新昭和ウィザースホーム注文住宅の坪単価はいくら?後悔しないための注意点

shinshowa

業界トップクラスの断熱性能があり、ランニングコストを大幅にカットできるということで注目されているのが新昭和の注文住宅「ウィザースホーム」です。「With Earth(地球とともに)」をコンセプトにして、地球と家族に優しい住宅を提供してくれます。

千葉を中心とした関東での展開をしていますが、大手ハウスメーカーほどの露出もなくこれから家を建てようと考えている人は、価格や特長などが気になるかと思います。そこでここでは、新昭和の注文住宅「ウィザースホーム」の坪単価と魅力、そして建てるときのコツをご紹介していきます。

新昭和の坪単価と商品ラインナップ

新昭和の注文住宅「ウィザースホーム」の坪単価は50万〜80万円で、リーズナブルなモデルからハイグレードなモデルまで幅広くラインナップされています。建物価格としては標準モデルで2,000万円から、ハイグレードモデルで2,400万円からとなっています。

価格帯としてはミドルクラスになりますが、機能性は業界トップクラスでタイルを採用した外観は高級感があり、お値段以上の満足度を得られる注文住宅です。ここではまず、どのような注文住宅がラインナップされているのか、詳しく見ていきましょう。

プレステージ リアード

参照:ウィザースホーム公式サイト参照

住み継がれている邸宅のエッセンスを学び、新昭和のノウハウと合わせて形にしたのがプレステージ リアードです。色褪せることのないデザインと素材感にこだわり、美意識の高い人の夢を叶えるための風格と価値をまとった注文住宅です。

外壁材に重厚感のあるスクラッチブリックタイルを採用し、インテリアデザインにも徹底してこだわるなど、住宅に個性を求める人に最適なモデルです。もちろん自由設計で設備にも標準装備でグレードの高いものを採用しています。

リモージュ

参照:ウィザースホーム公式サイト参照

磁器の聖地であるリモージュの名前が付けられたこのモデルは、磁器タイルの外壁にこだわる新昭和を象徴する注文住宅のひとつです。自由設計で外観もオーセンティック、スタイリッシュモダン、ジャパニーズモダンなど自由にデザインできます。

開放感のあるリビングが家の中心にあり、家族のコミュニケーションが自然と増える間取りが特長で、オープンキッチンからはリビングで過ごす子どもたちの様子を見渡すことができます。家族が伸び伸びと過ごせる住宅となっており、子育て世代におすすめです。

La Vieunche(ラ・ヴィアンシュ)

参照:ウィザースホーム公式サイト参照

La Vieuncheは太陽の光と自然素材の質感を重視した注文住宅で、のんびりと過ごせるリゾートライフに最適なモデルです。キッチンを住まいの真ん中にレイアウトし、食事の準備や片づけを家族みんなでできるようにゆったりとした作業スペースを確保しています。

LDKにつながっているテラスは休日のパーティーやBBQなどにも適しており、静かに過ごしたいときには絶好の読書スポットになります。忙しい日々を過ごしながらも、休日を全力で楽しみたい家族を満足させてくれる魅力的な住宅です。

ソライエ・ゼロ

参照:ウィザースホーム公式サイト参照

新昭和のZEH住宅がソライエ・ゼロで、地球環境への配慮を大切にしているハウスメーカーが力を入れて展開しているスマートデザインの注文住宅です。業界トップクラスの超高断熱と太陽光発電システムを組み合わせることで電気代ゼロを実現しています。

電気代を抑えるだけでなく、建物のメンテナンスコストも抑えるように設計されています。一般的な注文住宅で35年暮らしたときと比較して、約68.7%もランニングコストを削減できるため、ゆとりのある生活を送れます。

KuLaLa(クララ)

参照:ウィザースホーム公式サイト参照

女性が笑顔になれる住まいとしてラインナップされているのが、女性設計士が中心となって開発したKuLaLa(クララ)です。家事や子育て、それに仕事までこなす女性の負担を、少しでも減らすための工夫とアイデアを詰め込んだ注文住宅です。

「家事楽々」「安心子育て」「収納上手」の3つを基本としたプランニングを行い、これから暮らす人たちの要望を織り込んでくれるので、忙しいだけの日々にゆとりが生まれ、自分だけの時間も子どもと過ごす時間も増え、毎日をもっと充実したものに変えてくれる住宅です。

平屋

参照:ウィザースホーム公式サイト参照

家族みんなが同じ目線で暮らせるライフスタイルの提案としてラインナップされているのが、新昭和の平屋です。家族同士だけでなく自然とも優しく繋がることができ、これから子育てをする世代にも、すでに子育てが終わった世代にも暮らしやすい注文住宅です。

段差や階段のないユニバーサルデザインですので、歳をとってからも安心して暮らすことができ、ライフサイクルコストも考えて建てられていますので、暮らし始めてからの電気代やメンテナンス費用を抑えられるといった魅力も備えています。

3階建て住宅

参照:ウィザースホーム公式サイト参照

ゆとりある土地の確保が難しい都市部でも、狭さを感じることなく暮らせる注文住宅が新昭和の3階建て住宅です。空間デザインを得意とする新昭和ならではのプランニングで、住宅密集地でも上手に光を取り込み、開放感のある空間で暮らすことができます。

ガレージと一体化したりパティオをレイアウトしたりと、狭いからこそ生まれるワクワク感の演出があり、外壁には新昭和が得意としているタイルを採用しているので高級感も備わっています。「自分の家が好きになる」、新昭和の3階建て住宅にはそんな魅力があります。

二世帯住宅「madoi」

参照:ウィザースホーム公式サイト参照

一緒に暮らしたいけど、干渉しすぎるのは困る。そんな二世帯住宅の悩みを解決してくれるのが新昭和の二世帯住宅「madoi」です。暮らしをどこまでシェアするのか、どのような暮らしを望んでいるのかという視点からプランニングしてくれるので、お互いがいい距離感で生活できます。

もちろん住宅は新昭和品質の高気密・高断熱住宅となっており、快適に暮らせるのはいうまでもありません。暮らしにストレスを感じることがないため、お互いの気持ちに余裕が生まれ、2つの世帯が支えあえる。madoiはそんな素敵な注文住宅です。

ガレージハウス

参照:ウィザースホーム公式サイト参照

車が好きだという人におすすめなのが、新昭和のガレージハウスです。カーポートと住宅をつなぐのではなく、ガレージを住宅の中に取り込んでしまったモデルで、愛車との時間を楽しむことができるようにデザインされています。

家の中で車を保管するので、高級車でも盗難等のリスクが少なく、さらには車を外に出せばフリースペースとしても利用できるので、天気を気にすることなくホームパーティも開けます。暮らしの幅が広げて、もっと毎日を楽しくしたい人にもおすすめのモデルです。

ウィザースホーム展示場体験
uizasuhomuウィザースホーム坪単価はいくら?展示場で実例を見て価格・評判を検証

新昭和注文住宅の3つの魅力

関東エリアのみの展開でありながらも1年間に1000棟以上の実績があり、建てた人の満足度も高い新昭和の注文住宅「ウィザースホーム」。検討中の人はなぜ満足度が高いのか気になりますよね。そこでここでは新昭和の注文住宅「ウィザースホーム」の魅力についてご紹介していきます。

  • 業界トップクラスの断熱性能でランニングコスト削減
  • 人生100年時代を見据えたロングライフ住宅
  • 暮らしに寄り添うデザイン

この3点が新昭和の注文住宅「ウィザースホーム」の魅力になります。それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

業界トップクラスの断熱性能でランニングコスト削減

家を建てるときには、ほとんどの人が住宅ローンを借りる必要があるので、建物価格ばかり気にしてしまいますが、家は建ててからもお金がかかります。メンテナンス費用だけでなく、電気代も決して小さくありません。

どんな家でも電気代はかかると思うかもしれませんが、住宅性能によって冷暖房費に大きな違いが出てきます。新昭和の注文住宅「ウィザースホーム」は業界トップクラスの断熱性能を備えており、一般的な住宅と比べると冷暖房費が半分以下になります。

ウィザースホーム公式サイト参照

さらに外壁にタイルを採用していますので、メンテナンス費用も最小限で済むのでランニングコストが一般的な住宅の半分以下に抑えられるので、生活費に余裕がでてくるのが新昭和の注文住宅「ウィザースホーム」最大の魅力になります。

コストパフォーマンスに優れたロングライフ住宅

新昭和の注文住宅「ウィザースホーム」は30年保証+20年サポートで50年のサポートを受けることができます。一般的な日本の住宅は30年で寿命を迎えるため、どこかのタイミングで建て替えしなくてはいけませんが、50年のサポートがあるということは、将来の建て替えの必要がありません。

住宅寿命の秘密は徹底した湿気対策を施したことにあります。棟換気と外壁通気工法によって、壁体内にこもる湿気を外部へ排出し、内部結露が発生を防いでいるので柱が劣化しないというわけです。基礎にも床下通気工法を施しており、土台も劣化しにくくなっています。

ウィザースホーム公式サイト参照

ミドルクラスで価格は決して安くないのですが、建て替えることなく長く暮らせるので、トータルの出費はローコスト住宅よりも安く、コストパフォーマンスに優れているのも新昭和の注文住宅「ウィザースホーム」の魅力になります。

暮らしに寄り添うデザイン

実際に家を建てた人の満足度を高めているのが、バリエーション豊富なタイル外壁で、自分の理想とする外観に仕上げることができます。新昭和のオリジナルタイルは耐候性も高く、時間の経過で退色することもなく、美しい状態をいつまでも保ち続けてくれます。

もちろん自由設計で、インテリアも間取りも1から丁寧にデザインしています。自由設計とアピールしながらも、ほとんど自由度のない注文住宅もありますが、新昭和の注文住宅「ウィザースホーム」はヒアリングした内容を元に、最適な間取り提案をしてくれます。

ウィザースホーム公式サイト参照

収納にこだわっているのも魅力のひとつで、収納のプロが一邸ごとに最適な収納プランを提案してくれます。部屋にモノが溢れるということがなく、いつも部屋が片付いているので、突然の来客があっても慌てることがありません。

新昭和で満足度の高い注文住宅を建てるコツ

ここまでの説明で新昭和の注文住宅「ウィザースホーム」の魅力が伝わったかと思いますが、新昭和で家を建てるときにはいくつか気をつけなくてはいけないポイントがあります。建ててから後悔しないためにも、これから家を建てる人はしっかりと頭に入れておきましょう。

複数のモデルハウスで実物を確認する

新昭和はいくつもの住宅展示場でモデルハウスを見ることができますが、家を建てる前にはできるだけ多くのモデルハウスをチェックしましょう。チェックすべきポイントはタイルの色や質感と内装の雰囲気です。間取りや動線は1棟ごとに違うのであまり重要ではありません。

タイルは好みが分かれやすく、色やデザインが少し違うだけでも家の雰囲気に影響を与えますので、自分好みの仕上がりになる組み合わせを見つける必要があります。このためモデルハウスはできるだけ多くチェックするのがおすすめです。

これから長く暮らすにあたって内装の仕上がりも重要です。こちらもできるだけ多くのモデルハウスをチェックして、気に入った内装を見つけておき、実際に家を建てるときにはその内装をベースにデザインしてもらいましょう。

➡ウィザースホーム展示場一覧

予算オーバーにならない範囲でオプションを追加する

新昭和の注文住宅「ウィザースホーム」はランニングコストが安いという意識があると、少しくらい予算オーバーしても大丈夫と考えて、ついつい設備をアップグレードしたり、オプションを追加したりしたくなりますが、最初に決めた予算はできるだけオーバーしないようにしましょう。

予算オーバーすると住宅ローンの借入額が大きくなり、審査で落とされてしまう可能性があります。自分の年収から予算の上限を算出して、土地の取得費用と合わせてその上限を超えない範囲でオプションを追加してください。

そうなるとアップグレードできる範囲が限られてしまいますが、そういうときには使用頻度の高い場所に予算を使いましょう。キッチンや浴室、トイレなどの毎日使う設備をアップグレードすると、限られた予算でも満足度の高い家づくりになります。

「タウンライフ家づくり」を利用して比較検討する

新昭和の注文住宅「ウィザースホーム」は自由設計で、自由に間取りを決めることができますが、初めて家を建てる人はどのような間取りにしていいのか迷ってしまいますよね。収納がどれくらいあればいいのか、生活動線はどう考えるべきなのかわからないことだらけです。

そこで、いきなり新昭和に相談するのではなく、まずは「タウンライフ家づくり」を利用して間取りプランを集めることから始めましょう。「タウンライフ家づくり」は全国600社が提携しているサービスで、ウェブサイトで簡単な情報入力をするだけで、複数の業者から無料で間取りプランを作ってもらえます。

作ってもらった間取りを比較検討することで、自分のライフスタイルや使い勝手のいい間取りが明確になります。自分にとっての理想の間取りが決まったら、新昭和に相談して家づくりを進めていきましょう。もちろん新昭和よりも魅力的な提案をしてくれる業者があれば、そちらに乗り換えてもOKです。

家づくり大事なのはできるだけ多くの情報を集めて、自分の理想とする家をしっかりとイメージすることです。どのような家で暮らしたいのかがはっきりしないと、いくら自由設計の注文住宅でも満足度の高い家にはなりません。

住宅は人生最大の買い物ですので、後悔しないためにも「タウンライフ家づくり」を利用して、じっくりと時間をかけて理想の間取りを見つけましょう。

\最大400万円安くなった/

まとめ

新昭和の注文住宅「ウィザースホーム」の魅力についてご紹介してきましたが、その中でも重要なポイントをまとめておきます。

  • 坪単価は50万〜80万円
  • ライフサイクルコストが一般住宅の半分以下
  • 50年以上の長寿命
  • 業界トップクラスの高断熱性能
  • タイルを使ったデザイン性とメンテナンス性に優れた外壁
  • 関東エリアのみで展開

価格帯はミドルクラスですが、ライフサイクルコストが安く、建て替えも必要ないのでトータルの費用が安いのが最大の強みです。それを支えているのが高断熱性能やタイル外壁で、デザイン性の高さはハイグレード住宅と比較しても見劣りしません。

ただし関東エリアのみでの展開ですので、誰でも利用できるわけではありません。また、自由設計で自由に間取りを決められますが、自由度が高すぎるとどのような間取りにすればいいのか迷ってしまいます。

間取り選びで失敗したくないのであれば、まずは「タウンライフ家づくり」を利用して間取りの比較検討を行いましょう。自分の理想とする間取りが明確になってから、本格的な家づくりを進めていきましょう。