単身引越しを料金を安く抑える5つのポイント

単身引越しの相場を見ると、引越し料金の最安値から最高値まで、その金額に大きな開きがあることに気づくかもしれません。

ここで単身引越しを安くする5つのポイントを紹介します。

引越しの初期費用を安くする5つのポイント

引越しそのものもお金がかかりますが、新生活を始めるにはもっとお金が必要になります。生活費必要なものを購入しなくてはいけません。何かとお金のかかる引越しですから、1円でも引越し料金を安くして、他の資金に回したいですよね。

ここでは、引越しの初期費用を安くするためのポイントについて紹介します。

POINT

1引越し一括見積りサイトで最安の業者を探す
2単身パックで引越しする
3必要最低限のものだけを持っていこう!
4近距離は自分で運び、長距離は宅配便を活用しよう!
5家具や家電は引越し先で購入する

引越し一括見積りサイトで最安の業者を探す

引越しには定価がないというのは単身の引越しでも同じです。そのためあるタイミングで最も安い価格を提示した引越し業者であっても、時期が変われば最安値でなくなることがあります。

同じようにちょっとした引越しの条件の違いでも、最安値の引越し業者は変わってきます。

安い引越しをするためには、単身の引越しであっても複数の引越し業者に見積依頼をして、その金額を比較する必要があります。

とはいえ、いくつもの引越し業者に見積依頼するには時間と手間がかかって面倒ですよね。そんなときにオススメしたいのが引越し一括見積もりサイトです。

引越し一括見積もりサイトには引越し侍引越し達人セレクトといったサイトがおすすめです。

日通やクロネコヤマトの圧倒的安値のコンテナボックスを活用する

荷物を減らすことに成功したら、大手の引越し業者に依頼するのではなく、日通やクロネコヤマトなどのような、宅配便を行っている引越し業者を利用しましょう。

例えばクロネコヤマトの引越し部門「ヤマトホームコンビニエンス」ではコンテナボックスを使った単身引越サービスがあります。

単身引越サービス料金例

関東エリアの同一市区内17,000円
その他のエリアの同一市区内14,000円
東京〜神奈川の引越し21,000円

料金例を見てわかるように、繁忙期の単身引越し料金の相場は4万円前後なので、一般的な引越し料金の半値以下に抑えることが可能になります。

単身パックについては詳しくはこちらを参考にしてください。

単身引越し相場と一人暮らしのための引越し相場から業者の選び方まで

フリー便を活用する

単身引越しが長距離の場合はなかなか安く抑えることが難しくなります。

そんなときに活用したいのがフリー便です。生活に必要な最低限の荷物は自分で運び、残りの荷物は業者の都合に合わせて運んでくれるフリー便を使うことで、引越し料金を大幅に減らすことが可能になります。

フリー便とはいえおおまかな日程の設定は可能です。引越し前後のスケジュールに余裕がある場合に、安い引越し料金を実現するためにはフリー便は有効な引越し方法のひとつになります。

必要最低限のものだけを持っていこう!

一人暮らしの引越しは荷物の多さによって、その金額が大きく変わってきます。引越しで持っていく荷物が増えれば増えるほど、引越し料金が高くなると覚えておきましょう。

引越しても実家がそのままの場合は、まずは必要最低限のものだけを持って引越します。本当に必要なものだけを残して、あとはすべて手放すぐらいの気持ちで荷物を減らしてください。

持っていくものは衣類、勉強道具もしくは仕事道具、趣味に使うもの、パソコン、これぐらいあれば十分です。

自分の部屋にあるベッドや勉強机、本棚はそのままにしておくことで引越しを簡単に行うことが出来ます。ただし、何を置いていくかは親と相談して決めてください。

特に就職で一人暮らしを始める場合は、基本的に実家に戻ってこない前提になりますので、最終的にはすべての荷物を持ち出すつもりでいてください。

まずは新生活を始めるにあたって当面必要なものだけを持って引越ししましょう。

単身引越しの荷物の目安

目安はダンボール箱10箱と衣装ケース2,3箱程度。家電も含めたすべての荷物が、1畳に収まる量まで減らしましょう。

今では100円均一でも生活用品のほとんどが揃えられる時代ですので、引越しを終えてから買え揃えても良いでしょう。

近距離は自分で運び、長距離は宅配便を活用しよう!

自家用車かレンタカーで自力で引越し

引越し先がそれほど遠くないような場合は、自分で荷物を運び出しましょう。

車を持っていなければ、家族の車や友人に依頼するのもいいですし、半日だけ軽トラックやハイエースなどをレンタルするのも選択肢のひとつです。

またちょっとひだけ人の手を借りたい場合は、作業時間が2時間以内・走行距離20Km以内であれば「赤帽」などの引越し業者に依頼する方法もあり、料金も東京の場合13,500円〜とリーズナブルです。

長距離は宅配便

引越し先が長距離の場合は、大きな家財はあきらめて最低限必要なものだけをダンボール詰めして宅配便で送ってしまいましょう。

持っていく荷物はダンボール5箱分ぐらいに収めれば、宅配便のほうが引越し料金を抑えることが可能です。

残った荷物は帰省するたびにゆっくりと運び出せば、数年のうちにすべての荷物を一人暮らし先に移動させることが可能です。

あとから移動させることが面倒な場合や、思った以上に持って行きたいものがある場合は、クロネコヤマト日通などの宅配便業者のカーゴ便も検討してください。

宅配便について詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。

単身引越しの最安値は日本郵政のゆうパックなのか料金を調べてみた

ダンボールだけの引越しプラン

日通の単身パック積んでみる1.5m3(リューベイ)では、コンテナボックスではなくスペース内に収まるように荷物を積み上げて準備するプランで、お家のスペースを使って簡単に荷物の量を調整できます。訪問見積もりも不要なのでコンテナに収まるか不安という方にはこちらがオススメです。

日通の「単身パック積んでみる1.5m3(リューベイ)」では、「1m×1m×1.5m」のスペース内で事前に荷物を積みあげて準備しておくというプランで、宅配便感覚で引越しが可能です。「宅配で贈ろうとしたけど送り状を貼るのが面倒くさいな」といった場合に便利です。

引越し侍で一括見積もりする

家具や家電は引越し先で購入しよう

引越し前の家具家電が古い場合はこの機会に処分して、新居で必要な冷蔵庫や洗濯機などは引越した後に買い揃えてください。

ネットやリサイクルショップを利用するようにすると購入費用を安くおさえられます。学生街への引越しであれば、周辺にリサイクルショップが見つかるはずです。

あとは料理のための道具などを買い揃えたら新生活のスタートです。

MEMO
ポイントは最初から何でも揃えようとしないことです。季節の家電などは必要性を感じてから足していくことで、あまりお金をかけずに一人暮らしを開始することが可能になります。

大型家具家電は置いていくか処分する

ベットやソファー、本棚のようなかさ張る荷物は余程気に入ったものでないかぎり、すべて手放してください。

どうしても大型の家具も一緒に引越しをしたい場合は、その分引越し料金も高くなりますので注意が必要です。

安いパイプベッドやソファーなどは引越しで持って行くよりも、新居で買い直しをしたほうが安くなることもあります。

家具家電付きの賃貸物件を選ぼう

実はリサイクルショップを活用するよりも、もっと初期費用を抑えることのできる引越し方法があります。

それは引越し先に家具家電付きの賃貸物件を選ぶことです。

家具家電付き物件で有名なのはレオパレスですが、最近ではレオパレス以外にも家具家電付きの賃貸物件が増えています。

引越し業者でも例えばヤマトホームコンビニエンスが一定期間だけ家具家電を貸し出してくれるサービスもあります。

学生のように4年間限定の一人暮らしの場合は、家具家電付き物件を選ぶことで、引越しの荷物を最低限に抑え、引越し後の初期費用も格安にすることができます。

社会人の一人暮らしの場合も、まず数年は仮住まいのつもりで、家具家電付き物件を選べば宅配便だけの引越しができるため、お金をかけずに新生活を始めることができます。

単身引越しで高くなってしまうケース

単身引越しはただ単身だから安くなるわけではなく、安くするためのポイントをおさえることで初めて安くすることができます。

単身パックか宅配便がいいか見極める

もともと安い単身パックなどは値引き交渉などができないので、荷物量が多いとボックス1台に入りきらない場合はボックスが2台になり、引越し料金は単純に倍になるため、思ったほど安くならい結果になることもあります。

そうならないためにも荷物を可能な限り減らすことがポイントになります。しかし、コンテナボックス内に収まればと思って荷物量を減らしすぎて、極端に少ない場合は先ほどお伝えした宅配便で送ったほうが安いケースもあります。

大きな家具だけを運んでもらうサービス

クロネコヤマトやアーク引越センターなどがこのサービスを行っていますが、引越し先が同一市内などの近距離の場合は、赤帽の「家具移動」を利用すると1万円以下での引越しも可能になります。

1人では運べない重たい家電や家具の引越しを依頼することで、引越し作業そのものもスムーズに行うことが出来ます。この場合はコンテナボックスと違ってベットやソファー、本棚の引越しも可能になるというメリットもあります。

ただし、赤帽のサービスは中距離や長距離になると結果的に割高になることもありますので注意が必要です。

冷蔵庫などの運搬困難な大型家電・家具のみ引越し業者にお願いできる?料金はいくら?

相見積もりで最安業者を探して荷物量を調整する

引越し料金は単身でも家族でも時期や日時で変動するので、相場を知らないでいると後で「損をしてしまった…」という引越しになりかねません。

引越し一括見積もりサイトの引越し侍引越し達人セレクトなどで複数社から相見積もりをしてもらい、最終的に電話や訪問で見積りをとってもらいましょう。単身パックの場合コンテナサイズが決まっているので、電話での見積もりが可能です。

プランが決まればあとは荷物量を調整するだけです。大きい荷物になる家具家電はなるべく引越し先で購入するか、家具家電付きの賃貸物件を選ぶようにすることで減らすことができます。

引越し料金はひとりひとり違うのは当たり前なのですが、引越し相場を把握し、自分にあった引越しプランを選ぶことが大切です。

学生の引越し学割パックが利用できる引越し業者と料金相場