お風呂のカビを落とす方法|ミョウバンで消臭効果も!頑固なカビは重曹で!隅々までピカピカにする方法と3つの予防対策を紹介

厄介なお風呂のカビ。なかなか落ちないにも関わらず、放置すると余計に広がってしまって面倒なものですよね。そんなお風呂場のカビは、どうしたら落とすことができるのでしょうか。できるだけ安全な方法を使ったカビ取り方法や、カビを生やさないための予防策についても紹介しています。

頑固な風呂カビについて

いくら掃除しても、なかなか落ちない頑固なお風呂のカビ。せっかく体を綺麗にするところなのに、カビが生えていてはなんだか気分が悪いですよね。頑固なお風呂のカビは、どうしたら落とすことができるのでしょうか。そして、カビが生えない様に予防する方法はないのでしょうか。この記事で紹介しています。

風呂カビが発生する条件・4つ

1.温度20~30℃

風呂カビが発生する条件のひとつめは温度です。かびは温度が20~30℃の時に、最も活動が活発になると言われています。温度が高くなればなるほど、カビが生えやすいというイメージを持たれがちですが、実は25℃くらいのときが最もカビの活動が活発になりやすく、30℃を超えると活動が鈍り、36℃を超えると、ほとんどのカビが活動しなくなると言われています。

外気温が、この温度の中に入っているときはもちろんですが、風呂場はその特性上温度が上がりやすいため、冬でもこの温度となってしまうことがあり、カビが発生しやすくなるのです。

2.湿度60%以上

多くのカビが、湿度が60%以上になったときに、繁殖しやすくなると言われています。湿度が80%以上になると、ほとんどのカビが活動するようになるようです。風呂場は大量に水を使う場所ですから、湿度が60%以上となってしまうのは珍しいことではありません。そのため、風呂場にはカビが発生しやすくなっているのです。

3.栄養(垢・石鹸など)

カビが繁殖するためには栄養も必要となります。厄介なことに、人間の生活で発生するほとんどのゴミやチリなどは、カビの栄養となってしまうようです。風呂場の場合には、垢や石鹸、髪の毛なども栄養となってしまいます。

お風呂場に発生する、ピンク汚れを見たことがあるでしょうか?あのピンク汚れの原因は、ロドトルラという菌で、発生原因も繁殖場所もカビとまったく同じです。唯一異なるのがその繁殖スピードで、カビよりもずっと早いスピードで繁殖します。つまり、ピンク汚れが出やすい場所は、カビが発生しやすい場所であるとも言えるのです。

4.酸素

カビは、酸素がなければ繁殖することはありません。お湯をはったままの湯船の中にはカビが発生しにくく、その周辺や天井、床などにかびが生えるのは、この酸素が要因となっています。とはいっても、現実的に考えると、風呂場全体を酸素がない状態にするのは難しいと言えるでしょう。

ミョウバンを使い風呂カビを取る方法

ステップ1

薬局で購入できるミョウバンで、簡単にカビ取りをすることができます。ミョウバンでは、カビ取りができるばかりでなく、消臭効果も期待できるとされています。ミョウバンは、お料理などにも使うことがあるほど安全な薬品ですので、市販のカビ取り剤を使うよりも安心です。

ミョウバンでカビ取りをする時には、まずはミョウバン水を準備します。空の500mlペットボトルに焼きミョウバンを20~30g程度入れ、水を一杯になるまで入れます。そのままふたを閉めて何度か振ります。暗く日の当たらないところに置いて2~3日置き、透明な液体に変わったら完成です。

ステップ2

ミョウバン水が完成したら、カビが気になる部分に振りかけます。しばらく放置したら、スポンジで軽くこすって水で流せば完了です。最後に、ミョウバン水を再び振りかけておけば、新たなカビの発生を予防することができます。

ミョウバン水は、カビを落とす効果と共に、カビの発生を予防する効果があると言われています。ミョウバン自体は安価なものですので、お風呂上りに毎回ミョウバン水をスプレーする習慣をつけておけば、カビが生えにくいお風呂場の環境を作ることができるでしょう。

ミョウバン自体は口に入れても安全なものですが、数日放置した水は心配ですので、お子さんがいる家庭などでは、特に誤って飲んでしまったりしないように注意してください。

酢&重曹を使い風呂カビを取る方法

ステップ1

酢と重曹を使うと、安全に風呂場のカビ取りを行うことができます。まずは「酢スプレー」を作ります。材料は酢と水だけ。酢1に対して水2の量をスプレーボトルに入れたら完成です。これをカビに吹きかけて、しばらく待ってからスポンジなどでこすります。軽いカビならば、これだけで落とすことができるでしょう。

天井のカビは、酢スプレーをスポンジなどにつけて軽くこすります。天井に直接スプレーすると、目に入ってしまうなどの危険があるため避けてください。しばらく時間を置いた後に再度こすってみると、さらにカビを落とすことができるでしょう。酢は金属などにダメージを与えることもありますから、こすった後は必ず水で洗い流しておきましょう。

ステップ2

酢スプレーだけでは落ちない頑固なカビには、重曹を使用します。まず酢スプレーをカビに直接かけたら、その上から重曹を振りかけます。さらにその上から酢スプレーをかけて、1時間ほど放置しておきます。天井のカビを取る場合には、柄のついたスポンジを使いましょう。酢スプレー、重曹、それぞれスポンジに乗せて天井にこすりつけます。

1時間ほど放置したら、スポンジなどで軽くこすり落とすと、綺麗にカビが取れているはずです。最後にもう一度酢スプレーを振りかけて、水で軽く洗い流せば完了です。

クエン酸&重曹を使い風呂カビを取る方法

ステップ1

クエン酸でカビ取りをする場合には、まずはクエン酸スプレーを作ります。材料は、クエン酸と水だけです。スプレーボトルにクエン酸小さじ2分の1と水を入れ、キャップを閉めてよくふって混ぜます。これだけで、クエン酸スプレーの完成です。

作ったクエン酸スプレーは、カビ取りだけでなくトイレ掃除や洗面所の水垢取り、生ごみの消臭など生活の様々な場面で活用することができます。余ってしまったクエン酸スプレーは、水回りの気になるところにスプレーしておくと良いでしょう。

ステップ2

カビ取りをする場合には、まずはカビに重曹を振りかけます。その後にクエン酸スプレーをかけるとしゅわしゅわと発泡しますので、そのまましばらく放置しましょう。しゅわしゅわした発泡がおさまるまで待ちます。頑固なカビの場合には、それからしばらく置いておいても良いでしょう。

発泡が完了したら、スポンジやタオルなどで軽くふき取ってから水で流して完了です。クエン酸や重曹は、普段の掃除にも使えるアイテムですので、そのまま風呂場全体を軽くこすってしまっても良いでしょう。最後に水で洗い流すことは忘れないでください。重曹は白くて見にくいため、床に重曹が残っていると転倒のおそれがあります。

ゴムパッキンに付いた風呂カビを取る方法

ステップ1

ゴムパッキンについたカビを落とすには、まずは酢スプレーを作ります。材料は酢と水です。酢1に対して水2をスプレーボトルに入れて混ぜます。これを、ゴムパッキンにあらかじめかけておきます。その上から、重曹を振りかけます。飛び散るのが気になる場合には、手で丁寧に乗せていくと無駄も少なくなるため良いでしょう。

カビが生えている部分に、直接触れるのが気になる場合には、使い捨てのビニール手袋を使うと良いでしょう。カビ退治に限らず様々な用途に使えますので、家にストックしておくと便利です。

ステップ2

重曹を振りかけたら、次に酢スプレーを染み込ませた、キッチンペーパーを使ってパックしていきます。あらかじめ、ゴムパッキンより少し太めになるくらいの幅にカットしておくと、無駄が少なくて済むでしょう。その上から、乾燥防止にラップをかぶせて、2時間ほど放置します。

カビを落とすのには塩素系漂白剤も便利なのですが、酢と塩素系漂白剤は混ぜると、有毒ガスを発生すると言われています。カビ取りの際には、絶対に両方一緒に使うことはしない様にしてください。「混ぜるな危険」の表示がなくても、洗剤や薬品は混ぜない様にして使うのが安全だと言えるでしょう。酢の直後に塩素系漂白剤を使うことも避けてください。

ステップ3

放置時間が終わったら、ラップとキッチンペーパーを外して、古い歯ブラシで擦ります。パッキンを傷つけないよう、やさしい力でこすってください。パッキンを傷つけてしまうと、そこに汚れなどが入り込み、カビが発生しやすくなる原因となります。

最後に、再度酢スプレーをかけて、軽く水で流してから、キッチンペーパーやいらなくなったタオルなどで拭きあげれば完了です。これだけで、見違えるようにカビが取れて、綺麗な状態が出来上がっているはずです。

風呂のカビを生やさない!予防対策・3つ

1.使用後はシャワーをかける

風呂場のカビを増やさないためには、風呂場を使用した後にシャワーをかけておくのがオススメです。カビは熱に弱いため、まずは45℃以上のシャワーで風呂場全体を流しましょう。自分にかかってしまうと、やけどするくらい熱い温度ですので注意してください。

熱いシャワーを使うと浴室内に蒸気がこもりますので、次に冷水で浴室全体を流します。これで、温度が高かった水蒸気が水に変わって床に落ち、流れやすくなります。風呂場全体の湿気を下げておくことで、熱いシャワーが届かなかった部分のカビも予防することができます。

2.タイル・天井の水分をふき取る

お風呂に入った後は、タイルや天井の水分をふき取っておきましょう。風呂場のタイルの揮発性は高いため、換気扇を回しておくだけでも、ある程度の時間をかければ乾かすことができます。しかし、天井や壁から落ちてくる水によって、長時間濡れたままになってしまう場所もあり、そういった場所にはカビが生えやすくなります。

お風呂に入った後に、タイルや天井の水分をふき取っておく習慣をつけることによって、お風呂に湿気が多くなる時間を減らすことができ、結果としてカビが繁殖しにくい環境を作ることができるでしょう。

3.換気扇をつけておく

お風呂に入った後には、必ず換気扇をつけておきましょう。人間の目で見て綺麗に乾いているように見えても、お風呂場には死角も多いため、思わぬところに水分が残っていたりするものです。そんな水分を放置してしまうと、そこからカビが発生する原因となることもあります。

換気扇をつけておくことによって、お風呂場は湿度の低い状態を保つことができるでしょう。また、どうしても洗濯物を部屋干ししなければならなくなった場合などは、換気扇を付けた風呂場に干すことによって、洗濯物も乾きやすくなり、また、室内にカビが発生することも防ぐことができます。

風呂のカビ取りおすすめ商品を紹介

1.ジョンソン カビキラー

「カビキラー」は、お風呂のカビ取り剤の代名詞とも言うべき製品であると言えるでしょう。カビと一緒に、溜まっている汚れを落とす効果もあるため、カビに直接効果が出やすいとされています。400gで300円程度という手軽な値段もうれしいポイントです。

スプレーしてしばらく置いた後に、シャワーで流せば簡単にカビが落ちるとして、口コミで人気になっているようです。ただし、かなり強力なため、使う時にはしっかり換気をしないと、気分が悪くなってしまうこともあるようですので注意してください。広い範囲に使いたいときには、手が疲れない電動タイプもあります。

2.花王 強力カビハイター

「強力カビハイター」も、スプレーして放置してから洗い流すタイプの商品です。プロに任せるしかないかと思うほど、ひどい汚れも落ちたという口コミもあります。カビキラーよりも、においが少ない気がすると感じる人もいるようです。こちらも400mlで300円程度と、手軽な値段で購入することができます。

3.ライオン ルック お風呂の防カビ燻くん煙剤

「お風呂の防カビ燻くん煙剤」は、お風呂の中で銀イオンの煙を発生させることによって、天井に付着しているカビの胞子までまるごと除菌してくれる商品です。ただし、あるのはカビの予防効果のみで、カビを落とす効果はありませんので、カビ取りの作業をしてから使うことが必要になります。

価格は1回分500円程度で、1~2カ月に1回の使用が推奨されています。プロに掃除してもらった後の状態を維持するために使っている、という口コミもあります。掃除が楽になったという声もあり、きれいなお風呂を維持するためには効果的であるようです。

まとめ

厄介なお風呂のカビですが、身近なドラッグストアなどで販売されているアイテムを使えば、安全にカビ取り剤を作ることができます。頑固でどうしても落ちないカビの場合には、市販のカビ取り剤を使用したうえで、カビの発生を予防できる製品を使って、お掃除の手間を減らすようにすると良いでしょう。

ただし、薬品の中には混ぜると、有毒ガスが発生するものもあります。カビ取りを行う時には、絶対に薬品同士を混ぜたりせず、別の薬品を使う時には、よく洗い流してから使うようにしてください。