一戸建てのインターネット光回線の選び方とおすすめプロバイダを徹底比較

すでにインターネット回線を引いている人も多いかと思いますが、ADSLは廃止されますし、光回線はすでに1Gbps以上の超高速回線が一般的になりつつあります。しかも、かつてのようにNTTの独占というのではなく、たくさんのプロバイダがインターネット光回線を提供しています。

プロバイダ同士の競争もあって、超高速回線でも手頃な値段に落ち着いてきましたので、そろそろ乗り換えしたいと考えている人も多いかと思います。そこで、ここでは一戸建てに最適なインターネット光回線の選び方や、おすすめのプロバイダをご紹介していきます。

一戸建てに適したインターネット光回線の選び方

プロバイダの提供するインターネット光回線には、一戸建て向けプランとマンション向けプランの2種類が用意されています。一戸建てで利用する場合にはもちろん一戸建て向けのプランを利用します。ただし、プロバイダごとにサービスの内容や料金に違いがあります。

一戸建て向けのインターネット光回線を選ぶときには、次のポイントを確認してください。

・プロバイダの提供エリア内であるかどうかの確認
・将来を見越して最低でも回線速度は1Gbps以上あること
・契約期間中のトータル費用で比較する
・ISP(インターネットサービスプロバイダ)を継続利用できるかどうか
・利用しているスマホの割引を受けられるかどうか

これだけではよく分からないかと思いますので、それぞれのポイントをもう少し詳しく説明します。

プロバイダの提供エリア内であるかどうかの確認

どんなに魅力的なインターネット光回線でも、自宅がある場所まで光回線を引くことができなければ利用できません。フレッツ光の回線を使っているプロバイダなら、全国ほぼどこでも利用できますが、プロバイダによっては狭い範囲でしかサービスを提供していません。

気になるインターネット光回線が見つかったら、まずは自分の家が提供エリア内に入っているのかを確認してください。

将来を見越して最低でも回線速度は1Gbps以上あること

インターネット光回線でも100Mbpsまでしか速度が出ないものがあります。通常のインターネット利用であれば100Mbpsでも問題ありませんが、将来的には1Gbps以上が主流になりますし、4K動画の配信などを見ようと思うと回線速度が速いに越したことはありません。

基本料金もかなりお手頃価格になっており、100Mbpsとそれほど違いはありません。これからインターネット光回線を導入するのであれば、少なくとも1Gbps以上の回線速度があるプランを利用しましょう。

契約期間中のトータル費用で比較する

多くのプロバイダがインターネット光回線サービスに参入したことで、キャッシュバックやキャンペーンなどが頻繁に行われ、月々の料金もやや複雑になっています。一見すると格安に見えるプロバイダでも、工事費が高額で割高だったというケースも珍しくありません。

料金を比較するときには、2年利用時のトータル費用、3年利用時のトータル費用などを計算して比較してください。例えば2年利用時は次のような式で計算できます。

トータル費用 = 月額基本料金 × 24ヶ月 + 初期費用(事務手数料・工事費)- 割引

一戸建てのインターネット光回線ですと、1度契約するとそのまま使い続けることになると思いますので、5年10年といった長期間でも比較しておきましょう。

ISP(インターネットサービスプロバイダ)を継続利用できるかどうか

新しいインターネット光回線への乗り換えで悩ましいのは、多くのケースでISPの乗り換えが必要になるということです。例えばソフトバンク光ではYahoo!BBがISPになりますので、OCNやBIGLOBEを使っている人は、メールアドレスが変更になります。

メールアドレスが変わると困るという人は、ISPを継続利用できるインターネット光回線を選びましょう。ただし、メールだけの問題であれば既存のISPの最安値プランに変更し、メールアドレスを残したまま乗り換えるということも可能です。

月々数百円の出費にはなりますが、そのような方法があることも頭に入れておきましょう。

利用しているスマホの割引を受けられるかどうか

インターネット光回線を選ぶときに、基本料金やキャンペーンばかりに目が行きがちですが、実は多くのプロバイダがauやドコモなどのスマホキャリアと繋がりがあり、携帯電話料金の割引を受けることができます。

スマホのプランにもよりますが、毎月1,000円近く割引してもらえることもあります。これを利用しないともったいないですよね。インターネット光回線は、自分の使っているスマホキャリアと提携しているプロバイダから選ぶようにしましょう。

一戸建てに適したおすすめプロバイダ

一戸建てに適したインターネット光回線の選び方が分かっても、プロバイダの数が多すぎてどれを選んでいいのか判断できないという人もいると思いますので、ここでは、おすすめのプロバイダを6社ご紹介します。

ドコモ光

・ドコモの携帯電話料金が最大3,500円も割引になる
・プロバイダ(ISP)を自由に選べる
・フレッツ光回線やケーブルテレビの設備を使ったインターネット光回線

ドコモ光はフレッツ光やケーブルテレビの設備を利用したインターネット光回線です。フレッツ光の提供エリアならどこでも利用できますので、ほぼ全国が対象エリアになっています。ISPも自由に選ぶことができ(ISPがドコモ光に対応している必要あり)、乗り換えのしやすいプロバイダです。

ドコモのサービスですので、もちろんドコモの携帯電話料金が割引料金で利用できます。dポイントがもらえるキャンペーンなども頻繁に行われていますので、ドコモのスマートフォンを使っている人にとってのファーストチョイスになります。

通信速度:1Gbps
割引対象携帯キャリア:ドコモ
月額基本料金:2,700〜5,700円(契約期間なし:4,200~7,200円)
契約事務手数料:3,000円
基本工事費:18,000円(フレッツ光転用:0円)
契約期間:2年間
契約解除料:13,000円

対象エリア
NTT東日本・NTT西日本の「フレッツ光」提供エリア

SoftBank光

・インターネット会員数No.1
・光回線工事費キャンペーンで最大24,000円のキャッシバックor割引
・ソフトバンクの携帯電話料金が毎月1,000円割引

SoftBank光は国内で最も会員数が多い、インターネット光回線です。乗り換え利用時には他社への違約金を全額キャッシュバックしてもらえ、さらに回線工事が必要な場合には、工事費相当分の24,000円のキャッシュバック、もしくは月額基本料金の割引を受けられます。

ソフトバンクが提供するサービスですので、もちろんソフトバンクの携帯電話料金が毎月1,000円割引となります。また、2年契約だけでなく5年契約もできますので、長期間の利用を考えている場合には、さらに低価格で高速通信を利用できます。

通信速度:1Gbps
割引対象携帯キャリア:ソフトバンク
月額基本料金:5,200円(5年更新:4,700円・契約期間なし:6,300円)
契約事務手数料:3,000円
基本工事費:24,000円(フレッツ光転用:2000円・フレッツ光ネクスト転用:0円)
契約期間:2年間
契約解除料:9,500円

対象エリア
NTT東日本・NTT西日本の「フレッツ光ネクスト」の提供エリア

auひかり

・最大10Gbpsの超高速回線を利用できる
・「ネットと電話」加入による初期費用相当額割引で基本工事費が実質0円
・auスマートフォンの利用料金が最大毎月1,000円割引

auひかりは最大10Gbpsの超高速回線に対応したインターネット光回線です。利用できるエリアは限られていますが、10Gbpsと5Gbpsでの利用が可能で、高画質の動画再生や大容量データのダウンロードでもストレスなく利用できます。

基本工事費は37,500円と高めですが、ネットと電話の加入で初期費用相当割引されるため実質0円になります。もちろんauのスマホ料金も最大1,000円の割引を受けられます。利用できるISPの選択肢が少ないという弱点がありますが、家でのインターネットを快適にしたい人におすすめです。

通信速度:10Gbps・5Gbps・1Gbps
割引対象携帯キャリア:au
月額基本料金:5,600〜6,380円
契約事務手数料:3,000円
基本工事費:37,500円
契約期間:3年間
契約解除料:13,000円

NURO光

・下り最大2Gbpsの超高速回線を利用できる
・月額基本料金4,743円で格安
・NURO光でんわに加入でソフトバンクの携帯電話料金が毎月1,000円割引

NURO光は下り最大2Gbpsの超高速回線を利用できるインターネット光回線です。それも月額基本料金が4,743円と低価格で利用でき、NURO光電話に加入すればソフトバンクの携帯電話料金も1,000円割引になります。

ただし、基本工事費が40,000円もかかりますので、短期利用には適していません。2年契約ですが4年以上は利用するつもりで申し込みましょう。また対象エリアがまだ狭いので、申し込み前には必ず自宅が対象エリアに入っていることを確認しましょう。

通信速度:2Gbps
割引対象携帯キャリア:ソフトバンク
月額料金:4,743円(契約期間なし7,124円)
契約事務手数料:3,000円
基本工事費:40,000円
契約期間:2年間
契約解除料:9,500円

対象エリア
関東:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
東海:愛知、静岡、岐阜、三重
関西:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
九州:福岡、佐賀

So-net光プラス

・3年間3,780円で利用できる
・v6プラス対応ルーターが最大12ヶ月無料
・auスマートフォンの利用料金が最大毎月1,000円割引

So-net光プラスは大手ISPであるSo-netが提供するインターネット光回線です。戸建住宅の場合は、申し込みから3年間、1Gbpsを毎月3,780円(工事費込み)で利用できます。他のインターネット光回線と違い、3年契約で契約解除料が20,000円も発生しますので注意が必要です。さらにISPはSo-netしか選べません。

それでもインターネットを快適にするv6プラス対応ルーターを12ヶ月無料で借りられますし、auスマートフォンの利用料金が最大毎月1,000円割引になります。3年経過後は料金が高くなりますが、それでも1Gbpsで5,580円ですので比較的安価に高速通信を利用できます。

通信速度:1Gbps
割引対象携帯キャリア:au
月額基本料金:5,580円(36ヶ月までは月額料金3,780円)
契約事務手数料:3,000円
基本工事費:24,000円(フレッツ光転用:0円)
契約期間:3年間
契約解除料:20,000円

対象エリア
NTT東日本・NTT西日本の「フレッツ光ネクスト」の提供エリア

コミュファ光

・東海4県+長野で使える格安インターネット光回線
・最大10Gbpsの高速回線を利用できる
・auスマートフォンの利用料金が最大毎月1,000円割引

KDDIグループの中部テレコミュニケーションが提供するインターネット光回線です。東海4県と長野県で利用でき、30Mbpsの低価格プランから最大10Gbpsの超高速プランまでラインナップされていますので、用途に合わせて最適な料金で利用できます。

auスマートバリューの対象になっていますので、auのスマホを使っていれば、家族みんながそれぞれ、最大毎月1,000円の割引を受けることができます。基本工事費が無料で契約手数料も700円と格安ですが、解約するときには更新月であっても撤去工事費用12,000円がかかります。

通信速度:30Mbps〜10Gbps
割引対象携帯キャリア:au
月額基本料金:4,110〜6,400円(契約期間なし:5,610〜7,850円)
契約事務手数料:700円
基本工事費:無料
契約期間:2年間
契約解除料:10,000円
撤去工事費用:12,000円

対象エリア
愛知、岐阜、三重、静岡、長野

携帯キャリアで選ぶ自分に最適なプロバイダ

6つのプロバイダをご紹介しましたが、人によって最適なプロバイダが違います。どれを選んでいいのか分からないという人のために、利用している携帯キャリアから最適なプロバイダを絞り込む方法をご紹介します。

【ドコモ携帯電話を使っている】
・ドコモ光

【ソフトバンクの携帯電話を使っている】
・NURO光
・NURO光のエリア対象外だった場合はSoftBank光

【auの携帯電話を使っている】
・auひかり
・auひかりのエリア対象外だった場合はSo-net光プラス
・東海4県+長野県の場合はコミュファ光

最近は格安SIMを使っている人も多いので、いずれにも該当しないという人もいるかも知れませんが、その場合は自宅のあるエリアが対象になっていて、トータルの料金が安くなるプロバイダを上記の6社の中から選びましょう。

まとめ

以前はNTTがほぼ独占していたインターネット光回線も最近は多くのプロバイダが参入し、回線速度も100Mbpsから1Gbpsへと移行しつつあります。これから4K動画の配信なども増えていきますので、それらに対応したインターネット光回線へと乗り換えてしまいましょう。

新しいインターネット光回線の回線速度は1Gbps以上、自分の使っているスマホキャリアと提携して、割引を受けられるプロバイダを選びましょう。自分で選ぶのが難しいという場合には、ここでご紹介したおすすめのプロバイダを参考にして選びましょう。