引越し先でのインターネットは新規契約でモバイルルーターがおすすめ

今やWiFiは、電気・ガス・水道に次ぐライフラインの一つといってもおかしくありません。

引越しをしたあと、すぐにインターネット回線を使用できる場合はいいのですが、工事の予定がなかなか合わずに、インターネット回線を使えるようになるまで時間がかかってしまうことがよくあります。

最近はスマホやタブレットでの調べ物はもちろん、SNSをみたり動画をみたりするのがほとんどなので、WiFi環境がないところはいろいろと不便にかんじる方も多いでしょう。

そんなときに便利なのがモバイルルーターになります。

モバイルルーターであれば契約したその日からインターネットにつなぐことが出来ますので、引越し後も工事を待つ必要がなくすぐに快適なWiFi生活にもどることが出来ます。

ここではインターネットの種類の知識や、なぜモバイルルーターがおすすめなのか説明します。

インターネットの種類

インターネットには工事が必要なタイプと不要なタイプがあります。

工事回線種類通信速度
工事必要・光回線
・ADSL
(電話回線ある場合は不要)
・光回線:超高速で安定、費用が高め
・ADSL:光よりは遅く不安定、費用が安い
工事不要・高速モバイル通信サービスエリア内の電波によって変わる点では不安定

光回線

特殊な光専用の回線を使用しているため、今のところ通信速度が一番早く安定しています。

そのためには工事が必要となり、開通までに時間がかかってしまうのと、月々の費用が高めなのがデメリットですが、通信容量の制限がないため、家族で同時に複数台の端末でインターネットが楽しめます。

WiFiを使って動画やゲームをたくさんやるなど自宅メインで使用する方にはこちらがおすすめです。

メリット

  • 通信速度が高速で安定している
  • 複数台同時にインターネットができる
  • 利用制限がない

デメリット

  • 月々の使用料金が高い
  • 開通するまでに時間がかかる

インターネット会社の種類

インターネットの契約には、従来回線を管理する「回線事業者」と、インターネット接続をサービスする「プロパイダー会社」の2つと契約する形でしたが、料金明細が2つに別れたりと煩わしいので、最近ではプロパイダーのみと契約する「光コラボ」と呼ばれる方式に変わりました。

光回線の種類

光回線を提供する回線事業者(会社)には大きく2種類あります。

光コラボNTT東西日本の光ファイバー回線を使用した「フレッツ光」を利用しており、通信速度も最大1Gbpsと高速です。
auひかりKDDIが提供する光回線で通信速度は最大1Gbpsと高速です。

光回線プロパイダー会社の種類

回線を利用して、実際にお客様とさまざまな料金プランを提示して契約するのがプロパイダー会社です。

使用料金等について詳しく知りたい方はプロパイダー会社名をクリックするとサイトへアクセスできます。

光コラボOCN光
ソフトバンク光
ドコモ光
So-net光
NURO光
DTI光
auひかりau one net
So-net
BIGLOBE
@nifty
@TCOM
ASAHINET
DTI

ADSL回線

光回線が普及する以前までに多く使用されていたインターネット回線で、固定電話を接続している電話回線から接続します。

電話回線がない場合は、ADSL専用回線の工事が必要になります。

通信速度も固定回線にしては安定しているとは言えないので、通信速度が安定した光回線の普及でほとんど使用されてないのが現状です。

月々の費用が安いところがメリットで、あまりインターネットはやらないという方にはおすすめです。

メリット

  • 電話回線がある人は工事不要
  • 月々の使用料金が安い

デメリット

  • 通信速度が安定しない
  • 2023年頃までにサービスが終了になる

ADSLのプロパイダー会社の種類

ADSLは主に以下のプロパイダーが申し込み可能です。
名前をクリックするとサイトへ飛びます。

SoftBank ADSL電話固定回線有り1,801円〜
Tigers-net.com ADSL電話固定回線有り1,800円〜
@niftyADSL電話固定回線有り2,000円〜

※すべて税抜き、キャンペーン割引適用前の料金(2018年6月時点)

高速モバイル通信

スマホやタブレットの増加と共に普及が広まった無線のインターネット接続サービスです。

家での回線工事が不要で、サービスエリア内であれば、場所や時間を気にせずインターネットが接続ができるのが最大のメリットです。

その他にも難しい接続や設定が嫌という方や、転勤などで引越しが多い方や外でインターネットを楽しみたい方にはこちらがおすすめです。

しかし、3Gや4GLTEなど携帯の電波を使用してインターネットに接続するため、場所によっては繋がりにくいのがデメリットです。

メリット

  • 回線工事が不要
  • 電波があればどこでもインターネットができる
  • 設定が簡単

デメリット

  • 電波がないところだと繋がりにくい
  • モバイルルーターの場合充電が必要
  • 3日以内に10GBを超えると利用制限がかかる

おすすめのモバイルルーター

なぜモバイルルーターがおすすめなのか

モバイルルーターが引越しに最適と言われても、そもそもモバイルルーターって何?という人もいるかと思います。まずはモバイルルーターについて知っておきましょう。

ルーターとは

まずルーターとは、インターネット回線をスマホやパソコンといった複数の端末に接続させる機械のことをいいます。有線接続はもちろん無線でWiFiに接続することができます。

モバイルルーターとは

モバイルルーターとは、4GLTEなどのモバイルネットワークと言われる無線回線を利用してスマホやパソコンにWiFi接続させる持ち運び用の小さい端末のことで、ポケットWiFiと呼ぶ方も多いでしょう。

モバイルルーターを使ってパソコンやスマホにWiFiを接続することで、自宅だけではなく外でもインターネットを楽しむことができます。

フレッツ光などと違って、回線工事が不要ですので、契約したその日から使用することができるというメリットがあります。

引越しが多い人や、学生のように社会人になるときに引越しする可能性がある人にモバイルルーターは最適です。

1度契約してしまえば、あとはどこに引越しをしようと、住所変更の届け出を出すだけで継続して使用できるので、引越しのたびにインターネット回線の解約・契約・引越しをしなくて済みます。

2018年おすすめのモバイルルーター会社とサービス一覧
プロパイダー会社通信速度 料金プラン契約年数
UQWiMAX708Mbps4,380円Flatツープラスギガ放題プラン3年
BroadWiMAX708Mbps4,011円ギガ放題プラン3年
3WiMAX708Mbps3,995円ギガ放題プラン4年
Y!mobile612Mbps3,696円7GB3年
SoftBank612Mbps4,196円4G/LTEデータし放題フラット+2年
docomo370Mbps9,400円30GB2年

※すべて税抜き、キャンペーン割引適用前の料金(2018年6月時点)

引越し前や後の、インターネットの手続きに関することは次の記事でも解説していますので参考にしてください。

あわせて読みたい
引越し先のインターネット回線の選び方と契約手順方法
 

自分のライフスタイルでルーターを選ぶ

自宅メインでWiFiを使用したい場合

光回線は自宅メインで使用する方におすすめとお伝えしましたが、やはり工事や設定が煩わしいという方や、モバイルルーターを充電したり持ち歩いたりするのは面倒という方は、開通工事不要でコンセントに繋ぐだけで使用できるホームタイプルーターがおすすめです。

こちらも基本エリア内だとすぐに利用ができるので、引越しをしても住所の変更届けだけですみます。

ホームタイプのルーター

ホームルーター会社(1台あたり)料金
Speed Wi-Fi HOMEUQWiMAX4,380円
SoftBankAirSoftBank4,880円

※すべて税抜き、キャンペーン割引適用前の料金(2018年6月時点)

WiFiは生活にかかせないライフライン

以前はモバイルルーターにすると回線速度が遅いなどの問題がありましたが、最近はモバイルルーターの回線も非常にスピードが出ているため、ほとんどストレスなく使用できるレベルに達しています。

デメリットとしては、「3日で10GB」をこえると制限がかかってしまうことですが、データの大きなファイルをやり取りしなければほとんど発生することはありません。

引越し後すぐにインターネット回線が必要な人は、固定回線にこだわらずに、モバイルルーターやホームタイプルーターという選択肢もぜひ検討してみましょう。

最近では、テレビやパソコンで気軽に映画やドラマも見れるVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスもあり、仕事で出張が多いという人も、モバイルルーターは最適です。

VOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスについてはこちらの記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
おすすめのビデオ・オン・デマンド(VOD)は?選び方は?分かりやすく比較