3G 30日(500MB/日)14,200円/30日

イモトのWiFi早割

30日前予約10%OFF
45日前予約15%OFF
60日前予約20%OFF

JALエービーシー

ポイント

  • 空港引渡手数料など諸費用不要
  • 無制限で1日1,000円
  • JALマイルが貯まる

あまり知られていませんが、航空会社のJALもレンタルWiFiサービスを行っています。料金体系はとてもシンプルで、WEB申込みをすれば1日1,000円で使い放題です。プランには3Gと4G・LTEの2種類がありますが、WEB申込みなら値段は一緒ですので4G・LTEを選びましょう。

成田国際空港、羽田空港(国際線ターミナル)、関西国際空港のいずれかで精算をすると、1台につき200マイル貯まるという特典もあります。空港カウンターなら端末への接続方法も教えてもらえますので、初めての利用という方は、空港受取にしておきましょう。

受取方法空港・宅配便
返却方法空港(窓口・返却BOX)・宅配便
支払方法クレジットカード・現金・電子マネー
申込期限1〜2日前

JALエービーシーのWiFiのレンタル料金

3Gプラン(無制限)1,150円/日(WEB申込み:1,000円/日)
4G・LTEプラン(無制限)1,250円/日(WEB申込み:1,000円/日)

タイデータ

ポイント

  • シンプルな無制限プランのみ
  • 1日590円の低価格
  • 配送料無料でトータルコストが安い

配送料が無料でトータルコストも安くて、無制限で使えるレンタルWiFiがタイデータです。プランも1日プランと1ヶ月プランの2種類しかありませんので、どれを選んでいいのか迷うこともありません。使用するのは現地SIMですので、繋がらないという心配もありません。

予備バッテリーも1日100円から借りることができますので、タイ旅行中に充電する時間があまりないという人は合わせて借りておきましょう。安心補償も1日たったの200円です。海外旅行では何があるか分かりませんので、こちらも加入しておくと安心です。

受取方法空港・宅配便
返却方法郵送
支払方法クレジットカード
申込期限1〜2日前

タイデータのWiFiのレンタル料金

無制限(日)590円/日
無制限(月)15,000円/月

88MOBILE

ポイント

  • 1日585円から利用可能
  • 空港内郵便局留めでの受取可
  • レターパックで簡単返却

88MOBILEは1日585円から利用できるレンタルWiFiで、タイ1ヶ国でも585円からですが、なんとアジア周遊でも同じ値段で利用できます。このため、タイだけでなく周辺国にも足を伸ばしたいという人におすすめです。

ただし1日1GBのプランは、かなり割高の金額に設定されています。おすすめは大容量プランで、現地の無料WiFiと組み合わせて使うという方法です。動画を見たり、パソコンを繋いだりしない限り、1日600MBもあれば不自由なく、インターネットを活用したタイ旅行を楽しめます。

受取方法宅配便・空港内郵便局
返却方法レターパック
支払方法クレジットカード
申込期限1日前

88MOBILEのレンタル料金

通常(300MB/日)585円/日
大容量(600MB/日)840円/日
1ギガ(1GB/日)1,875円/日

FAST-Fi

ポイント

  • 1日410円から利用可能
  • 国をまたいでの利用ができる
  • 日本国内で事前にセットアップできる

FAST-Fiは1日410円から利用でき、さらには国をまたいでも金額が変わらないレンタルWiFiです。こちらも、周辺国への旅行を考えている人に向いていますが、1GBでの価格もそれほど高くありませんので、友だちとシェアして使いたいという人にもおすすめです。

さらには日本国内で事前セットアップができますので、タイに到着してからWiFiに繋がらなくて困るということがありません。タイに到着して、電源を入れればすぐに使えるようになりますので、始めてレンタルWiFiを使うという人でも安心して利用できます。

受取方法空港・宅配便
返却方法レターパック
支払方法クレジットカード(JCB不可)
申込期限2〜4日前

FAST-Fiのレンタル料金

ライト(350MB/日)410円/日(キャンペーン価格:350円/日)
スタンダード(500MB/日)680円/日(キャンペーン価格:580円/日)
プラチナ(1GB/日)1,180円/日

ジャパエモ

ポイント

  • 旅行日程に合わせてプランを選択できる
  • 3日3GBを3,280円で利用可能
  • 大容量を契約して友だちとシェアできる

ジャパエモは利用日数とデータ容量が決められているレンタルWiFiです。タイ旅行向けとしては3日以内と15日以内しか用意されていませんので、2泊3日の週末旅行や長期滞在をするという人に向いているサービスです。2泊3日なら3GBもありますので、ギガ不足になることもありません。

ただし、この金額に加えて1,080円の送料がかかりますので、1人で借りると総額がやや高くなってしまいます。友だちと1台借りて、容量をシェアするという使い方がおすすめです。

受取方法宅配便
返却方法郵送
支払方法クレジットカード
申込期限5日前15時まで

ジャパエモのレンタル料金

3日以内(3GB)3,280円
15日以内(6GB)6,980円

タイ旅行で使うレンタルWiFiを選ぶときのポイント

タイ旅行を楽しむには、レンタルWiFiは必須のアイテムとなっていますが、自分の用途に合ったものを選ばないと必要以上の出費になったり、反対にギガ不足になってしまうこともあります。ここではタイ旅行で使うレンタルWiFiを選ぶときに、気をつけたいポイントをご紹介していきます。

ポイント

  • タイの無料WiFi「Free Public WiFi」と併用して使う
  • パソコンを使うなら1GBプランを使う
  • 周辺国にも行く場合には周遊プランを選ぶ
  • レンタルWiFiは旅行が決まったらすぐに予約しておく

この4点を意識してレンタルWiFiを選べばいいのですが、これだけではよく分からないと思いますので、それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

タイの無料WiFi「Free Public WiFi」と併用して使う

タイは日本以上に無料WiFiが整っている国です。このため、バンコクでは人が集まるような場所ならほとんどどこでも「Free Public WiFi」が利用できます。タイ旅行をするなら、この「Free Public WiFi」やホテルやカフェの無料WiFiを上手に活用しましょう。

そうすれば、容量の少ないレンタルWiFiでも、不足することはほとんどありません。パソコンを繋げたり動画を見たりするのでなければ、1日300MBもあれば十分です。だとしたらそもそもレンタルWiFiは不要では?と思うかもしれませんが、少し郊外に行くと無料WiFiがないこともあります。

タイ旅行では古い遺跡を巡って郊外に行くことも多いかと思いますので、何かのためにレンタルWiFiでネット環境を確保しておく必要があります。旅慣れているというのでなければ、できるだけレンタルしておきましょう。

パソコンを使うなら1GBプランを使う

無料WiFiを活用すれば低容量のプランで足りるとお伝えしましたが、パソコンを繋げたりYoutubeなどの動画を見たりするのであれば、1GBのプランを選びましょう。最近のパソコンはネット環境があると勝手に通信をするので、思った以上に容量を使ってしまいます。

ただし、タイ旅行向けのレンタルWiFiの多くが、無制限で利用はあまりリーズナブルではありません。タイでインターネットを使ってバリバリ仕事をするというのでなければ、1GBプランで借りるようにしましょう。

周辺国にも行く場合には周遊プランを選ぶ

タイ旅行に行くなら、カンボジアのアンコールワットや、ベトナムまで足を伸ばしたいという人もいるかと思います。そのような人はタイだけでしか利用できないレンタルWiFiではなく、アジア周遊プランのあるサービスを利用しましょう。

行く国ごとにレンタルWiFiを借りていたのでは、荷物も多くなってしまいますし、端末が故障したり紛失したりするリスクも高くなります。上記でご紹介したレンタルWiFiの中にも、1台の契約で周辺国への周遊ができる業者もあります。そのような業者の周遊プランを活用しましょう。

レンタルWiFiは旅行が決まったらすぐに予約しておく

レンタルWiFiは空港で借りればいいと思っている人もいるようですが、連休などの多くの人が海外に行くタイミングですと、空港に端末の在庫が残っていないこともあります。空港で借りられる業者でも、事前に予約すれば割引価格で借りられますので、必ず事前に予約しておきましょう。

できればフライトが確定したら、すぐに申し込むようにしましょう。「あとでいいや」と思っていたら、いつの間にか前日になっていて、荷造りで申込みどころではないということもあります。空港受取ができない業者もありますので、少なくとも1週間前には申込みをしておきましょう。

まとめ

タイはネット環境も整っていて、とても快適な旅行先のひとつです。ただし、どこでも必ずしも無料WiFiを利用できるわけではありません。海外では何があるか分かりませんので、保険の意味も込めて、レンタルWiFiを借りておきましょう。

それほどネットに繋ぐことがないなら低容量のプランで十分ですが、パソコンを繋げるようなことがあるなら1GBのプランを選びましょう。友だちと一緒に行くなら、1GBのプランをシェアするのもおすすめです。上手に無料WiFiと組み合わせて、快適なタイ旅行を楽しみましょう。