フローリングのカビ取り対処法とカビを発生させない予防法

フローリングにカビが生えてしまったとき、慌てて対処しようとして失敗してしまったことはありませんか?

実は、フローリングのカビの対処にはやってはいけない方法があるのです。

それでは、正しい対処法とはどのようなものなのか、カビを発生させないための予防法などもこの記事でご紹介しています。

フローリングのカビの取り方と予防法

フローリングの掃除をしているときに「もしかしてカビかも…?」と感じたことがある人もいるのではないでしょうか。

フローリングのカビは、なるべく早く対処すればするほど、簡単な対処で落とせる可能性が高くなります。

フローリングにカビが生えてしまった場合の対処法と、カビが生えない様にするための予防法をご紹介します。

フローリングの白カビ、黒カビの原因は?

カビの発生原因となる条件とはどういった環境なのかについて説明します。

湿度 カビはジメジメが大好き

カビが発生する大きな原因は湿度です。カビは湿度の高い場所を好み、湿度が60%を超えると繁殖を始めるカビが出始め、80%を越えるとほとんどのカビが繁殖するようになると言われています。

フローリングにカビが生えてしまう原因は、フローリングを濡れたまま放置してしまったことや、結露などが原因となることが多いでしょう。

例えば、風呂場の前の床などもカビが生えやすい場所です。

温度 カビの快適気温は人間と一緒

カビは高温多湿を好むと言われていますが、実は湿度と違って温度は高ければ高いほど活発に活動するというわけではありません。

カビにとっての快適温度は20℃から30℃と言われていて、25℃くらいでもっとも活動が活発になると言われています。

この温度は、人間の快適温度とほぼ同じであると言えるでしょう。この温度より低い場合にはカビは活動が低下すると言われています。

また、高温になった場合にもだんだんと活動が低下し、36℃を超えるとほとんどのカビが活動を停止すると言われているようです。

季節ごとにカビの快適温度に気をつけましょう。

最近では夏の気温が高まりつつありますから、真夏よりも梅雨や秋口、暖房を使う時期の方が注意が必要になるかもしれません。

栄養分 カビは何でもエサにする

カビが繁殖するには栄養分が必要ですが、厄介なことに、カビは人間の生活の中で出てくるゴミはほとんどのものをエサにしてしまいます。

例えば、チリやホコリ、皮膚から落ちた角質などです。これらがフローリングの上に多く残っている状態だと、フローリングにカビが生えやすい状態となってしまうと言えます。

やってはいけないカビ取り掃除方法


フローリングのカビを早速除去しようと、強い洗剤などを使用しようとしていませんか?しかしそれはかえってフローリングを傷つけたりしてしまう可能性のあります。

ここでフローリングでやってはいけないカビ取り掃除方法について紹介します。

カビキラーなどの塩素系漂白剤

カビキラーなどの塩素系漂白剤は、お風呂場などのカビを落とすのには便利ですが、フローリングのカビを落とすのに使ってはいけません。

塩素系漂白剤をフローリングに使ってしまうと、フローリングの色まで落としてしまうことになります。

そうなると、カビが生えているよりもずっと目立つダメージとなってしまうでしょう。

また、フローリングのカビは木目に入り込んでいることも多く、カビキラーを巻いても床がダメージを受けるだけで肝心のカビを落とす効果はほとんど得られなかったということも多くあります。

掃除機

掃除機を使うと、一見カビが綺麗になったように見えることがあります。しかし、掃除機で吸い込んだカビは後ろにある排気口から部屋中にまき散らされてしまいます。

つまり、綺麗に掃除したつもりでも部屋中にカビを広げてしまい、結果的に部屋にカビが生えやすい状態を作ってしまいます。

フローリングのカビを取り除く時には、まずはモップやいらない布などを使ってみましょう。

これらの道具で丁寧にふき取れば、カビをまき散らすことなく綺麗にすることができます。

メラミンスポンジ

メラミンスポンジも、お風呂場や水回りのカビを落とすには便利なアイテムですが、フローリングのカビを落とすのに使ってはいけません。

フローリングをメラミンスポンジでこすってしまうと、表面のワックスや光沢がはげていしまい、その部分だけただの板のような状態になってしまいます。

白っぽく変色して、遠目から見てもかなり目立つ状態となってしまいますので、仮にカビが綺麗に取れたとしても、その代償は大きなものとなるでしょう。

カビを落とす場合だけではなく、他の汚れを落とす場合にもフローリングには絶対にメラミンスポンジは使わないようにしましょう。

フローリングのカビを除去する掃除方法


フローリングに発生したカビの除去方法を紹介します。カビの発生箇所やカビの種類によって使用する洗剤が違います。

エタノールで拭き取る

フローリングのカビは、消毒用エタノールを使ってふき取ると落とせる場合があります。

使い方は簡単で、エタノールをスプレーボトルに入れてカビに吹きかけ、雑巾やいらない布、モップなどを使ってしっかりとふき取ります。

できれば、フローリング用のワイパーがあると最も良いと言われています。

ただし、この方法でもフローリングを変色させたりと言ったダメージが発生する場合もあります。

この方法を使う前には、目立たない場所にスプレーをして2~3日様子を見てから、変色などが起きないことを確認してカビに使うようにすると良いでしょう。

エタノールで掃除をした後は、カーテンやソファーなど、周辺にあるものにもスプレーして消毒しておきましょう。

広範囲なカビには逆性石鹸

逆性石鹸は、幅広い素材に使えるアイテムです。

エタノールを試したときに変色してしまったりといったダメージがあった時には、逆性石鹸を試してみると良いでしょう。

まずは、雑巾やフローリングワイパーなどの道具を使ってある程度カビを落としておきます。

その上から、水で薄めた逆性石鹸をスプレーし、不要になった布などでやさしくふき取ります。

頑固なカビの場合には、スプレーしてから数分待ってふき取りを行うと良いでしょう。

あまり長時間水分を放置すると、フローリングが水を吸ってしまって逆にカビの原因となることもありますので注意してください。

黒ずみ落としは中性洗剤

カビ独特の黒ずみは、中性洗剤で落とすことができます。

黒ずみ部分に家庭用の中性洗剤をたらし、汚れを浮かせてからふき取ることで綺麗に汚れを落とすことができます。カビを落とす方法としては重曹も利用できます。

カビに重曹を振りかけて、水を振りかけてからふき取ると黒ずみを落とすことができます。

また、その重曹の10倍の効果があると言われているのがセスキ炭酸ソーダです。こちらは、水に混ぜてスプレーしてから、固く絞った雑巾で拭き上げます。

また、スチームクリーナーを使うことでも黒ずみを落とすことができると言われています。

ただし、スチームクリーナーは無垢フローリングには使えないと言われていますので注意が必要です。

重曹を使ったカビ落としについて詳しくはこちら
お風呂場のカビを重曹と酢で落とす方法と浴室以外のカビ取り方法

フローリングの溝のカビの落とし方

フローリングの溝は、普通に拭き掃除をしてもカビが落としにくい場所となっています。そんな溝のカビを落とすためには、洗剤類の他につまようじを用意します。

まずは、中性洗剤を溝に沿ってたらして汚れを浮かせます。次に、溝に沿ってつまようじでカビを掘り出すようにしてカビ取りをします。

フローリングの溝にはカビ以外の汚れも多く詰まっているので、多くのゴミが取れるはずです。

床の上にはみ出した汚れは固く絞った雑巾などでふき取っておきます。

最後に、溝の部分を綿棒などでふき取っておくと良いでしょう。その後、エタノールなどをスプレーすると除菌効果もあるためさらに効果的です。

それでもカビが落ちないときは?

さきほど紹介した方法でカビが除去できなった場合はもうどうしようもないのでしょうか?

最終的には以下の方法も検討してみてください。

フローリングのカビはプロでも難しい

実は、フローリングのカビを掃除するというのはプロでも難しいのだそうです。

あまりにも大きかったり深くまで根が張ってしまっている場合には、プロでも落とせないカビかもしれないということを頭に入れながら作業をする必要があるかもしれません。

落とせなかったからと言って自分のやり方が悪いのではないかということはあまり考えなくても良いでしょう。

逆に言えば、あまりにひどいカビの場合には、プロを呼んでも無駄になってしまう可能性があるとも言えるでしょう。

その見極めは難しいものですが、プロに頼もうと考えた時には考慮してみてください。

プロのハウスクリーニング依頼はこちら

ワックスを剥がして掃除する

フローリングにはワックスで塗装をしてある場合がほとんどですが、そのワックスの下までカビが到達してしまっている場合には、普通の方法ではなかなかカビを落とすことはできません。

ふき取っても落ちないカビを発見した場合には、一度ワックスを丁寧にはがしてみましょう。ワックスをはがすためには、専用の薬品がありますのでそれを使ってください。

カビの根が深いものの、運よくワックスの中でおさまっていれば、ワックスをはがした時点で黒ずみも消えるでしょう。

ワックスをはがしてもカビがまだ残っている場合には、中性洗剤などを使ってふき取ってみてください。

それでもダメなら業者へ依頼

それでも落ちない場合には、業者にフローリングの張り替えを依頼します。

特に、賃貸の場合にはカビをそのまま放置してしまうと補修費用を請求される場合がありますので、注意してください。

大家さんにお願いした方が費用が安くなるというのならばお願いするのもひとつの方法です。

また、補修を行う際には必ず大家さんに相談するようにしてください。

フローリングの張り替えは、見積もりだけならば無料で行ってくれる業者が多くなっていますから、複数の業者に見積もりをお願いして、費用を比較してみると良いでしょう。

フローリングのカビの予防対策


フローリングのカビ除去の方法を紹介してきましたが、せっかく苦労してカビを除去したあとは、カビが発生しないように予防する必要があります。

ここでフローリングのカビ予防について紹介します。

換気をして空気の流れを作る

フローリングのカビを予防するために一番重要でかつ、一番手軽なのは換気をすることです。

空気の流れを作ることで、カビが一ヶ所に定着して繁殖してしまう可能性を下げることもできますし、湿度の高い空気が溜まってしまうことも防ぐことができます。

また、換気をすることでホコリが溜まりにくくなるというメリットもあります。天気が良い日には、積極的に窓をあけるなどして換気を行うようにすると良いでしょう。

仕事などで不在になる場合には、換気扇を回しておくだけでもある程度の効果は得られます。

湿気を取り除く

次に重要なのは、湿気を取り除くことです。特に結露には注意が必要です。

結露は朝起きるまで比較的長時間放置されてしまいがちですから、朝起きた時には特に、すぐふき取る習慣をつけておきましょう。

結露防止用の吸水テープなどを使うのも良いのですが、それ自体が大量に水を含んでカビが発生してしまうこともあります。

吸水テープを使った時には、テープにカビが発生していないかよく確認するようにしてください。

カビが発生している場合には、すぐに取り換えるようにしましょう。そのほか、飲み物をこぼしたときにはすぐにふき取るようにしたり、部屋を加湿しすぎない様にすることも重要です。

こまめに掃除する

こまめに掃除をすることで、カビの栄養源を減らしてカビが繁殖する可能性を下げることができます。

特に、ほこりがたまるとカビの栄養になりやすくなりますから、注意しておくと良いでしょう。

家具などは、壁から5センチ以上離して置いておくことで、掃除がしやすくなります。こうすることで、気が付かないうちに家具の裏がカビていたという状況は避けられるでしょう。

フローリングに布団を直接敷かない

フローリングに布団を直接敷いてしまうことは、カビが発生する大きな原因となります。

寝ている間には、人間は多くの汗をかきます。布団やマットレスは、想像以上に水分を含んでいるのです。

例え毎日布団を畳んで片づけていても、フローリングに直接布団を敷くとカビが発生することがあるのです。

フローリングに布団やマットレスを敷く場合には、直接敷くのではなく、すのこや除湿マットを敷いてから布団を敷くと良いでしょう。

両方を併用すると、さらに効果が高くなります。その場合には、すのこの下に除湿マットを敷くのがオススメです。

カーペットは清潔に

フローリングの上にカーペットを敷いている場合には、カーペットを清潔に保つことも重要です。

カーペットにはホコリが溜まりやすく、それがカビのエサとなってしまいやすくなるのです。

また、カーペットの下には空気が通りませんから、定期的にはがして選択したり干したりすることで、カーペットの下にカビが映えることを予防できます。

また、カーペットに飲み物をこぼしたような場合にはすぐにはがすのが良いでしょう。

カーペットにこぼした飲み物はふき取った後も乾きにくく、その下にあるフローリングはさらに乾きにくい状態になっていると言えます。

こまめな掃除を心がけましょう

程度の軽いカビならば、中性洗剤などを使うことでふき取ることができる場合もあります。

まずは、それらの方法を試してみると良いでしょう。対処が早ければ早いほど、カビを簡単に落とせる可能性が高くなります。

根が深くなったカビはプロでも落とすことが難しいと言います。最悪の場合には、フローリングの張り替えも検討する必要があるでしょう。

フローリングのカビを予防するためには、部屋を換気し、清潔にしておくことが重要になります。

こまめな掃除を心がけることで、カビが生えてしまって慌てて対処するという可能性を下げることができるでしょう。

壁のカビ除去について詳しくはこちら
壁紙にカビが生えた時の除去方法とカビが発生するの原因と予防策