セルコホームの注文住宅の坪単価はいくら?後悔しないために注意点も解説

デザイン性の高いカナダ輸入住宅を手掛けているセルコホームは、外観だけでなく優れた住宅性能で人気があるハウスメーカーです。阪神淡路大震災や東日本大震災でも全壊した住宅が0棟で、耐震性の高さも注目されており、家を建てるならセルコホームと決めている人もいますよね。

そうなると気になるのが、坪単価がどれくらいになるかということです。いくら理想の家であっても、価格が高すぎては購入できません。そこでここでは、セルコホームで注文住宅を建てようと考えている人のために、坪単価や住宅の魅力などをご紹介していきます。

セルコホーム価格について詳しくはこちら
セルコホームの価格と間取りで失敗しないためのポイントを詳しく解説

セルコホームの坪単価と商品ラインナップ

参照:セルコホーム公式サイト

適正価格を掲げているセルコホームの坪単価は40万〜70万円で、一般的な注文住宅の坪単価が50万〜60万円ですので、標準的な価格設定になっています。坪単価に幅があるのは、セルコホームの注文住宅がセレクトメイドになっているためです。

外観などを組み合わせることで、オリジナルなデザインに仕上がりますが、こだわりすぎると坪単価が上がってしまいます。反対にシンプルなデザインで仕上げれば、坪単価が40万円台とローコスト住宅と同等の価格で購入できます。

現在セルコホームにラインナップされているのは次に3タイプの注文住宅です。

  • THE HOME(ザ・ホーム)
  • 2✕6レンガの家
  • SELCOHOME FLAT STYLE

それぞれのラインナップについて、その特長を詳しく見ていきましょう。

THE HOME(ザ・ホーム)

THE HOMEは選んで組み合わせる「セルコホーム・セレクトメイド・システム」の注文住宅です。家づくりの楽しさやよろこびを味わってもらうために、5種類のキーアイテムから、お気に入りを選んで組み合わせるスタイルとなっています。

  1. 外観を選ぶ
  2. 玄関を選ぶ
  3. インテリアを選ぶ
  4. 躯体を選ぶ
  5. 窓を選ぶ

外観と玄関、インテリアはデザインを自分の好みで選び、躯体と窓は必要とする断熱性や気密性を考慮して選びます。寒さの厳しいカナダの住宅ですので、断熱性には徹底してこだわっており、真冬でも薄着で過ごせるほど快適に過ごすことができます。

さらに、フローリングには厚さ19mmの無垢材を使用することで、木の温もりや優しさを感じることができ、加えて24時間換気システムにより、快適な環境を作り出します。もちろん耐震性にも優れており、災害に対しても堅牢さを備えた注文住宅になります。

2✕6レンガの家

2✕6

参照:セルコホーム公式サイト

2✕6レンガの家は従来のカナダ住宅を進化させた注文住宅で、そこで暮らす人の安全を守るために、外壁に耐火性能に優れたレンガを採用しています。レンガを採用したことで、建物内の寒暖差を最小限に抑えることができ、家の劣化を防ぐことで約100年の寿命を実現しています。

2階はフレックスルームとなっており、家族の成長に合わせて自由自在に間取りを変えられる構造になっています。可動間仕切り収納で簡易的に空間を区切ることもできますし、完全に仕切ることで独立した子ども部屋を作ることも可能です。

12種類の基本プランが用意されており、価格は1,745万円から購入できます。標準装備でも外壁や屋根、玄関ドアなどを選ぶことができ、自分の好みに仕上がります。ワンランク上の安心、もしくは家を次の世代に引き継ぎたい人におすすめの注文住宅です。

SELCOHOME FLAT STYLE

参照:セルコホーム公式サイト

平屋先進国であるカナダのノウハウの知恵が詰め込まれた、シンプルな平屋輸入住宅です。欧米のリゾート邸宅のような上質なデザインと無理のない生活動線、そして圧倒的な強度を誇る2✕4構造により、優れた耐震強度を備えています。

外観をレンガにすることで、平屋でも重厚感のあるデザインになっています。レンガ外壁の住宅はメンテナンスにかかる費用も少なく、建物が劣化しにくいといったメリットもあり、寿命が100年以上あるので、次の世代やその次の世代へと住み継ぐことも可能です。

2階がないので室内に光を取り入れやすく、居心地のいいリビングになるので、家族が自然と集まってくるのもSELCOHOME FLAT STYLEの魅力です。収納力のあるロフトタイプも用意されており、物が多くて平屋は不安という人にもおすすめできる注文住宅です。

>>あなたの理想の家を希望の価格で手に入れる

セルコホーム注文住宅の3つの魅力

セルコホームは個性的で多彩なデザインで人気がありますが、多くの人に選ばれている理由はデザインだけではありません。他にどのような魅力があるのか見ていきましょう。

  • WEBで相談やモデルハウス体感ができる
  • 住宅性能が高いので標準でそのままZEHに対応できる
  • 暮らす時間が長くなるほど建物の味わいが深くなる

実際にセルコホームを利用した人が、高く評価しているのがこの3点です。それぞれの魅力について詳しく解説していきます。

WEBで相談やモデルハウス体感ができる

忙しくて来店できないという人のために、セルコホームではオンラインでの住まいの相談に対応しています。移動時間や交通費の節約にもなりますし、共働きでまとまった時間が取れないという人でも、自宅から手軽に相談できます。

さらに3Dセルコタウンとして、Webで日本全国にあるモデルハウスを体感できます。細かな質感まではわかりませんが、それぞれ個性的なモデルハウスとなっており、自分に最適な間取りプランを選ぶときの参考になります。

事前にWEBで相談やモデルハウス体感をしておくことで、家づくりを始めるときにヒアリングがスムーズになり、契約から引き渡しまでの期間を短縮できるといったメリットもあります。

セルコホーム住宅展示会

住宅性能が高いので標準でそのままZEHに対応できる

セルコホームの注文住宅はいずれも断熱性や気密性が高いため、特別な施工をすることなく太陽光発電システムや高性能エアコンなどを搭載するだけでZEHに対応します。しかも太陽光発電システムは小型のものでも十分に部屋を快適にできるので、初期費用も抑えられます。

ZEH対応させなくても1年の電気代が21万円も安くなるほど住宅性能が優れていますが、185万円かけてZEH設備を追加導入すると、35年間で315万円も出費を減らせます。建てるエリアや家のサイズにもよりますが、これだけでも大きなメリットになりますよね。

住宅価格は標準的ですが、ZEH対応させたりメンテナンス費用が安いタイル壁にしたりすることで、ローコスト住宅並みのトータル費用に抑えられるのが、セルコホームの大きな魅力のひとつになります。

暮らす時間が長くなるほど建物の味わいが深くなる

一般的な住宅は時間の経過とともに劣化が目立つようになりますが、セルコホームは時間が経過するほど美しくなっていきます。特にレンガ外壁の注文住宅は、経年変化によって味わいが深くなり、自分の家に対して愛着が湧いてきます。

厚みのあるフローリングも、暮らしに合わせて落ち着いた色合いになっていき、新築の頃よりも暮らし始めて時間が経過してからのほうが、デザインも雰囲気も良くなります。家族の成長に合わせて家も成長していく。セルコホームの注文住宅にはそんな魅力があります。

100年以上も成長し続けるわけですから、家を消耗品と考えるのではなく、財産として次の世代に引き継いでいきたい人におすすめの注文住宅です。

セルコホームで満足度の注文住宅を建てるコツ

セルコホームの注文住宅で家を建てた人の多くが、外観の美しさや空間の快適性に満足していますが、人によっては後悔している点もあります。そこで、ここではセルコホームで満足度の高い注文住宅を建てるコツをご紹介していきます。

スケジュールに余裕を持って検討を始める

セルコホームは資材をカナダから海上輸送しているため、材木などがカナダから届くまでにどうしても時間がかかってしまいます。どうしても国内の資材を使っている注文住宅と比べると、着工までに時間がかかりますし、発注後の変更が難しいので打ち合わせも時間をかけて行うことになります。

家の大きさによってスケジュールは変わりますが、他のハウスメーカーよりも確実に時間がかかってしまいます。十分にスケジュールに余裕を持たせて検討を始めましょう。時間がないと、どうしてもどこかで妥協しなくてはいけなくなり、満足度が下がります。

検討から引き渡しまでは1年以上かけるつもりで、スケジュールを組んでおきましょう。それよりも短期間で立てることも可能ですが、細部にまでこだわるとそれだけ時間がかかります。理想の家を追求するのであれば、ゆとりあるスケジュールで家づくりを進めてください。

信頼できる加盟店であることを確認する

セルコホームはフランチャイズ展開をしており、実際に家を建てるのは地域密着型の工務店です。このため、加盟店ごとに接客応対や大工さんの技術にバラツキがあります。このため、相談するときには加盟店自体の実績を確認しましょう。

それなりの実績があれば問題ありませんが、まだ加盟店になったばかりという場合には、建てているときにトラブルが発生する可能性があります。また、経営状態が安定していない場合も資金不足で建てている途中で倒産するといったリスクもあります。

住宅完成保証制度があるため、家が建たないということはありませんが、スケジュールが遅れてしまいます。建てた後の倒産でアフターサービスが受けられなくなることも考えられますので、信頼できる加盟店かどうかをきちんと確認してから契約しましょう。

他のハウスメーカーや工務店の間取りも比較する

taunraifu

セルコホームの外観に憧れているという人は、最初からセルコホーム1社に絞りたくなりますが、満足度の高い家づくりをしたいのであれば、まずは複数のハウスメーカーや工務店からも提案してもらい、間取りや設備を比較検討してください。

そうすることで自分の理想とする間取りや暮らしが明確になり、プランニングをするときの迷いがなくなります。ただし複数の業者とやり取りするのは大変ですので、「タウンライフ家づくり」を利用するのがおすすめです。

「タウンライフ家づくり」は、複数のハウスメーカーや工務店から間取りや資金計画書などを無料提案してもらえるサービスです。相見積もりと同じ状態になるので、いずれの業者も通常よりも割引きをしてくれるので、家を安く建てられるといったメリットもあります。

セルコホームを含め全国600社と提携しており、スムーズに比較検討できますので、まだ検討段階という人は、ぜひ「タウンライフ家づくり」をご活用ください。

\最大400万円安くなった/

まとめ

セルコホームの坪単価は40万〜70万で一般的な注文住宅と同等ですが、住宅性能が高く長寿命ということもあって、トータルの出費を大幅に抑えることができます。さらにレンガ外壁にすることで家の耐久性もアップし、時間の経過とともに家に味わいが出てきます。

長く暮らすことを考えたときには、とてもコストパフォーマンスが優れており、ZEH住宅にすれば将来にわたって支払う金額を300万円以上も安くできるといった利点もあります。ただし、資材を海上輸送しているため、契約してから引き渡しまでの期間が長くなります。

さらに、フランチャイズ展開をしているので、実際に手掛ける工務店の質にもばらつきがあると行ったデメリットもあり、どんな人にもおすすめというわけではありません。このため、いきなりセルコホームに絞って家づくりを進めるのではなく、まずは「タウンライフ家づくり」を使って複数の間取りを比較検討しましょう。

比較検討は手間も時間もかかる作業ですが、これをしないと家を建ててから後悔することになります。人生最大の買い物で失敗しないためにも、じっくりと時間をかけて間取りや設備、予算を比較して、自分に最適な間取りを見つけ出しましょう。