ドコモ光の評判と引越しでドコモ光を契約するメリット・デメリット

ドコモ光

ドコモの携帯電話を使っている人は「家のインターネット回線もドコモに変えませんか?」という案内を受け取ったことがありますよね。

でもインターネット回線を変えるのは面倒で、そのままにしているという人も多いかと思います。

そんな人がインターネット回線を切り替えるチャンスが引越しです。引越しをする場合には、継続利用するにしても手続きや工事が必要になります。

だったらそのタイミングでお得なドコモ光に切り替えるほうがいいですよね。

そこで、ここではドコモ光の特徴やメリット・デメリットをご紹介し、ドコモユーザーがなぜドコモ光に切り替えたほうがいいかについて詳しく解説していきます。

この記事でわかること

  • ドコモユーザーがドコモ光を契約すれば携帯電話料金がお得になる
  • ドコモ光でもプロバイダごとに回線速度が違う
  • 高速通信をしたいならv6プラス対応のプロバイダを選ぶ
  • 引越しで契約する場合には早めに申し込む

なぜドコモ光をおすすめするの?

ドコモの携帯電話を使っている人にドコモ光をおすすめするのには、もちろん理由があります。

まずはドコモ光のサービスについて簡単にご紹介し、それに合わせておすすめの理由を解説します。

ドコモ光の基本情報

1Gbpsの光回線は月額利用料金が高いと思っている人もいるようですが、ドコモ光の場合はプロバイダ料金込みで4,000〜5,400円とリーズナブルな価格に設定されています。

通信速度最大1Gbps
月額利用料金
マンションタイプ
4,000〜4,200円
(プロバイダ料金一体型:2年契約)
月額利用料金
戸建てタイプ
5,200〜5,400円
(プロバイダ料金一体型:2年契約)
契約事務手数料3,000円
工事料マンションタイプ:15,000円
戸建てタイプ:18,000円
解約金マンションタイプ:8,000円
戸建てタイプ:13,000円

解約金については、契約満了月の当月・翌月・翌々月以外での解約です。

ドコモ光の安さの秘密は「2年縛り」にあります。

スマートフォンと同じように契約期間があり、更新期間以外での解約時にはマンションタイプで8,000円、戸建てタイプで13,000円もかかります。

とはいえ、ドコモ光は全国で利用できますので、将来的な引越しなどで利用できなくなるなんてことはありません。

また、2年縛りだと困るという人のために、きちんと契約期間なしのプランも用意されています。

プランは自分の環境に合わせて選びましょう。

ドコモユーザーなら携帯電話料金が安くなる

ドコモのスマートフォンユーザーにドコモ光をおすすめしたいのは、携帯電話料金が割引になるためです。

割引額は契約プランにもよりますが、3人家族で全員がギガホプランに加入していた場合には、それぞれが1,000円割引になります。

実質的に家庭のインターネット回線が3,000円分安くなるのと同じことですので、かなりお得なのがわかりますよね。

適用されるのがファミリー割引グループですので、離れて暮らす家族がいる場合にも割引の対象になります。

このため、家庭によっては実質無料で光回線を利用できることもあります。

最近はこのように、携帯電話回線とインターネット回線を揃えてお得になるというのが主流で、ソフトバンクやauもそれぞれお得になるインターネット回線があります。

docomoユーザーの場合は、それがドコモ光というわけです。

Docomoユーザーがいくら安くなるかシュミレーションしてみる

GMOとくとくBBならさらにお得

ドコモ光はいくつかのプロバイダで利用できますが、これから契約するのであれば、おすすめなのは「GMOとくとくBB」です。

GMOとくとくBBのメリット

  • 新規工事料無料
  • 2万円のキャッシュバック
  • dポイントが最大5000ポイントプレゼント
  • v6プラス対応Wi-Fiルーター利用料金無料
  • 回線速度が速い(全国平均:下り312.66Mbps・上り268.00Mbps)
  • テキスト

GMOとくとくBBならこんなにも魅力があります。

回線速度なんてドコモ光なら同じじゃないの?と思うかもしれませんが、実はプロバイダごとにかなりの差があります。

GMOとくとくBBは次世代規格であるv6プラス対応のWi-Fiルーターを利用できるので、快適に動画コンテンツを利用できます。

さらに「ひかりTV for docomo」と「DAZN for docomo」の申込みをすれば、2万円のキャッシュバックを受けられるなどの特典も用意されています。

キャッシュバックを詳しく見る

ただ、契約してみたら回線が遅くて使えないなんてこともありますので、次章では実際に利用している人の口コミや評判をご紹介します。

ドコモ光の口コミと評判

ドコモ光に切り替えて満足できるかどうかは、実際に利用している人の声を聞くのが1番です。

そこで、ここでは口コミや評判をチェックして、切り替えても満足できるかどうかについて見ていきましょう。

ドコモ光の口コミ

GMOとくとくBBでドコモ光を利用している人のTwitter投稿を集めてみたところ、かなり多くの人がサービスに満足しているのがわかります。

https://twitter.com/DaiCE_SixTONES/status/1219249552982593538

ドコモ光だけですと「速度が遅い」「回線が安定しない」などの口コミが目立ちますが、GMOとくとくBBを利用している場合は、ほとんどの人が通信回線に満足しています。

それだけでなく、多くの人が快適な通信を求めて、GMOとくとくBBへの乗り換えを検討しています。

とはいえ、インターネット回線は混雑する時間帯がありますし、電子機器ですので設備が不安定になることもあります。

必ずしもポジティブな口コミだけでなく、「使えない」というものもいくつか見られます。

これらはドコモ光に限ったことではなく、どの通信回線でも同じことが起きますので、ドコモ光だけが悪いわけではなく、インターネットとは不安定になることもあるサービスだということを頭に入れておくといいでしょう。

ちなみに同じドコモ光でも速度の口コミに違いがあるのは、v6プラスに対応しているかどうかが影響します。

v6プラス対応のプロバイダは回線が混雑しにくく安定しますが、そうでないプロバイダはドコモ光を使っていても、回線速度がかなり低くなることもあります。

そういう面からも、v6プラス対応のGMOとくとくBBがおすすめです。

ドコモ光の評判

SNSだけでなく、ブログなどでも「ドコモ光は遅い」「サポートの質が低い」といった評判が見つかりますが、実際に利用している人の多くが、速度もサポートも満足しています。

初期設定でつまずく人もいるようですが、GMOとくとくBBの場合は無料で出張サポートしてもらえますので、パソコン初心者でも初期設定を全部おまかせできます。

このようにドコモだけでなくプロバイダもしっかりサポートしてくれるので安心です。

ただ、繰り返しになりますが、ドコモ光ならどのプロバイダでも同じというわけではありません。

回線スピードを手に入れるための必須条件

快適な環境を手に入れたいなら、GMとくとくBBのようにv6プラスに対応していることが必須条件になります。

そうでない場合には、いくら1Gbpsの回線とはいえ、利用者が多い時間帯や地域ではスマホよりも低速になることもあります。

プロバイダ選びをするときに、ついついキャンペーンの内容だけで選んでしまいそうになりますが、これから契約するのであれば、必ずv6プラス対応のプロバイダであることを確認してから申込みましょう。

引越しでドコモ光を契約するメリット

ここまでの説明で、ドコモ光の魅力を分かってもらえたかと思います。次は引越しをするときに、数あるインターネット回線の中からドコモ光を選ぶメリットについて見ていきましょう。

ドコモ光を契約するメリット

  • ドコモユーザーならトータルの通信費を抑えられる
  • 最新のインターネット環境が手に入る
  • v6プラス対応ならネット回線のストレスがなくなる
  • プロバイダのキャンペーンが充実している

ドコモ光にはこのようなメリットがあります。それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

ドコモユーザーならトータルの通信費を抑えられる

すでにお伝えしましたように、ドコモユーザーなら1人あたり最大1,000円の携帯電話料金割引があります。

ファミリー割引の範囲内が対象ですので、家族全員がドコモユーザーだった場合には、大幅な割引を受けられます。

ただし1人暮らしで割引額の低いプランを使っている人は、ドコモユーザーでもメリットがあまりありません。

誰でも等しくメリットになるわけではないので、自分のケースでどれくらの支出になるのかきちんとシミュレーションしておきましょう。

最新のインターネット環境が手に入る

ドコモ光の回線を契約すると、次のサービスを利用できるようになります。

サービス一覧

  • ドコモ光電話
  • ドコモ光テレビオプション
  • ひかりTV for docomo
  • DAZN for docomo
  • スカパー
  • dTV
  • dアニメストア

これまでの古い回線では、YouTubeを見るのでもストレスがあったかもしれません。ところが1Gbpsの回線のドコモ光なら、インターネット回線でもテレビを見ることができます。

他にも様々な動画サービスを高画質で楽しめ、ネットゲームも快適になります。

ネットショッピングやSNSの閲覧もストレスがなくなります。

このように、ドコモ光に乗り換えると最新インターネット環境が整いますので、より良い生活環境が手に入ります。

v6プラス対応ならネット回線のストレスがなくなる

ドコモ光のうちv6プラスに対応しているプロバイダを利用すれば、回線の遅さによるストレスがなくなります。

これまでの通信回線は多くのアクセスがあると混雑するポイントがあり、そこで速度遅延が発生していました。

v6プラスに対応している場合は、その混雑ポイントを回避できます。

ただし、こちらもすでにお伝えしましたように、どのプロバイダでも対応しているわけではありません。

引越しでドコモ光と契約するのであれば、必ずv6プラスに対応しているプロバイダと契約しましょう。

プロバイダのキャンペーンが充実している

ドコモ光を使えるプロバイダはいくつもあり、どのプロバイダもシェアを広げるためにキャンペーンを行っています。

このキャンペーンの内容が充実しているため、実質の利用料金を下げることができます。

GMOとくとくBBのようにキャッシュバックされるプロバイダもありますし、Wi-Fiルーターを無料で借りられるプロバイダもあります。

キャンペーンの内容は、プロバイダごとに違います。

まずはv6プラスに対応しているプロバイダをリストアップして、それぞれのキャンペーン内容を比較して申し込むプロバイダを決めましょう。

引越しでドコモ光を契約するデメリット

メリットの多いドコモ光ですが、下記のようなデメリットもあります。

ドコモ光を契約するデメリット

  • 春の引越しシーズンは工事が遅れやすい
  • プロバイダを乗り換えるとメールアドレスが変わる
  • サポート電話がつながりにくい

人によっては許容できないデメリットもあると思いますので、回避方法も含めて個別に説明していきます。

春の引越しシーズンは工事が遅れやすい

ドコモ光に限ったことではありませんが、3月や4月といった引越しシーズンに申し込みをすると、希望する日に工事をしてもらえない可能性があります。

数日の遅れならいいのですが、数ヶ月待ちになることもあります。

このため、春の引越しシーズンでドコモ光と契約する場合には、早めに申し込むことが重要です。

自分の引越しが決まったら、1日でも早く申込みを行ってください。

工事は土日でも対応していますが、3,000円の追加料金がかかることもあります。

そのうえ予約を取るのも大変ですので、仕事がある人でも平日に工事してもらうのがおすすめです。

プロバイダを乗り換えるとメールアドレスが変わる

インターネット回線をドコモ光に乗り換えるとき、これまで使っていたプロバイダをそのまま利用できれば問題ありませんが、プロバイダも乗り換える場合にはメールアドレスが変わります。

以前からインターネットを使っている人は、ネットサービスの登録などにプロバイダのメールアドレスを使っているかと思います。

プロバイダの乗り換えでメールアドレスが変わった場合には、それらの登録をすべて変更しなくてはいけなくなります。

かなりの手間ですので、実際には既存のプロバイダとの契約を残すことになります。

最安値プランに変更し、これまで使っていたメールアドレスを継続利用します。

このため、毎月数百円のプロバイダ料金が追加で発生します。

もちろんプロバイダによってはv6プラスにも対応していて、継続利用できることもあります。

その場合には、特にデメリットにはなりませんので、すぐにドコモ光に乗り換えましょう。

サポート電話がつながりにくい

ドコモ光は利用者がとても多いインターネット回線です。それゆえに、サポートへの電話が繋がりにくいという問題があります。

しかもインターネット回線のトラブルは、電話対応がとても難しく、せっかく繋がったのにたらい回しにあって、結局解決しなかったなんてこともあります。

このため、ドコモ光のサポートはあまり期待できません。

こういうときに頼りになるのはドコモではなくプロバイダです。

何かあったときにスピーディに対応してくれる、しっかりとしたプロバイダを選びましょう。

引越しでGMOとくとくBBのドコモ光を契約する流れ

最後にドコモ光を利用する上でおすすめのGMOとくとくBBについて、申込みから利用開始までの流れをご紹介しておきます。

STEP.1
引越し日の決定
STEP.2
GMOとくとくBBのサイトから申込み
STEP.3
GMOとくとくBBから電話によるサービスの案内
STEP.4
NTTドコモで申込内容の登録
STEP.5
回線工事日の調整
STEP.6
回線工事
STEP.7
利用開始

GMOとくとくBBは引越し先が決まれば申込みできます。

このため、引越先と引越し日が決まったら、すぐにGMOとくとくBBのサイトから申込みましょう。

申し込みには下記の情報が必要になります。

  • ドコモの携帯電話番号
  • 設置先住所
  • フレッツ光からの移行の場合は「転用承諾番号」

注意したいのが、現在利用しているインターネット回線がフレッツ光だった場合です。

この場合は、NTT東日本もしくはNTT西日本のホームページから「転用承諾番号」を取得しておきましょう。

参考 転用承諾番号のお申し込み方法について(NTT東日本エリアのお客さま)NTT東日本 参考 転用のお手続き(転用承諾番号のお受け取り)NTT西日本

申込みをするとGMOとくとくBBから電話があり、利用プランやキャンペーン情報等の説明を受けます。

問題がなければ申し込み完了となり、あとはGMOとくとくBBとNTTドコモが連携をとって進めてくれます。

登録が完了したら、ドコモ光サービスセンターに電話をして工事日程を決めましょう。

工事は1時間程度で終わり、すぐにインターネットを使えるようになります。

GMOとくとくBBの出張サポートで、接続設定してもらうことも可能です。自分で設定できそうにないという人は、出張サポートを利用しましょう。

\20,000円キャッシュバック/
ドコモ光を申し込んでみる