保険のプロが教える火災保険9選!おすすめ保険会社を徹底比較して検証

家を建てたりマンションを購入したりしたときに、ほとんどの人が火災保険を検討するかと思います。ところが火災保険を提供している保険会社の数が多くて、どの保険を選んで良いのか迷ってしまいますよね。

そこで、ここでは火災保険の中でも利用者が多く、さらに評価の高い商品を徹底比較していきます。自分に最適な保険が見つかるかと思いますので、ぜひ参考にしてください。

火災保険の役割

火災保険は住宅が火災被害にあったときに、その損害を補償してくれる保険になります。保険の名前としては「火災」となっていますが、一般的な火災保険では火災を含め、下記のような事故に対しても補償を行っています。

  • 火災・落雷・破裂、爆発
  • 風災・雹災・雪災
  • 水漏れ
  • 盗難
  • 破損・汚損
  • 水災

火災保険に加入しておくことで、これらの被害にあったときに保証金を受けられます。

注意
ただし、補償の対象は契約ごとに違い、建物だけに保険をかけている場合には、家財の損害には保険金が支払われません。

火災によって失った家電や家具などを補償してもらうには、建物と家財の両方に保険をかけておく必要があります。

保険の対象が増えると保険料が高くなりますが、保険会社によっては例えば「水災」を補償の範囲から外すことで保険料を抑えるといったことも可能です。また、火災保険は通常1年更新になっていますが、長期契約を結ぶことで1年更新と比べて保険料の割引を受けられます。

ちなみに地震を原因とする火災が起きた場合には、火災保険では補償を受けることができません。この場合には追加で地震保険にも加入しておく必要があります。

おすすめ火災保険商品9選を比較

ここでは利用者が多く人気の火災保険商品について、その特徴や魅力を詳しく解説していきます。選んで間違いのない火災保険ばかりですので、保険選びの参考にしてください。

楽天損害保険「ホームアシスト」

  • 利用者に合わせた自由設計
  • 楽天ポイントが貯まる・使える
  • インターネット申込で10%OFF 楽天が幹事契約となるため共同募集不可

楽天損害保険はソニー損害保険と同じように、補償範囲を自分で選んで組み合わせることができます。ソニー損害保険との違いは、風災、雹災、雪災が必須になり、さらには「汚損・破損」や「騒擾・集団行為等にともなう暴力行為」にも対応している点にあります。

楽天グループのサービスですので、保険料の支払いで1%の楽天ポイントが貯まります。保険料が10万円の場合には1000ポイントをもらえ、楽天カードを使って支払えば、さらに1000ポイントが付与されます。もちろんポイント払いも可能です。

また、インターネット申込をすると保険料が10%OFFになります。楽天ポイントと合わせると最大12%OFF相当の割引を受けることができるので、楽天グループをよく利用する人で、保険料を少しでも抑えたい人におすすすめです。

保険金額タイプ:新価(再調達価額)
免責金額(破損・汚損等):1万円・3万円
免責金額(風災・ひょう災・雪災害):0円・1万円・3万円・10万円・20万円・100万円

補償の対象:家財のみの希望流入の恐れ

建物のみ家財のみ建物と家財

基本保証プラン

火災、落雷、破裂・爆発

風災、雹災、雪災

水災

選択可

水漏れ

選択可

建物外部からの物体の落下・飛来・衝突

選択可

楽天損害保険の火災保険は、価格.com保険アワード2020年版火災保険の部で総合1位を受賞しています。

損保ジャパン日本興亜「THE すまいの保険」

  • 建物が古くなっても、半焼であっても保険金額を限度に損害額を補償!全額補償
  • 原則として地震保険とセットで利用する
  • すまいとくらしのアシスタントダイヤルが付帯

損保ジャパン日本興亜は戸建てと分譲マンションそれぞれに、3つの基本プランが用意されています。地震保険までセットになった「ベーシック(Ⅰ型・Ⅱ型)」と保険料を抑えた「スリム」のいずれかを選び、それに特約を組み合わせて、自分だけの保険を作れます。

評価済み保険を導入しているため、建物が古くなっても全額補償されるのが強みで、火災保険でよくある「思ったほどもらえない」とならないのが魅力です。

必ず加入しなくてはいけないわけではありませんが、原則として地震保険がセットになっているのも特徴のひとつになります。日本は地震リスクが高く、いざというときに保険金を受け取れないのでは困るということで、ほとんどのケースで地震保険をおすすめされます。

また、すまいとくらしのアシスタントダイヤルでは水回りのトラブルや鍵のトラブルに対応してらえ、さらには医療相談や介護関連相談、法律相談などのサービスも受けられます。

保険金額タイプ:新価(再調達価額)
免責金額:なし・1万円・3万円・5万円・10万円
※不測かつ突発的な事故(破損・汚損など)の免責金額は1万円

補償の対象

建物のみ家財のみ建物と家財

基本保証プラン

ベーシックⅠ型ベーシックⅡ型スリム

火災、落雷、破裂・爆発

風災、雹災、雪災

水災

水漏れ

建物外部からの物体の落下・飛来・衝突

盗難

破損・汚損

騒擾・集団行為等にともなう暴力行為

※いずれのプランも「水災なし」が用意されています。

\1番安い火災保険見つかる/

火災保険一括見積もりする

セコム損害保険「セコム安心マイホーム保険」

  • 3つの基本補償プランと自由に選択できる特約
  • 充実した割引制度
  • 免責金額を20万円まで設定できる

セコム損害保険の火災保険には、3つのプランが用意されています。これらのプランに加えて、臨時費用保険金補償特約や地震火災費用保険金補償特約など、万一に備えた豊富な特約と組み合わせることで、より高い安心を得られます。

また、住まいの設備などによって保険料の割引を受けられるのも、セコム損害保険の魅力のひとつです。例えばホームセキュリティ割引では、最大約42%も保険料が安くなり、長期年払いでも約6〜10%の割引を受けられます。

さらに免責金額を20万円まで設定できるため、保険料を大幅に安く抑えることも可能です。被害が発生したときに受け取れる保険金が少なくなりますが、安くなった保険料を自分で積み立てておくことで、火災保険の適用範囲外のトラブルにも備えることができます。

保険金額タイプ:新価(再調達価額)
免責金額:なし・3万円・5万円・10万円・20万円
※風災・雹災・雪災のみも可

補償の対象

建物のみ家財のみ建物と家財

基本保証プラン

ワイドプランベーシックプランスリムプラン
火災、落雷、破裂・爆発
風災、雹災、雪災
水災◯水災は付帯されない
水漏れ
建物外部からの物体の落下・飛来・衝突
盗難
破損・汚損
騒擾・集団行為等にともなう暴力行為

\1番安い火災保険見つかる/

火災保険一括見積もりする

三井住友海上火災保険「GK すまいの保険」「GK すまいの保険 グランド」

  • 利便性やサービスを充実させた保険を用意
  • ライフスタイルや住まいに応じた契約プラン
  • 建物が全焼・全壊した場合には建物保険金額を全額支払い

三井住友海上火災保険の火災保険には、一般的な火災保険の「GK すまいの保険」だけでなく、ワンランク上のサービスを受けられる「GK すまいの保険 グランド」が用意されています。利便性の向上のため専用アプリが用意され、さらには災害時に役立つアラートサービスや電話相談、提携事業者紹介サービスなどの付帯サービスを受けられます。

他社の火災保険よりもプランが充実しており、住まい環境や予算に合わせて最適なプランを選ぶことができ、さらには事故時諸費用特約や防犯対策費用特約などが自動でセットされ、オプションとして弁護士費用特約なども追加できます。

また保険金額は建物評価額で設定していますので、建物が全焼・全壊した場合には、保険金を全額もらえます。古い建物で経過年数や使用消耗によって価値が下がっていても、保険金だけで立て直すことができます。

保険金額タイプ:新価(再調達価額)
免責金額(建物):なし・1万円・3万円・5万円・10万円
免責金額(家財):なし・1万円・3万円・5万円
※家財の破損、汚損事故の免責金額は3千円

補償の対象

建物のみ家財のみ建物と家財

基本保証プラン

フルサポートプランセレクト(破損汚損なし)プランエコノミープラン
火災、落雷、破裂・爆発
風災、雹災、雪災
水災
水漏れ
建物外部からの物体の落下・飛来・衝突
盗難
破損・汚損
騒擾・集団行為等にともなう暴力行為

※このほかに「水災なし」プランや、「水災、破損汚損なし」プランがあります。
※GK すまいの保険 グランドでは「フルサポートプラン」もしくは「水災なし」プランから選びます。

\1番安い火災保険見つかる/

火災保険一括見積もりする

東京海上日動火災保険「トータルアシスト住まいの保険」

  • 修理費だけでなく必要な費用を素早く補償
  • 災害発生時に強いサポート体制
  • 日常生活をサポートしてくれる付帯サービス

東京海上日動火災保険は事故が発生したときに、修理費だけでなく損害範囲確定費用や仮修理費用、残存物取片づけ費用なども素早くまとめて補償してもらえます。スピード感のある対応をしてくれることから、お客様満足度96.9%という高い評価を得ています。

大災害が発生したときにも、全国の拠点がリアルタイムにペーパーレスで情報共有をしているため、被災していないエリアが担当して、素早く補償してもらえるのも、東京海上日動火災保険の魅力のひとつです。

また、付帯サービスとして医療相談や介護相談もでき、さらには専門家の知識が必要になるサイバートラブルにも対応しています。もちろん鍵のトラブルや水回りのトラブルが発生したときも、すぐにサポートしてもらえます。

保険金額タイプ:新価(再調達価額)
免責金額(建物):免責金額:なし・5千円・3万円・5万円

補償の対象

建物のみ家財のみ建物と家財

基本保証プラン

充実タイプスタンダードタイプマンション向けタイプ
火災、落雷、破裂・爆発
風災、雹災、雪災
水災
水漏れ
建物外部からの物体の落下・飛来・衝突
盗難
破損・汚損
騒擾・集団行為等にともなう暴力行為

\1番安い火災保険見つかる/

火災保険一括見積もりする

AIG損害保険「ホームプロテクト総合保険」

  • 6種類の豊富な基本保証プラン 10月より改定がありプランが大幅に変更されている
  • Web申込割引などの豊富な割引制度
  • 新価実損払方式による全額補償

AIG損害保険は6種類の基本保証プランから、自分に最適な補償内容を選ぶことができます。マンション向けの水災なしプランや、保険料の安いプランなど予算や用途に合わせて選び、必要に応じて特約を組み合わせます。

ペーパーレスで申し込みできるWeb申込を行うと10%の割引を受けることができ、他にもオール電化割引や耐火性能割引、築浅割引などの充実した割引制度を利用することで、通常よりも保険料を引き下げることも可能です。

保険金も新価実損払方式を採用しているため、建物が古くなっていても保険金が下げられることなく、保険金だけで修理または再築できます。

保険金額タイプ:新価(再調達価額)
免責金額:なし・20万円
建物のみ家財のみ建物と家財
AプランBプランCプランDプランEプランFプラン
火災、落雷、破裂・爆発
風災、雹災、雪災
水災
水漏れ
建物外部からの物体の落下・飛来・衝突
盗難
破損・汚損
騒擾・集団行為等にともなう暴力行為

\1番安い火災保険見つかる/

火災保険一括見積もりする

あいおいニッセイ同和損害保険「タフ・すまいの保険」

  • 迅速で優しい24時間365日受付の事故対応サービス
  • 住まいの困ったをサポートしてくれる付帯サービス

あいおいニッセイ同和損害保険の火災保険である「タフ・すまいの保険」は、グループ会社である三井住友海上火災保険の火災保険と同じ内容になっています。充実した補償と迅速な事故対応サービスが魅力の火災保険になります。

事故が発生したときには「あいおいニッセイ同和損保あんしんサポートセンター」やお客さま専用モバイルサービス「緊急ナビ」で24時間365日受付をしているので、緊急時にもすぐに対応してもらえます。

さらには住まいのトラブルにもスピーディに対応してくれる「すまいの現場急行サービス」や「すまいの安心サポート」サービスも用意されており、鍵のトラブルや水回りのトラブルも30分まで無料で対処してもらえます。

保険金額タイプ:新価(再調達価額)
免責金額(建物):なし・1万円・3万円・5万円・10万円
免責金額(家財):なし・1万円・3万円・5万円
※家財の破損、汚損事故の免責金額は3千円

補償の対象

建物のみ家財のみ建物と家財

基本保証プラン

フルサポートプランセレクト(破損汚損なし)プランエコノミープラン
火災、落雷、破裂・爆発
風災、雹災、雪災
水災
水漏れ
建物外部からの物体の落下・飛来・衝突
盗難
破損・汚損
騒擾・集団行為等にともなう暴力行為

※このほかに「水災なし」プランや、「水災、破損汚損なし」プランがあります。

\1番安い火災保険見つかる/

火災保険一括見積もりする

日新火災海上保険「住自在」

  • 補償範囲を選べる自由設計
  • リーズナブルな保険料設定
  • 住宅トラブル応急サービス「すまいの・サポート24」が付帯

日新火災海上保険「住自在」はソニー損害保険と同じように、補償範囲を自分で選ぶことができる自由設計タイプの火災保険です。必要な補償範囲を選び、さらには 個人賠償責任総合補償特約などの特約を組み合わせることで、自分だけの火災保険を作れます。

自由設計により必要のない補償を省くことができ、さらにはインターネット申込対応でコストカットしているのもあり、リーズナブルな保険料に設定されています。

また、住まいのトラブル対応が付帯されており、水回りのトラブルや鍵のトラブルだけでなく、2021年1⽉1⽇以降に加入すると、ハチの巣駆除といった助かるサービスも対応してくれます。

保険金額タイプ:新価(再調達価額)
免責金額:なし・5万円・10万円

補償の対象

建物のみ家財のみ建物と家財

基本保証プラン

火災、落雷、破裂・爆発
風災、雹災、雪災選択可
水災選択可
水漏れ選択可
建物外部からの物体の落下・飛来・衝突選択可
盗難選択可
破損・汚損選択可
騒擾・集団行為等にともなう暴力行為選択可

※ご案内の一括見積もりサービスからはご契約できません

\1番安い火災保険見つかる/

火災保険一括見積もりする

ソニー損害保険「新ネット火災保険」

  • リーズナブルな保険料
  • 補償範囲を自由に組み合わせることができる
  • 住まいの緊急かけつけサービスが付帯

ソニー損害保険は2020年のオリコン顧客満足度ランキング・火災保険部門1位に輝いた保険です。インターネットによるダイレクト販売を行っているため、他の保険会社のように中間コストが発生せず、保険料が安くなることで高く評価されています。

他社にはないサービスとしては、火災・落雷・破裂、爆発だけが必須になっており、他の補償範囲を外して、自分に適したプランに組み直すことができるという点にあります。例えば家が高台にあるようなケースでは「水災」を省くことで保険料を下げられます。

さらには住まいの緊急かけつけサービスとして、水回りのトラブルや鍵のトラブルなどが発生したときに、専門スタッフが駆けつけて応急処置を行ってくれるサービスが付帯しています。

保険金額タイプ:新価(再調達価額)
免責金額:なし・3万円・5万円・10万円
建物のみ家財のみ建物と家財

基本保証プラン

火災、落雷、破裂・爆発
風災、雹災、雪災選択可
水災選択可
水漏れ選択可
建物外部からの物体の落下・飛来・衝突選択可
盗難選択可
破損・汚損
騒擾・集団行為等にともなう暴力行為

※ご案内の一括見積もりサービスからはご契約できません

\1番安い火災保険見つかる/

火災保険一括見積もりする

火災保険の保険料を抑えたいなら複数に見積依頼をする

参照:https://kasai-madoguchi.com/

おすすめの火災保険をご紹介してきましたが、こんなにあると選ぶのも大変ですよね。そうなると選定するのが面倒になって「有名なところならどこでもいい」となってしまいますが、それだけは避けてください。

すでにご紹介しましたように、ソニー損害保険や楽天損害保険のように自分に必要な補償だけを組み合わせることができる保険会社もあれば、ある程度決められた中から選ぶしかない保険会社もあります。さらに保険料もそれぞれ違ってきます。

保険料は保険会社によって10年間で3万円以上も差が出ることもあり、保険料がいくらになるかは、保険会社に見積もりを取らないとわかりません。ところが1社だけに見積依頼したのでは、提示された金額が高いのか安いのか、判断できませんよね。

このため、予算が限られているときに火災保険を選ぶときには、複数社に見積依頼をして、保険料を明確にした上で選ぶ必要があります。もし保険料を抑えたいのであれば、ここでご紹介した保険会社の中から数社に絞って見積依頼をしましょう。

\1番安い火災保険見つかる/

火災保険一括見積もりする

火災保険を選ぶときの流れ

火災保険を選ぶときに、複数社に見積依頼をして選んだほうがいいとお伝えしましたが、そもそも自分に適した保険をどうやって選べばいいのかわからないという人もいると思いますので、ここでは火災保険を選ぶときのポイントを簡単にご紹介します。

STEP.1
保険の対象を決める
STEP.2
構造級別を確認する
STEP.3
補償範囲を決める
STEP.4
保険金額を決める
STEP.5
保険期間を決める

火災保険を決めるときには、この手順で絞り込みを行いましょう。

1.保険の対象を決める

まずは保険の対象を「建物のみ」「家財のみ」「建物と家財」の3種類から選びましょう。少しでも保険料を抑えたい場合には「建物のみ」が適していますが、そうすると火災や水災が起きたときには家財を自分のお金で買い替えなくてはいけません。よく考えて選びましょう。

2.構造級別を確認する

次に保険対象となる建物の構造級別を確認します。こちらは施工メーカーや不動産会社が把握していますので、「M構造」「T構造」「H構造」のいずれに該当するか確認しておきましょう。

3.補償範囲を決める

保険選びで補償範囲になります。保険会社のプランごとの補償範囲をご紹介しましたが、どの災害に備えるのかを決めて、それに対応した保険を選びましょう。手広く範囲を広げたくなりますが、あれもこれも補償してもらおうとすると保険料が高額になるので注意してください。

4.保険金額を決める

保険金額は保険価値によって決まりますが、ここで気をつけたいのが、保険金が「新価」と「時価」がどちらベースなのかということです。新価は保険対象となる物件と同等のものを再び手に入れるために必要な金額で、時価は現在の建物価値の金額です。

ここでご紹介した火災保険はすべて新価ですが、保険料を抑えたい人や予算オーバーするという人は「時価」ベースの火災保険も選択肢に入れておきましょう。

5.保険期間を決める

ここまでで見積依頼を出す保険会社の絞り込みができているかと思いますが、最後に保険期間も決めておきましょう。1〜10年で設定でき、多くの保険会社が長期割引を用意しています。火災保険は長く加入するものですから、出費を抑えたいなら長期割引を上手に活用しましょう。

プロが選ぶ満足度が高い火災保険ランキングBEST5!口コミを徹底調査 【アパート版】保険のプロが教えるおすすめ火災保険3選の相場チェック 【新築版】保険のプロが教えるおすすめ火災保険5選!相場っていくら? 【マンション版】保険プロがおすすめする火災保険5選!相場を徹底比較 【戸建て版】プロがおすすめの火災保険5選!火災保険相場を徹底比較!

まとめ

火災保険商品は種類がとても多く、初めて契約するという場合にはどれを選んで良いのかわかりませんよね。そういう人は、ここでご紹介した火災保険の中から選びましょう。ただし、いきなり1社に絞り込むのではなく、自分の条件に適した保険会社数社に見積依頼をしましょう。

比較することでどうしても手間と時間がかかりますが、大切な住まいや家財を守るための保険です。妥協することなく、じっくりと時間をかけて選びましょう。実際に家やマンションを購入した友人などに相談してみるのもおすすめです。

また、ここでは火災保険についてのみご紹介しましたが、できるだけ地震保険にも加入しておきましょう。地震による火災は火災保険では補償してもらえません。日本は地震の多い国ですので、どうしても予算オーバーするというのでなければ、できるだけ加入しておいてください。