学生の引越し学割パックが利用できる引越し業者と料金相場

3月〜4月の引越しは大学生だけではなく、就職や進学に伴う家族の引越しが重なり、引越し業界も繁忙期になるため料金が高くなる傾向にあります。

そこで、学生の引越しに利用してもらうために、引越し業者では学割パックを用意していることがあります。

一般の引越しよりも安く引越しできるため、学生なら積極的に利用したい学割パックですが、単身パックとどちらがお得なのか、どちらも実際のところどれくらいの料金相場なのでしょう。

ここでは学生パックと単身引越し料金相場を比較して、学生の引越しをお得にするための方法やおすすめの業者を紹介します。

引越しまでの準備に関することは以下の記事で解説しています。

あわせて読みたい
引越し準備期間にやることリストと必要な手続きの総まとめ

学割パックが利用できる引越し業者

学割パックを用意している引越し業者はいくつかありますが、すべての業者で利用できるわけではありません。ここでは学割パックのある引越し業者について紹介します。

学生専用で引越しができる業者

引越し業者料金
アート引越しセンター学生パック29,400円〜
ハッピー引越しセンター学割23,800円〜
全国学生引越しセンター15,000円〜
大学生協引越し18,360円〜

アート引越センター

全国の引越しに対応しているので、近隣地方から遠方地方への引越し依頼が可能です。

学割パックがいくら安くなるのかは公表されていませんが、アート引越センターの学割は申込時に「学割パック希望」と伝えるだけで、特別な学割料金で引越しをしてもらえます。

基本的には訪問見積もりも不要ですので、お手軽なのがアート引越センターの学割パックの特徴になります。

アート引越しセンターの距離別学割パック引越し料金目安

距離荷物量料金
京都から東京(550km)2㎥29,400円〜
松山から大阪(370km)6㎥66,200円〜
広島から福岡(330km)10㎥78,600円〜

例えば、京都から東京へ荷物の少ない引越しの場合、通常52,000円(税抜き)以上かかりますが、学割パックを利用すると、30,000円程度に抑えることができるので、学割を利用したほうが引越し料金を安く抑えることができます。

特典

また、学割パックの利用者特典として「もれなく全員にカーテンをプレゼント」してもらえます。カーテンは意外と高い費用がかかりますので、それだけで数千円分の値引き相当になります。

選べるコース

アート引越しセンターの学生パックでは、3つのコースから選択できます。

コースサービス内容
基本コース大型の家具・家電のみ梱包、輸送、セッティング、資材回収
ハーフコース荷造り、大型の家具・家電梱包、輸送、セッティング、資材回収
フルコース荷造り、大型の家具・家電梱包、輸送、セッティング、荷解き・片付け、資材回収

とにかく費用を抑えたいという方基本コースを選びましょう。

フルコースでは、引越し前の荷造りから引越し後の荷解きまですべてやってもらえるので忙しい方には助かりますし、ワンルームの新居がしばらくダンボールが置きっぱなしになるなんてことがないので、引越し後すぐに広々とゆっくり過ごすことができます。

女性の単身引越しはレディースパック

女性の引越しでは、衣類などデリケートな荷物もありますよね。

アート引越しセンターにはレディースパックという女性スタッフによる引越しサービスがあるので荷造りなども安心して任せられます。ただし、学割との併用ができません。

学割パックを利用するときの注意

学割を利用できるのは学生のみになります。そのため利用する際は以下の条件があります。

  • 引越し当日に学生証提示が必要
  • 学校名を聞かれることがある
  • 他の割引キャンペーンと併用不可
  • 荷物量によっては訪問見積もりが必要

ハッピー引越しセンター

首都圏エリア限定の単身専用引越し業者で、訪問見積もりが不要です。

学生だけでなく単身の方も利用可能で、荷物が少ないから自力で引越しできそうだけど、できれば業者に安く頼みたいという方におすすめです。

引越しエリアが東京・千葉・埼玉・神奈川のみになります。

料金が均一料金になるため、追加料金が発生しません。

さらに、ダンボールやレンタルハンガーボックスが無料サービスになります。

積量・スタッフ料金
2t車・スタッフ2名23,800円均一
2t車・スタッフ1名19,800円均一

スタッフ1名の場合、大型の冷蔵庫や家具などは運べませんので注意が必要です。電話見積もりのときにどういったものを運ぶか伝えるようにしましょう。

提携大学の場合、ハッピー学割便で半額になります。
詳しくはお電話で問い合わせてみましょう。

下記をクリックするとサイトへいけます↓↓
ハッピー引越しセンター

全国学生引越しセンター

学生のみの利用というイメージがありますが、実は一般の方も利用できます。
近距離引越しはもちろん、転勤や単身赴任などの長距離引越しまで対応しており、リーズナブルな料金で引越しが可能です。

プラントラック・スタッフ料金
ライトプラン軽トラック+スタッフ1名15,000円(税抜)〜
スタンダードプラン2トントラック+スタッフ2名25,000円(税抜)〜
ファミリープラントラック・スタッフ要見積もり要見積もり

大学生協の引越し

大学生限定の引越し割引になります。

大学の生協と引越し業者が提携して、大学生向けに引越し料金が安くなるだけではなく、いくつもの引越し業者で大学生協特典を受けられます。

引越し業者によっては数千円の割引を受けることができたり、格安の引越便を用意したりしていることもあります。

学割パックとは少し違いますが、大学生協の引越しは意外と穴場ですので、これから大学生になる人やすでに大学生になっている人は、所属する大学の生協に問い合わせてみましょう。

ここで提携している引越し業者と特典を紹介します。

地区引越し業者特典
全国ヤマトホームコンビニエンスFAX・WEBサイトから申し込みで2,160円割引
全国日本通運1件2,000円引き、東京23区内発送限定で荷造りセットプレゼント
全国アート引越しセンター大学生協特別限定価格、ダンボール、ガムテープ、ハンガーボックスプレゼント
全国SGムービング(株)通常料金の10%割引
一都八県→全国及び海外ハトマークの引越しセンターダンボール、ガムテープ、ハンガーボックス各1個サービス
関東・東北→関東・東北・北海道三八五引越しセンター通常料金から1,000円OFF
一都三県→一都三県赤帽ケーイー急送サービス特典特になし、23区内の引越し一律13,500円

単身パックがお得になるケース

コンテナを利用した引越しを行う

学割パックは割安なことは間違いないのですが、引越しの荷物が少ないようなケースでは、コンテナ(高さ170cm×幅110cm×奥行き100cm程度の滑車付きコンテナボックス)を利用した単身パックのほうが低価格での引越しが可能になります。

荷物が少ない学生向けの格安引越しプラン

日通の単身パックプラン
プラン料金コンテナサイズ
単身パックS15,000円(税抜)〜1.23㎥(108×74×155cm)
単身パックL16,000円(税抜)〜1.96㎥(108×104×175cm)
ヤマトホームコンビニエンスの単身引越しサービス
単身パック料金コンテナサイズ
単身引越サービスmini11,000円(税抜)〜1.40㎥(104×104×130cm)
単身パックL12,000円(税抜)〜1.83㎥(104×104×170cm)

コンテナボックスを利用することで、例えばヤマトホームコンビニエンスの単身引越サービスを利用して、同市区町村内の引越しで通常20,000円程度に対し、単身専用パックでは12,000円程度で引越しが可能になります。

これから学生生活を始めるということで、コンテナに収まるくらいの荷物しかないようなケースでは、学割パックではなく単身パックでの引越しがお得になります。

大型家具や家電がない場合

大型の家具や家電がまったく無いような人は、宅配便を引越しに利用すると格安で引越しをすることもできます。

宅配便で荷物をおくる場合については次の記事が参考になるはずです。

あわせて読みたい
単身引越しの最安値は日本郵政のゆうパックなのか料金を調べてみた

学割パックと単身パックどっちがお得なのか?

学割パックと単身パックの特徴を紹介してきましたが、結局のところどっちがお得なのでしょうか?

荷物の量が少ない場合は単身パック、荷物の量が多い場合は学割パックを検討してみましょう。

料金相場をみてみると、荷物が少なく近距離引越しの場合は、ヤマトホームコンビニエンスや日通の単身プランのほうが10,000円〜16,000円と安くなります。

長距離引越しの場合は、全国に対応しているアート引越しセンターや全国学生引越しセンターの学割パックのほうが3万円前後と安く抑えられそうです。

学割パックは見積もり不要ですが、どちらを利用していいかわからない場合や、料金が正確に知りたい場合は引越し一括見積もりサイトを利用して訪問見積もりをしてもらい、相場の金額を考えながら最安の値段を出してもらいましょう。

そして、電話や訪問見積もりのときには、必ず学生であることを伝えるのを忘れないようにしましょう。

学生の引越しを安くするポイント

学生ならではの安くするためのポイントを紹介します。

平日に引越しを行う

引越し日を平日にすることでも、引越し料金を大きく下げることができます。社会人はなかなか平日に引越しをすることができませんが、学生は時間には余裕がありますので、平日の引越しを選びやすい立場にあります。

平日と休日とでは引越し料金が大きく変わってくるので、学生はできるだけ平日に引越しを行いましょう。

また、引越し時間を午後にするか、もしくは指定なしにすることで費用を安く抑えられます。

荷物の量を減らす

大型の家具や家電は、2トラックや作業員を2名に増やさないと運べないことから引越し費用が高くなってしまいます。

できるだけ大型の荷物は避けて、コンテナを利用した単身パックの引越しができるように荷物を減らしましょう。

減らすことで自身で荷造りや荷解きがしやすくなり、引越し費用も安く抑えられます。

古いもや不要なものは、人に譲ったり不用品回収の業者に引き取ってもらいましょう。

不用品回収の安心できる業者探しや、不用品回収の無料見積もりがこちらのサイトできますので利用しましょう。↓↓

一括見積もりを利用して不用品回収してくれる業者を探す

引越し一括見積もりサイトを利用する

上記の2点に加えて、引越し一括見積もりサイトを利用することで、相見積もりの状態を作り出し、引越し業者は引越し費用を限界近くまで下げてくれます。

そのときに「学割パックありますか?」と確認するようにしましょう。学割パックを用意していない引越し業者でも、「特別に学生割引で」ということで価格を下げてくれることもありますので、学生であることをアピールしておきましょう。

↓↓以下のサイトから一括相見積もりができます。

一括見積もりサイトのメリット・デメリットについては以下の記事で解説しています。

あわせて読みたい
おすすめの引越し一括見積もりサイトと利用するメリットとデメリット

荷物の量で引越しプランを決める

ここまで学割パックと単身パックを紹介してきましたが、荷物が少ないような場合は、学割パックのある引越しよりも単身パックを利用するほうが安くなることもありますので、しっかりと比較するようにしましょう。

学割パックがお得になるのは「ある程度の量のまとまった荷物がある」場合です。

一人暮らしを4年も続けていると、ベッドやソファなどの大型の家具が増えていきます。

そんなときは学割パックを利用することで、引越し料金を数千円下げてもらうことができるので、お得な引越しが可能になります。

また3月〜4月は引越し業界も繁忙期なので、早めに希望の日時に予約をとりましょう。

一社ずつ比較するのは大変ですので、引越し一括見積もりサイトを利用しつつ学生であることをアピールして、少しでも安い価格での引越しを実現させましょう。