葬式にどんなスーツを着ていけばいいの?葬式での服装の基本を学んで、いざというときに困らない!

いつ必要となるかはわからない。でも人生で必要とならないことがないであろう、それが葬式に着て行くための服です。黒だったら何でもいいでしょ?と思っていたら、大間違いです。恥をかくか、親戚に白い目で見られます。そうならないためにも、いざという時に困らないためにも、今からでも遅くはないので、用意しておきましょう。何を用意しておくべきなのか、知っておいた方がいいですよ。

葬式にスーツってOKなの?

葬式に着て行く服装といえば、何が浮かびますか?男性ならスーツ、女性ならワンピースといった具合でしょうか?遺族であれば、女性は和装が多いですよね。

ところで男性用のスーツですが、もしかして黒いスーツであればどんな物でも大丈夫だと思っていませんか。そんなことはないのです。スーツといっても、ビジネス用のスーツと葬式用の礼服では大違い。もちろん葬式に着て行くのは、礼服の方のスーツです。

実は礼服にも正礼装、準礼装、略礼装と格式があります。どの礼装で行くかは、その人の立場やシーンによって違いがあるのですが、ここでは最も着る機会が多いと思われる準礼装について紹介していきます。

葬式における服装の基本とは

濃い黒の上下を選ぶ
葬式に着て行く服装は黒です。黒だったら何でもいいのかというと、そうではありません。実は同じように見えても、ビジネス用の黒と礼服の黒では違いがあるのです。

礼服は真っ黒に染めます。高価になればなるほど真っ黒にするため何度も染めるくらいです。一方ビジネス用の黒は、光沢があったりグレーがかっていたりと、真っ黒な黒ではないのです。

目立たないから大丈夫とか、暗いからわからないと思っていても、周囲が礼服の真っ黒な黒を着ているので、すぐにわかってしまいますよ。逆に、会社で喪服を着た人がいればすぐにわかりますよね、喪服だって。

ベストは控える
厳密にいえば、NGではありません。普段からスーツにベストを合わせている人であれば、葬式の時にも当然ベストを、ということになりますよね。ただ、あまり着ている人がいないのが現状です。目立たずシンプルに、派手な装いは避けるのが葬式です。おしゃれは普段使いに取っておいて、ベストは控えたほうが良いでしょう。
シャツは白の無地が鉄則
シャツの色はどうしようかと悩むところですが、色付きのシャツはNGです。選ぶのなら無地の白。ブルーのシャツや黒いシャツもだめです。

葬式にスーツの疑問 男性編

ストライプ柄でもいい?
細いストライプ柄で目立たないのであれば、ぎりぎりOKといったところでしょうか。ただしお通夜や会社帰りの急な葬式でどうしても間に合わない…といった場合のみです。

ですが、ビジネス用と礼服が同じ黒でもまったく違うように、ストライプ柄は周りからかなり浮いて見えることは否めないでしょう。無地の黒ですらない、と思われるかもしれません。目立たず控えめに、マナーを守ってこそ相手に弔意が伝わるのが服装だとしたら、そこからはかけ離れていますよね?

喪服は普段から用意していた方がいいでしょう。会社の先輩の中には、もしもの時のために会社に喪服を用意している人、いませんか。
ジャケットはダブルでもいい?
ジャケットにはダブルとシングルとがありますが、どちらを着ても構いません。年代によって、若い世代は2つボタンのシングル、年配になると4つボタンのダブルの方が多いようです。
カフスボタンはつけてもいい?
葬式にアクセサリーを着けて行ってはいけません。唯一認められるのは結婚指輪だけ。派手だと思われるものは時計でも外します。ネクタイピンも外します。

ただし、カフスボタンはつけるのであれば、黒い色になります。
小物はどうすればいいの?
ネクタイも色は黒になります。柄物は、たとえ小さく入っているのものでもだめ。無地で光沢のない黒を選びましょう。また、ネクタイにはプレーンノットやウィンザーノット、ダブルノットなどの結び方がありますが、葬儀にしていくのであれば、シンプルなプレーンノットが無難といえます。

普段ならネクタイをするときに、結び目の下にディンプルというくぼみを作りますが、葬式の時には控えます。シンプルで目立たないようにするのが礼儀です。

ネクタイ以外にも、ベルトや靴も靴下も無地の黒を選びます。靴はもちろん革靴で。フォーマルチップもしくはプレーントゥが一般的です。

葬式にスーツの疑問 女性編

紺のアンサンブルでもいい?
昔は白が喪服だったという時代もありましたが、現代でそれは通じませんよね。葬式では黒が一般的です。紺色は葬式の準礼装とは認められず、略礼装になります。

つまり紺のアンサンブルでもいい場合は、お通夜や「平服でお越しください」といわれた法事の時、もしくは急な葬儀でどうしても間に合わない…という時くらいです。ただ若い人ならともかく、年齢が上がると喪服を持っているのは当たり前とみなされることが多いので、予定がなくても1着は準備しておいた方がいいでしょう。
スカートの丈は?
ファッショナブルな装いをする場ではないので、スカート丈は膝が隠れるくらいの長さを選びます。スカートのデザインにもよりますが、「膝が隠れるくらい」という基準は、座った時のことを考えて選んだ方がいいでしょう。葬式の場では椅子に座ったり、正座をしたりと座る場面が多くなります。

立った状態で膝が隠れているからOKと思ってスカートを選んでも、座った時に膝が見えるようではみっともないですよ。恥ずかしい思いをするくらいなら、初めから無難な長さを選んだ方がよさそうです。
インナーは?
男性用のインナーが白なんだから、女性用も白!と考えがちですが、黒が正解です。

でもせっかく用意するなら、黒いブラウスを買うよりも、黒のアンサンブルの方をお勧めします。女性用の喪服として黒のパンツスーツもアリなのですが、略正装に見られることも。遺族としても参列者としてもどちらも使えるとなると、黒いアンサンブルの方が便利です。
アクセサリーなどの小物は?
派手なアクセサリーは厳禁なので、普段つけているものであっても外していきましょう。葬式の時に身につけていってもいいのは、結婚指輪と真珠です。真珠は白でも黒でも構いません。ネックレスは、1連のものを。2連は「不幸が重なる」とされるので、避けましょう。

靴はヒールが高くない黒のパンプスを。ストラップがついているのもアリですが、金具が目立たないものを。カジュアル度が高いものはNGです。例えば、サンダル、ミュール、ピンヒール、かかとやつま先がオープンになった靴やウェッジソールも控えます。

ストッキングも黒を選びます。あくまでも葬式なので、派手なラメが入ったストッキングや色が入ったもの、網タイツもだめです。
化粧は?
化粧も派手なものはNGです。シンプルなナチュラルメイクで。もちろんネイルも落としていきましょう。どうしてもネイルがしたいのであれば、目立たないベージュ系か透明なものにします。

髪形も、シンプルにまとめます。高い位置で結ぶポニーテールはやめて、低い位置で結びます。髪留めやバレッタ、ピンは光沢のない黒いものを使います。

また、香水はやめましょう。自分ではよい香りだと思っていても、周りの人もそう感じるとは限りません。ただでさえ葬式の場では隣の人との距離が近いのです。周囲に不快な思いをさせないのがマナーです。

まとめ

いざという時に慌ててしまうのが葬式の服装です。しかも失敗すると大恥をかいてしまうばかりか、相手にも不快な思いをさせ、親戚からは白い目で見られてしまいます。

いつ行くことになるのかわからないけれども、人生で行かないことはまずないのが葬式です。身内に限らず、知人や会社関係など、いつ行くことになるか分かりませんよ。

なので普段からしっかり用意しておきましょう。社会人として常識が問われる場でもあるので、ルールやマナーは守りましょう。