引越し料金を安く済ませたいのなら午前便より「午後便」「フリー便」が安い

 引越し料金を安く済ませたいのなら午前便より「午後便」「フリー便」が安い
引越し料金を安くするには午前便より「午後便」「フリー便」を選びましょう、ということを耳にしたことがあるかもしれません。

ここではそれぞれのメリットと「午後便」「フリー便」を利用する際の注意点を分かりやすく説明します。

「午前便」のメリット・デメリット

午前便は引越のプランの中で最も人気が高く、最も値段が高いプランになります。

その理由として「引越し作業のスタートが遅れることがない」ということと「作業開始時間の融通が効く」ということです。

午前中の引越しは引越し業者にとってその日の1回目の引越しになるため、時間調整を行いやすく、なおかつ他の作業の影響を受けないため、約束した時間通りに作業を開始することができるのです。

デメリットはやはり値段が高いということになります。午前6時などの早朝便になると割増料金が発生することもあります。

午後からの引越しが控えているため、確実に午前中に終わらせるため作業員を増やすこともありますので、午前便はどうしても割高になってしまいます。

「午後便」「フリー便」はなぜ安い?

午後便が安い理由は、午前便の作業の遅れなどがあり開始時間が確定できないため、不人気なプランになるためです。

不人気なだけであって、利用者によってはとくに不都合がない場合もあります。

午前中に荷造りを行って午後から搬送したい人や、近場の引越しでしかも翌日仕事を休めるような場合は、急いで荷解きをする必要もありませんので、安く引越しをできることが大きなメリットになるのです。

フリー便が安い理由は、午後便以上に引越のスケジュールを組めないことにあります。基本的には前日におおよその時間を連絡もらえますが、当日になって時間変更があることは珍しくありません。

まったく予定通りに進まないのがフリー便です。

ところが引越し業者にしてみれば「空いた時間」に行え、時間がないような場合は最終夕方以降に回すこともできるので「都合のいい引越し」ができるため値段設定が安くできるのです。

「午後便」を利用するときに気をつけたいこと

午後便を利用するときに気をつけるべきことは「午後の遅い時間であっても予定を入れない」ということです。

午後便の開始は基本的に14時前後になるのですが、時間が押して16時、18時スタートなんてこともあります。

「このあと用事がありますので」というわけにもいきませんので、午後便を利用するときは最初からその日の予定は入れないようにしてください。

できることなら翌日は荷解きのために仕事を休みにしておくと前日の作業が遅くなっても焦る必要がなくなります。

その点だけ気をつければ午後便の料金の安さはやはり魅力的です。

「午後便は思い通りに始まらない」とわかっていればイライラすることも減りますので、午後便を利用すときはスタート時間が遅れる前提でスケジュールを組んでおきましょう。

「フリー便」を利用するときに気をつけたいこと

フリー便は午後便以上にスケジュールの管理が難しくなります。午後便は少なくとも午前中は自由に過ごしてもいいのですが、フリー便の場合は「今から行きます」に常に備えておく必要があります。

通常期の平日などであれば午前中から引越しできることもあれば、繁忙期には一番最後の作業になることがほとんどです。

このような場合に、フリー便の長距離引越しをすると、詰め込み作業が終わったのが終電が終わった後にも関わらず「明日の午前8時に届けます」と無理を言われることもあります。

まったく時間が読めず、自身の移動もままならないことがありますので、基本的には単身者、もしくは子どものいない家庭以外ではオススメできません。

ただし、やはり魅力的なのは価格です。

数々のストレスに負けない余裕がある場合はフリー便を最大限に活用して、格安で引越し作業をしてもらいましょう。

まとめ

とにかく安く引越しをしたい場合は、午前便を避けて「午後便」「フリー便」を利用するべきですが、安いのには理由があります。

安くなる理由を把握して、それでも安くなることを望む場合は、ぜひ「午後便」「フリー便」を活用して、お得な引越しを目指してください。