【速度が早くてPING値が低いオンラインゲームにおすすめのポケットWiFi(モバイルルーター)

最近は自宅に光回線を引かずに、ポケットWiFiだけでインターネットを使っているという人も増えています。インターネットで調べ物をしたり、SNSを楽しんだりするくらいならポケットWiFiでも問題ありませんが、オンラインゲームをするとなると話は少し変わってきます。

オンラインゲームをするときにはPING値が低い回線が理想とされていますが、そもそもPINGが何なのか分かりませんし、どれくらいの値ならいいのかも判断できませんよね。ここでは、そんな人のためにオンラインゲームとPINGの関係と、PING値が低いおすすめのポケットWiFiをご紹介します。

オンラインゲームに重要なPING値とは

ポケットWiFiを選ぶときに、通信速度を気にする人が多いかもしれませんが、オンラインゲームをする場合には、それだけでなくPING値も重要になります。通信速度は「100MBps」といった表記がされていますので、目にしたことがあるかと思います。

この値が大きければ大きいほど、1秒間にたくさんのデータを送受信できます。そうなると単純に通信速度が速いポケットWiFiを選べば良さそうですが、オンラインゲームをするときには、どれくらい速く反応してくれるかというのも重要になります。

例えば、マウスをクリックしたときに、そのクリックしたという情報がゲーム用のサーバーに届くのに時間がかかるようですとゲーム内で遅延が発生します。オンラインゲームではわずかなタイムラグが影響しますので、いかに情報を速く送るかというのも重視されています。

そのサーバーとのやり取りのスピードを示したものがPINGで、「20ms」といった数字で表示されます。この数字が小さければ小さいほど回線が速いことになります。ちなみに20msというのは20ミリ秒を意味し、0.020秒ということになります。

一般的にオンラインゲームを快適に行いたいのであれば、PING値は50ms以下であることが好ましいとされています。できれば10ms以下が理想ですが、さすがにポケットWiFiでそこまで速い反応をしてくれるものはほとんどありません。

とにかくスピードを求めるなら光回線を引くしかありません。ポケットWiFiでなんとかしたいなら50msも出ていれば十分だと考えてください。

オンラインゲームにおすすめのポケットWiFi

PING値が低ければ、ポケットWiFiでもオンラインゲームを快適に楽しめることが分かってもらえたかと思います。ただしPING値は公表されていません。このため、どのポケットWiFiを選べばいいのか分からないという人もいると思います。

ここではそんな人のために、実際に利用している人のスピードテストを元に、おすすめのポケットWiFiを3つご紹介します。

Broad WiMAX

・月間データ量が無制限
・最大3ヶ月、2,726円で利用できる
・端末代金0円

Broad WiMAXはWiMAX回線を利用したポケットWiFiですので、回線速度が最大1.2Gbpsと高速で、利用者のスピードテストの多くでPING値が50ms以下になっています。嬉しいのは月間データ量に制限がないことで、容量の大きなゲームのダウンロードにも利用できます。

ギガ放題プランなら最大3ヶ月間2,726円で利用でき、その後も24ヶ月までは3411円、25ヶ月以降は4,011円とリーズナブルな価格設定になっています。しかも端末代金は0円で、最新端末への機種変更可能なので長く使い続けることができます。

3日で10GB以上使うと速度制限がかかりますが、ゲームで使う容量は1時間で50〜150MB程度ですので、データ容量の大きなゲームをダウンロードしたり、高画質な動画見続けたりしない限り、速度制限を気にする必要はありません。

ちなみに月間データ量が7GB上限のライトプランもありますが、こちらはオンラインゲームをすると確実にギガ不足になりますので、ギガ放題プランで利用しましょう。

PING値:10〜50ms
回線速度:1.2Gbps

月額利用料金:2,726〜4,011円(ギガ放題)
回線タイプ:WiMAX2+
月間データ量:制限なし(ギガ放題)
速度制限:3日で10GB
契約期間:3年

NEXTmobile

・高速なSoftBank回線を使用
・20GBプランなら最大24ヶ月2,760円で利用できる
・端末代金0円

NEXTmobileは、SoftBank回線を使用したポケットWiFiです。全国の主要都市での人口カバー率が99%ですので、電波が入らないという心配がなく、どこでもオンラインゲームを楽しむことができます。

プランも20GB、30GB、50GBと実際に利用する容量に合わせて選ぶことができます。オンラインゲーム以外にも動画を楽しみたいなら50GB、WiFiのある環境も合わせて使うなら20GBプランと、自分の環境に合わせて選びましょう。

SoftBank回線ですので、回線が混む時間になると通信速度もPINGも落ちてしまうことがあります。自分の環境で十分なPING値になるのかを、SoftBankのスマホを使って計測しておきましょう。SoftBankユーザーでないなら、友人にお願いして測ってもらいましょう。

PING値:10〜50ms
回線速度:150Mbps

月額利用料金:2,760〜5,815円
回線タイプ:SoftBank
月間データ量:20GB、30GB、50GB
速度制限:なし
契約期間:2年

SoftBank Air

SoftBank AirはSoftBankが提供するインターネット回線で、SoftBankの携帯電話回線を利用してインターネットに接続します。NEXTmobileと違って、月間データ量に制限がありませんので、ゲームも動画もギガ不足を心配せずに楽しめます。

SoftBank Airの端末は据え置きタイプで、LANケーブルでの接続も可能です。このためパソコンでオンラインゲームをするときに有線LAN接続することで、WiFiでのタイムラグをなくすこともできます。

端末は分割払いとレンタルの2つの方法があり、レンタルの場合には490円のレンタル料が発生します。分割払いは36ヶ月利用で実質0円ですので、長く使うのであれば分割払いがおすすめです。SoftBank回線ですので、こちらも夕方以降は速度低下することもあるので注意してください。

PING値:10〜40ms
回線速度:962Mbps(Airターミナル4)

月額利用料金:3,696〜5,370円
回線タイプ:SoftBank
月間データ量:制限なし
速度制限:なし
契約期間:2年

ポケットWiFiでオンラインゲームを快適に行うときの注意点

以前のポケットWiFiは回線速度もPING値も低く、オンラインゲームには適していないとされていましたが、通信技術が上がったことにより快適に楽しめるようになってきました。それでも、光回線などと比べると、まだ十分とは言えません。

ポケットWiFiを利用してオンラインゲームをするときには、次の3つの注意点を頭に入れておきましょう。

・地域によってPING値は大きく変わる
・ポケットWiFiとゲーム端末は有線接続する
・受信しやすい窓際にポケットWiFiを設置する

それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

地域や時間帯によってPING値は大きく変わる

ポケットWiFiのPING値は、地域や時間帯によって違います。夕方から24時にかけては回線利用者が増えるためPING値が低下しやすく、また都市部でも同じく十分な値にならないこともあります。これはほぼすべてのポケットWiFiが抱える弱点です。

郊外であれば夕方以降でも快適にオンラインゲームを楽しめることもありますが、それぞれの環境によって、PING値は大きく変わるということを頭に入れておきましょう。

ポケットWiFiとゲーム端末は有線接続する

少しでもPING値を良くしたいのであれば、ポケットWiFiとゲーム端末はLANケーブルで接続しましょう。接続環境にもよりますが、有線接続にすることでPING値は改善されます。据え置きタイプのホームルーターであれば、ほとんどがLAN接続に対応していますので、家の外でも使いたいというのでなければ、ホームルーターを選びましょう。

また、持ち運びタイプの端末でもクレードルが付属しているものであれば、有線での接続が可能です。無線にすると部屋がすっきりしますが、少しでもいい環境でオンラインゲームを楽しみたいなら、有線接続のできる端末を選んでください。

受信しやすい窓際にポケットWiFiを設置する

ポケットWiFiを部屋のどこに設置するかによっても、PING値は変わります。特にWiMAX回線を使っている場合には、室内にまで電波が入り込みにくいという特性があるため、快適にオンラインゲームを楽しみたいのであれば、端末は窓際に設置しましょう。

また、同じ窓際であっても電波の強さに違いがあります。いくつかの場所でテストして、最もPING値が低くなる場所にポケットWiFiを設置しましょう。

まとめ

オンラインゲームといえば光回線というのが常識でしたが、最近はポケットWiFiでも十分な通信速度があり、ストレスのなく楽しめるようになってきました。ただし、すべてのポケットWiFiがオンラインゲームに適しているわけではありません。

きちんとPING値を把握して、50ms以下になるポケットWiFiを選びましょう。自分で探すのが難しい場合には、ここでご紹介した3つのポケットWiFiの中から選びましょう。

ただし、回線が混雑しやすい時間には、回線速度やPING値が低下することもありますので注意してください。そのようなときは有線LANで接続し、ポケットWiFi端末を電波が入りやすい窓際に置くなどして、少しでもPING値を良くするための工夫をしましょう。