三栄建築設計の坪単価の価格・相場はいくら?口コミ&評判もチェック

三栄建築設計では「同じ家は、つくらない。」をコンセプトにしており、自由性、デザインを重視しているハウスメーカーです。規格化された住宅は1つとしてないため、自分だけのオンリーワン住宅を建築することが可能です。

自社一貫体制で家づくりをしており、土地探しから企画、建設まで一貫して行うことで家づくりがスムーズに進み、さらに中間マージンをカットすることが可能なので、コストを抑えながらも完全自由設計で高性能な住宅を提供しています。

独自の「サンファースト工法」と「ツーバイフォー工法」の2つの工法で、狭い土地や変形地などにも建設ができます。また、日本初の火打ちレス金物を採用することが可能で、火打ち材を無くすことにより、スッキリとした開放的な空間を実現することもできます。

三栄建築設計は平成5年9月に創業し、東証一部、名証一部の上場しており、東京都に本社を構え、関東・東海エリアを中心に展開しています。

三栄建築設計の坪単価

三栄建築設計の坪単価は約50~90万円です。

一般的なハウスメーカーの平均坪単価は約50~100万円ですので、三栄建築設計の坪単価は全体的にみると、平均的と言えるでしょう。

ただしハウスメーカーには、木造住宅や軽量鉄骨など建築方法の違いで坪単価が変わってきますので、木造で建築している代表的なハウスメーカーと比較してみました。

クリックで見れる坪単価
一条工務店約50~70万円
ミサワホーム約60~90万円
住友林業約60~100万円
積水ハウス約60~100万円

代表的な4つの木造住宅ハウスメーカーと比べてみると、三栄建築設計の坪単価は他ハウスメーカーとほぼ同じで平均的な価格帯と言えるでしょう。

>>あなたの理想の家を希望の価格で手に入れる

三栄建築設計特徴(性能、標準設備)

三栄建築設計では独自工法「サンファースト工法」と「ツーバイフォー工法」で、2つの工法を採用しています。

サンファースト工法は木造軸組工法をベースに三栄建築設計が開発した「三栄式羽子ボルト」を梁の接合部に使用することで、半永久的に接合部のゆるみを防ぐことで、建物全体のゆがみを抑え、強固な構造を持続させることができます。


転用:三栄建築設計公式サイト

この「三栄式羽子ボルト」は2015年にグッドデザイン賞を獲得し、特許も取得。

断熱材では高性能グラスウールを採用しており、窓ではアルミ樹脂のハイブリッドサッシでLow-E複層ガラス仕様を使用することで快適な住まい空間を実現しています。

自社一貫性なので土地さがしから企画・設計・施工まですべてをプロデュースしているため、スムーズに家づくりを進めることが可能です。

商品別の特徴と坪単価

三栄建築設計の商品は「同じ家はつくらない。」というコンセプトを大事にしているため、全ての商品が自由設計です。

その中でもコストパフォーマンスに優れた商品から1から全てのこだわりを叶えるハイエンドプランなど、商品ごとにお客様にあったプランで家づくりを可能にしています。
下記にそれぞれの商品プランを簡単に紹介します。

SPUR(シュプール)

独自工法のサンファースト工法で断熱材は高性能グラスウール、外壁は防火サイディングを使用しています。シュプールシリーズは3つのラインナップがあります。

下記はシュプールシリーズの商品です。

ルーチェ


転用:三栄建築設計公式サイト

高い耐震性とZEH基準の省エネ性能はそのままに、設備グレードを一般仕様(量産型)にすることで、コストダウンさせたコストパフォーマンスに優れた注文住宅です。予算は抑えたい、だけどデザインも妥協せず、安全で快適な家づくりをしたい方におすすめです。

ルーチェの坪単価は約55~60万円です。

ステラ


転用:三栄建築設計公式サイト

ベースはルーチェと同様ですが、ステラでは「家事らく設備」など、設備の内容やデザインをさらにこだわることが出来るプランになっています。設備を量産型ではなく、こだわりたい方におすすめです。

ステラの坪単価は約60~70万円です。

アクシア


転用:三栄建築設計公式サイト

アクシアでは、ステラの構造、内装設備はそのままに、断熱材と外壁材をwith one style仕様にアップグレードさせたシュプール商品の中で最高級プランです。コストパフォーマンスを大事にしながらも、外壁のデザインやあらゆる所に自然素材を使いたい方におすすめです。

アクシアの坪単価は約65~75万円です。

特別注文住宅

with one style


転用:三栄建築設計公式サイト

無垢材や漆喰などの自然素材をふんだんに使用し、職人がひとつひとつ丁寧に仕上げる特別なプランです。

構造材や断熱材、設備、外壁材など全てがシュプール商品と異なり、躯体構造にはSTROOG社のオールメタル金物を採用し、断熱材ではセルロースファイバーを標準採用にすることで静粛性と快適性をより高めています。

他商品よりワンランク上のハイエンドプランです。With one styleの平均坪単価は約85~90万円です。

>>あなたの理想の家を希望の価格で手に入れる

メンテナンス費用はいくら?

住宅品質管理促進法という住宅を守る法律があります。現在は建築後、主要構造部分や雨水の浸水を防止する部分の設計ミスによる欠如(瑕疵)は10年間の瑕疵担保責任が義務づけられているため、異常があった場合は法律に基づき保証されます。

三栄建築設計では瑕疵担保責任と併せて保険法人による10年間の保険があります。そのため、万が一倒産をしたとしても保険法人から保証されるのでダブルで安心です。

引き渡し後1年経過する前に業務提携をしている専門業者により点検が行われます。

定期点検及び定期点検後に発生する有償修繕工事を指定工事店にて工事した場合は保証を35年延長させることが可能です。
※商品によって保証内容が変わります。

アフターメンテナンス専門窓口があるため、気になる点や不具合があった場合でも迅速に対応してもらえます。

独自工法「サンファースト工法」で建設し、構造材にはプレカット工場で寸分の狂いなく加工した柱や土台、梁を使用しています。さらにシロアリ対策では合成殺虫剤ではなく、ホウ酸を使用することで外来種による被害も軽減させており、木材の耐久性にも優れています。

三栄建築設計では上記の保証や建物の工夫に加え、家づくりをする段階で将来を見据えた計画をすることでメンテナンス費用を最小限に抑えています。

三栄建築設計のメリット・デメリット

現在ハウスメーカー、工務店は数多くありますが、どのハウスメーカー、工務店にもメリット、デメリットが存在します。

家づくりをする際に多くの選択肢に悩まれる方も多いです。

しかしメリット、デメリットを知ることで家づくりをスムーズに進めることができるかと思います。

そんな中で、三栄建築設計の特徴を紹介してきましたが、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?それぞれ3つずつ紹介します。

三栄建築設計のメリット

編集部

オンリーワン住宅が建てられる

商品プランの説明の通り、三栄建築設計では全てが1からオーダーする完全自由設計です。そのため、他の人と似たデザインになりづらく自分好みのデザインで建築することが可能です。

編集部

土地探しから家づくりまで全てを任せられる

家づくりはハウスメーカーと話を進めることができても、土地は自分で探す、もしくは不動産会社に探してもらうなど別々で動かなければならないことも多いですが、三栄建築設計では一貫して任せることが出来るので、家づくりがスムーズに進みます。

編集部

自然素材を使用できる

既製品を使うハウスメーカーが多いですが、外壁材や内装などに自然素材を使用することが可能なため、外壁や内壁に※漆喰(しっくい)を使用するなど専門の職人がいないと出来ない内容でも施工することができます。

※漆喰(石灰、しっくい)とは、水酸化カルシウム(消石灰)を主成分とする建築材料。住宅様式や気候風土などに合わせて世界各地で組成が異なっており独自の発展がみられる建築材料である

三栄建築設計のデメリット

編集部

アフターサービスがやや手薄

建物引き渡し後から1年間しか定期点検がないため、他ハウスメーカーと比べると手薄に感じてしまいます。しかし、不具合があった場合でも専門窓口があるため迅速に対応ができる環境となっているため、そこまで気にならないでしょう。

編集部

施工エリアが限定されている

首都近郊までしか対応していないため、他エリアで建築をお願いすることができません。ですが、施工エリアを限定することでコストを抑え、メンテナンスや不具合に迅速に対応することを可能にしています。

編集部

断熱性能が物足りない

窓ではアルミ樹脂のハイブリッドサッシを使用し、断熱材では高性能グラスウールを採用していますが、今はどこでも採用されている工法なので、高気密・高断熱住宅を求めている方にはやや物足りなく感じてしまうでしょう。

三栄建築設計の口コミ&評判

三栄建築設計の口コミは見つかりませんでした。

三栄建築設計は値引お得なキャンペーン詳細

現在行われているキャンペーンはありません。実際に家を建てる際に、営業担当者または展示場で割引キャンペーンなどあるか聞いてみると良いでしょう。

➤三栄建築設計展示場一覧はこちら

三栄建築設計がおすすめなのはこんな人

三栄建築設計は「同じ家は、つくらない。」をコンセプトにしている理由の1つが、土地の環境、地域の特性、隣に建っている建物など1つ1つに向き合う必要があり、そこに暮らす家族は世界に1つ。

ライフスタイルなど自分の環境に合う住宅を見つけてほしい。こういった思いから同じ家は生まれない。だから作らない。そんな思いが込められています。

そのため、デザイン、自由度を重視しているハウスメーカーだということが分かりました。

そんな魅力の多い三栄建築設計ですが、特におすすめしたい方はこんな方達です。

  • オンリーワン住宅を建てたい方
  • 人と似たような家は作りたくない方
  • 家づくりの理想がまとまっている方
  • 自然素材を使用したい方
  • 土地の特徴や環境もしっかり考えたい方

上記に当てはまる方はぜひ、三栄建築設計を検討してみてはいかがでしょうか?