県外から持ってきたナンバーそのままの車を売ることはできるの?

引越しで車を持ってきたものの、ナンバー変更をせずにそのまま使っている人、多いのではないでしょうか。

本当はナンバーを変えなくてはいけないことはわかっていても、ナンバー変更は手間と時間、もしくはお金がかかるので避けてきたものの、いざ車を売らなくてはいけなくなったときちょっと焦りますよね?

県外ナンバーの車はそのまま売ることができるのか不安ですよね。ここでは県外ナンバーの車を売るときにすべきこと、気をつけることについて説明します。

県外ナンバーの車はナンバー変更せずに売ることが出来る

結論から言えば、県外ナンバーの車もナンバー変更せずにそのまま売ることができます。わざわざ売却前にナンバー変更をする必要はありません。

引越し後15日以内にする

一番ベストなタイミングは、引越し後15日以内に必要書類をそろえて売却することです。

車を所有したまま引越した場合、車検証の住所変更やナンバープレート変更を15日以内に手続きをしなければいけません。

しかし、車を売却することが決まっており、先ほど紹介した書類をすべてそろえ15日以内に県外ナンバーのまま売却すればこれらの手続きを業者に代行してもらえるので、面倒な手続きをせずにすみますし、引越し作業が終わるまで車を使用することができます。

ただし、通常の売却とまったく同じようにというわけにはいきません。県外ナンバーの車を売るときにだけ必要な書類があります。

売却の時に必要な書類

車を売却する際には、名義変更と「一時抹消登録」の手続きが必要になるため、以下の必要書類を揃える必要があります。

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • 印鑑登録証明書(3ヶ月以内のもの)
  • 実印
  • 振込口座情報
  • リサイクル券
  • 委任状・譲渡証明書(買取・下取り先からもらいます。)

一般的に車を売却するときに必要な書類は上記になります。これはどんな状態の車を売るときにも必要な書類です。

そして、引越しをしてナンバー変更をしていない場合はさらに下記の書類が必要になります。

POINT

・引越しが1度だった場合:住民票
・引越しが2度以上だった場合:戸籍の附票

これらを揃えることで、特別なことをすることなく車の買取をしてもらえます。

注意したいのは、戸籍の附票は本籍地、自動車納税証明書は税を納めた税事務所のみでの発行になます。どちらも遠方の場合は郵送してもらうことも可能ですが、1週間程度時間がかかってしまうので早めに申請するようにしましょう。

住民票や戸籍の附票が必要な理由

なぜ県外ナンバーの車を売却する場合、住民票や戸籍の附票が必要なのでしょうか。それは、車検証と印鑑登録証明書の住所が違うと本人かどうかわからないからです。

では住民票や戸籍の附票がなぜ必要なのかを詳しく説明します。

所有者本人であることを証明する必要があるため

車を売るには所有者本人であることを証明する必要があります。そのためのシステムが少し複雑になります。

まず車の所有者の情報は自動車検査証に書かれています。車を売却する人がその人であることを証明しなくてはいけませんが、これを証明するのが印鑑登録証明書と印鑑です。

印鑑登録証明書には名前と住所が書かれていて、登録した印鑑も記載されています。印鑑は本人が保管していますので、印鑑登録証明書と印鑑がセットになって本人であることの確認ができます。

引越しをしていない場合は、印鑑登録証明書と自動車検査証の住所が一致していれば、車の持ち主が売却しているということがわかります。

県内ナンバーの場合

自動車検査証 ー 印鑑登録証明書 ー 印鑑 ー 本人

ところがこの住所が一致していなければ本人が売却しているということを証明できません。そのため、自動車検査証に書かれている住所と、印鑑登録証明書に書かれている住所を繋げなくてはいけません。

住民票にはひとつ前の住所も書かれていますので、住民票があれば自動車検査証と印鑑登録証明書の住所をつなぐことができます。

県外ナンバーの場合

自動車検査証 ー 住民票 ー 印鑑登録証明書 ー 印鑑 ー 本人

引越し回数が複数の場合

次の車検で車検証の住所変更をしようとしたけど、そのまま引越してしまったりなど、引越しの回数が複数の場合は住民票だけでは、自動車検査証と印鑑登録証明書をつなぐことができません。このとき使えるのが戸籍の附票です。

意外と知られていないのですが、個人の引越し履歴は戸籍の附票という書類で管理されています。これを取り寄せれば、自動車検査証と印鑑登録証明書をつなぐことが可能になります。

書類を紛失した場合

いざ書類を用意しようとしたら見つからない…なんてこともありますよね。ここから書類を紛失した場合どうのようにすればいいのか紹介します。

自動車検査証

まず、車は車検証を車にのせてないと、路上を走らせてはいけませんので、紛失した場合は速やかに管轄する運輸支局か陸運局で再発行してもらってください。

申請時に2,000円~3,000円の書類代と手数料がかかります。

自賠責保険証明書

車検時に毎回更新されている強制加入保険です。有効期限が切れているものだと無効なので、各保険会社にて本人を証明するもの(免許証等)を持っていき発行してもらいましょう。

自動車納税証明書

管轄の都道府県税事務所か、軽自動車なら市区役所で発行が可能です。引越してしまった場合は、税を納めた旧住所を管轄する税事務所にて再発行しなければいけません。遠方で行けない場合は郵送してもらいましょう。

リサイクル券

リサイクル券の再発行はできませんが、自動車リサイクルシステムホームページにてリサイクル券と同等の証明書になる「預託証明書」を印刷すれば大丈夫です。

車の所有者が自分ではない場合

所有者が自分ではなく、ディーラーや、クレジット会社の場合はどうでしょうか?

基本的にローンを完済していれば問題ありません。名義変更も買取業者が代行してくれるサービスがあるので利用できるものは利用しましょう。

しかし、ローン債務が残っている場合は、勝手に車の売却はできません。人の持ち物を勝手に売却するようなものです。

ですが、諦めるのはまだ早いかもしれません。ローンが残っていても売却出来る方法がありますので次で紹介します。

買取業者によってはローン債務があっても売却ができる

ローン債務が残っていても売却できる方法は以下のようにいくつかあります。

  • 自分のローン残高以上の金額で買い取ってもらう
  • 一旦手持ちの現金でローンを全額返済する
  • 他の金融機関から借りて車のローンを返済する
  • 引新しい車に乗り換える
  • 新しい車に乗り換える

売却したい場合は、買取店で自分のローン残高以上の金額で買い取ってもらうことが前提になります。

理由は、売却するためにはローン会社やディーラーにある所有権を解除し、自分の名義にする必要があるためです。名義を変更するにはローンを全額返済する他ありません。

ですが、買取店によっては車の乗り換えに限り、一旦車を買い取って足りない分を新たに再ローンとして組むこともできるサービスがありますので、そちらを利用すれば車を売却・購入することは可能です。

ガリバー プラスローン(車乗り換え限定)

車検証の所有者がディーラーかローン会社になっている場合の変更については次の記事を参考にしてください。

引越し後の車の車庫証明書や車検証の変更手続きはディーラーでやる?自分でやる?

ローン債務がある場合に上手に売却するポイント

ローン債務がある場合に上手に売却するポイントは、買取査定をお願いする際にローン債務があることを伏せておきます。

理由は、例えばあなたのローン債務があと40万円であるとします。このことを買取業者に伝えてしまうと、本来は買取査定50万円だったのが、足元をみられて「40万でそのまま売却できますよ」と低い価格で買い取られてしまうからです。

しっかりと正しい買取査定をしてもらってから「実はまだローン債務が残ってまして…」と切り出すようにしてください。

県外ナンバーでもあまり関係ない

簡単に言えば、県外ナンバーでも引越し完了後まで車を使用し、引越し後15日以内に売却すれば県外ナンバーでも何も問題ありません。

車の所有者が違ってたり、ローン債務が残っていると少し手続きが面倒なので手こずるかもしれませんが、県外ナンバーでもあまり関係なく売却は可能です。

通常の車の売却と違うところは、本人が売却していると証明するために、住民票か戸籍の附票などの書類が追加で必要になるくらいです。後は面倒な手続きを業者にまかせればいいのでそこまで難しくありません。

ただ注意したいのが、書類の紛失や遠方への引越しの場合に書類の取り寄せに時間がかかることもありますので、売却を決めたら早めに書類を揃えるようにしておいてください。できれば引越し前に書類の確認をしておくといざといううときに慌てません。