もっと早く知っておけばよかった!格安スマホに変えたら月々のスマホ代が半額以下になるおすすめ格安スマホ会社ランキングを紹介

月々のスマホ代、高く感じていませんか? 家族が多いほど月々のスマホ代(通信費)は数万円に膨れ上がります。最近CMや街中で見かける「格安スマホ」てなんだろうと気になっている方も多いでしょう。

気にはなっているけど「自分にはできなかも…」とあきらめていませんか?そこで、格安スマホについてはじめての方にもわかりやすく説明していきます。

さらにおすすめの格安スマホ会社も紹介もしますので、これをすべて読み終わるころには「自分にもできるかも!」と少しでも思ってもらえれば幸いです。

格安スマホとは?

MVNO(Mobile Virtual Network Operator)が提供している音声・通信サービスのことで、MVNOとはNTTドコモなどから通信インフラを借りてサービスを提供している業者を指します。

NTTドコモは移動体通信事業者、MVNOは仮想移動体通信事業者とも呼ばれます。

簡単に言うとNTTドコモ等の回線を借りてサービスを提供しているのが格安スマホ会社です。以下、格安スマホ会社で説明します。

キャリアって何?

キャリアとは電子通信事業者すべてを総称するものです。特に携帯事業でよく使われる言葉になっており、電話回線のことを意味します。

「大手三大キャリア」と呼ばれているのが「docomo」「au(KDDI)」、「softbank」です。この3つはそれぞれ使用している回線が異なるため地域によって電波も違います。
※以下Y!モバイルはsoftbankに含まれるものとします。

よく「携帯のキャリアはどこですか?」と聞かれたら上の3つのうちのどれかと覚えておくと良いでしょう。

格安SIMって何?

まず「SIM(シム)」とはスマホ端末に挿入されているチップのことで、自分でも簡単に取り外せるようになっています。
「格安SIM」とは三大キャリア以外の会社で契約したものと考えてください。

サイズは標準SIM、microSIM、nanoSIMと3種類あり、スマホ端末によって使用しているSIMが異なります。最近ではnanoSIMと呼ばれる一番小さいサイズのSIMが主流となっています。

SIMには電話番号などの契約情報が入っており、サイズと回線種類(docomo、au、softbank)が対応していればどのスマホ端末でも使用できます。

SIMが入っていないスマホ端末では、通話の使用やTE通信はできませんが、Wi-Fi環境があればLINEなどのアプリを使用することができます。

なぜ安いの?

なぜ同じdocomo、au、softbank回線(電波)を使うのに料金が安いのか気になりますよね?
わかりやすい理由は以下の通りです。

自分が使っている端末をそのまま使うから

自分がもともと使用しているスマホを利用するので、新たに端末を分割で購入する必要がありません。つまり月々の端末代を支払う必要がないので安くなるのです。

端末を持っていない方でも中古で購入するか、格安SIMと一緒に端末を購入することも可能です。

店舗や店員がいないから

基本格安SIMはインターネットで申し込みを完了します。つまり店舗や店員さんはいないため、会社は店舗管理費や人件費がかかりません。コストがかかりにくいため、低価格の料金設定が可能になったのです。

格安スマホのメリット・デメリット

メリット

    • 月々の携帯代が格安
    • 自分のスマホがそのまま使える
    • 契約の縛りが短い

月々の携帯代が格安

最大のメリットと言えばやはり月々の料金が安くなることです。日本の携帯代は先進国の中でも高いと言われています。海外では格安スマホが当たり前で、以外にも日本は携帯業界で遅れをとっているかもしれません。

大手キャリアDとmineoの3GBプランを比較した場合

※2018年11月時点

自分のスマホがそのまま使える

最近では端末の修理サポートも割安でうけられるので、スマホが長持ちしている方も増えてきています。また端末代の支払いが終わったことで「割引きがなくなって月々の料金が上がった!」という方も多いのではないでしょうか?

このような場合は迷わず格安SIMに変更したほうが断然お得です。

契約の縛りが短い

大手キャリアは契約期間が最低でも2年間と縛りも長く、契約月以外で解約すると解約金やプランによっては高額な違約金が発生してしまいます。

多くの方はこの解約金がかかるのが嫌で格安スマホへの切り替えを躊躇しているではないでしょうか?確かに解約金は高いですが、月々の負担金の大きさを考えると解約金を払ってしまったほうがお得になるケースがほとんどです。

格安スマホは月々の使用料金が安くなるだけでなく、契約の縛りが半年から1年と短く、さらに自動更新ではないので契約期間が過ぎればいつ解約しても解約金が発生しません。※端末支払いがある場合は割賦残金の支払いが発生します。
気軽に始められというところが格安スマホの魅力でもあります。

デメリット

    • 最新機種が購入できない
    • 窓口で相談ができない
    • キャリアメールやキャリヤ決済が使えない

最新機種が購入できない

格安スマホの会社でも新品のスマホの購入は可能ですが、キャリアとの大きな違いは、iPhoneやGalaxyといった最新モデルの取扱いがあるかないかです。
 

最新機種で格安スマホを持つ方法

最新機種で格安スマホを持つことは可能です。その方法は、キャリアで一旦契約したのち端末を一括購入して解約後格安SIMへ切り替えるか、アップルストアなどの公式ホームページで購入できますが、どちらも一括で端末購入する必要があるので出費がかなり大きくなってしまいます。

最新機種が欲しい場合は、キャリアを契約し割賦で購入したほうが経済的負担が少ない場合もありますのでどちらが得かは検討して決めるようにしてください。

窓口で相談ができない

基本申込みやプランの確認はインターネットで行うため、自分だけで理解できるか不安。。。と思っている方も多いでしょう。しかし、プラン内容はキャリアに比べるとシンプルですし、不明点はメールやチャットで問い合わせも可能です。

また、最近ではショッピングモールや家電量販店などで格安スマホを取扱う窓口も増えてきているので、格安スマホが身近なものになりつつあります。

キャリアメールやキャリヤ決済が使えない

キャリアメールとはメアドの最後が「docomo.co.jp」となっているものです。スマホになってからはGmailやyahooメールが使用できるのでキャリアメールが使用できなくても特に問題はないでしょう。

キャリア決済とは月々の携帯代と合わせて支払いができる決済のことです。よく利用していた方は不便に感じるかもしれませんが、この機会にクレジットカード払いなどに切り替えましょう。

格安スマホはこんな人に向いてます!

格安スマホは以下のような方に向いてます。

  • とにかく安さを重視したい
  • そんなに通話・ネットを使わない
  • 端末支払いが終わっている
  • 自宅にWi-Fi環境がある
現在では通話もメールも「LINE」しか使わないという方も実は多いのではないでしょうか?長電話を除く連絡手段としてしか使わない方こそ格安スマホに向いてます。

また、以前は端末補償がありませんでしたが、最近の格安スマホでは持ち込んだスマホを補償してくれる有料サービスもあるので安心です。

自分が持っているスマホで大丈夫?


先ほどもお伝えしたとおり、3大キャリアのいずれかで購入しているスマホ又はSIMフリーのスマホであれば格安への切り替えは可能です。

SIMフリーとは?

SIMフリーとは回線の縛りがないことです。といういうのも、例えばdocomoで契約した端末はdocomo回線でしか使用できないようにロックがかかっています。

docomo回線の格安SIMを契約すればこのロックに関しては何も気にすることはないのですが、契約できる格安スマホ会社の選択肢が限られてきます。ですがSIMフリーの端末であれば回線の縛りがないため、格安スマホ会社の選択肢が広がるというわけです。

SIMロック解除

SIMフリー端末はネットか量販店で購入可能ですが、実はSIMロックは解除が可能です。2015年より各キャリアで解除の申請をすれば解除するというのが義務化されました。

各キャリアによって方法は違いますが、インターネット(Mydocomo等)から無料で申し込むことができます。しかしSIMロック解除には以下の条件があるので注意が必要です。

  • 端末代の支払いを完了していること
  • 端末購入から101日以降であること
  • SIMロック解除対応機種であること
  • 解約後90日〜100日以内であること
  • ネットワーク制限などのロックがかかっていないこと

以上の条件をクリアしている方は無料ですので、是非SIMロック解除を検討してみてください。
携帯会社を乗り換えるへ切り替えるときも、電話番号を引き継ぐことができます。このサービスを携帯電話番号ポータビリティ、通称 「MNP」といいます。

電話番号が変わらないので、面倒だった「電話番号が変わった」という周りへの連絡の手間がなくなります。もちろん格安スマホで新たな電話番号を入手することも可能です。ですが、このMNPには手数料が発生します。

  • MNP転出手数料…3,240円(旧携帯会社へ支払う手数料)
  • MNP転入手数料…3,240円(新携帯会社へ支払う手数料)

電話番号をそのまま乗り換える場合は最低でも6,480円かかるということを頭に入れておきましょう。

初期費用は?

キャリアから格安スマホに乗り換えるときに発生する料金について説明します。まず乗り換える場合は以下の料金が発生することを頭に置いておきましょう。

  1. 解約金
  2. MNP手数料
  3. 解約月の月額使用料
  4. 端末割賦残金
  5. SIM発行手数料
  6. 格安スマホ初月使用料
実際に乗り換えた場合の初期費用は以下の通りです。
例 auから格安スマホへ乗り換え
解約金10,260円+MNP転入出手数料6,480円+SIM発行手数料324円+最終月額使用料6,504円=23,568円

※使用端末は持参
※auピタットプラン解約の場合
※格安スマホ初月使用料は無料か日割りため含まず

上記はあくまで一例です。プラン内容や解約金が発生しない場合もあるので金額は上下しますが、平均的に16,000円から23,000円程度でしょうか。

初期費用にしてはやや高額に感じますが、翌月から月々4,500円程度携帯代が安くなると考えると、半年程度でプラマイゼロになる計算です。その後格安スマホは縛りも短く、解約金が発生することもないためいつでもやめられると思えばこの初期費用も納得いくものではないでしょうか。

格安SIMへの乗り換え方法

キャリアから格安スマホへの乗り換え方法を説明いたします。

格安スマホへの乗り換えの流れ

STEP.1
MNP予約番号取得
電話番号をそのまま使用したい方は必要です。MNP番号は現在使用中の携帯会社より取得でき、有効期限があるので注意が必要です。
STEP.2
ネットか店頭で申し込み
選んだ格安SIM会社に申し込みます。インターネットから受付できるところや、店頭窓口を設けている会社もあります。
STEP.3
5日以内に自宅へSIMが届く
インターネットで申し込んだ場合、自宅にSIMが届きます。店頭受付の場合は店頭窓口で受け取ります。
STEP.4
スマホのSIMを交換
さっそく届いたSIMを使用していたスマホに挿入します。もと入っていたSIMは処分して大丈夫です。(返却が必要な場合有)
STEP.5
開通手続き・ANP設定
スマホの設定画面から通信機能などをONにします。やり方は説明書があり難しいものではありません。
STEP.6
利用開始
ネットや通話ができるようになっているか確認できたら無事開通です。

必要書類

申込みの前に以下を用意します。

  1. クレジットカード格安スマホの使用料はクレジットカード払いのみとなります。お持ちでない場合は契約できません。
  2. 身分証明書運転免許証,健康保険証,住民票等、これらの書類の写真をスマホかパソコンでアップロードして送ります。
  3. Eメールアドレスキャリアのアドレス(docomo.co.jp等)は使用できなくなりますので、iCludやGmailといったメールアドレスを用意してください。
  4. MNP予約番号番号そのままで乗り換える際に必要です。契約会社の問い合わせセンターや店頭で取得できます。有効期限がありますので注意してください。

MNP予約番号取得

電話番号をそのまま使用したい方は、現在契約中の携帯会社のフリーダイヤル(例:docomoなら151へTEL)に連絡し、本人確認と解約料金に関する案内を聞いたあと発行してもらえます。

電話だと聞きづらいという方は、インターネットからでも取得可能です。MNP番号は10桁の番号になり、最初の2桁で発行元の回線がわかるようになっています。

ネットで申し込み

各公式ホームページで「申込み」をクリックし、案内に従って必要事項を入力します。その後登録のメールアドレスに申込完了のお知らせが届くと無事申し込み完了になります。MNPの場合はこの時点ではまだキャリアは解約されたていません。

店舗で申し込み

キャリアと同じように申込書に記入し申し込みます。MNPの場合はその日に解約が完了となります。即日に格安スマホに乗り換えることができます。

通常のキャリアの申込みと少し違うのは、同時購入したスマホの開通チェックまでは行いますが、その後のデータ移行や設定などは自身で行わなければいけません。

あくまで格安スマホの店員さんはプランの内容説明のために居ると思いましょう。

申込み後の流れ

インターネットで申し込んだ場合は、通常5日以内程度で手渡しでSIMが自宅に届きます。それを使用予定の端末に挿入するのですが、挿入するだけでは使用できないので、開通手続きやANP設定が必要になります。

やり方の説明書も一緒に送付されるので、こちらも案内に沿って設定すればいよいよ開通になります。自身で電話をかけるか家族に電話してもらうなどして通話を確認しましょう。

忘れてはいけないのが、LTE通信をONに設定することです。一旦解約されるとOFFになっていることがあるので設定画面を確認するようにしてください。

おすすめの格安スマホ会社ランキング


ここで、数ある格安スマホ会社の中からインターネットで申し込みができるおすすめの格安スマホ会社をランキング形式で紹介いたします。どこの会社も独自のセールスポイントがありますので、乗り換えで検討する際に是非参考にしてみてください。

格安SIM回線別対応一覧表

自身が持っているスマホがどこの格安スマホと契約が可能かの一覧表になります。スマホを持っていない方は新規購入と格安SIM同時契約が可能ですので安心してください。

格安スマホ会社docomo  au  softbank
mineo
U-mobil×△※
LINEモバイル×△※
RepairSIM×△※
ロケットモバイル×△※

※softbank回線はいiPhone6以降のみ対応

SIMフリー端末やロック解除している端末でしたら、上記すべての格安スマホに乗り換え可能です。

mineo

関西電力グループのケイ・オプティコムが提供している全てのキャリアのスマホに対応した格安スマホ会社です。SIMロックが掛かっていても申し込みの際にキャリアを選択できるので、ロック解除の必要はありません。

ネットからの申込みはもちろん提携店舗も全国で120店舗以上あります。

詳しくはこちら↓↓

U-mobil


現在のところdocomo端末のみでしかそのままの使用はできませんが、au、softbankでもSIMロックを解除すれば利用が可能です。

U-mobilも魅力はなんといっても高速回線のLTEが使い放題で月々わずか2,980円のプランです。通話料も専用無料アプリを使えば安く抑えることができます。ネットをたくさん使いたいという方に特におすすめです。

詳しくはこちら↓↓

LINEモバイル


SNSをたくさん見る、使うという方におすすめなのがLINEモバイルです!SNSで使用したデーター量は使用データ量に含まれないためツイッターやインスタグラムといったSNSが使いたい放題です!

今なら3ヶ月限定でどのプランも1390円引きなので、3G最安300円から持つことができます。試しに変えてみる価値は十分あります。

詳しくはこちら↓↓

RepairSIM


SIMフリー端末の方は、ドコモ、ソフトバンク回線から選べます。iPhoneの補償が充実しており、音声つきプランに加入するだけで、iPhone初回の修理費が全額キャッシュバックされます!※適用条件あり
2度目以降の修理も10%割引きになるのでiPhoneユーザーには最適な格安スマホ会社ではないでしょうか。

プランに関しては、他社とそう差はありませんが、今キャンペーンで音声つき1GBプランが3ヶ月間だけ280円という破格の価格になっています。

詳しくはこちら↓↓

ロケットモバイル

業界最安?データー使用料制限なしの神プラン月々298円(データ通信のみ)が人気です。データ使用量に制限が無いぶん、通信速度は200kbpsはゆったりめです。もちろん高速回線の通常プランもあります。

また指定のアプリダウンロードや、会員登録で貯まる独自のロケモバポイントを月々の料金電話代に充当することができるので、うまくいけば通信費が月々0円で使うことができます。

詳しくはこちら↓↓

格安スマホは本当に安かった!

「格安」と見ると、「何か裏があるのでは?」、「解約金がとても高いのでは?」「周りに使っている人がいない」など人は疑ってしまうものです。確かにうまい話には裏があると昔から言われていますし、知名度もまだまだ低いので信じがたいですよね。

ですが心配はいりません。格安スマホは本当に安いのです。

知名度が低いのは会社が広告費にお金をかけていないかもしれません。しかし、回線も大手キャリアのものを使用しているので、品質的にもほぼ問題ありません。

通信費は今家計を圧迫する上位のものなので、初めて利用した人は「もっと早く乗り換えれば良かった。。。」と思うことでしょう。

格安スマホを利用して良かった場合はぜひ周りに教えてあげてくださいね。