オープンハウスアーキテクトの坪単価の相場はいくら?口コミ&評判チェック

オープンハウスアーキテクトは、総合不動産会社である株式会社オープンハウスの建築を担う子会社です。施工エリアは、首都圏・東海・関西・九州を営業圏としています。

グループ企業のノウハウを生かし、グレードの高いデザインや安全性、エネルギー効率の高い注文住宅を低価格で実現できることが強みです。

グループ企業ならではの仕入れ能力やスタッフの一元管理、派手な広告をしないなどの徹底したコストカットで、価格の安定を図っています。不動産会社のグループですので、土地探しから建築まで一貫して対応できるのが魅力です。

施工実績の多さで、さまざまな希望に対応する能力が高く、こだわりを多く取り入れたい人におすすめします。

オープンハウスアーキテクトの坪単価

オープンハウスアーキテクトの坪単価は約50~60万円です。

ローコスト住宅を手掛けている住宅メーカーとの価格を比較してみましょう。

クリックで見れる坪単価
アイフルホーム約25~70万円
タマホーム約40~70万円
アイダ設計約35~65万円
ロイヤルハウス約35~65万円
エースホーム約40~60万円

ローコスト住宅というよりも一般的な注文住宅を低価格で販売しているという印象です。

そのため、価格帯としてはローコスト住宅メーカーとしては高め、一般的な住宅メーカーとしては低めに位置しているのではないでしょうか。

価格幅が小さく、自由設計の住宅メーカーとしては、費用面での計画が立てやすいという魅力があります。

➤あなたの理想の家を希望価格で手に入れる

オープンハウスアーキテクト特徴(性能、標準設備)

オープンハウスアーキテクトの特徴は大きく分けて2つあります。

地震や強風の負担を減らす耐久性のある独自工法

オープンハウスアーキテクト

オープンハウスアーキテクトの家づくりは、木造軸組工法に独自の断熱パネルを組み合わせた独自パネル工法で建築されています。

独自パネル工法は、地震や強風で受ける建物への負担を家全体でカバーすることができ、国土交通大臣認定の耐久性です。建物の構造は、耐震・制震を考えた強い機能を備えたものにしています。

また、ベタ基礎を採用していますので、建物の重さを底面全体で受け止めて支える強さとシロアリの侵入防止も兼ね備えた構造です。

従来工法の倍ある換気性能

基礎パッキンを換気性能の優れたものを使用し、従来工法の2倍の性能で土台の腐食を防いで耐久性を高めています。高い換気性能は、快適に過ごせる室内を実現します。

商品別の特徴と坪単価

オープンハウスアーキテクトの商品は、完全自由設計住宅のみの取り扱いです。ベースになるプランなどもありませんので、ホームページの施工例からいくつかご紹介します。

インテリアから考える住まい

インテリアが好きなお客様のこだわりに合わせて、モダンな要素を取り入れたデザインで、リビングの天窓から夜空を見ることができます。家事の空間に作られたワークスペースとお気に入りの収納棚を設置するため、斜めに配置したパントリーがとても機能的です。坪単価は不明です。

 IoT で暮らしをアップデート~仕事も家族も大事にできる空間へ

エンジニア職に就いているお客様の関心を取り入れ、オート機能やIoT(Internet of Things)を備えました。階段や廊下のセンサーライトはすでに一般的ですが、カードキーの玄関ドア、キッチンのセンサー水栓、音声で開閉するカーテンなど、便利機能が満載です。

階段下のワークスペースは、パソコン作業に集中できそうでなかなか考えられています。坪単価は不明です。

選んだ土地にぴったりの住まいが叶う

5角形の土地に5角形の家を建てたいという希望と費用面の両方をクリアした家です。「クリエイティブを生む家」をコンセプトに、生活感を出さない建築イメージを固めていたお客様の要望で収納や家事動線にこだわっています。

リビングとダイニングキッチンに段差を設けたデザインが、空間の区切り方としておしゃれです。坪単価は不明です。

気になるメンテナンス費用はいくら?

オープンハウスアーキテクトのメンテナンスは、引き渡しから2年までをアフターサービス期間とし、以降10年までをフォロー期間としています。

保証期間は、20年までのプランも用意されています。

定期点検のようなサービスは行っておらず、点検については地震や台風後の多年に一度の点検を推奨するのみの体制のようです。

お客さまご相談サービスを24時間365日受付しており、大工によるアフター専属部隊で対応しています。

定期点検を行わないのが少し不安な印象がありますが、「OWNERS’ CLUB」という会員サービスで相談受付をしていますので、そちらを利用されると良いでしょう。

オープンハウスアーキテクトの口コミ評判とは?

オープンハウスアーキテクトで施工された人の実際の評判について調べてみました。

不動産会社のグループだけあり、土地の購入から対応できるところと価格についての評価が良いようです。

設計の相談について「親身になってくれた」という意見があるのは、注文住宅を考えるうえで高いポイントになるのではないでしょうか。

具体的な価格については情報はありませんが、以下にオリコン顧客満足度ランキングに寄せられた口コミを紹介します。

物件探しから建てるまで1つの会社で全て行ってもらえた為、スムーズだった。また、購入しやすい価格な為、決断しやすかった。(30代/女性)

良い立地の案件をおさえている。比較的リーズナブル。住み心地は悪くない。(50代/男性)

設計の段階で何度も話を聞いてくれて、当時の希望の間取りに仕上がった。(60代以上/女性)

建物価格は安く、設計士も粘り強くプラン実現のため対応して頂けた。(60代以上/男性)

営業の方は親しみやすく、施工の方は親身になって、やってくれました。(50代/女性)

引用元:オリコン公式サイト

オープンハウスアーキテクトのお得なキャンペーン詳細

オープンハウスでは、2022年6月6日現在お得なキャンペーンなどは行っていません。

ただし、グループ本体で契約された方からの紹介キャンペーンは2022年9月末まで行われています。

契約後にギフトカード10万円分のプレゼントがありますので、契約されたお知り合いがいましたら、確認されると良いかもしれません。

オープンハウスアーキテクトのメリット・デメリット

オープンハウスアーキテクトへの施工依頼を考えた場合のメリット・デメリットについて調べてみましたので紹介します。

オープンハウスアーキテクトのメリット

編集部
編集部

価格の安さ

ローコストを実現するため、3つの理由を挙げているところがとてもわかりやすいです。具体的には、「グループの強みを生かしての資材調達」「中間業者を入れずマージンをカット」「派手な広告をしない」というものです。

編集部
編集部

設計の柔軟性

施工事例を見てみると、お客様のこだわりを組み込んで上手くデザインされていると感じます。一見奇抜なデザインも色調で落ち着かせるなど、施工実績の多さが希望の設計に対応する力になっている印象です。

編集部
編集部

土地探しからの一貫対応

不動産会社のグループですので口コミにもある通り、立地の相談も受け付けているところが魅力です。家を建てたいと計画しても何から手を付けていいのかわからない人には、心強いことではないでしょうか。

オープンハウスアーキテクトのデメリット

編集部
編集部

性能についての情報の少なさ

耐震・断熱・換気など、性能についての詳細な情報をオープンにしていないことが気になります。標準性能を具体的に知ったうえで検討を考えたい人には、他社の情報量と比べると物足りなさがあるのは否めません。

編集部
編集部

アフターメンテナンスの不安

引き渡し後の定期点検がサービスとして行われないことは、不満に思われる人がいるかもしれません。施工に自信がある、またはコストカットの一貫としての側面もあるのかもしれませんが、しっかりと確認することが必須でしょう。

編集部
編集部

施工エリアの限定

営業圏が首都圏・東海・関西・九州となっていますので、施工エリアもそれに準ずると思われます。該当する圏内での施工を検討されている人もオンライン相談などで確認されることをおすすめします。

➤オープンハウスアーキテクト店舗一覧

オープンハウスアーキテクト!おすすめなのはこんな人

オープンハウスアーキテクトをおすすめできる人は、

  • 建てたい家の理想がはっきりしている人
  • 費用を抑えたい人
  • 土地探しから始める人

ベースプランがない住宅メーカーですので、理想がはっきりしていない人よりもこだわりを具体的に持っている人におすすめします。

設計的に対応が可能であっても、費用が高くなるなどの心配も繰り返し相談することができるので安心です。

一般的な注文住宅としては価格幅が小さいので、ローコスト住宅を考えていない人にとっては費用が抑えられる可能性があります。

グループ企業である強みを生かして、土地探しから相談できる面では頼もしい住宅メーカーといえるでしょう。

施工実績の多さで培ったノウハウで、どこまで理想が叶えられるのかを相談してみるのもおすすめです