引越し作業で壊された!引越しでの物損対処法を覚えておこう

引越しは人間がものを運びますので、どうしても物損ゼロというのは難しくなります。運が良ければ物損なしで引越しができることもありますが、運が悪ければ物損は起こります。

物損はある程度の確率で確実に発生しますので、ここでは引越しの物損が起きてしまった後の対処法について学んでおきましょう。

引越しの物損は引越し業者が賠償する

標準引越運送約款により、引越し業者は自分たちに問題がなかったことを証明できなければ、物損について賠償する責任があります。ほとんどのケースで「問題がなかったこと」を証明するのは不可能ですので、物損は引越し業者が賠償することになります。

引越し業者はこのようなときのために保険に加入しています。ですので、実際の支払いは保険会社が行うことになります。

ところが引越し業者はこの保険を使いたがりません。自分たちが払うわけではないのですが、保険を利用すると、以後の保険料が上がることもあるため、できるだけ保険を使いたくないと考えるのです。

そのため「自分たちに問題があるとは言えない」として賠償をしぶるのですが、これは引越し業者としては間違っています。引越し業者は自分の責任であることを証明できなければ賠償しないのではなく、自分に責任がないことが証明できなければ賠償しなくてはいけません。

このことをしっかり頭に入れておきましょう。

物損は引越し作業完了時に確認する

引越し業者は物損を認めたくありませんので、賠償をしないためにいろいろと理由をつけてきます。これを避けるために行っておくべきことがあります。

  • ダンボールへの梱包時に写真を撮っておく
  • 破損する可能性がある荷物は引越し当日に物損がないかチェックしておく
  • 荷物だけでなく壁や床の物損もチェックしておく

基本的な考え方は、引越し作業前に問題がないことを確認し、写真などでそれを証拠として残し、引越し後すぐに物損の確認をすることで、自分たちが触れていな範囲で物損が発生したことを証明します。

物損が発生したときは、必ず引越し作業の担当者にも確認してもらいましょう。自分たちだけで「壊された」と言うのではなく、作業者のチェックもあることで、賠償してもらいやすい環境を整えます。

物損賠償の交渉は専門の担当者と行う

引越し作業の現場担当者は、物損に関しての決定権を持っていません。現場の担当者にできるのは、物損発生の有無の確認までです。

物損が発生したら、すぐに引越し業者に電話で連絡してください。即日である必要はありませんが、後になればなるほど交渉が難しくなります。

ちなみに物損の請求ができるのは、引越しから3ヶ月までの間になります。先送りしていると3ヶ月なんてあっという間に過ぎてしまいます。

後になって物損に気づいたというようなケースは仕方ありませんが、通常は1週間以内に荷物のチェックを終わらせて、問題があればすぐに引越し業者に連絡するようにしてください。

貴重品などは賠償の対象外になることもある

気をつけたいのは、何から何まで物損として賠償してもらえるというわけではないということです。例えば美術品のような貴重品やパソコンのような壊れやすいものは、そもそも引越し業者が「運べない荷物」としています。

そのような荷物を無理に運んでもらった場合や、黙って運んでもらった場合は賠償の対象外になります。もし引越し業者の作業が雑で壊れたとしても、それらは保証してもらえません。

どこまでが壊れやすいものになるかの判断が難しいときは、訪問見積もりのときなどにチェックしてもらうようにしましょう。

まとめ

物損はどれだけ気をつけても、どうしても発生してしまいます。大事なのは物損が発生したときにいかにして引越し業者に物損を認めてもらうかということです。

事前に写真を撮ったり、引越し後にすぐに開梱したりするなどして、現場での作業者にも物損を確認してもらい、スムーズに賠償してもらうようにしましょう。

荷物の物損だけでなく、床や壁などの傷などが発生していないかもチェックしておきましょう。生活が始まってしまうと、床や壁の傷は誰がいつ付けたものかわからなくなってしまいますので、荷物の運搬が終わった段階で、現場作業者と一緒に確認をするようにしてください。