天然水とRO(アールオー)の違いとメリットデメリット

天然水とRO水の違い

美味しい水を飲みたい、コスト面でお得な水の利用方法を試したいなどの理由から、自宅にウォーターサーバーを設置してみようと考える方もいることでしょう。

そして、ウォーターサーバーについて調べてみると、「天然水」を採用しているウォーターサーバー業者、「RO水」を採用しているウォーターサーバー業者に分かれていることに気付きます。

天然水はスーパーやコンビニでもペットボトル方式で販売しているので、何となくイメージできますが、RO水は普段の生活で知る機会はほとんどありません。

ウォーターサーバー業者は、天然水とRO水一方を採用していたり、どちらも採用したいたりと違いがあります。しかし、天然水とRO水で何が違うのか、どのようなメリットとデメリットがあるのか分かりにくいところです。

これからウォーターサーバーを利用予定の方へ向けて、水選びで悩みやすい天然水とRO水の違いや、それぞれのメリットとデメリットについてお伝えしていきます。

天然水とRO水の違い

ウォーターサーバーを初めて利用する方や、水そのものについて調べる機会が無い場合は、天然水やRO水について知る機会もありません。

しかし、これからウォーターサーバーを導入するのであれば、天然水とRO水の特徴と違いについて把握する必要があります。それでは天然水とRO水の基本と違いについて解説していきます。

RO水はフィルターを通した水のこと

RO水
出典:アクアセレクト
一般的に天然水よりRO水の方が、分からないと感じている方も多いのではないでしょうか。RO水を簡単に表すと、フィルターを通した水を差します。ですので、水道水もROを通せばRO水として区分されます。

そもそもRO (Reverse Osmosis)とは逆浸透膜フィルターのことで、一般的なフィルターを超えるろ過機能を持っているのが特徴です。具体的には、0.00001ミクロンもの極微小な孔が無数にあるフィルターとなっていて、カルシウムやカリウムなどの成分もろ過します。

そのためろ過後にミネラル成分を添加した上で、出荷するケースが多いです。必要な成分までもろ過してしまう反面、ダイオキシンや重金属類・塩素・細菌・ウイルスなど、有害な成分を除去できる、ろ過力の強さが魅力でもあります。

元ととなる水は、ウォーターサーバー業者によって異なり、水道水を採用しているところもあれば、天然水をRO膜に通しているケースもあります。

天然水は地下水や湧水のこと

湧き水
ウォーターサーバー業者が取り扱っている天然水とは、山の湧水や地下水など不純物の少ない自然な水全般を指します。

湧水と地下水を汲むことは違った意味ですので、勘違いしないようにしましょう。湧水とは地下から湧き上がってきて、地上に出ている水のことです。対して、地下水を取水する場合は、文字通り地下水を取水装置などでくみ上げる方法になります。

天然水の多くはミネラル分などが豊富に含まれているので、味や成分が水道水・RO水とは大きく異なっているのが特徴です。

また、天然水を取り扱っているウォーターサーバー業者は、基本的に加熱殺菌や除菌ろ過を選んでいるので、自然に近い状態で飲むことができます。

ミネラルをはじめ、カリウムやマグネシウム、亜鉛などの成分は水源によって大きく異なります。ですので、味にこだわっている方は、どの水源から採水しているのか確認しながらウォーターサーバー業者を選ぶのがおすすめです。

天然水とRO水のコストに関する違い

天然水とRO水の違いの1つは、販売コストです。天然水は採水施設を建設し、従業員を常駐させる必要もあるので、全体のコストが高めとなっています。しかし、ウォーターサーバー業者によっては、より多くの水を利用すると割引したり本体のレンタル料を抑えたりして、バランスを取るなど工夫しています。

一方RO水の場合は、天然水と違い水源を限定しないため加工コストを考慮しても、販売価格は比較的安価です。また、RO水を採用しているウォーターサーバー業者は、水道水や工場立地地域の水道水、河川の水など採水場所は異なります。

とにかく水の価格を抑えてウォーターサーバーを利用したいと考えている場合は、RO水がおすすめです。

一方、源水を飲んでみたい・味にこだわりあがり特定の水源からの水を購入したい場合は、天然水がおすすめでしょう。

安全性の考え方に違いがある

天然水とRO水は、どちらも美味しく飲むことができますし、安全基準もクリアしています。しかし、安全基準内で天然水とRO水には、成分などで違いがあります。

RO水の基本は、RO膜と呼ばれるろ過力の強いフィルターを用いて、不純物を徹底的に除去します。そのため、ミネラルやカリウムなどを含む成分を後から追加していますが、不純物という点では安全性の高い水といえるでしょう。

続いて天然水は、地下水や湧水など自然な状態の水を、なるべく品質を変えずに提供しているのが特徴です。もちろん、加熱処理や除菌処理などを行っているので、飲用水として問題なく利用できますが、微量の不純物は残っている可能性もあります。

つまり、RO水は全ての不純物を取り除いた水で、天然水は余分なろ過をせず美味しさを重視しているのが大きな違いです。

とにかく不純物は避けたいと考えているのであればRO水がおすすめですし、自然な水の美味しさを味わいたいと考えている場合は、天然水を選ぶとよいでしょう。

味に大きな違いがある

天然水とRO水の大きな違いは「味」です。

RO水は水道水などをろ過し、更に各ウォーターサーバー業者が独自の配分でカリウムやミネラルなどを配合しています。臭いや味に関して特に問題ありませんが、水にこだわっている方にとっては満足できない可能性もあります。

一方天然水は、富士山などの湧水を水源としているので、各水源独自の美味しさを味わうことができます。

天然水のメリット

天然水を取り使っているウォーターサーバー業者を探している方に向けて、天然水のメリットについてお伝えしていきます。

天然水のイメージは、何となく品質が良いといったところではないでしょうか。しかし、これからウォーターサーバーを利用するのであれば、用途やコストなども含めて検討するのがおすすめです。

天然水は源水を味わえるだけでなく水道水とは大きく違う

天然水の場合は、富士山など不純物の少ない山の湧水や地下水を採水して、ボトルに詰め込み提供しています。ですので、水道水やRO水とは違い、自然な水に近い状態を味わえるのが大きなメリットです。

水はどれも同じ味ではないかと考える方もいるかと思いますが、たとえば水道水と天然水は臭いだけでも大きく違っています。水道水は、安全基準を満たすために塩素などいくつかの薬剤と、ろ過をしながら家庭の水道へ届けます。

そして水道水と天然水は塩素など薬剤の有無による違いがあるので、水道水が苦手という方には天然水がおすすめです。

また、味についても大きく違っています。

天然水はミネラルなどの成分が豊富であることが多く、一般的にまろやかな風味もあります。

ワンウェイが多く持ち運びしやすい

ウォーターサーバー業者によってコンセプトや方針は違いますが、一般的に天然水を入れる容器はワンウェイ方式となっています。また、ワンウェイ方式とは、いわゆる使い切りタイプの容器です。

ワンウェイ方式のボトルは素材が柔らかく、水が減るほど容器も小さく縮む傾向にあるため使用後の処理に手間が掛かりにくいメリットも得られます。また、使いきりですので、保管する必要もありません。

ちなみにですが、もう1つのボトル方式はリターナブルボトルと呼び、こちらは硬い素材を用いているため内容量が減っても縮むことはありません。また、ウォーターサーバー業者が回収するまで、保管する必要もあるので手間が掛かります。

水源によって味が異なるので楽しめる

天然水ならではのメリットといえば、各水源で味が違うことでしょう。自然志向の方や様々な水を自宅で気軽に味わいたい方には、特におすすめのポイントです。

天然水を取り扱っているウォーターサーバー業者は、採水している水源に違いがあり、それぞれ独自の採水施設と保有しています。ですので、好みの天然水を選ぶことも可能です。

自宅でウォーターサーバーを利用することよりも、好みの水を自宅で飲みたいと考えている方も天然水がいいでしょう。

天然水のデメリット

天然水
天然水ならではのデメリットをご紹介していきます。天然水を取り扱っているウォーターサーバーを選ぶ予定の方も、デメリットを把握した上で判断しましょう。

天然水はメリットだけではありませんので、デメリットを許容できるかどうか見極めることも大切です。

価格設定が高め

天然水の主なデメリットは、RO水と比較して価格が高いところです。一見すると特殊なフィルターを使用しているRO水の方が、値段は高いように感じるかと思います。

しかし、天然水の場合は、水源が限定されることと採水するための施設を新規建設しなければいけません。更に、施設の維持コストなども上乗せされるので、結果的に販売価格が高めになります。

ウォーターサーバーに掛けられる予算を確認した上で、天然水を毎月購入可能か判断することをおすすめします。また、天然水を取り扱っているウォーターサーバー業者によっても、価格差があるので1本辺りのコストを比較検討しましょう。

安全重視の方には不向き

天然水は安全を重視する方にはデメリットと感じることでしょう。

天然水は飲用水として問題なく利用できますが、RO水と比較すると不純物を徹底的に除去している訳ではありません。そのため、ウォーターサーバーを利用する理由が、不純物の無い水を飲みたいといった場合は、天然水に対して不満を感じる可能性もあります。

味にクセを感じる場合もある

天然水に慣れていない方や味やクセを感じやすい方は、デメリットとなりやすいです。

天然水の中には特定の成分を豊富に含んでいることもあるので、味やにおいにクセを感じ苦手となることもあります。ですので天然水を飲んでみて、自身の味覚に合わない場合はRO水に切り替えるなど検討してみましょう。

RO水のメリット

RO水
RO水ならではのメリットをお伝えしていきます。RO水は安全重視の方やコスト面を重視する方におすすめですので、そちらを中心にご紹介していきます。

また、RO水の中にも種類があるので、その特徴が自身の求める水と同じであれば検討してみてはいかがでしょうか。

RO水には種類があり選べる

RO水には、純水とデザインウォーターの2種類に分かれています。

純水とは、ROフィルターを通して徹底的に不純物や、各成分を取り除いた水です。極めて無味無臭に近いのが大きな特徴です。

一方デザインウォーターとは、ROフィルターに通した後にミネラルなど本来水に含まれている成分を添加します。風味を感じることもあるのが特徴です。

そのため無味無臭の水を飲みたい方や、不純物を除去した上でミネラル成分などをある程度含めた水を飲みたい方にもおすすめでしょう。

価格設定が比較的安め

RO水は天然水と比較して、比較的安い傾向もメリットです。RO膜と呼ばれる特殊なフィルターを使用しているので、高価になるイメージもありますが実際はリーズナブルな価格設定で提供しています。

主な理由は、製造コストが天然水よりも抑えられるからです。RO水は山の湧水や地下水ではなく、水道水などでも対応可能となっています。そのため、手軽にRO水を大量供給できるので、販売コストも安くできる仕組みです。

コスト重視の方は、天然水ではなくRO水を選ぶのがおすすめでしょう。

安全重視で作られている

RO水のメリットは、徹底した不純物除去をベースにしている点です。つまり、安全重視の方にとっては、特にメリットを感じるところでしょう。

RO水の製造工程は、RO膜と呼ばれる微細な不純物や成分も除去するフィルターに、水を通します。そして、RO膜はミネラルなどの成分も除去する程、強力なろ過力がありウイルスや細菌の除去にも期待されているフィルターです。

また、ウォーターサーバー業者の中には、天然水をRO膜に通したRO水を提供しています。ですので天然水を飲んでみたいものの、安全性について気になっている方は前述のようなタイプのRO水を選んでみてはいかがでしょうか。

より厳しい基準に通したRO水を取り扱っている業者もある

RO水は、強力なろ過力のあるRO膜を使用しているので、どれも多くの不純物を除去しています。しかし、ウォーターサーバー業者の中には、更に厳しい基準にクリアしたRO水もあるので、ろ過にこだわっている方は参考にしてみてください。

厳しい基準とは、HACCP認証(ハサップ)のことで、厚生労働省が定める安全管理モニタリングのことです。

従来の検査工程は、生産した製品の一部を抜き取り検査したり最終工程で検査したりといった方法でした。

しかし、HACCP認証を受けるための安全管理システムは、各工程の中で特にチェックするべきポイントを見極め、そのポイントについては連続モニタリングを施します。

こうしたシステムを導入したウォーターサーバー業者もあるので、製造工程も気になっている方は、HACCP認証の有無を公式サイトなどで確認してみましょう。

RO水のデメリット

RO水もいくつかのデメリットがあり、人によっては天然水の方が合っているケースもあります。ですので、ここでご紹介するデメリットを確認した上で、天然水とRO水どちらにするか決めてみてください。

保管に手間が掛かるリターナブルボトルが多い

RO水を入れる容器の多くは、使用後に回収されるリターナブルボトルとなっています。そのため、空ボトルを廃棄処理できません。

空ボトルはウォーターサーバー業者が回収するまで保管し続けなければならず、手間とスペースが掛かりやすいです。また、リターナブルボトルは基本的に硬い素材で、なおかつ大きな容器のため小さくまとめて保管できません。

ウォーターサーバーの利用前は、リターナブルボトルの管理について忘れやすいので、改めて保管スペースなど考えましょう。

味に個性は無い

RO水のメリットでありデメリットでもあるのが、無味無臭に近い特徴を持っている点です。特に純水の場合は、ミネラル成分などを追加していないため味を感じることは少ないでしょう。

ですので、水に風味などが欲しい場合は、RO水よりも天然水を選ぶのがおすすめです。しかし水に味や風味を感じたくない方にとっては、メリットとなります。

原料となる水が良く分からない場合もある

RO水のデメリットは、基本的に水源を選ばない点です。

多くのウォーターサーバー業者は、水道水や天然水をRO膜に通しRO水として販売しています。しかし、一部の業者の中には衛生上厳しい水源を使用している可能性もあります。

水源について気になる方は、情報を公開しているウォーターサーバー業者から選ぶのもおすすめです。

ただし公開していない場合は、水道水を選択している傾向ですので原料よりもコストやウォーターサーバーの性能から比較するといいでしょう。

たとえば以下のウォーターサーバー業者は、RO水の原料を公開しています。

  • アルピナウォーター:北アルプスの天然水
  • ハワイアンウォーター:オアフ島の地下水

天然水とRO水は製造工程に違いがある

天然水とRO水の違いは、製造工程がほとんどです。天然水は山などの綺麗な湧水や地下水を採水し、加熱処理などを行います。一方RO水は、水道水や天然水など原料は関係なく、RO膜と呼ばれる高機能フィルターを通した水を指します。

ですのでRO水は、天然水を使用していてもRO膜に通せばRO水に変わります。

そして天然水とRO水の違いから何を見極めるかですが、価格と味・ボトルタイプなどです。

天然水は採水に掛かる設備コストがあるため価格が高めで、RO水は水源を選ばないため比較的リーズナブルな価格となっています。また、味の違いで判断するのであれば、味やクセのある方が好きな場合は天然水で、無味無臭が好きな方はRO水でしょう。

価格や水源、味などの違いから天然水とRO水どちらを選ぶか、決めることをおすすめします。