ウォーターサーバーの水の賞味期限!期限切れでも飲める?

普段何気なく活用しているミネラルウォーターには、賞味期限があることを知っていますか?

水道水と違い密閉された容器に入っていることや、防災用の水を見る機会もあるため、つい賞味期限について気にしない方もいることでしょう。

しかし、ミネラルウォーターはもちろん、ウォーターサーバーに用いられている水にも賞味期限があるのです。現在ウォーターサーバーを利用している方や、ミネラルウォーターを定期的に購入している方は、いつ購入・開封したのか覚えておくことが大切です。

また、万が一の時に備えてミネラルウォーターを常備している人もいますよね。

ミネラルウォーターやウォーターサーバーを利用している方へ向けて、ミネラルウォーターなどの賞味期限についてご紹介します。

ミネラルウォーターやウォーターサーバーの水の賞味期限は内容量などで変わる

ミネラルウォーターは長期保存できるタイプもありますが、美味しく飲むことができる賞味期限が設定されています。

賞味期限は基本的に、使用している材料や製造過程・食品を包んでいる素材を考慮した上で設定されることが多いです。

そしてミネラルウォーターの賞味期限も、このようなことを考慮した上で設定されていると言われています。それではミネラルウォーターの賞味期限について、詳しく解説していきます。

内容量によって賞味期限が変わる

ミネラルウォーターの賞味期限は基本的に1.5Lや2Lのものでは、製造から約2年、500mlのミネラルウォーターでは、製造から約1年の賞味期限が一般的です。

同じメーカーの同じミネラルウォーターでも、内容量によって賞味期限に違いがあります。

しかし、賞味期限が異なるからといっても製造過程や含まれている成分に違いはありません。

これは内容量の少ない方が、外気の影響や周囲の臭いに影響されやすくなるため、ダメージを受けて風味が変わる期間が短くなると考えてられているためです。

水が腐ることもある

ミネラルウォーターは水だから、長期保存をすることができると考えている人は少なくありません。

また、長期保存が可能だからと、災害に備えてある程度ミネラルウォーターを用意している人も多いですよね。

しかし期限を大幅に過ぎた水などでは、腐ることがあります。

水が腐る現象は水自体が腐敗しているのではなく、ミネラルウォーターや水などに含まれてる、その他の物質に変化が起き、結果水も影響を受けている状態です。

水を化学的観点で見ると水そのものは腐らない

水は元素記号で表すと「H2O」となります。この元素記号からわかるように水は水素と酸素が結合したもとだと判断することができますよね。

基本的に水素や酸素は、化学的な観点で見てみると生体活動を行わない無機質だそうです。そのため、水そのものが化学反応を起こして腐敗するということはありません。

しかし、実際には不純物が含まれているため、水が腐ります。

ミネラルウォーターが腐敗する理由

100%不純物が含まれていないミネラルウォーターや水であれば、半永久的に腐敗はすることはないという理屈に繋がります。

しかし、ミネラルウォーターの中に不純物が含まれている場合には、腐敗する可能性があるそうです。

開封すると不純物が一気に入り込む

ミネラルウォーターやウォーターサーバーの水などが仮に不純物の含まれていない状態だったとしても、密閉された容器を開閉した瞬間に不純物が入り込んでしまいます。

また、空気中には、さまざまな不純物が含まれているため、密閉された水を開封した時に腐敗する現象を避けることはできません。

そのため、ミネラルウォーターやウォーターサーバーの水など、消毒・濾過された水でも時間の経過とともに腐敗してしまう環境といえるのです。

開封したミネラルウォーターやウォーターサーバーの賞味期限って?

ミネラルウォーターやウォーターサーバーの水は、多数の種類があります。そして、ミネラルウォーターを開封した後の賞味期限は、商品には記載されていませんよね。

なぜならミネラルウォーターを開封した後にどのように保存をするのかによっても賞味期限は異なるそうです。

ミネラルウォーターやウォーターサーバーの、水の保存方法についてご紹介します。

保存方法で変わるミネラルウォーターの賞味期限

ミネラルウォーターを開封した後に冷蔵保存を行った場合には、数日から2週間程度が賞味期限と考えておきましょう。

上記の場合は、あくまでもミネラルウォーターをコップなどに移して、飲用した場合に飲み切る計算です。また、2週間程の賞味期限としていますが、賞味期限2週間まで保存するより、1週間と考えて飲みきるのことをおすすめします。

更にミネラルウォーターを開封した後に、常温で保存した場合には1日で使い切るようにした方がよいです。

・常温…1日程度
・冷蔵保存…2週間程度

加熱すると美味しさが戻る?

常温で保存したミネラルウォーターやウォーターサーバーの水は、賞味期限切れ1週間以内であれば再加熱することで飲用として使用できる場合もあります。

また、加熱した後にすぐに不純物などが付いていない容器に入れることで、再び未開封の時のようなミネラルウォーターを味わうことができます。

しかし、必ずしも飲用できる訳ではありませんので、保存方法や周辺気温など状況によって変わることを覚えておきましょう。

直接口をつけたミネラルウォーターはその日で飲み切る

また、常温保存や冷蔵保存に関係なく、直接口をつけてミネラルウォーターの飲んだ場合には、長くてもその日のうちに飲みきらなければいけません。

直接口をつけると口の中に含まれている細菌が、ミネラルウォーターの中に入ってしまうため衛生的にリスクが高いです。

長持ちさせるためには直接口を付けて飲むのではなく、コップなど別の容器に入れて飲むことが必須です。

ミネラルウォーターやウォーターサーバーの水が腐敗に関する見分けるポイントは?

ミネラルウォーターやウォーターサーバーの水を定期的に購入、飲用したり料理に使用したりしている方の中には、そもそも腐敗の見分け方について分からないケースもあるのではないでしょうか。

それでは水の腐敗に関する基本的な見分け方について、いくつかご紹介していきます。

「酸っぱい臭い」「濁り」「白い浮遊物」場合は捨てること

ミネラルウォーターやウォーターサーバーなどの水が、腐敗しているかを判断するポイントは、「酸っぱい臭い」「濁り」「白い浮遊物」があるかです。

水の表面に薄い膜が張っている場合や、白い浮遊物が確認できる時は、腐敗していると考え廃棄処理しましょう。絶対に利用・飲用してはいけません。

また、タピオカのような透明の粒が確認できる場合には、水カビも発生している可能性が高く早急に廃棄することが必要です。

水の濁り具合で判断する

水が腐っているのか判断するのに、比較的簡単だといわれているのが「水の濁り具合」です。

透明感がなくなっている場合には、腐敗している可能性が高く危険です。また、濁る現象が見られる場合には、仮に賞味期限が過ぎていなくても、飲用・使用するのを控えるようにしましょう。

もし腐敗した水を飲用・料理に使用してしまうと、健康を害してしまうリスクもあるので迷わず廃棄しましょう。また、腐敗している場合には、生活用水としての使用も控えることが大切です。

ミネラルウォーターやウォーターサーバーの水の賞味期限が切れてしまった場合

ミネラルウォーターやウォーターサーバーの水を、防災用として備蓄していたが賞味期限の切れていたことに気付いた場合、もったいないと感じるところです。

また、一度開封したけれど、賞味・消費期限内に飲みきることができなかったという場合もあります。

そこで賞味期限が切れて翌日など比較的短時間の場合は、活用できるのか解説していきます。

※賞味期限が切れていた場合は、廃棄処理する選択肢も間違っていません。

賞味期限が切れていると美味しく飲めない

賞味期限が切れたミネラルウォーターやウォーターサーバーの水は風味が落ちているため、賞味期限内の時ように、美味しく飲めない可能性があります。

つまり賞味期限が切れてしまっても、腐敗していなければ飲用としても活用することはできます。

しかし、安全性と美味しさどちらにしても、賞味期限が切れたミネラルウォーターは飲用に向いていませんし、健康を害してしまった場合のリスクを考えると避けるのがおすすめです。

賞味期限が切れたミネラルウォーターやウォーターサーバーの水は生活用水に使用

ミネラルウォーターの賞味期限が過ぎてしまったからといって、必ずしも捨てる必要はありません。

賞味期限が過ぎていても腐敗していなければ、ミネラルウォーターやウォーターサーバーの水を飲用としてではなく、生活用水として使用してみることも可能です。

例えば、食器洗いや掃除に活用することで、効率よくウォーターサーバーの水などを捨てることなく使い切ることができます。

賞味期限とは美味しく飲食できる期間

ミネラルウォーターやウォーターサーバーの水に限らず飲料や食品には、賞味期限が設定されています。

「ではミネラルウォーターやウォーターサーバーの水の賞味期限の基準ってなに?」と思う人もいるでしょう。

そもそもミネラルウォーターやウォーターサーバーの水の賞味期限について分からない方に向けて、賞味期限と消費期限の基本について解説していきます。

ミネラルウォーターやウォーターサーバーの水の賞味期限とは美味しく飲める期間

基本的にミネラルウォーターの賞味期限は、ミネラルウォーターウォーターサーバーの水を美味しく飲むことができる期間になります。

未開封の状態では腐敗する可能性が低い一方、長期保存することで風味が変わってしまう可能性はあるのです。

つまり未開封だから、いつまでも美味しく飲めるということはないことも覚えておきましょう。

水は匂いが移りやすく賞味期限内であっても保管方法で美味しく飲めない

ミネラルウォーターやウォーターサーバーの容器は、一般的に微細な浸透性を持っています。そのためにおいの強い場所に容器ごと長期間置いておくと、徐々ににおいが浸透して内部の水に移ってしまうこともあり、賞味期限内であっても美味しく飲めません。

また、生活臭なども浸透してしまう可能性があるため、できれば気を付けておきたいところです。

水の味はとても繊細ですので、すぐにおいが変化する場合は保管場所や周辺の物・飲料・食品から移っていないか確認しましょう。

賞味期限と消費期限の違いは?

ほとんどの食品には、賞味期限や消費期限が設定されています。多くの人は、食品を口にするときに、賞味期限や消費期限を参考にして「食べられる」「食べられない」を判断するかと思います。

ミネラルウォーターやウォーターサーバーの水は、明確に記載されていませんが期限に関する基本中の基本ですので覚えておきましょう。

消費期限

消費期限は、長期保存をすることができない食材に設定されていることが多いです。

開封していない時に、正しい保存方法を行った状態で安全に食べることができる期間だと言われています。つまり、美味しく味わえるのではなく、「安全に食べられる」期限です。

賞味期限

賞味期限は、保存期間が比較的長い食品には設定されていることが多いようです。

未開封の状態で、正しい保存方法を行った場合に、食品を美味しく食べることができる期間になります。つまり、賞味期限が過ぎてもただちに飲んだり、食べたりできないということではありません。

ミネラルウォーターやウォーターサーバーの水の賞味期限を正しく理解しよう

普段何気なく活用しているミネラルウォーターやウォーターサーバーの水には、賞味期限があります。

そして水を販売しているメーカーは、風味などを損なわない期間として賞味期限を設定しているのです。

そのため、風味を気にしない、腐敗していない、状況であれば賞味期限がきれていたとしても飲料水として使用できます。しかし変なにおいがしたり、においなどがなくても濁りや白い物質が浮いていたりしている場合は、健康を害する危険性もあるため廃棄しましょう。

また、ミネラルウォーターの賞味期限はあくまでも未開封時を基準としているため、開封後は期限が短くなり早めに飲むことをおすすめします。

もし開封後の保存期間を延ばしたい場合には、しっかりと冷蔵保存を行うように心がけましょう。他にも直接口をつけてしまうと保存期間が、その日のうちになってしまうため容器に移して飲むことが大切です。

ミネラルウォーターやウォーターサーバーの水を美味しい状態で保存したい時は、事前に賞味期限を確認しておき、今回紹介した方法も参考にしてみるのもおすすめですよ。