韓国旅行で使えるレンタルWi-Fiおすすめランキング【9社を徹底比較】

韓国旅行

格安で行ける海外旅行として人気がある韓国ですが、スマホを使えないと地図を見ることもできませんし、InstagramやFacebook、TwitterといったSNSを使って日本にいる友だちとのコミュニケーションを取れません。そうなると韓国での楽しさも半減してしまいますよね。

かといて、キャリアの海外パケットを使うとかなり高額な通信料金になってしまい、せっかくの格安旅行が通信料金だけで割高になってしまいます。少しでも通信料金を抑えて、浮いたお金で美味しいものを食べたいという人におすすめなのがレンタルWiFiです。

とはいえ、レンタルWiFiも業者の数が増えすぎて、どこで借りればお得なのか分かりませんよね。ここでは、自分でレンタルWiFi選びができないという人のために、ランキング形式でおすすめのレンタルWiFiをご紹介していきます。

韓国旅行でおすすめレンタルWiFiランキング

第1位 グローバルWiFi
第2位 イモトのWiFi
第3位 Wi-Ho(ワイホー)
第4位 韓国データ
第5位 ラッキーWi-Fi
第6位 jetfi
第7位 FAST-Fi
第8位 ジャパエモ
第9位 88モバイル

グローバルWiFi

ポイント

  • 圧倒的な低価格で260円から利用可能
  • 主要な空港で当日申込みできる
  • 自分の使用量に合わせてプランを選べる

利用者も多く、評判もいいレンタルWiFiがグローバルWiFiです。インターネットで申込みをすれば早割で利用でき、1日あたりの金額をかなり下げることができます。

必要な容量に合わせて、プランが4つに分けられているのも嬉しいところです。韓国は無料で使えるWiFiも多く、慣れた人ならそれほど大容量を必要としませんので、通常プランで足ります。それでは不安という人は、無制限プランもありますので容量を気にせずに利用できます。

国内のほとんどの空港で受け取れるのも、グローバルWiFiの魅力のひとつです。利用料金はアップしますが、成田空港・羽田空港・中部国際空港・関西国際空港・伊丹空港なら当日の申込みでも利用できます。

現地受取プランもありますが、1日あたり10円安いだけで返却も現地でしなくてはいけません。帰国するときに時間がなくなる可能性もありますので、あまりおすすめしません。できるだけ国内で受け取るようにしましょう。

受取方法空港・宅配便・現地
返却方法空港(窓口・返却BOX)・宅配便・現地
支払方法クレジットカード、請求書払い
申込期限1〜3日前(空港によっては当日もOK)

グローバルWiFiのレンタル料金(早割)

通常(300MB/日)260円/日
大容量(600MB/日)260円/日
超大容量(1.1GB/日)590円/日
無制限900円/日

イモトのWiFi

ポイント

  • 知名度抜群の安心感が高いレンタルWiFi
  • 1日680円から利用可能
  • 早割で最大20%OFF

テレビCMなどで知名度が抜群のイモトのWiFiですが、韓国で利用するとなるとやや割高です。格安のレンタルWiFiと比べると3倍近い利用料金がかかります。

それでも年間100万人以上の利用があるのは、対応がしっかりしているということと、主要な空港で当日申込みができるという点にあります。聞いたことのないレンタルWiFiを借りるのが不安という人は、イモトのWiFiをおすすめします。

早割を利用すれば、利用料金を最大20%OFFにできますので、少しでも安く借りたいのであれば韓国旅行が決まったらすぐに予約してください。

受取方法空港・宅配便
返却方法空港(窓口・返却BOX)・宅配便
支払方法クレジットカード
申込期限1〜3日前(空港によっては当日もOK)

イモトのWiFiのレンタル料金

大容量(500MB/日)680円/日
ギガ(1GB/日)1,580円/日
30日(500MB/日)14,200円/30日
無制限900円/日

イモトのWiFi早割

30日前予約10%OFF
45日前予約15%OFF
60日前予約20%OFF

Wi-Ho(ワイホー)

ポイント

  • レンタルWiFiの老舗サービス
  • 1日750円から利用可能
  • クレジットカードだけでなくAmazonPayでも支払可能

Wi-HoはレンタルWiFiの老舗でもあり、安心して利用できるサービスのひとつです。ただし、大手ということもあり、利用料金がやや割高です。特に使用容量が少ない場合には、他社よりもかなり高い金額になっています。

1ギガプランですと割高感はやや薄れますので、友達と一緒に1台レンタルするという使い方がおすすめです。主要な空港での受け取りも可能ですので、空港によっては受け取りの30分前の申込みでも対応してもらえます。

受取方法空港・宅配便
返却方法空港(窓口・返却BOX)・宅配便
支払方法クレジットカード、AmazonPay、コンビニ後払い
申込期限1〜3日前(空港によっては当日もOK)

Wi-Hoのレンタル料金

通常(300MB/日)750円/日
大容量(500MB/日)1,050円/日
1ギガ(1GB/日)1,250円/日
無制限1,750円/日

韓国データ

ポイント

  • シンプルな無制限プランのみ
  • 1日590円の低価格
  • 現地SIMによる4G LTE高速通信

韓国データはその名前からも分かりますように、韓国利用専用のレンタルWiFiです。特徴はなんといってもその価格の安さとプランのシンプルさにあります。プランは無制限の1日プランと1ヶ月プランだけで、1日プランは590円/日で利用できます。

基本的には宅配便で受取・返却ですが、受取りが難しい人のために空港での受け取りにも対応しています。韓国の人たちが普段から使っている回線ですので、時間帯によってはやや回線が遅くなることもありますが、コストパフォーマンスが高さで注目されているサービスです。

受取方法空港・宅配便
返却方法郵送
支払方法クレジットカード
申込期限1〜2日前

韓国データのレンタル料金

無制限(日)590円/日
無制限(月)15,000円/月

ラッキーWi-Fi

ポイント

  • 1日550円無制限のシンプルな料金プラン
  • 空港郵便局での受取可
  • 急ぎの場合は池袋の店舗で受取りできる

ラッキーWi-Fiは1日550円のプランだけですので、どのプランを選んでいいのか迷うことがありません。しかも無制限で利用できますので、韓国内でもパソコンを接続したり、動画を見たりしたいという人に適しています。

受け取りは空港の郵便局でもできますし、出発までに時間がないという場合には池袋にある店舗での受け取りにも対応してくれます。設定方法なども教えてもらえますので、初めてのレンタルWiFi利用で不安という人は、店舗での受取りをおすすめします。

受取方法宅配便・空港内郵便局・店舗
返却方法郵送
支払方法クレジットカード
申込期限1〜4日前(当日店舗受取可)

ラッキーWi-Fiのレンタル料金

無制限550円/日

jetfi

ポイント

  • 台湾・韓国使い放題プランなら1日980円で利用できる
  • 端末が届いた日に接続設定できる
  • キャンペーンを活用すれば格安で利用できる

jetfiは1台のレンタルWiFiで、世界100カ国でインターネット利用できるサービスです。プランが少し複雑で、韓国で利用する場合には500MBプランを選ぶことで使い放題になります。その他のプランは割高になってしまいますので注意してください。

端末が届いた日に設定ができますので、日本国内で接続確認できるというのがjetfiの特徴のひとつです。韓国の空港で設定方法が分からずに、困ってしまうということがありません。また、キャンペーンも頻繁に行っており、タイミングによってはさらに安価に利用できます。

受取方法宅配便・空港
返却方法レターパック
支払方法クレジットカード
申込期限1〜3日前

jetfiのレンタル料金

台湾・韓国使い放題980円/日
350MB680円/日
500MB980円/日
1GB1,280円/日
無制限1,280円/日

FAST-Fi

ポイント

  • 1日410円から利用可能
  • 国をまたいでの利用ができる
  • 日本国内の通信料は無料

FAST-Fiは国をまたいでの利用ができますので、韓国だけでなくアジアや世界を周遊するという人におすすめのレンタルWiFiサービスです。1日の利用料金が410円で、国をまたいでの利用ができますので、トータル費用を大幅に下げることができます。

日本国内での通信料がかかりませんので、手元に届いてすぐに接続確認ができます。注意したい点は、支払時にJCBのクレジットカードが使えないという点です。VISAやMasterCardのクレジットカードを使って申し込みしてください。

受取方法宅配便・空港
返却方法レターパック
支払方法クレジットカード(JCB不可)
申込期限2〜4日前

FAST-Fiのレンタル料金

ライト(350MB/日)410円/日(キャンペーン価格:350円/日)
スタンダード(500MB/日)680円/日(キャンペーン価格:580円/日)
プラチナ(1GB/日)1180円/日

ジャパエモ

ポイント

  • 旅行日程に合わせてプランを選択できる
  • 3日3GBを2,980円で利用可能
  • 大容量で友達とシェアできる

ジャパエモは他のレンタルWiFiサービスと違い、3日、5日、8日という日数でプランを選びます。大容量になっていますので、パソコンを接続してバリバリ仕事をするというのでなければ、基本的に旅行日程に合わせて選ぶだけでOKです。

3日プランなら1日1GBもありますので、一緒に行く友達とシェアすることもできます。ジャパエモは知名度が低いため知る人ぞ知るという存在ですが、15年以上事業展開をしているサービスですので、安心して利用できます。

受取方法宅配便
返却方法郵送
支払方法クレジットカード
申込期限5日前15時まで

ジャパエモのレンタル料金

3日以内(3GB)2,980円
5日以内(4GB)3,980円
8日以内(5GB)4,580円

88モバイル

ポイント

  • 1日585円から利用可能
  • 空港内郵便局留めでの受取可
  • レターパックで簡単返却

88モバイルは、使用容量が少ないときに適したレンタルWiFiです。大手のように空港内に営業所がありませんので、基本的には宅配便での受け取りになりますが、空港によっては空港内の郵便局留めで受け取ることも可能です。

注意したいのは送料として1,080円(関東は990円)が発生するということです。短期間での利用の場合には、あまり安くならないこともありますので注意してください。それでも返却はレターパックを使ってポストに入れるだけですので、空港で慌てることなく返すことができます。

受取方法宅配便・空港内郵便局
返却方法レターパック
支払方法クレジットカード
申込期限1日前

88モバイルのレンタル料金

通常(300MB/日)585円/日
大容量(600MB/日)840円/日
1ギガ(1GB/日)1,875円/日

韓国旅行で使うレンタルWiFiを選ぶときのポイント

レンタルWiFiは通信費用を安く抑えることができるため、韓国旅行では必須ともいえるアイテムです。でも選び方を間違ってしまうと、割高での利用になることもあります。そうならないために、ここでは選ぶときのポイントをご紹介していきます。

ポイント

  • 1日585円から利用可能
  • 空港内郵便局留めでの受取可
  • レターパックで簡単返却

レンタルWiFiを選ぶときには、この4点を意識して選ぶようにしましょう。それぞれのポイントについて詳しく説明します。

キャリアのプランを確認する

レンタルWiFiの価格はかなり低く設定されていますが、実はキャリアによっては韓国でも低価格で利用できることがあります。

au「世界データ通信」:980円/24時間

2019年5月13日現在で、低価格で利用できるのはauの世界データ通信だけですが、以前はdocomoも海外1dayパケというサービスを展開していました。これらのサービスはサービス内容も含めて流動的ですので、レンタルWiFiを調べる前にキャリアの海外利用をチェックしておきましょう。

ちなみにauの世界データ通信は、国内で契約している容量を利用するプランです。韓国で使いすぎると、国内に戻ってからギガ不足になることもありますので注意してください。また月末ですでにギガ不足になっている場合には容量不足になりますので、レンタルWiFiを利用しましょう。

総額で価格の比較をする

レンタルWiFiを比べるときに、ついつい1日あたりの利用料金だけを見てしまいがちですが、利用するには端末の送料や受取手数料、保険などの費用が発生します。1日あたりの料金が安くても総量が高額になるというケースもありますので、必ず総額で比較してください。

また、海外利用ですので何があるか分かりません。1円でも安くしたいというのでなければ保険には加入しておきましょう。ちなみに韓国のコンセントは日本のコンセントとは形状が違います。何度も韓国に行くなら変換プラグを購入し、しばらく行く予定がないなら変換プラグもレンタルしましょう。

友だちと一緒に行動するなら1台でシェア

韓国旅行に友だちと行くのであれば、それぞれが1台契約するのではなく、1GBや無制限プランで借りられる1台を契約してシェアしましょう。複数借りると送料などが高く付きます。韓国内は無料で利用できるWiFiもありますので、少しくらいならそれぞれが単独行動しても、LINEなどで連絡を取り合うことはできます。

旅行プランに合わせて、無駄な出費にならないようにレンタルWiFiを選ぶようにしましょう。

空港で当日申込みではなくWEBで申し込む

大手レンタルWiFi会社は、空港で当日申込みを受付けていますが、料金が割高になりますし、何よりも端末が不足して借りられないということがあります。特に連休中は予約でいっぱいになっていることもありますので、できるだけWEB申込みをしておきましょう。

受け取りは空港でも自宅でもかまいませんが、できるだけ自宅での受取りがおすすめです。空港の窓口が混雑していると、受取るまでに時間がかかります。チェックインカウンターが行列になっていることもあり、そうなると気持ちが焦ってしまいます。

空港で受取るなら、空港には2時間30分前には到着して早めに窓口で端末を受取るようにしましょう。

まとめ

以前は韓国で利用できるレンタルWiFiの種類が少なく、やや割高という印象がありましたが、最近では1日500円台で使い放題というプランも出てきました。ここまで低価格になると、現地SIMを購入して設定で手間取るよりも、レンタルWiFiを使うほうが賢い選択になります。

ただし、レンタルWiFiによっては割高なプランも多いので、必ず比較して選ぶようにしましょう。低価格のプランの多くは郵送での受け取りになっていますので、出国直前では対応してもらえない可能性がありますので、レンタルWiFiを利用するなら韓国旅行の手配が済んだらすぐに予約しておきましょう。