富士住建の坪単価はいくら?価格・サービスを知って理想的な家を建てよう

fujijukentubotanka

注文住宅を建てるときのハウスメーカー選びで、予算が限られている場合には坪単価を基準に選んでしまいたくなりますよね。でも、実際に打ち合わせをしていくうちに、標準装備では満足できなくなってオプションを追加した結果、予算オーバーすることがよくあります。

これでは何のために坪単価の安いハウスメーカーを選んだのかわかりませんよね。ところが富士住建の注文住宅なら、標準装備がハイグレードになっているため、予算を大幅にオーバーするというのを防げます。とはいえ、それで坪単価が高かったのでは意味がありませんよね。

そこで、ここでは富士住建の坪単価をご紹介し、さらに他社と比べてどのような魅力があるのか、そして実際に建てたときの満足度を高めるためのコツをご紹介していきます。

富士住建の坪単価と商品ラインナップ

富士住建坪単価

選ぶ商品や建坪によって変わりますが、富士住建の坪単価は50万〜60万円というのが相場です。格安のハウスメーカーと比べると高く、大手ハウスメーカーと比べると安いという位置づけになります。実際に家を建てた人の総額がどれくらいになったのか、見ていきましょう。

完全フル装備の家総額建物本体費用
36.6坪2,331万円1,625万円
40.0坪2,673万円 1,859万円
41.5坪2,438万円1,873万円
42.3坪3,275万円2,613万円

いずれも完全フル装備の家での見積もりですが、1件を除いでいずれも建物本体価格が2,000万円以下で、総額も2,500万円前後になります。

これに土地の取得費用が加わりますので、予算としては3,500万円程度を想定しておけば、富士住建で家を建てることができます。

もちろん、富士住建よりも坪単価が安く、総額も抑えられるハウスメーカーや工務店もありますので、格安というわけではありません。

それでも標準装備がハイグレードで、自由設計で理想の家づくりができる、コストパフォーマンスに優れた注文住宅になります。

富士住建の商品ラインナップ

富士住建は設計の自由度が高いため、ベースになる商品ラインナップがシンプルになっています。スタンダードとなる「完全フル装備の家」とそのZEHモデル「ZEH」、そして平屋の「HIRARI」、木の質感が美しい「ひのきの家」の4タイプだけです。

完全フル装備の家

fujijuken

参照:富士住建

富士住建のスタンダードモデルとなるのが「完全フル装備の家」です。名前からもわかりますように、高品質な設備や防犯システム、省エネなど、通常の注文住宅であればオプション扱いになっている「あったらいいな」が、ほぼすべて盛り込まれています。

それだけではなく、自由設計ですのでベースとなるモデルはあるものの、外観も間取りも自由にデザインでき、世界にひとつだけの家を手に入れることができます。もちろん耐久性も高く、きちんと手入れをしながら長く暮らすことができるのも、「完全フル装備の家」の特長のひとつです。

最初からすべて含まれているので、予算オーバーになりにくく、建ててからの「あれを付けておけばよかった」という後悔もありません。それでいて坪単価も抑えられているという、魅力的な注文住宅です。

HIRARI(平屋)

fujijuken

参照:富士住建

家族の距離が縮まるということで、十分な広さの土地があるときの選択肢として、注目されつつある平屋の注文住宅が「HIRARI(平屋)」です。2階建てと比べて天井を高くとることができるので、採光しやすく開放感があります。

将来は夫婦2人で暮らすことになることを考えたとき、バリアフリーへのリフォームもしやすく、ワンフロアーで完結できるというのは魅力的です。もちろん自由設計で完全フル装備は変わりません。2階がないので坪単価は上がりますが、必要な資材は少ないので結果的にトータル費用を抑えることもできます。

ひのきの家

fujijuken

参照:富士住建

土台と柱に檜を使い、純和風に仕上げた注文住宅が「ひのきの家」です。樹齢60年の檜を贅沢に使うため、年間60棟限定となっています。檜の温もりを感じやすいデザインになっており、さらには調湿効果も期待できるため、居心地の良い住処となっています。

強度の高い柱を使っているため、耐震性にも優れています。さらに純和風でありながらも間取りの自由度も高く、理想の家に仕上がります。最近流行りのタイル外壁とは違った外観よりも、古き良き時代の日本の家に憧れている人におすすめの商品です。

ZEH

fujijuken

参照:富士住建

スタンダードモデルの完全フル装備の家は、太陽光発電システムが装備されており、さらには高断熱性もあるため、光熱費を大幅に減らすことができます。そこにさらに太陽光パネルを増設し、HEMSを導入して、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(エネルギー収支0の家)を実現したのが「ZEH」です。

エネルギーを自給自足できるので、光熱費がかからないだけでなく、災害発生時にもガスや電気が停止するというリスクもなく、安心して暮らすことができます。坪単価は高くなりますが、予算に余裕があるなら積極的に選びたい住宅です。

富士住建注文住宅の3つの魅力

fujijuken

富士住建の注文住宅といえば、すでにお伝えした「完全フル装備」と「自由設計」が最大の魅力です。それに加えて「長く暮らせる」といったメリットもあり、簡単にまとめると下記のような3つの魅力を備えています。

  • 後から買い揃える必要のない完全フル装備の家
  • 外観も間取りもすべて思い通りの自由設計
  • 高性能で長期優良住宅を実現

これらの3つの魅力について、それぞれのポイントをもう少し深堀り解説していきます。

後から買い揃える必要のない完全フル装備の家

多くのハウスメーカーが坪単価を少しでも安く見せるために、標準装備は機能性の低い安価な設備を設定しています。収納が十分ではないキッチンや、家族で入ることのできない狭いバスルーム。お手入れがしにくいトイレや洗面台。

これらは坪単価を下げる効果はあるものの、暮らし始めるといろいろと不満を感じることになります。だからといってオプションでアップグレードすると、建物価格が上がってしまい住宅ローンの返済額も増え、家計を圧迫しかねません。

富士住建はそんな残念な家づくりを避けるために、最初から「全部入り」で提案しています。後から設備を買い揃える必要もなく、予算オーバーすることもありません。もちろん、最初の見積金額は少し高くなりますが、他社のようにそこから大幅にアップすることはありません。

予算を組みやすく、暮らし始めてからの不満もない。それが富士住建の注文住宅を選ぶ最大のメリットになります。

外観も間取りもすべて思い通りの自由設計

注文住宅というと、間取りも内装も外観もすべて思い通りになると思っている人もいるようですが、多くのハウスメーカーではコストを削減するために規格品を採用しており、商品によっては自由度がまったくなく、決められた中から選ぶくらいしかできないものもあります。

ところが富士住建の注文住宅は、完全な自由設計になっており、要望をすべて聞いたうえで間取りを作成してくれます。家族みんなが集まりたくなる広々としたリビングや、アウトドアを楽しむための中庭やウッドデッキ、部屋が散らからないための充実した収納など、自由にデザインできます。

さらに防音室やシアタールームといった特殊な部屋を作ることもできます。吹き抜けを利用してボルダリングスペースにした家もあります。富士住建は規模の大きなハウスメーカーですが、地域密着型の工務店のように親身になって提案をしてくれるため、日々の生活が楽しくなるといった魅力もあります。

高性能で長期優良住宅を実現

富士住建の注文住宅は機能面でも優れています。耐震性を上げるためにモノコック構造を採用し、建物のねじれや変形を防止しています。さらにはベタ基礎にすることで、建物への衝撃を効果的に地盤に逃がすなどの工夫が施されています。

高いのは耐震性だけでなく、防耐火性、断熱性にも優れ、さらには防犯対策も標準でしっかりと行われています。さらには引き渡しまでに113項目も現場検査を行うほど、品質管理を徹底しており、パソコンやスマホから、現場をチェックできるサービスも行っています。

通常の注文住宅は寿命が30年と言われていますが、富士住建の注文住宅はこのような高い機能性と徹底した品質管理で、長期優良住宅への対応も可能となっています。ローンを完済する前に家が寿命を迎えるといった心配もなく、最小限のメンテナンスで長く暮らせる。それも富士住建の魅力のひとつです。

富士住建の坪単価や総額が安い理由

fujijuken

これだけの魅力がありながらも、坪単価や総額は他の大手ハウスメーカーよりも安くなっているとなると、安物の建材を使っていたり、工事の質が低かったりするのではないかと不安になりますよね。

でも富士住建は良質な建材を使い、113項目のも検査を行ってから引き渡しを行います。ではなぜ富士住建の注文住宅は坪単価や総額が安いのでしょう。その理由について解説していきます。

設備メーカーと契約し仕入れ単価を下げている

ハウスメーカーによっては、自社で設備を開発してコストカットを行っていることもありますが、富士住建は年間棟数が800軒程度ですので、コストアップに繋がります。

そこで自社で開発するのではなく、設備メーカーと年間契約を結んで設備にかかる単価を下げています。

例えば1セット200万円する太陽光発電システムも、富士住建なら800セットまとめて購入できます。

そうすることで設備メーカーは大幅な割引をしてくれます。同じようにキッチンや浴室などもまとめ買いするので、個別に購入するよりも単価を下げることができます。

フル装備にしているのは購入者のためでもありますが、このように設備を安く仕入れるためでもあるというわけです。

値引きができないくらいまで利益率を下げている

富士住建は値引き対応をしてくれません。それをネガティブな口コミとして広める人もいますが、実際には値引きをしないのではなく、値引きできないくらい利益率を下げているため、いくらお願いしても値引き交渉に応じてもらえません。

一方で他のハウスメーカーは値引き交渉があることを前提に、少し高めの見積もりを出します。そして、依頼者ごとに値引き額を変えたり、ノルマを達成しなくてはいけないときに、大幅な値引きとなる割引キャンペーンを開催したりします。

それでは安く建てられる人とそうでない人に分かれてしまい、不公平感があります。そうではなく、富士住建で建てるすべての人に適正な価格で家を建ててもらいたいということで、利益率を限界まで下げて提示しているため、富士住建の総額が他社よりも安くなっています。

無駄な経費を徹底して削減

ハウスメーカーは知名度が高いほど契約を取りやすいため、ほとんどの業者が高額な費用をかけてテレビやラジオ、インターネットなどに広告を出しています。さらには立派なモデルハウスを全国各地に建てて、実際に建物を見てもらえる環境を整えています。

これが注文住宅業界でのスタンダードですが、広告を出すにしてもモデルハウスを建てて管理するにしてもお金がかかります。そこでかかったお金を回収する必要があるので、どうしても建物本体価格にその費用を乗せることになり、総額が上がります。

富士住建はその手法を見直し、モデルハウスを建てず、豪華なカタログを作らないなど、徹底して無駄な経費を削減しています。注文住宅の総額のうち経費が占める割合は多く、これらを大幅カットすることでコストパフォーマンスの高い注文住宅づくりを実現しています。

富士住建で満足度の高い注文住宅を建てるコツ

fujijuken

ここまでの説明だけですと、富士住建の注文住宅にはメリットしかないように思えますが、実際に家を建てた人の中には「富士住建はあまりおすすめできない」と言う人もいます。後悔している声はそれほど多くはありませんが、やはり気になりますよね。

そこでここでは、富士住建と契約した人の失敗をもとに、満足度の高い注文住宅を建てるためのコツをご紹介していきます。

ショールームで内装と設備をチェックする

富士住建で家を建てるときのデメリットのひとつが、モデルハウスがないということです。ショールームはありますが、コスト削減のためにモデルハウスを建てておらず、実際の家をチェックできません。このため、家が建ってから「イメージと違う」という不満が出てしまいます。

モデルハウスがありませんので、仕上がりとイメージの違いを完全になくすことはできません。このため外観に関しては、ある程度の割り切りが必要です。提案してもらったデザインや過去に手掛けた建築の写真では質感が伝わりませんので、外観よりも内装や間取りを重視してください。

モデルハウスはありませんが、ショールームは充実しています。最寄りのショールームに足を運んで、富士住建の注文住宅を体感しておきましょう。ショールームで設備をチェックし、イメージした理想の暮らし元に間取りを提案してもらえば、少なくとも内装や設備での不満はなくなります。

富士住建ショールームはこちら

他社の提案と比較して家づくりを進める

富士住建で家を建てると決めている場合でも、「タウンライフ家づくり」のような無料一括見積りサービスを活用して、他社にも提案してもらいましょう。富士住建の担当者は提案力が低いという口コミがいくつかあり、提案されるのを待っているだけでは、理想の間取りにはなりません。

他社にも間取りの提案をしてもらい、その中で魅力的に感じたアイデアを富士住建に「こういうことはできないか?」と相談してみましょう。すべてが採用されるわけではありませんが、それぞれのいいところを組み合わせることで、満足度が上がります。

もちろん、価格面も合わせて富士住建よりも良い提案をしてくれるハウスメーカーや工務店があるなら、そちらに乗り換えてもいいわけです。

比較する

大事なのは比較検討をして、自分たちの理想の暮らしを叶えてくれる業者を見つけ出すということです。

最初から1社に絞るよりは時間がかかってしまいますが、人生最大の買い物をするわけです。業者選びと間取り選びは、妥協することなく時間をかけて行いましょう。

\好きな間取りを選んで最大400万円安くなる/

タウンライフ一括見積りサービス

任せっぱなしにせずに現場に足を運ぶ

口コミでもうひとつ気になるのが、現場監督の対応が良くないというものです。富士住建から発注を受けた業者が現場作業を行いますが、富士住建との連絡のやり取りがうまくできていないケースや、図面通りに作られていないケースなどもあります。

現場に足を運んだところで、自分が何かをできるわけではないので、完成間近になるまで見学に行かない人もいますが、現場や担当者に任せっぱなしにすると、上記のようなミスに気づかずに施工が進むこともあります。また建築経過をチェックすることで、使い勝手の悪さに気づけて完成前に修正してもらえることもあります。

現場監督や作業員とコミュニケーションをとっておくことで、しっかりと建てようという意識を持ってもらえるというメリットもあります。現場に行って挨拶をして、ねぎらいの言葉をかけたり、差し入れしたりすることで建てる側の意欲が変わってきます。

忙しくてなかなか時間を取れないという人もいるかもしれませんが、現場に足を運ぶことで愛着も湧いてきます。富士住建で注文住宅を建てるときには、無理にでも時間を作って、現場に足を運ぶようにしましょう。

まとめ

富士住建の注文住宅はハイグレードな標準装備を揃えているため、坪単価で計算すると格安ハウスメーカーよりも高額になってしまいますが、後からオプションを追加することもなく、建ててから予算オーバーになることがほとんどありません。

さらに自由設計で理想の家を建てることができるため、実はとてもコストパフォーマンスに優れた注文住宅でもあります。さらには長期優良住宅に対応させることもできるほど建物の品質も高く、長寿命だというメリットもあります。

ただし、モデルハウスがないためエクステリアも含めた外観のイメージを掴むのが難しく、この点に関してはある程度の妥協は必要です。ただし、ショールームは充実していますので、生活を体感することは可能です。そういう意味では、外観よりも内装や設備重視という人におすすめです。

また、担当者の提案力がやや乏しいという口コミがありますので、最初から富士住建に絞らずに、「タウンライフ家づくり」などで複数の業者から提案をしてもらった上で、いいアイデアを組み合わせて理想の間取りに仕上げていきましょう。

家づくりで大事なのは、時間をかけて比較検討をするということです。思わぬ提案をしてもらえることもありますので、面倒だと思わずに大手ハウスメーカーから地域密着型の工務店まで、幅広く依頼して、様々な提案をしてもらいましょう。

\好きな間取りを選んで最大400万円安くなる/

タウンライフ一括見積りサービス