単身引越し相場と一人暮らしのための引越し相場から業者の選び方まで

初めての一人暮らしをする人にとって、引越しはわからないことだらけですよね。引越し費用はいくらぐらいが適切なのか、引越し費用を安くするにはどうすればいいかなど、知りたいことはいっぱいあるのに、誰に聞いていいのかもわかりません。

そんな人のために、一人暮らしの引越し費用の相場と、引越しにかかる初期費用をできるだけ安くする方法を紹介しますので、引越しを行うときの参考にしてください。

一人暮らしの引越し費用の相場

安いと言っても単身引越しにも時期による引越し料金の変動があります。繁忙期に高くなり、仕事が少なくなる時期には安くなることは単身引越しでも変わりません。

そのため単身引越しをするためにはまず相場を知ることが重要です。

移動距離2月〜5月(閑散期)3月、4月(繁忙期)
同一都道府県内での引越し20,000円〜30,000円26,000円〜43,000円
別の都道府県内への引越し30,000円〜74,000円47,000円〜105,000円
全平均金額30,000円43,500円

 

引越し業者が忙しくなる繁忙期の3月〜4月は引越し料金が高くなりますので、引越し料金を抑えたい場合はこのタイミングでの引越しは避けるようにしてください。

単身引越しは単身パックを利用する

よく単身パックと聞きますが、どのように引越しを行うのか紹介します。

単身パックとは?


引越し単身パックは、引越し業者が用意するコンテナを利用した引越しで、コンテナに乗るだけの荷物を、安価な価格で引越し先まで運んでくれるサービスです。

初めての引越しでも簡単に見積依頼ができますので、単身パックを利用する場合は引越し一括見積もりサイトを利用してください。

コンテナボックスのサイズは大きく分けて3タイプ

単身パックで利用されるコンテナには数種類のサイズがあり、荷物量によって選択できます。ここでは日本通運のコンテナボックスを例に、サイズと荷物の目安を紹介しますので参考にしてください。

単身パックS【サイズ】108×74×155cm
【荷物量目安】冷蔵庫2ドア、薄型テレビ20インチ、電子レンジ、掃除機、カラーボックス(3段)、布団、ダンボール(51.7cm×34.3cm×34.3cm)4個程度
単身パックL【サイズ】108×104×175cm
【荷物量目安】冷蔵庫2ドア、洗濯機、薄型テレビ20インチ、電子レンジ、掃除機、カラーボックス3段、衣装ケース(39cm×53cm×23cm)、ダンボール(51.7cm×34.3cm×34.3cm)5個程度
単身パックX【サイズ】165×223×199cm
【荷物量目安】単身パックS,Lに加え、ベットやソファなどの大型家具や自転車など

単身パックではほとんどの引越し業者が上記のようにコンテナサイズが選べるようになっています。

こんな方におすすめ

単身パックは費用が安いのはもちろんですが、様々なケースで便利なサービスです。

急ぎで引越しをしたい方

急な転勤などで訪問見積もりする暇がない場合、コンテナ内で収まる荷物であれば電話のみの見積もり予約が可能です。

引越し費用をとにかく最安でおさえたい方

一般的な引越しと比較して半額以下で引越しできることもありますので、初めての引越しで荷物が少ない人は最優先で利用したいサービスになります。

また、コンテナサイズによって料金がわかりやすくなっているのも安心です。

忙しくて自分で荷造りできない方

引越し料金を安くするだけなら自分で運ぶほうがいいのですが、引越し前後のスケジュールが埋まっていて、とても自分で準備して運び出すまではできないという人もいるかと思います。

引越し単身パックが安い理由

引越し単身パックが安い理由は、運び出す荷物の量がコンテナサイズで確定しており訪問見積もりをしなくていいため、人件費を削減できることにあります。他に1台のトラックに複数のコンテナを混載することが出来るため、輸送費を下げることもできます。

ただし、1台のコンテナに入りきらなくて、コンテナが2台になると料金が2倍になるため注意が必要です。サイズアップのプランにするか、入るかわからない場合は訪問見積もりを依頼します。

見積もりの前に

見積もりは、引越しの詳細が分かってから始めます。電話で出来る場合と訪問見積もりを依頼する場合とがあります。先ほどお伝えしたとおり、単身の引越しの場合は電話で見積もりが可能です。主に必要になる情報は、以下の通りです。

  • 引越し先の住所
  • 希望の引越し日時
  • 荷物量
  • エレベーターの有無
  • オプションサービスの有無
荷物容量の決まったコンテナやボックスを利用するプランの場合、入りきらないと追加料金がかかり高くなってしまうこともあるので荷物量を正確に伝えましょう。

正確な見積もりは訪問見積もりで

訪問見積もりの場合、引越し業者の営業マンが家にきて荷物量の確認、プランの説明、料金やサービスの説明などをしてくれます。

多くの人が複数社の見積もりを依頼すると思いますが、「一括見積もりサイト」などで送信すると30分~1時間で折り返し電話がかかってきます。

引越し業者も競争が激しいので見積もり時に決断を迫られることもあるようです。見積もりを依頼するまでに引越しの条件を整理しておくと、複数者比較や料金交渉を的確にできます。

単身パックが安い業者はどこ?業者の選び方

単身パック(コンテナボックス)を扱う大手引越し業者一覧と料金は以下のとおりですので業者選びの参考にしてください。

単身パックがある業者一覧

引越し業者サイズ料金
サカイ引越センター小口便引越サービス
※関東⇔関西限定
幅105cm、奥行き75cm、高さ144cm要問い合わせ
日本通運単身パックS幅108cm、奥行き74cm、高さ155cm16,000円〜
クロネコヤマト幅104cm、奥行き104cm、高さ170cm12,000円〜
ハトのマークの引越センター青春引越便
※200km以上の引越し限り
幅105cm、奥行き105cm、高さ180cm※要見積もり
Sgムービングカーゴプラン幅100cm、奥行き75cm、高さ145cm20,400円〜

※WEB割引などを適応した場合

上記ではどの引越し業者も数千円の違いですが、ヤマトの単身プランが最安のようです。しかし移動距離によっても料金が変動する場合もあるので必ず電話見積もりか訪問見積もりを行うようにしてください。

引越し侍で一括見積もりする

業者の選び方

引越し業者は料金だけで選ぶのはあまりおすすめできません。ヤマトのように大手の引越し業者なら安心ですが、中には引越し作業の際の物損などの保険に加入していない業者も残念ながら存在します。

また、急な転勤を伴う引越しの場合は荷造り・荷解きが間に合わないこともあります。このようなときは料金を少しプラスしてすべて業者に任せるのも一つの方法です。

結果的に問題なく、スムーズに引越しを終えることが目標なので、料金を気にしつつ安心感や必要なサービスをしてくれる業者を選ぶことが大切です。

信頼できる引越し業者の選び方と見分けるポイント

一人暮らしに人気の引越し業者は?

各引越し業者のサービス内容と特徴を紹介します。

「単身パック」と言えば日本通運

業界で初めてコンテナボックスを利用し単身向けサービスを開始したのが日本通運です。全国37支店230店舗のネットワークは業界最大で多種多様な輸送が可能です。

単身パックはサイズごとに料金がはっきり明記されているので安心ですし、複数のコンテナボックス利用で1,000円割引やフリー便でさらに1,000円割引が適応されます。Ponta、楽天スーパーポイント、JAL・ANAのマイルが貯められるのでお得感満載です。

業界初が豊富「アート引越しセンター」

引越し業者の大手、「アート引越しセンター」は、業界初となる様々なサービスや商品を開発してきた業者です。食器や靴などを個別に梱包する手間が省ける「エコ楽食器ケース」や「エコ楽シューズケース」が楽と評判。

段ボールやハンガー専用ボックスなど、基本のサービスはもちろん、オプションも充実しています。

お得と評判の「サカイ引越しセンター」

見積もりがお得と評判の「サカイ引越しセンター」。複数見積もりを取るときには、必ず入れておきたい業者です。

お得と評判の業者ですが、サービスは高品質。引越し作業件数や売上高がナンバー1になるほどの実力を持った業者ですよ。電気工事や不用品のリサイクルなども手配してくれますので、忙しい方に是非おすすめの業者です。

東京都内なら「ケーエー引越しセンター」

東京の引越しなら、「ケーエー引越しセンター」がおすすめ。荷物が少なくて近距離なら、7500円で引っ越せます。宅配便より安く引っ越せるうれしいプランです。

他にも、超節約プランなど、お得なプランがありますよ。引越し費用を少しでも安くしたい方は、ぜひ、見積もりを取ってみてください。もちろん、標準プランもお買い得です。

何よりお得に引越したいなら「赤帽」

赤帽とは配送業の組合のこと。荷物が少なく、近距離ならかなりお得に引っ越すことができます。ただし、荷物が多い場合は、利用できない場合もあります。事前に見積もりをとることを忘れずに。

また、赤帽では作業員が1名しか付きませんので、積み下ろしを手伝わなければいけませんし、資材を自分で用意しなければいけません。それさえ納得できれば、おすすめの業者です。

ヤマトホームコンビニエンス

宅急便でおなじみの、「クロネコヤマト」。「約束時間お届け時間指定サービス」では新居でコンテナ便が届くのを待つ時間がない場合に、事前依頼の指定時間で荷物を配達してくれる宅急便感覚で引越しができます。

単身者向けのサービスは、荷物量に合わせて2つのサイズから選ぶことができるので便利。平日割引、WEB割引、早期割引の最大3割引き適応で、単身パック最安の12,000円からの引越しが可能です。

また大型の家具家電のみの輸送も行ってくれるサービス(らくらく家財宅配便)や単身生活に必要な家具家電をレンタルできるサービスも行っているので単身引越しでは是非抑えておきたい業者です。

【クロネコヤマトの引越しプラン&サービス】引越しする利点と注意点とは

上記の引越し業者はこちらで一括見積りができます。↓↓

引越し侍で一括見積もりする

単身引越しで注意すべきこと

荷物が少ない場合、自力で引越すか単身パックを利用するか悩むところですよね。双方のデメリットについても紹介します。

自力での引越しは高くなることも

単身の引越しをとにかく安く抑えようとして、自分で引越しをすることも可能ですが、レンタカーをしたり高速道路を使用すると、結果的に全然安くならないということがあります。

しかも重たい家財を自分で運び出すことが出来ませんから、友人に協力依頼をしたり、どうにもならなくなって業者に依頼するようなこともありえます。

ですが自力で引越しする場合は、リスクもわかった上で行うようにします。

「自分で引越し」は得か損か?自力で引越しをした失敗談

単身パックは値段交渉できない?

コンテナ便のようなもともと格安になっているプランは、値引き交渉ができないことがほとんどです。そのため荷物量を減らして最小のコンテナ便を利用するほかありません。

しかし引越し業者が暇なタイミングであれば、わざわざ荷物を減らさなくても、引越し業者が格安の引越しが可能になることもあります。

反対に家具付きの賃貸物件に住んでいて、荷物が極端に少ない場合も、コンテナ便などを利用すると割高になることがあります。

荷物がダンボール箱数箱分であれば、引越しではなく宅配便を利用することも検討してみましょう。

単身引越しは「ひとり」の特性を活かそう

一人暮らしの引越しの最大のメリットは、引越し時期や時間などすべて自分の都合だけを考えて引越しできることにあります。

家族の引越しの場合は家族の都合に合わせて、どうしても引越し料金の高い繁忙期に引越しをしなくてはいけないこともあるのですが、ひとりであればその必要はありません。

引越し料金の安くなる通常期の、しかも平日の時間指定をしないフリー便を選ぶことでさらに引越し料金を下げることができます。時通常は時間がわからないと不便に感じるフリー便も、ひとりであれば前日までに荷造りを終わらせて、あとはゆっくり待っていればいいだけですので、ストレスなく利用できます。

単身引越しを料金を安く抑える5つのポイント