セキスイハイム注文住宅の坪単価はいくら?気になる価格・評判を詳しく解説

注文住宅を建てるときに、家のデザインも機能も妥協したくないという人たちに人気なのがセキスイハイムです。「帰りたくなる家」をコンセプトにしたテレビCMの影響もあり、家を建てるならセキスイハイムと決めている人もいますよね

ただし、口コミを調べるとセキスイハイムの坪単価は安くなく、予算内に収まるのか不安という人もいるかと思います。そこでここでは、セキスイハイムの坪単価をご紹介し、合わせてその魅力や建てるときのポイントなども解説していきます。

セキスイハイムの坪単価と商品ラインナップ

セキスイハイムは積水化学工業住宅カンパニーが手掛ける住宅ブランドで、工場内で生産したユニットを現場で組み立てるというスタイルで展開しています。品質の高さと後期の短さが特長のハウスメーカーで、ラインナップされている住宅の種類も豊富です。

坪単価は60万円〜90万円と高く、木造であれば鉄骨よりも安くなっていますが、それでも平均坪単価は82万円となっています。家の大きさにもよりますが、予算としては平均で3,000万円かかっており、注文住宅としては高価格帯に分類されます。

価格が高いのは住宅設備が充実しているためで、様々なスタイルの高機能住宅が用意されています。それぞれどのような特長があるのか、詳しく見ていきましょう。

>>あなたの理想の家を希望の価格で手に入れる

パルフェ

参照:https://www.sekisuiheim.com/

パルフェはフランス語の「完全・完璧」を意味します。その名前が示すように、セキスイハイムのフラグシップモデルとなっています。ダイナミックなフォルムで堂々とした外観と、光と風をうまく取り入れた広くて解放感の室内空間が魅力のモデルです。

鉄骨系住宅ですので耐震強度も高く、安心して毎日を過ごすことができるのもパルフェの魅力のひとつです。高断熱仕様の玄関ドアを標準化するなどして、ZEH断熱基準にも対応しており、1年を通じて高い快適性を実現しています。

パルフェ-bj スタイル

参照:https://www.sekisuiheim.com/

パルフェ-bj スタイルは、子育て世代がストレスなく暮らせることを目指してデザインされたモデルです。家事と仕事の両立が大変でも、休日は家族とゆっくりと過ごしたい。そんな人たちをサポートするためのアイデアが詰まっています。

タイプ別詳細
たのしく家事モデル家事の効率重視
スマートハイムモデル子どもの留守番をサポート
かげやまモデル子どもが賢く育つ

共働き子育て世帯のニーズに応えるため、これら3つのモデルが用意され、それぞれ独自の設備やプランを提案してもらえます。もちろん、それぞれを組み合わせることも可能です。子育てが終わってからも長く暮らせるように、業界最長クラスの30年長期保証が導入されています

スマートパワーステーションFR・GR

参照:https://www.sekisuiheim.com/

太陽の力でエネルギーを自給自足する暮らしを目指した注文住宅がスマートパワーステーションFRとスマートパワーステーションGRです。2つの違いは屋根デザインにあり、緩やかに傾斜している屋根を持つのがFR、フラットでスタイリッシュに仕上げているのがFRです。

電力会社から購入する電気に頼らないことを目指しており、光熱費を抑えつつも災害に備えることができます。屋内と屋外の境界線を曖昧にすることで、自然を満喫できるのが特長で、無駄のない動線になるように考慮されているため、ストレスのなく自宅時間を過ごせます。

スマートパワーステーションアーバン

参照:https://www.sekisuiheim.com/

新開発されたシフトジョイント工法を採用することで、スマートパワーステーションを狭小間口にも対応したモデルです。大きな土地を用意するのが難しい都市部でも、太陽光発電システムを導入でき、エネルギーの自給自足を目指せます。

外観は2柄×8色のバリエーションが用意され、ユニットをずらして配置するなどオリジナリティのある家に仕上げることが可能で、さらには数百年に1度の地震にも耐えられる構造になっています。コンパクトでエコな家を求めている人に、おすすめしたいモデルになります。

ドマーニ

参照:https://www.sekisuiheim.com/

快適さを維持しながら、長く安心して暮らせる家。次の世代に住み継がれている家をコンセプトにしたのがドマーニです。耐震性能が高く、さらに大空間でありながらも高気密・高断熱を実現しており、快適に過ごすことができるハイスペック住宅です。

大人数でもストレスを感じにくいので、2世帯住宅にも適しています。家族が集まることが多い人や、友人を自宅に呼びたいというような人にも最適で、人との交流がしやすく、新しい出会いが生まれる未来志向の住宅になります。

グランツーユーV

参照:https://www.sekisuiheim.com/

セキスイハイムで数少ない木造住宅ですが2✕6構造で耐震性も高く、木造ならではの豊富なバリエーションと高い断熱性・気密性で人気の注文住宅です。全館換気システムを採用しており、いつも新鮮できれいな空気の中で過ごせるといった特長もあります。

寿命の高さも魅力で、60年間の無償定期診断を受けることができ、メンテナンスをしながら長く暮らしたいという人に適しています。緑が映えるデザインですので、郊外など自然豊かな場所に家を建てるときに検討してもらいたいモデルです。

デシオ

参照:https://www.sekisuiheim.com/

限られた広さでも窮屈さを感じることなく暮らしたい。そんな想いを形にしたのが、セキスイハイムの3階建て「デシオ」です。都市に適した洗練されたデザインが特長で、どの階にいても快適に過ごせるように、空気環境を整える「快適エアリー」を導入しています。

「飲料水貯留システム」や「蓄電池自動充電機能」といったレジリエンス機能を持たせることもでき、いざというときに対する備えもしっかりとしています。もちろん耐震性も高く、災害に強い都市型住宅として人気があります。

グランツーユー平屋

参照:https://www.sekisuiheim.com/

夫婦2人で暮らすから大きくなくてもいい。いつも子どもの顔が見える家がいい。そんな人におすすめなのが平屋住宅のグランツーユー平屋です。大きな窓から景色を絵画のように楽しむことができ、60年以上も暮らせる木造住宅ですので、時間の経過に合わせて変化を楽しめます。

平屋によくある収納スペース不足は、小屋裏に大きな収納空間を設けることで解決し、さらにはZEHにも対応可能でエコな家に仕上げることも可能です。暮らす人を選ぶ家ですが、多くのものを持たずに、ミニマムな生活を目指している人におすすめの住宅です。

パルフェ-bj スタイル コンファティック

参照:https://www.sekisuiheim.com/

パルフェ-bj スタイル コンファティックは、ルーフバルコニーや小屋裏空間を設置できる1.5階建てスタイルの鉄骨系平屋です。家族の距離が近くなるので子育てにも適しており、夫婦2人だけで過ごすセカンドライフの家としても人気があります。

独自の全室空調システム「快適エアリー」によって、いつも室内空間が適温に保たれているのもパルフェ-bj スタイル コンファティックの魅力です。この他にも「そだての家」「たのしみの家」「楽の家」など、ライフスタイルにあわせていくつもの平屋が用意されています。

セキスイハイム注文住宅の3つの魅力

坪単価が高いセキスイハイムですが、多くの人があえて選んでいるのにはもちろん理由があります。セキスイハイムの注文住宅には、下記のような3つの魅力があります。

  • 時代を先取りした最先端の家
  • 壁や柱が少なく広くてオープンな空間
  • 基礎着工から完工までが早い

それぞれの魅力について、具体的にどのような点が優れているのかについて詳しく見ていきましょう。

時代を先取りした最先端の家

セキスイハイムは、1971年に世界初のユニット住宅を発売しました。そこから「時を経ても続く価値ある住まい」を目指した住宅開発を行っているため、時代を先取りした設備やシステムを提案してもらえます。

現在はZEH住宅からさらに一歩進んだ「スマートハイム」に力を入れており、太陽光発電と蓄電池、HEMSによってエネルギーの自給自足を目指す家づくりを行っています。これらを導入することで、災害などが発生したときにも早期に日常生活に戻ることができます。

住宅は購入してから30年40年と暮らしていくもので、そのときに最新の住宅よりも機能が劣っているとリフォームなどをしたくなりますが、セキスイハイムの住宅には最先端の設備が整っており、定期的なメンテンスを行うだけで、不便さを感じることなく長く暮らせます。

壁や柱が少なく広くてオープンな空間

セキスイハイムの注文住宅に共通するのは、強度の高いユニットを採用していることです。ユニット単体で十分な強度を持っているため、壁や柱を最小限に減らすことができます。これにより、リビングやダイニングに広くてオープンな空間を作れます。

窓ガラスや扉も大きなサイズにでき、天井も高さを確保しやすく、室内に光を取り入れやすいといったメリットもあります。ユニット構造になっていることで、耐震性能や耐久性能も高くなっており、壁や窓など建物全体で騒音をブロックできるため、外の音に悩まされることもありません。

室内空間の快適性に徹底してこだわっており、ゆとりのある上質な時間を過ごせるというのが、セキスイハイムの大きな魅力となっています。

基礎着工から完工までが早い

ユニット構造を採用し、そのほとんどを工場で組み立てているため、従来の注文住宅と比べると基礎の着工から完工までの期間を大幅に短縮できます。工期は建て替えなら最短で60日で完了し、基礎工事を行う場合でも3ヶ月程度で完成します。

ユニット搬入から雨仕舞(家の中に雨水が入らないようにする)まで、1日で終わらせるため、建てているときに雨が降って、雨水によって室内が劣化することもありません。品質管理もしっかりしているのも合わさって、建物の寿命が長くなっているのもセキスイハイムの魅力になります。

セキスイハイムで満足度の高い注文住宅を建てるコツ

セキスイハイムの注文住宅を建てた人の多くが、理想の家に満足していますが、それでも思い通りの家にならずに後悔している人もいます。そうならないために、セキスイハイムで注文住宅を建てるときのコツをご紹介していきます。

コストダウンよりも機能性重視で選ぶ

セキスイハイムは高価格帯の注文住宅ですので、予算が限られている場合にはどうしてもコストダウンしたくなります。例えば設備のランクを下げたり、太陽光発電システムを諦めたりするなどして、なんとか予算内に収めようとしますが、これが満足度を下げる結果に繋がります。

機能性を削ってしまうと、セキスイハイムの注文住宅である必要性がほとんどなくなり、「これなら他のハウスメーカーで作ればよかった」となります。そうならないために、必要な機能はできるだけ付けるようにしましょう。

もちろん不要な機能まで付ける必要はありませんが、妥協するくらいなら安価なハウスメーカーに依頼したほうが満足度は高くなります。返済が苦しくなるようではいけませんが、安くするためだけのコストダウンは避けましょう。

他社と比較して理想の家に近づける

最初からセキスイハイムで家を建てるつもりでも、必ず他のハウスメーカーも含めて検討しましょう。1社だけで話をすすめると、間取りや機能に問題があったときに気づかないまま進めてしまう可能性があります。複数のハウスメーカーで話を聞けば、セキスイハイムの注文住宅の弱点も見えてきます。

また、複数のハウスメーカーで相見積もりを取ることで、どのハウスメーカーも可能な範囲内での値引きを提案してきます。そうなると坪単価が高いセキスイハイムでも、1社だけに絞ってお願いするよりも、多少なりとも値引きしてくれる可能性があります。

無理な値引きを要求するのはおすすめしませんが、業者同士の競い合いを利用しない手はありません。複数のハウスメーカーと交渉するのが面倒だという人は、「タウンライフ家づくり」のような無料一括見積りサービスを活用しましょう。

「タウンライフ家づくり」を使えば1度の申込みで、セキスイハイムを含めた複数のハウスメーカーから提案を受けることができます。それらを比較検討すれば、自分の理想とする家の形が見えてきます。しっかりと比較検討をした上で、セキスイハイムで依頼しましょう。

自由度の低さは収納やモジュラーパネルで工夫する

ユニット構造がセキスイハイムの特長ですが、このユニット構造が間取りの自由度を下げてしまいます。基本的にはユニットごとの大きな空間を組み合わせる形になるため、こだわった間取りにすることが難しく、100%理想通りにはならないのがセキスイハイムの弱点です。

ただし間取りは可動式の収納やモジュラーパネルなどを使えば、自由に区切ることもできます。建物構造で自由度が下がる部分は、工夫することで補うことは可能です。しかも可動式収納やモジュラーパネルなら、ライフスタイルに合わせて簡単にレイアウト変更できます。

セキスイハイムの注文住宅は寿命が長いという特長もありますので、将来のことを考えて間取りはできるだけシンプルにしておき、必要に応じて自分たちで自由にレイアウトするのがおすすめです。

まとめ

高品質で機能性も高いセキスイハイムの注文住宅ですが、坪単価は60万円〜90万円で建物価格が平均で3,000万円もします。ラインナップされている家の多くが、広い敷地を想定しており、土地の取得費用も合わせると、かなり高額な予算を組んでおく必要があります。

それでも最先端の技術を導入し、耐久性も高いため、メンテナンスさえしっかりしておけば長く暮らせます。セキスイハイムで家を建てるなら、機能性を妥協することなく、お金をしっかりとかけて理想の家に近づけましょう。

またセキスイハイムに依頼すると決めている場合も、「タウンライフ家づくり」のような無料一括見積りサービスを利用して、比較検討は行いましょう。最初から1社に絞ってしまうと、弱点がわからないまま家を建てることになり「こんなつもりじゃなかった」と後悔します。

家を建てるときに大事なのは、しっかりと情報収集をして比較検討することです。相見積もりにすれば、セキスイハイムの値引きも期待できます。面倒でもセキスイハイムを含めた2〜4社に相談して、理想の家づくりを目指しましょう。