D’S STYLE(ディーズスタイル)坪単価・注文住宅の相場はいくら?口コミ&評判チェック

D’S STYLE(ディーズスタイル)は、素材や断熱性能もこだわりつつもローコストな住宅です。ベースとなる設計を建築家の岸本貴信氏が担当しています。

一見するとシンプルな四角いハコですが、採光や通風はすべて建築家が計算し設計しているため室内にしっかりと光と風が入る心地よい家です。

本記事では、D’S STYLEの坪単価や住宅の性能・設備、そして手掛ける商品についてまとめました。幅広い施工エリアでのローコスト住宅をお考えの方は、ご参考にしてください

D’S STYLE(ディーズスタイル)の坪単価

D’S STYLEの平均坪単価は約50~65万円です。同じエリアで展開しているハウスメーカーを比較してみました。

 坪単価
ハナハウス約45~65万円
泉北ホーム約50~65万円
アイデザインホーム約49~70万円
福山住宅約58~72万円
近藤建設約55~65万円

デザインや使用している素材にこだわりのあるハウスメーカーの坪単価を比較してみると中間くらいの坪単価です。

➤あなたの理想の家を希望価格で手に入れる

D’S STYLE(ディーズスタイル)特徴

D’S STYLE(ディーズスタイル)の特徴、標準設備や性能については以下のように紹介されています。

基礎部の配筋検査

日本住宅保証機構による基礎部分に組まれた配筋を検査します。図面と実際に組まれた配筋を比較し、組み具合や本数をチェックし、合格できないと次の作業に取り掛かれないようになっています。

構造材について

転用元:D’S STYLE

D’S STYLEでは構造材に自然素材(無垢材)を採用。一般的に集成材と呼ばれる複数の木を貼り合わせたものが使われる場合が多いですが、新築時の性能を保つことにこだわって、「緑の柱」という国産の無垢材を採用しています。

「緑の柱」とは、国産の無垢材に薬液を加圧注入処理した、防腐・防蟻効果を長期間維持する木材です。半永久的に持続するため壁内部の再施工の必要がなくメンテナンスフリーです。防蟻成分は銅化合物などの安定した天然資源を使用。揮発や劣化を起こすことがありません。

ダブル断熱工法

転用元:D’S STYLE

ダブル断熱工法は、内断熱材「セルロースファイバー」と外断熱「EPSパネル」を組み合わせた国土交通省の認定の断熱工法です。

室内の快適性を実現し、建物を湿気から守って寿命を延ばします。

外断熱材「EPSパネル」

外断熱材「EPSパネル」は、外壁塗りの下地と断熱材を一体化したものです。空気は通し雨水は通さない特殊な素材を使用しています。

内断熱材「セルロースファイバー」

転用元:D’S STYLE

内断熱材「セルロースファイバー」は、古新聞をリサイクルしたものが原料となっています。一般的な断熱材であるグラスウールよりも製造過程でのエネルギーを消費しないで製造が可能、エコロジーな断熱材です。調湿・防虫・防音・難燃性に優れています。

北海道基準をクリアする

ZEH(ネット・ゼロエネルギ・ハウス)で目指す外皮性能の基準である0.6を上回る0.46の性能を持っています。年間維持費が次世代省エネ基準の家と比較しても年間10万円節約が可能です。

最高レベルの耐震等級3

消防や警察などの防火拠点となる建物の耐震性に匹敵。標準で許容応力度計算をおこない「設計性能評価書」を取得、強さの根拠を裏付けしています。

6つの特徴

1.家族とともに成長する

ライフスタイルの変化に対応できるよう空間づくりから考えています。

2.北向きの敷地でも光いっぱい

外部面ではなく中庭的な吹き抜けやフリースペース部に大きな開口を設けて、外からの視線を気にせずに窓を開閉でき、風と光を取り込める家をつくります。壁面ではなく空から光を取り入れる工夫をしているため、北向きであっても明るい家が作れます。

3.おもいっきり深呼吸

無垢材のフローリングや自然素材の塗り壁は標準装備とし、化学物質が含まれる建材をできるだけ排除。小さなお子さまにも安心できる県境優良住宅の仕様です。

4.冬暖かく、夏涼しい

外断熱と内断熱の2つの工法を組み合わせることで、結露・省エネ・防音・耐久性に非常に優れ、四季を通じて住みやすい家になっています。

5.年を重ねるほど深い味わいに

無垢材を使用しているからこそ、経年変化が楽しく、美しいものになります。何年、何十年経っても素敵で誇れる家になるように細部まで拘っています。

6.本物素材を使いつつもコストダウンを実現

素材の質を落とさず、コストダウンを実現する。それが1つのこだわりです。住まいのコンセプトが明確だからこそ、シンプルな家づくりも可能にし、無駄な作業が省かれることも、コストダウンにつながる秘訣です。

商品別の特徴と坪単価

D’S STYLEの家は、TYPE(5つのカタチ)からなっています。基本の四角いBasicベーシックに4つのカタチを加えたプランです。

Basicベーシック

転用元:D’S STYLE

コートハウス(建物や塀に囲まれた中庭を持つ住宅)がベースとなっています。外からの視線を気にせずに目いっぱい光を取り入れた明るい家です。「Basicベーシック」の平均坪単価は不明です。

Shedシェド

転用元:D’S STYLE

片流れの屋根(一方向だけに勾配がある屋根)が特徴的な家です。広くて開放的なロフトがついています。「Shedシェド」の平均坪単価は不明です。

Gableガブル

転用元:D’S STYLE

基本の四角い「Basicベーシック」へ、従来の家で広く採用されてきた切妻屋根(三角の屋根)をつけた家です。「Shedシェド」と同じく、広くて開放的に作られたロフトがついています。「Gableガブル」の平均坪単価は不明です。

Tallトール

転用元:D’S STYLE

「Basicベーシック」の仕様を3階建てにしました。狭小地でも縦の空間を利用して家が建てられます。また隣の視線を気にせずに光を取り込んだ明るい家になっています。「Tallトール」の平均坪単価は、不明です。

Bunggalowバンガロー

転用元:D’S STYLE

個性的な家を作れる平屋スタイルです。広めの土地ならばバンガロータイプがおすすめ。すべて同じフロアでつながっているため、家中の移動にストレスがなくて大変便利です。 「Bunggalowバンガロー」の平均坪単価は、不明です。

気になるメンテナンス費用はいくら?

転用元:D’S STYLE

D’S STYLEは、住み始めたころの困りごとに対応できるようにアフターサービスの定期点検を3年間で4回を予定しています。以降、10年間で合計6回の定期点検を行います。

10年間のメンテナンスサイクルは、6か月→1年→2年→3年→5年→10年です。

ライフアップ部門

住まいに関する不安を解消するため、アフターサービス「ライフアップ」部門を設けています。引き渡し後の定期点検や不意のトラブルなどは、経験豊富な専任スタッフが対応します。

瑕疵担保責任保険

工事着手前の地盤調査からの地盤補強や基礎形式を選択。施工後の住まいに対しても10年間の保証を行っています。

防腐防蟻保証

10年後の再施工を行うことにより、さらに10年間の延長保証を行います。防蟻防腐の長期保証で安心してお住い頂けるようになります。

10年間の瑕疵担保責任保険で補償されるのは、構造耐力上主要な部分と雨水の侵入を防止する部分の瑕疵についてのみです。

外壁の塗装やコーキングなど経年劣化による住宅のメンテナンスは自分でおこなう必要が出てきますね。30坪の外壁塗装にかかる費用相場は80~90万円。屋根も含めると95~120万円ほどとなります。

D’S STYLE(ディーズスタイル)の評判実際の声

D’S STYLE(ディーズスタイル)の評判について、記載されているものは見つかりませんでした。

D’S STYLE(ディーズスタイル)お得なキャンペーン詳細

最新のキャンペーンは公式サイトにてご確認お願い致します。

過去のキャンペーン

キャンペーンは2022年5月26日時点の情報になります。変更になってる場合もありますので担当者に確認してください。

過去のキャンペーン

●株式会社中商 創業50周年記念紹介キャンペーン

お友達を紹介すると3,000円+100,000円プレゼントします。

  • お友達が家づくりを相談するとクオカード3,000円をあなたにプレゼント。
  • お友達が成約されると、100,000円をあなたとお友達にプレゼントします。

(ご紹介後半年以内、成約金額1000万円以上)

キャンペーンフォームより参加申し込みします。

申し込み完了画面に表示される「LINEで送る」ボタンからお友達にご紹介いただきます。
あなたの送ったURLからお友達が資料請求とご相談されるとクオカードをプレゼントします。
更に、ご紹介いただいたお友達がご成約されたら、100, 000円をあなたとお友達にプレゼント!

愛知長CBCハウジング長久手住宅展示場デビュー記念のキャンペーンを行っています。

●100万円相当の下記商品をプレゼント(名古屋エリア限定)

D’S STYLE 名古屋エリア限定

対象エリア:愛知県全域およびD’S STYLE名古屋管轄エリア

①クラッシュゲートの家具100万円分(カタログに掲載されている家具のみ、雑貨は対象外)

②太陽光4KW100万円相当

期間:2022年4月29日~6月30日 先着10組限定

内容:キャンペーン期間中にD’S STYLEを契約締結した方に上記のどちらかひとつをプレゼント。

対象エリア:愛知家全域、岐阜県大垣市、養老市、梅津市、輪之内市、安八郡安八町、瑞穂市、羽島市、本巣郡北方町、岐阜市、羽島郡笠松町 、羽島郡岐南町、各務原市、多治見市、賀茂郡坂祝町、美濃加茂市、賀茂郡富加町、可児市

オリジナルミニボトル120ml限定300組プレゼント(名古屋エリア限定)

事前予約の上、愛知CBCハウジング長くてモデルハウスご見学の方にオリジナルミニボトル120mlを限定300組様にプレゼント。来場予約フォームに必要事項を入力し、送信してください。

D’S STYLE(ディーズスタイル)のメリット・デメリット

ベース設計を建築家の岸本孝信氏が担当しているため、一件シンプルな四角いハコではあるものの、随所に建築家の工夫や知恵が込められたローコスト住宅です。

材質や断熱性能にもこだわっているため、限られた予算の中でも独自の家づくりを楽しむことができます。

D’S STYLE(ディーズスタイル)のメリット

編集部
編集部

人と違う家をローコストで建てられる

基本的な設計部分を建築家に依頼し、ローコストでもこだわりの家が建てられるように工夫が凝らされているため、予算をあまり組めない若い世代にも手が届くような家になっています。

編集部
編集部

こだわりの建材や断熱性能にも満足しやすい

自然素材や無垢材にこだわりたい方にも満足できる建材を採用し、断熱性能も北海道基準のため、快適に住める家になっていますね。

編集部
編集部

施工エリアが広い

福岡県・高知県・広島県・関西地方・東海地方・首都圏など施工エリアが広い。全国展開ではないものの、対象施工エリアが広いためD’S STYLEで建てたいと考える方にとっては検討しやすいのではないかと思います。

D’S STYLE(ディーズスタイル)のデメリット

編集部
編集部

東京より北の方は施工エリアに含まれていない

東京よりも北エリアは施工対象地域ではないため、建てることができません。

編集部
編集部

住宅瑕疵担保保険の範囲内の保証のため要準備

10年間の保証期間のみとなっているため、充実したメンテナンスやアフターフォローの付いたハウスメーカーよりも家にかける費用を工面する必要があります。

編集部
編集部

高性能の住宅だが最新設備はない

高性能、高断熱の住宅ですが、最新設備で建てたいと考えている人には物足りなく感じるかもしれません。

D’S STYLE(ディーズスタイル)がおすすめ人

D’S STYLE(ディーズスタイル)をおすすめできる方は以下になります。

  • 人とは違った家で自分らしい暮らしを楽しみたい方
  • 素材を感じ、ふれあいたい方
  • 住む人に優しい家を欲している方
  • ローコストかつ他とは違う家を建てたい方

ローコスト住宅はできる限りをシンプルにしてコストダウンを実現しているハウスメーカーが多く、似通ってしまいますが、差をつけたい方にとってはD’S STYLEは良いでしょう。

施工エリア内で建てる家の比較材料の一つとして検討してみることをおすすめします。