日本国内で縛りなし使いたい放題のおすすめポケットWiFiランキング

スマホでYouTubeなどの動画を見ることが一般的になり、月末になるとギガ不足になってしまう人も増えてきました。自宅に光回線を引くことで多少は改善できますが、外出時にコンテンツを楽しむという意味では光回線は役に立ちません。

そこで注目されているのが、容量無制限で利用できるレンタルポケットWiFiです。ポケットWiFiというとWiMAXなどをイメージするかもしれませんが、それ以外にも多くの会社がレンタルポケットWiFiに参入しています。

ただし、それぞれのサービス内容は似ているようで微妙な違いがあり、いざ選ぶとなるとどこのサービスを利用すればいいのか分かりづらい状態にあります。ここでは、自分で最適なレンタルポケットWiFiを探せない人のために、おすすめのサービスをランキング形式でご紹介していきます。

日本国内で無制限で使えるレンタルポケットWiFiおすすめランキング

第1位 縛りなしWiFi
第2位 SPACE WiFi
第3位 KING WiFi
第4位 FUJI WiFi
第5位 NOZOMI WiFi
第6位 Chat WiFi
第7位 STAR WiFi
第8位 SAKURA WiFi
第9位 famifi
第10位 どんなときもWiFi

縛りなしWiFi


  • 初期費用0円で解約手数料なし
  • 1年以上利用で月額使用料が下がる
  • 月間の通信制限なし

縛りなしWiFiは通信制限も初期費用も解約手数料も「縛りなし」のポケットWiFiです。それでいて月額使用料が3,300円と低く設定されているのに、13ヶ月目以降にはさらに下がって、2,800円で利用できます。

端末も最短当日発送されますので、申込みをした翌日から利用できます。ほとんど弱点のない縛りなしWiFiですが、WiMAXは3日で10GBを超えると一時的に制限がかかり、Softbankは1日で3GBを超えると当日速度制限がかかります。

残念ながら回線や端末の指定ができず、送られてきた端末の回線を利用します。ただし、エリアによっては、WiMAXかSoftbankかを指定することは可能です。

通信速度下り最大440Mbps
速度制限WiMAX 10GB/3日 / Softbank 3GB/1日
初期費用0円
月額使用料3,300円(13ヶ月目以降:2,800円)
SIMのみ契約×
海外利用×
回線WiMAX / Softbank
支払いクレジットカード

SPACE WiFi


  • 初期費用・契約手数料・解約手数料・端末代金0円
  • 月間の通信制限なし
  • 最安値保証

SPACE WiFiは2年間使用したときのトータルコストが、どこよりも安くなるポケットWiFiです。月額使用料だけなら他社のほうが安くなることもありますが、初期費用・契約手数料・解約手数料・端末代金すべて0円ですので、総支払額は低くなります。

回線はWiMAXもしくはSoftbankになりますが、自動的に選択されます。希望がある場合には申込み完了後にサポートセンターに連絡する必要があります。WiMAXは3日で10GB、Softbank端末は1日3GBで通信制限が発生します。

通信速度下り最大440Mbps
速度制限WiMAX 10GB/3日 / Softbank 3GB/1日
初期費用0円
月額使用料3,690円
SIMのみ契約×
海外利用×
回線WiMAX / Softbank
支払いクレジットカード / 口座振替

KING WiFi


  • 通信制限なし
  • 試して納得出来ない場合には全額返金保証
  • 友達を紹介しても友達に紹介されても月額料金が下がる

KING WiFiの特徴は友達に紹介してもらったり、友達を紹介したりすることで月額利用料金が1,000円まで下げられることにあります。友達に紹介されて申し込みをすると、ずっと1,400円の割引があり、契約後に1人紹介するごとに200円の割引を受けられます(最大13人)。

実際に利用してみて回線速度などに満足できない場合には、全額返金保証を受けることもできるため、安心して利用できるというメリットもあります。

通信速度下り最大612Mbps
速度制限短時間で膨大な量のデータを使用したとき
初期費用8,000円
月額使用料5,000円(紹介コード適用時:3,600円)
SIMのみ契約
海外利用×
回線Softbank
支払いクレジットカード

FUJI WiFi


  • 通信制限なし
  • WiMAX2+プランで月額費用が3,200円
  • 初期費用が2,000円で解約金不要
FUJI WiFiは、トータルコストを低く抑えることができるポケットWiFiです。初期費用が2,000円しかかかりませんし、月額利用料金も3,200円と低く設定されています。回線もWiMAXだけでなく、auも利用できますので、ビルの中でも安心して利用できます。

通常契約では海外利用できませんが、別契約で韓国と台湾でもデータ量無制限で利用できます。FUJI WiFiをすでに契約している人なら、なんと1日250円で使用できますので、韓国や台湾に行くことが多いという人におすすめです。

通信速度下り最大440Mbps
速度制限10GB/3日
初期費用2,000円
月額使用料3,200円
SIMのみ契約△(制限あり)
海外利用△(別契約で韓国・台湾のみ利用可)
回線WiMAX / au
支払いクレジットカード

NOZOMI WiFi


  • 月間の通信制限なし
  • 用途に合わせて5つのプランから選ぶことができる
  • 海外使用可能なプランあり

容量無制限でNOZOMI WiFiを使えるプランは「無制限プラン」です。使用できる容量に制限はありませんが、1日10GB以上使うとで低速モード(128bps)になります。また、P2P通信を使用した場合には通信制限をかけられることもあります。

海外利用に対応しているプランもありますが、その場合には国内100GBの制限があります。しかも海外使用時には1日500MBで1,000円もかかります。割高なプランになっていますので、海外使用時には専用のポケットWiFiを借りるか現地のSIMカードの利用がおすすめです。

ちなみに、1週間プランと2週間プランなら初期手数料なしで利用できます。入院や国内旅行など短期間だけ必要だという人はこちらを利用しましょう。

通信速度下り最大150Mbps
速度制限10GB/1日
初期費用3,980円
月額使用料5,980円(クーポン使用:4,480円)
SIMのみ契約◯(3,200円〜)
海外利用△(Global対応は国内100GB制限)
回線Softbank
支払いクレジットカード

Chat WiFi


  • 1日や3日での通信制限なし
  • 海外で利用できる
  • 解約金や端末代が不要
Chat WiFiは1日や3日での容量制限なく、解約金や端末代不要で利用できるポケットWiFiです。ただし、月間の使用量が100GBを超えた場合には、速度制限がかかることもあります。このため、メイン回線としての使用には適していません。

クラウドSIMを使っての海外利用もできますが、1GBで5,000円もかかりますので、通常使用には適していません。海外で使用する場合には現地SIMを使い、緊急時にクラウドSIMを利用するといった使い方がおすすめです。

通信速度下り最大150Mbps
速度制限100GB/1ヶ月
初期費用8,480円(契約事務手数料:3,980円・付加機能使用料:4,500円)
月額使用料5,500円(クーポン使用:3,880円)
SIMのみ契約◯(3,080円〜)
海外利用
回線Softbank
支払いクレジットカード

STAR WiFi


  • 7日間のお試しプランあり
  • 月間の通信制限なし
  • 2台目以降事務手数料無料

STAR WiFiは1日や3日での制限がないため、短期間で大容量を使ってしまう人に適しています。ただし、HPには書かれていませんが、1ヶ月で100GBを超えると速度制限が発生するという口コミがありますので、パソコンなどを使うメイン回線としては適していません。

回線はSoftbankですが、行動範囲内で電波が入るか不安な人のために、7日間のお試しプランが用意されています。また、2台目以降の事務手数料が無料になっていますので、家族で複数台必要だという人におすすめです。

通信速度下り最大612Mbps
速度制限100GB/1ヶ月
初期費用7,960円(契約事務手数料:2,980円・端末新規登録料:4,980円)
月額使用料4,480円(クーポン使用:3,680円)
SIMのみ契約◯(3,580円〜)
海外利用×
回線Softbank
支払いクレジットカード

SAKURA WiFi


  • 月間の通信制限なし
  • 全額返金保証がある
  • クーポンを適用すれば月額3,680円
SAKURA WiFiは1日や3日での速度制限がなく、無制限で利用できるポケットWiFiです。ただし、100GBで制限がかかるという口コミがあります。容量は無制限でも、通信量が多くなると128kbpsになりますので注意してください。

SAKURA WiFiのご利用が初めてで、回線速度に満足できない場合には、1ヶ月以内であれば初期費用や月額使用料などを全額返金してもらえます(返却手数料として1080円かかります)。

通信速度不明
速度制限100GB/1ヶ月
初期費用8,960円(契約事務手数料:3,980円・付加機能使用料:4,980円)
月額使用料4,500円(クーポン適用時:3,680円)
SIMのみ契約×
海外利用×
回線Softbank
支払いクレジットカード

famifi


  • 月間の通信制限なし
  • 最大2ヶ月間、月額費用が2,480円
  • 解約事務手数料が発生する

famifiは民泊のホストのために、通信サービスを提供しているポケットWiFiです。ただし、個人でも利用可能で、もちろん月間の通信制限はありません。ただし、3日で10GB以上使用した場合には、速度制限がかかります。

また、契約期間はありませんが、解約をするのに解約事務手数料として5,000円支払わなくてはいけません。申込時の3,000円と合わせて、必ず8,000円の出費が発生します。

月額使用料は2,480円となっていますが、3ヶ月目以降は3,980円になります。長期利用の場合にはトータルコストが高くなる可能性もありますので、利用するときには手数料も含めた利用期間中のすべての費用を計算しておく必要があります。

通信速度下り最大440Mbps
速度制限10GB/3日
初期費用3,000円
月額使用料3,980円(最大2ヶ月2,480円)
SIMのみ契約×
海外利用×
回線国内複数キャリア
支払いクレジットカード / 口座振替

どんなときもWiFi


  • 2年縛りで月間の通信制限なし
  • 海外での利用が可能
  • docomo・Softbank・auの3回線利用可能

どんなときもWiFiは月間の通信制限がないだけでなく、1日や3日での制限もありません。ただし、著しく回線を専有するような使い方をしたと判断された場合には384kbpsに速度を落とされます。また、違法ダウンロードなどをした場合には利用停止になることもあります。

注意点は2つあります。ひとつは2年縛りの契約となり、更新月以外は契約解除料がかかること。そして、もうひとつが2年目以降に月額使用料が上がるということです。それでも、docomo・Softbank・auの3回線を利用しますので回線が安定しており、さらには海外でも比較的安価に使うことができます。

通信速度下り最大150Mbps
速度制限著しく回線を専有するような使い方をしたとき
初期費用3,000円
月額使用料3,480円(25ヶ月目以降:3,980円)
SIMのみ契約×
海外利用
回線docomo / Softbank / au
支払いクレジットカード / 口座振替

無制限で使えるレンタルポケットWiFiの選び方

レンタルポケットWiFiサービスはいくつもあり、いずれも似ているように思えますが、実はそれぞれに特徴があります。自分に最適なサービスを選ぶために、比較するときには下記の4点を意識してみましょう。

レンタルポケットWiFi選び方の注意点

  • 速度制限がかかる条件を確認する
  • 解約に費用がかかるかどうかを確認する
  • トータル費用で比較する
  • 自宅や職場で電波が入るか確認しておく

それぞれのポイントを簡単にご紹介していきます。

速度制限がかかる条件を確認する

「無制限で使える」となっているレンタルポケットWiFiでも、完全無制限のサービスはありません。ほとんどのサービスで1日・3日・1ヶ月のいずれかで、データ通信量が増えすぎたときに、回線速度が低速になってしまいます。

この速度制限は避けられませんので、自分の使用方法に合った制限がかかるサービスを選びましょう。例えば月に数回、大容量でのデータ通信を行うなら、1日や3日で速度制限がかかるものは避けて、1ヶ月単位で低速になるサービスを選ぶようにしてください。

解約に費用がかかるかどうかを確認する

ほとんどのサービスでは解約時に費用が発生しませんが、ここでご紹介したサービスのうち、famifiは必ず5,000円払う必要があり、どんなときもWiFiは更新月以外には高額な契約解除料が発生します。ここでご紹介していないサービスも含めて、契約前には解約にかかる費用を必ず確認しておきましょう。

トータル費用で比較する

レンタルポケットWiFiサービスを安く利用したいのであれば、月額利用料金だけでなく初期費用や解約費用も含めて、利用したい期間のトータル費用を算出して比較するようにしましょう。初期費用が0円でも月額利用料金が高くて、長期間使っていると損をすることがあります。

また、サービスによっては、クーポンを使わないと月額利用料金が下がらないこともあります。そのままの金額ですと、かなり割高になってしまいますので、クーポン使用で割引になる場合には、申込時に必ずクーポンを使うようにしましょう。

自宅や職場で電波が入るか確認しておく

レンタルポケットWiFiを契約する上で、必ず確認しておかなくてはいけないのが、自宅や職場など、通信を頻繁に行う場所で電波が入るかどうかということです。特にWiMAX回線を使っている場合には、オフィスビルで電波が入りにくいということがよくあります。

電波が入るエリアかどうかを確認できない場合には、全額返金保証のあるサービスや、お試しプランのあるサービスを選ぶようにしましょう。

まとめ

無制限で使えるレンタルポケットWiFiを使えば、光回線を自宅に引く必要もなく、好きなだけ動画などのコンテンツを楽しむことができます。ただし無制限となっていても、使いすぎると速度制限が入るものも多く、本当の意味での無制限となっているサービスはありません。

いずれも長所もあれば短所もありますので、自分の使い方に最適なサービスを選ぶようにしましょう。選定するときには、ぜひここでご紹介したサービスを参考にして検討してみてください。