県外から持ってきたナンバーそのままの車を売ることはできるの?

引越しで車を持ってきたものの、ナンバー変更をせずにそのまま使っている人、多いのではないでしょうか。

本当はナンバーを変えなくてはいけないことはわかっていても、ナンバー変更は手間と時間、もしくはお金がかかるので避けてきたものの、いざ車を売らなくてはいけなくなったときちょっと焦りますよね?

県外ナンバーの車はそのまま売ることができるのか不安ですよね。ここでは県外ナンバーの車を売るときにすべきこと、気をつけることについて説明します。

県外ナンバーの車はナンバー変更せずに売ることが出来る

結論から言えば、県外ナンバーの車もナンバー変更せずにそのまま売ることができます。わざわざ売却前にナンバー変更をする必要はありません。

ただし、通常の売却とまったく同じようにというわけにはいきません。県外ナンバーの車を売るときにだけ必要な書類があります。

一般的に車を売却するときに必要な書類は下記になります。

  • 自動車検査証
  • 印鑑登録証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • 実印
  • 振り込み口座情報
  • リサイクル券

これはどんな状態の車を売るときにも必要な書類になります。引越しをしてナンバー変更をしていない場合はさらに下記の書類が必要になります。

引越しが1度だった場合:住民票
引越しが2度以上だった場合:戸籍の附票

これらを揃えることで、特別なことをすることなく車の買取をしてもらえます。

住民票や戸籍の附票が必要な理由

車を売るには所有者本人であることを証明する必要があります。そのためのシステムが少し複雑になります。

まず車の所有者の情報は自動車検査証に書かれています。車を売却する人がその人であることを証明しなくてはいけませんが、これを証明するのが印鑑登録証明書と印鑑です。

印鑑登録証明書には名前と住所が書かれていて、登録した印鑑も記載されています。印鑑は本人が保管していますので、印鑑登録証明書と印鑑がセットになって本人であることの確認ができます。

引越しをしていない場合は、印鑑登録証明書と自動車検査証の住所が一致していれば、車の持ち主が売却しているということがわかります。

自動車検査証 ー 印鑑登録証明書 ー 印鑑 ー 本人

ところがこの住所が一致していなければ本人が売却しているということを証明できません。そのため、自動車検査証に書かれている住所と、印鑑登録証明書に書かれている住所を繋げなくてはいけません。

住民票にはひとつ前の住所も書かれていますので、住民票があれば自動車検査証と印鑑登録証明書の住所をつなぐことができます。

自動車検査証 ー 住民票 ー 印鑑登録証明書 ー 印鑑 ー 本人

引越しの回数が複数の場合は住民票だけでは、自動車検査証と印鑑登録証明書をつなぐことができません。このとき使えるのが戸籍の附票です。

意外と知られていないのですが、個人の引越し履歴は戸籍の附票という書類で管理されています。これを取り寄せれば、自動車検査証と印鑑登録証明書をつなぐことが可能になります。

自動車検査証 ー 戸籍の附票 ー 印鑑登録証明書 ー 印鑑 ー 本人

戸籍の附票は本籍地で取得できます。本籍地が遠いという人でも、最近は郵送で送ってもらえるためわざわざ取りに行く必要はありません。

ただし、取得のための書類を送り、そして戸籍の附票を送り返してもらいますので約1週間近い時間がかかりますので、売却を決めた段階で取り寄せておきましょう。

まとめ

引越しで車を持って、ナンバープレートの変更をしていない車でもナンバー交換しないで売却することは可能です。ただし、本人が売却していると証明する必要があり、引越しをしている場合はそれを証明するための書類が追加で必要になります。

書類の取り寄せに時間がかかることもありますので、売却を決めたら早めに書類を揃えるようにしておきましょう。