小嶋工務店の注文住宅の坪単価・相場はいくら?口コミ&評判もチェック

小島工務店×TOKYO WOOD×ソーラーサーキットは、東京都全域、及び神奈川県と埼玉県の一部を施工エリアとした、創業から40年の地域密着型住宅メーカーです、

地元の木を使用して耐久性に優れた温かみのある自由設計の木造住宅手がけており、地元愛が強く、地産地消に興味がある方には必見の家づくりをしています。

建築材の元になる森を見学できるツアーや感謝祭を催すなど、建てた後の長い付き合いを大切にしているところに、地元工務店としての役目を果たしたいという心意気が感じられます。

室内の温度管理や薬剤の使用など、健康を意識して住環境を整えたいと考えている方にも

ぜひ選択肢に加えていただきたい、そのような住宅メーカーです。

小嶋工務店の坪単価 

小嶋工務店×TOKYO WOOD×ソーラーサーキット坪単価は約65万~85万円です。

同価格帯の住宅メーカーの坪単価と比べてみましょう。

クリックで見れる坪単価
土屋ホーム約60~75万円
セキスイハイム約60~90万円
ミサワホーム約60~90万円
へーベルハウス約70~100万円
パナソニックホームズ約60~100万円

ミドルレンジの価格帯のハウスメーカーの中でも、中間に位置する価格帯のようです。

➤あなたの理想の家を希望価格で手に入れる

小嶋工務店の特徴(性能、標準設備) 

小嶋工務店×TOKYO WOOD×ソーラーサーキットは、自由設計による木造軸組工法を採用しています。

地元で育った木がその土地の気候に一番適しているという考えのもと、現地の木を使用することで地産地消にも積極的に取り組んでいるのが魅力です。

耐震性能は全棟が最高ランクの耐震等級3に認定されています。

オプションとして木造軸組工法用耐震の制震壁「WUTEC(ウーテック)―SF」を採用していますので、さらに大きな地震に備えることもできるのが安心ですね。

外張り断熱で外気温の変化の影響を少なくし健康的で快適な室内温度の維持と、壁内の湿気を外に逃がすことで木の耐久性を高める壁内通気で施工されるため、高い機密性能で傷みにくい工夫がされています。

商品別の特徴と坪単価 

小嶋工務店×TOKYO WOOD×ソーラーサーキットは、地元多摩の木材を使った丈夫でエコなこだわりの家づくりが魅力です。

建材は地元の業者との提携により、伐採から製材、品質チェックまで一貫工程で行われ、

その中で「TOKYO WOOD」という地元材のブランド化に成功しています。

カネカ社との提携による「外張り断熱」と「壁内通気」を組み合わせた断熱性能「ソーラーサーキット」は、季節に左右されない快適な住み心地で健康にも配慮されています。

木造住宅にとっての天敵シロアリとの共存する方法を用いた「ターミメッシュの家」についても注目してみてください。

ではそれぞれの特徴についてご紹介しましょう。

TOKYO WOODの家

転用:小嶋工務店

地元の多摩の山から切り出された木材の中でも、徹底した品質チェックでさらに厳選された天然乾燥ブランド木材「TOKYO WOOD」を構造材として使用します。

管理が一貫されているため、トレーサビリティの観点からも安心できる要素があります。TOKYO WOODバスツアーも企画されていて、自宅の建材が育った環境に直に触れることができるのは、大切な家にさらに愛着が湧くきっかけになるのではないでしょうか。TOKYO WOODの家の坪単価は不明です。

Forest Family

転用:小嶋工務店

夏は熱を逃がし室温の上昇を抑える効果と、冬には高い断熱性能を発揮する効果を持つソーラーサーキット法を用いた企画住宅が「Forest Family」です。機能や間取り、内装、動線といった基本的な住宅性能も備えたプランですので、自由設計住宅よりもコストを抑えたい方にとっては魅力があります。モデルハウスも用意されているので、足を運んでみると良いでしょう。Forest Familyの坪単価は不明です。

ターミメッシュシステムの家

転用:小嶋工務店

「c」という細かなステンレスメッシュを、シロアリの侵入ポイントに設置するシステムを取り入れた「ターミメッシュの家」は、一般的な住宅に施される薬剤を使ったシロアリ防止対策を行いません。化学物質の揮発によるシックハウス症候群の原因の一つを避けることができ、メンテナンスコストが30年で約70万円節約できます。ターミメッシュシステムの家の坪単価は不明です。

気になるメンテナンス費用はいくら?

引き渡しから6か月、1年、2年の自社による定期点検がありますが、費用については確認が必要です。

第三者機関との連携による「小島工務店の超長期継続型保証システム」として5年以降、60年までの保証体制が整えられていますので、詳細については費用と合わせて確認されることをお勧めします。

保険制度なども細かく計画されていますので、細かな手続きが苦手な方にも安心できる体制が用意されているのは大きな魅力の一つと言っても良いでしょう。

小嶋工務店の評判実際の声

小島工務店×TOKYO WOOD×ソーラーサーキットについての評判や費用についてのお客様の声は見つけられませんでした。

小嶋工務店のお得なキャンペーン詳細 

小嶋工務店×TOKYO WOOD×ソーラーサーキットでは、現在「新春初夢キャンペーン」が行われています。

対象期間は2022年1月3日~2022年3月31日、先着10棟限定です。

期間内の契約者を対象にコジマポイント100万ポイントがプレゼントされ、内装オプションのグレードアップに使用できるお得なキャンペーンとなります。

このように、定期的にキャンペーンを行っているため、今やっているものをチェックすると良いでしょう。

イベントキャンペーンの詳細はこちら

小嶋工務店のメリット・デメリット

小嶋工務店×TOKYO WOOD×ソーラーサーキットへの施工依頼を検討する場合の、メリット・デメリットをまとめました。

小嶋工務店のメリット

編集部
編集部

確かな自信の建築材

地元で育った原木を地元業者との提携で加工・管理を手掛け、バスツアーで一般の方にもしっかりと見せられるという点において、建材の品質について確かな自信を感じます。

編集部
編集部

長期保証

60年先までの保証を考えたシステムになっていることは、建てたら終わりという不安なイメージを持つことがなく、安心感を得られるのではないでしょうか。

編集部
編集部

家を建ててからのお付き合い

感謝祭と称したOBやその家族が参加できる催しを毎年行っています。家を建てた後も気楽に相談をしていきたい方、イベントで情報交換するのが好きという方には気になる情報です。

小嶋工務店のデメリット

編集部
編集部

対応エリアが限られている

地元の木で建てることにこだわった住宅メーカーですので、施工エリアは東京市全域と神奈川県・埼玉県の一部のみです。モデルハウス、ショールームなどが全部で6か所ありますが、すべて東京都内に集中しています。

編集部
編集部

価格が分りにくい

ローコスト住宅とハイグレード住宅のどちらも手掛けているようですが、ローコスト住宅は企画住宅のみではないかと思います。

自由設計住宅に関しては丈夫な建材、シロアリ対策などとオプションに加えていくと、結果的に限りなくハイグレード住宅に分類される価格になることが危惧されます。

編集部
編集部

ビジネスライクを好む場合は不安要素がある

お客様との距離が近くなると、手続き上の不備や遅れも多少は許容して欲しいという雰囲気になる心配があります。長期の付き合いがセールスポイントの一つとなると、どのくらいの距離感で付き合っていくものなのか、少しわずらわしさが気になってしまうかもしれません。

小嶋工務店がおすすめなのはこんな人

小嶋工務店×TOKYO WOOD×ソーラーサーキットは地域に密着した家づくりをする住宅メーカーです。

年代は選ばず、それなりに費用をかけられる用意があり、質の良い建材で温かみのある木の家を、自分好みで建てたいと思っている方におすすめです。

施工エリアの制限で東京と一部の近郊の方限定にはなりますが、地産地消に関心があれば家を建てることで貢献することができます。

化学物質に敏感な方にとっても、シロアリの侵入防止に不可欠だと思われていた薬剤を使用しない施工技術を持っているということは、その他の健康面での不安要素について相談しやすい環境であるといえます。

それを踏まえて、小嶋工務店×TOKYO WOOD×ソーラーサーキットがおすすめできる方は、以下のような人です。

  • 地産地消の概念が好きな方
  • 確かな品質の素材を求めている方
  • 長期にわたり保証を得たい方
  • 建築後も気軽に相談できる相手が欲しい方

家族のように家の相談ができる関係性を作ることで、小さな子供がいる年代でも、子供の成長を見守られつつ大切な家を維持し続けられるのは、素晴らしいことではないでしょうか。