インドネシア旅行で使える海外用レンタルWiFiおすすめランキング【3G/LTE】

気軽に行けるリゾート地として人気のあるバリ島。そしてアジアの都市の中でも勢いのあるジャカルタ。観光地としてとても魅力のある国ですが、スマホが使えないと何かと不便な国でもあります。タクシーを呼ぶのも、翻訳アプリや地図アプリを使うのもネット接続が必須です。

そんなインドネシアを旅行するのに、必ず持っていきたいのがレンタルWiFiです。レンタルWiFiは海外ローミングよりも格安に、現地のインターネットに接続できる旅アイテムです。ただし、レンタルWiFiにも種類が多く、どこで借りるべきか判断が難しい状態にあります。

ここでは、自分でレンタルWiFiを決められないという人のために、インドネシア旅行に最適なレンタルWiFiをランキング形式でご紹介していきます。

インドネシア旅行でおすすめレンタルWiFiランキング

第1位 Wi-Ho(ワイホー)
第2位 グローバルWiFi
第3位 JALエービーシー
第4位 ジャパエモ
第5位 jetfi
第6位 FAST-Fi
第7位 88モバイル
第8位 アジアンデータ
第9位 テレコムWiFi
第10位 イモトのWiFi

Wi-Ho(ワイホー)

ポイント

  • レンタルWiFiの老舗サービス
  • 1日680円から利用可能
  • アジア周遊プランがあるので乗り継ぎでも安心

インドネシアでの利用となると、レンタルWiFiでもかなり高額になることもありますが、Wi-Hoは1日680円から利用できます。あまり海外旅行に行かないという人は、Wi-Hoという名前を知らないかもしれませんが、業界の老舗ですので安心して利用できます。

インドネシアは無制限でのプランがありませんが、1日1GBもあれば十分です。一緒に行く友だちとシェアしても余裕がありますので、2〜3人で1台借りておきましょう。また、トランジットする国なども観光したいという人は、アジア周遊プランでの利用がおすすめです。

受取方法空港・宅配便
返却方法空港(窓口・返却BOX)・宅配便
支払方法クレジットカード、AmazonPay、コンビニ後払い
申込期限1〜3日前(空港によっては当日もOK)

Wi-Ho(ワイホー)のレンタル料金

通常(300MB/日)680円/日
大容量(500MB/日)980円/日
1ギガ(1GB/日)1,180円/日
アジア周遊・通常(300MB/日)980円/日
アジア周遊・大容量(500MB/日)1,280円/日
アジア周遊・1ギガ(1GB/日)1,580円/日

グローバルWiFi

ポイント

  • 300MBなら1日100円で利用できる
  • 無制限プランあり
  • 国内16空港、2営業所で受取可能

グローバルWiFiは低価格を追求したレンタルWiFiです。3Gプランなら1日100円で利用できますが、回線速度を考えると4G LTEプランがおすすめです。それでも300MBで1日290円しかかかりません。600MBでも420円ですので、とにかく安く借りたい人におすすめです。

ただし、1.1GB以上のプランになると一気に割高になってしまいます。無制限プランもありますが、1870円もかかりますので、パソコンを繋いだり、4人くらいでシェアしたりするのでなければ、各自が600MBプランで契約するほうがお得です。

受取方法空港・宅配便・現地
返却方法空港(窓口・返却BOX)・宅配便・現地
支払方法クレジットカード、請求書払い
申込期限1〜3日前(空港によっては当日もOK)

グローバルWiFiのレンタル料金(早割)

3G・通常(300MB/日)100円/日
3G・大容量(600MB/日)320円/日
4G LTE・通常(300MB/日)290円/日
4G LTE・大容量(600MB/日)420円/日
4G LTE・超大容量(1.1GB/日)1,400円/日
4G LTE・無制限1,870円/日

JALエービーシー

ポイント

  • 空港引渡手数料など諸費用不要
  • 無制限で1日1,000円
  • JALマイルが貯まる

あまり知られていませんが、JALもレンタルWiFiを行っています。それも無制限なのに格安です。WEB申込みをすれば、3Gプランでも4G・LTEプランでも1日1,000円で使い放題ですので、4G・LTEプランを申し込みしましょう。

空港で受け取れば引渡手数料もいりませんので、借りる日数分だけ支払えばOKです。しかも借りるだけでJALのマイルが貯まります。レンタル料がかなり安いので、できれば安心補償にも加入しておきましょう。

受取方法空港・宅配便
返却方法空港(窓口・返却BOX)・宅配便
支払方法クレジットカード・現金・電子マネー
申込期限1〜2日前

JALエービーシーのWiFiのレンタル料金

3Gプラン(無制限)1,150円/日(WEB申込み:1,000円/日)
4G・LTEプラン(無制限)1,250円/日(WEB申込み:1,000円/日)

ジャパエモ

ポイント

  • 1プランだけなので迷わない
  • 8日5GBなので1週間の滞在でもOK
  • 大容量を契約して友達とシェアできる

インドネシア滞在が1〜2日という場合は割高になってしまいますが、3〜8日の滞在予定であればジャパエモのレンタルWiFiも選択肢のひとつに入れておきましょう。5GBの大容量で8日間利用できますので、トータルコストを抑えることができます。

また、大容量ですので友だちとシェアすることで、さらにお得に利用できます。ただし、出発直前での申込みができません。受取りも宅配便のみですので、時間に余裕を持って出発の1週間前には申込みを済ませておきましょう。

受取方法宅配便
返却方法郵送
支払方法クレジットカード
申込期限5日前15時まで

ジャパエモのレンタル料金

8日以内(5GB)4,280円

jetfi

ポイント

  • 無制限プラン(1,580円/日)あり
  • 端末が届いた日に接続設定できる
  • モバイルバッテリーレンタル0円

jetfiはインドネシアで利用できるレンタルWiFiとしては珍しく、無制限プランが格安で用意されています。1日たったの1,580円で使い放題ですので、友だちとのシェアでも容量を気にする必要がありませんし、パソコンと繋げたいという人にも適しています。

端末を宅配便で受け取れば、届いた日に接続設定ができますので、インドネシアに到着してから設定するわずらわしさがありません。しかもモバイルバッテリーも0円で借りられますので、旅行中に電池の残量を気にせずに利用できます。

受取方法空港・宅配便
返却方法レターパック
支払方法クレジットカード
申込期限1〜3日前

jetfiのレンタル料金

350MB680円/日
500MB980円/日
1GB1,280円/日
無制限1,580円/日

FAST-Fi

ポイント

  • 1日410円から利用可能
  • アジア周遊プランなので国をまたいでの利用ができる
  • 日本国内で事前にセットアップできる

FAST-Fiは低価格でアジア周遊プランを利用できるレンタルWiFiです。1日410円(キャンペーン中は350円/日)で借りることができ、インドネシア以外の国でも利用できますので、トランジットする国でも観光したいという人におすすめのサービスです。

1GB/日でも1,180円しかかかりませんので、とにかく安く利用したいという人に適しています。また、日本国内で事前にセットアップできるため、入国後に繋がらなくて困ることもありません。支払いはクレジットカードのみで、JCBカードの利用ができませんので注意してください。

受取方法空港・宅配便
返却方法レターパック
支払方法クレジットカード(JCB不可)
申込期限2〜4日前

FAST-Fiのレンタル料金

ライト(350MB/日)410円/日(キャンペーン価格:350円/日)
スタンダード(500MB/日)680円/日(キャンペーン価格:580円/日)
プラチナ(1GB/日)1180円/日

88モバイル

ポイント

  • 1日585円から利用可能
  • 空港内郵便局留めでの受取可
  • アジア周遊プランでの利用がおすすめ

88モバイルは空港内郵便局留めで受取りができるレンタルWiFiで、1日585円から利用できます。インドネシアの場合、バリ島とバリ島以外のプランがありますが、両方に行くというのであれば、1ヶ国プランでも周遊プランでも値段は同じですので、アジア周遊プランがおすすめです。

600MB/日プランまでは平均的な価格設定ですが、1GBプランになると割高になります。1GBをシェアするよりは、それぞれが端末を借りたほうが安くなります。1台をシェアするのではなく、人数分借りるようにしましょう。

受取方法宅配便・空港内郵便局
返却方法レターパック
支払方法クレジットカード
申込期限1日前

88モバイルのレンタル料金

通常(300MB/日)585円/日
大容量(600MB/日)840円/日
1ギガ(1GB/日)1,875円/日

アジアンデータ

ポイント

  • アジア周遊に利用できるレンタルWiFi
  • 1日880円から利用可能
  • 1ヶ月前に申し込むと早割で10%OFF

アジアンデータはアジア周遊に利用できるレンタルWiFiで、無制限でも1日980円で利用できます。500MBのプランもありますが、1日100円しか変わりませんので、ネットに繋がらないと不安という人は、無制限のスーパーアジアンデータを利用しましょう。

1ヶ月前に申し込みをすれば10%OFFになりますので、インドネシア旅行が決まったらすぐに申込みをしておきましょう。ちなみに送料もかかりませんので、無制限で少しでも安く利用したいという人におすすめです。

受取方法空港・宅配便
返却方法郵送
支払方法クレジットカード
申込期限1〜2日前

アジアンデータのレンタル料金

アジアンデータbasic(500MB)880円/日
スーパーアジアンデータ(無制限)980円/日

テレコムWiFi

ポイント

  • アジア各国で利用できる周遊プランあり
  • 当日出発の30分前でも利用可
  • 全国の主要空港カウンターで受取りできる

テレコムWiFiは価格面ではそれほど魅力的というわけではありませんが、WEBから申込みをして30分後に空港で受取ることができます。仕事が忙しくて、レンタルWiFiの申込みができなかったという人でも、空港に向かう途中の電車で申込みをして、空港ですぐに受取ることができます。

アジア周遊プランも用意されていますので、トランジットで別の国に長時間滞在するという場合には、そちらがおすすめです。アジア周遊プランを利用するときは1GB/日を利用して、友だちとシェアすれば、1人あたりの負担を減らすことができます。

受取方法空港・宅配便
返却方法空港(窓口・返却BOX)
支払方法クレジットカード・現金
申込期限当日30分前

テレコムWiFiのレンタル料金

レギュラー(500MB/日)700円/日
ギガ(1GB/日)1,200円/日
アジア周遊・レギュラー(500MB/日)1,200円/日
アジア周遊・ギガ(1GB/日)1,500円/日

イモトのWiFi

ポイント

  • 知名度抜群の安心感が高いレンタルWiFi
  • 早割で最大20%OFF
  • 4G/LTEプランで1,580円とやや割高

海外旅行用のレンタルWiFiといえば、まず思い浮かぶのがイモトのWiFiかと思いますが、インドネシア旅行の場合には、4G/LTEプラン(500MB/日)で1,580円もかかります。3Gなら980円で借りられますが、回線が遅いのでおすすめできません。

窓口対応などサポートがしっかりしているという安心感はありますので、イモトのWiFiを利用するのであれば、早割を活用して20%OFFの料金で借りましょう。もしくは忙しくて当日予約するしかないという場合に利用してください。

受取方法空港・宅配便
返却方法空港(窓口・返却BOX)・宅配便
支払方法クレジットカード
申込期限1〜3日前(空港によっては当日もOK)

イモトのWiFiのレンタル料金

4G/LTE 大容量(500MB/日)1,580円/日
4G/LTE 30日(500MB/日)28,000円/30日
3G 大容量(500MB/日)980円/日
3G 30日(500MB/日)19,200円/30日

イモトのWiFi早割

30日前予約10%OFF
45日前予約15%OFF
60日前予約20%OFF

インドネシア旅行で使うレンタルWiFiを選ぶときのポイント

インドネシアで利用できるレンタルWiFiの種類が、意外と多いのに驚いたかもしれません。この中から自分に最適なレンタルWiFiを選ぶだけでも、かなり大変そうですよね。自分で判断するのが難しいという人は、下記の4点を意識して選んでみましょう。

ポイント

  • 容量の小さいものを選び、現地の無料WiFiを組み合わせて利用する
  • トータルコストで比較検討する
  • レンタル会社の知名度だけで選ばない
  • 当日予約ではなく事前に予約して端末を確保しておく

それぞれにどのような点を意識すればいいのか、ポイントを詳しく説明していきます。

容量の小さいものを選び、現地の無料WiFiを組み合わせて利用する

インドネシアのレンタルWiFiの多くが無制限プランがなく、大容量プランになると割高になっています。少しでも通信費を安く抑えたいのであれば、500MB/日くらいの低容量プランで契約して、現地でのインターネット接続は、無料のWiFiやホテルのWiFiを活用しましょう。

観光で訪れるような場所には、もれなく無料のWiFiがあります。移動中のマップの確認など、固定されたWiFiでは利用できない環境のみ、レンタルWiFiを使うようにしましょう。そうすれば、1日500MBでも容量が足りなくなることを回避できます。

トータルコストで比較検討する

レンタルWiFiを選ぶときに1日あたりの料金だけで比べる人がいますが、比較をするならトータルコストを計算して、その金額で比較しましょう。端末の配達料金や受取手数料がかかるレンタルWiFiもあります。できれば加入しておきたい安心補償も、会社によって金額が違います。

一見すると安く思えるレンタルWiFiでも、配達料金や安心補償費用が高額に設定されていることもありますので、借りてから返却までにかかるすべての費用を計算して、トータルコストが低いレンタルWiFiを借りましょう。

アジア周遊プランも確認しておく

インドネシアで利用できるレンタルWiFiは、大容量プランになると割高になるものが多く、周遊プランのほうが安いということが時々あります。利用したいレンタルWiFiにアジア周遊プランがある場合には、そちらの料金も確認しておきましょう。

また、周遊プランなら、インドネシアに行くためにトランジットする国でも利用できます。空港のWiFiにうまく接続できないこともありますし、フライトまでに時間があり観光できる場合などには、ネット接続できることで行動範囲が広がります。

当日予約ではなく事前に予約して端末を確保しておく

レンタルWiFiは出発当日に申込みできるものもありますが、年末年始や夏休みなどの長期休暇のタイミングですと、利用者が多くて端末が足りなくなることもあります。空港に行ってから借りられないのが分かると困りますよね。

そうならないためにも、インドネシア旅行が決まったらすぐに端末を予約しておきましょう。事前申し込みをすることで、料金が下がるレンタルWiFiもあります。面倒でも先送りせずに、事前に予約をして端末を確保しておきましょう。

まとめ

インドネシアは比較的治安がよく、物価も安いので観光地として徐々に人気が高まっています。バリ島は以前から人気のリゾート地ですし、ジャカルタは勢いがあり街歩きするだけでも楽しめます。でも、そんなインドネシア旅行をスムーズに行うなら、ネットに接続できる環境が必須です。

ネットに繋げるために海外ローミングを使うこともできますが、1日3,000円近くかかりますのであまりおすすめしません。少しでも安くインターネットを使いたいのであれば、レンタルWiFiを国内で借りてから出国しましょう。

レンタルWiFiにも種類がたくさんありますが、1GBや無制限のプランが割高に設定されていることが多いため、最初から1社に決めるのではなく、ここでご紹介したレンタルWiFiの中から2〜3社を比較して、自分に最適なサービスを選ぶようにしましょう。