引越し先のインターネット回線の選び方と契約手順方法

引越しはインターネット回線の見直しのチャンスです。インターネット回線も以前と比べて、さまざまなサービスがあり、これまでにない格安プランも出てきました。

ここでは引越しを機会に割高なサービスではなく、お得なサービスを利用するためのインターネット回線の選び方を紹介します。これから引越しをする人は、ぜひ参考にしてください。

固定回線と無線回線はどっちがいい?

まず行うべきことは、無線回線か固定回線かを選ぶことです。

数年前までは無線回線は回線速度が遅く、メインの回線として使用するのは難しかったのですが、最近は回線速度も速く、容量も無制限で使用できるプランもあります。

もし今後何度も引越しすることが予想される仕事についているような場合は、WiMAXやワイモバイルのような、無線回線の利用も検討してみましょう。

一般的には固定回線を利用しましょう。

無線回線でもほとんど不便を感じることはないのですが、WiMAXやワイモバイルには3日間で3GBというような制限があります。

パソコンでクラウドサービスを利用している人や、MacなどのOSをインストールする場合、この3日で3GBという規制があると、とても効率が悪くなります。

クラウドサービスが当たり前の時代で、しかも動画を見るには高速回線が必要ですので、余程の理由がない限り、光回線のりようがおすすめです。

固定回線は携帯電話会社に合わせて契約する

固定回線に決めたら、次はどこのサービスを利用するかを決めなくてはいけません、以前であればNTTの光回線以外にほとんど選択肢はありませんでしたが、いまは複数の会社がインターネット回線を提供しています。

そして、このインターネット回線は携帯電話会社もサービスの提供を行っています。使用しているスマホの携帯電話会社の固定回線を利用することで、毎月の割引を受けることができます。

ドコモ:ドコモ光(セット割:500〜3200円引き)
ソフトバンク:ソフトバンク光(おうち割:500〜2000円引き)
au:auひかり(スマートバリュー:934〜2000円引き)

スマホや携帯電話の契約プランによって変わりますが、月額が2000円近く割引になりますので、この割引を利用しないのはもったいないですよね。

以前はフレッツ光では様々なキャッシュバックキャンペーンを行い、プロバイダ経由で申し込みを行うと数万円のキャッシュバックを受けることができていました。

最近はキャッシュバックキャンペーンを終了させ、プロバイダとのコラボを行なっていますので、インターネット回線を利用したい場合は、やはり携帯電話回線と揃えるのが一番お得です。

引越し時のインターネット回線の契約手順

すでにインターネット回線の契約をしている場合は、解約手続きを行いましょう。解約日は引越し当日で依頼しましょう。

新居でのインターネット回線の契約は引越し前に行っておきましょう。3月のような引越しシーズンは回線工事待ちで1ヶ月も待つこともありますので、引越しのスケジュールが決まったら、すぐにインターネット回線の契約を行うようにしましょう。

契約が必要なのは「プロバイダ」と「回線利用サービス」です。プロバイダはSo-netやOCNといった会社で、回線利用サービスはフレッツ光やドコモ光のようなインターネット回線を提供する会社です。

契約は利用したいプロバイダのウェブサイトもしくは、使用したい回線利用サービス(フレッツ光など)どちらからでも申込みを行えます。インターネットの申込みページの指示に従って入力すれば申込み完了になります。

また代理店経由での申込みもできます。よくあるキャッシュバックキャンペーンなどは代理店経由での契約になります。

代理店経由での契約はお得なこともありますが、悪質業者も少なからず存在しますので、説明を聞いてきちんと理解した上で契約をするようにしてください。

引越し先でインターネットをすぐに使いたい方は次の記事が参考になるはずです。

あわせて読みたい
引越し先でのインターネットは新規契約でモバイルルーターがおすすめ

まとめ

インターネット回線は一度契約をしてしまうと、なかなか見直すことがありません。

そういう意味では引越しはインターネット回線を見直すために絶好の機会ですので、いまの契約を継続するのか、それとももっとお得なプランに変更するのかをしっかり検討しましょう。

最近のトレンドとしては、携帯電話会社のインターネット回線を利用することで、携帯電話料金の割引を受けるという方法になります。

また、プロバイダもフレッツ光とコラボして回線サービスを提供しています。ただし選択肢が広がりすぎて、どのサービスを利用すればお得なのかが分かりにくいのが現状です。

選択肢が多すぎて決めきれないような人は、深く考えずに携帯電話会社と揃えてしまいましょう。