センチュリーホームの坪単価の相場はいくら?注文住宅の口コミ&評判もチェック

センチュリーホームは、「ニッポンの家は高すぎる」という創業時の経営理念のもと、徹底的にコストの削減を追求し、ローコスト住宅建築を得意としています。

広告費を無駄にかけないこと、現金取引により建材や設備の一括仕入れによるコスト削減が低価格・高性能の家づくりを実現しています。

本記事では、センチュリーホームの坪単価や住宅設備や建物の性能、そしてセンチュリーホームが手掛ける商品についてまとめました。関東近郊で家を建てようとお考えの方は、ご参考にください。

センチュリーホームの坪単価

センチュリーホームの坪単価は約40~65万円です。同価格帯のローコスト住宅を手がけるハウスメーカーと、価格を比較してみましょう。

クリックで見れる坪単価
エースホーム約40~60万円
ロイヤルハウス約35~65万円
ダイケンホーム約45~55万円
アキュラホーム約30~70万円
ウィザースホーム約40~65万円

単純な坪単価としては、中間の位置にあります。

ローコスト住宅の場合は、住宅性能の比較が不可欠となりますので、高性能を意識しているメーカーの中では低価格だと感じます。

クーポンプレゼントなどの割引も用意されていますので、たくさんのメーカーと比較検討を考えている人は、候補に加えてみるのをおすすめします。

➤あなたの理想の家を希望価格で手に入れる

センチュリーホームの特徴 

バーチャル展示場やネット反響営業への転換など、無駄な費用を省く取り組みを徹底しています。常に進化する家づくりの技術にも敏感に反応し、常に最先端の技術を積極的に取り入れることができるハウスメーカーです。

茨城県に本社を置く、創業39年のハウスメーカーです。施工エリアは、関東を中心とし、神奈川県全域・東京都全域・茨城県全域・埼玉県一部・千葉県一部が可能です。

センチュリーホームの特徴は、大きく3つあります。

安くて良い家を作るため徹底したコスト管理

安くて良い家づくりのため、徹底的なコスト削減により、低価格を実現しているのがこだわりです。設備や建材は、現金取引にて全国一括安く仕入れをしているため、販売価格に反映させることができます。

長期的に安心して使える耐震性や耐久性

耐震性・省エネルギー性・維持管理性・劣化対策で、国が定めた基準を満たした長期優良住宅認定を受けているのも魅力です。

ハイブリッドストロング工法とオリジナル耐震強化基礎、面材・断熱材・門柱・枠材が一体化したコーチパネルの採用で、耐震・断熱性を強化しています。

耐火性の基準を満たし保険料も減額

省令準耐火構造の基準も満たしています。耐火性の高さに加え、一般の木造住宅に比べて火災保険料が安くなるのがメリットです。

センチュリーホームの商品別の特徴と坪単価

センチュリーホームの商品は、ホームページには2つあります。ここではそれらを紹介します。

Sネット

土地の形状に関して柔軟性のある尺モジュールで建てる家で、狭い土地でも部屋をより広く、効率良くアレンジできます。

コストパフォーマンスとデザイン性の高い家づくりを追及した商品です。坪数や建物のスタイルに合わせた18種類のモデルプランがあり、全棟自由設計も対応できます。

Sネットの坪単価は約30~50万円です。

Gネット

基本性能を高性能標準仕様とし、カスタマイズの自由度を追求した家作りができる商品です。Sネットと同様に、坪数や建物のスタイルに合わせた18種類のモデルプランがあり、全棟自由設計も対応できます。

Gネットの坪単価は約40~60万円です。

気になるメンテナンス費用はいくら?

センチュリーホームでは、引き渡し後3ヶ月・1年・2年・5年・10年で、定期点検が行われますが、費用については不明です。

外装・内装ともに、工事部分ごとと工事内容(例えば「壁」であれば木の工事・塗装工事・断熱工事など)で細かく保証年数が区別されています。

およそ2年保証のものが多いですが、詳細は確認が必要です。

点検時以外の相談は、年末年始を除いて9時~18時にフリーダイヤルで相談を受け付けています。

センチュリーホームの口コミ評判

センチュリーホームで実際に施工された人の評判を調べてみました。実際の費用は不明でしたが、価格については安いという意見が多いです。

施工については、かなり無理な要望も聞いてくれてほぼ思い通りの家が安くできたという意見がありました。

ただ、アフターメンテナンスについての低評価も目立ちます。気になった部分の修理対応が無いということではなく、連絡がつかない・つきにくいという意見です。

以下に、みん評に掲載されている口コミを紹介します。

女性

うちはセンチュリーホームで建てました。新聞の広告によく入っていて安いので心配になり、近くにあるモデルハウスにも足を運びました。実際住んで10年経ちますが、床がしっかりしているし傷つきにくく良いです。階段も緩やかなほうです。ただ、10年経つと部屋が寒くなる傾向になりました。購入したときは冬でも暖房なしでいけましたが、今は毎日暖房やこたつがないと冬を越すのは難しいです。特に2階が夜寒いので1階で寝ています。

みん評
女性

まず自由設計で家を作りたかったのと、家を建てるときの坪単価が一番安かったからセンチュリーホームに決めました。ただ残念なのは、家の雨戸やエアコンの200Vコンセントはオプションで別途料金がかかるのと、普通は元からの設計の段階で入っているでしょというような設備も有料になるものが多かったです。フローリングが浮いている部分があったのも気になり、保障期間内だったので修理してもらいました。それと、定期メンテナンスがあるはずなのに、こちらから連絡しないと来ないのはどうなのかと思います。

みん評

センチュリーホームお得なキャンペーン詳細

センチュリーホームでは、定期的にお得なキャンペーンが発表されます。

最新のキャンペーンは公式サイトにてご確認お願い致します。

過去のキャンペーン

1.Sネット限定  予算安心キャンペーン

棟数・期間・地域の3つの限定項目を、毎月変更して行われるキャンペーンです。坪数による限定モデル各5棟限定で、基本的な付帯工事込みの特別価格となります。

2.Gネット限定  ダブルプレゼントキャンペーン

棟数・期間・地域の3つの限定項目を、毎月変更して行われるキャンペーンです。

  1. 生活をグレードアップする人気の装備品をプレゼント
  • A・B・Cから、好きなセレクトを1つプレゼント
  • 太陽光セレクト
  • メンテナンスコスト大幅軽減の新世代外装材
  • 長耐久ハイブリッド屋根材

センチュリーホームのメリット・デメリット

センチュリーホームでの施工を考えた場合のメリット・デメリットを紹介します。

センチュリーホームのメリット

編集部
編集部

坪単価が安い

住宅性能を考えた場合、他メーカーと比べても安い坪単価で建てられると思います。施工された建物について、実際の意見でもあまり悪いものは見られないので、価格には満足しているということでしょう。

編集部
編集部

選べるクーポン

ホームページから建築相談や問い合わせをする際のフォームが、成約時に使える10万円~20万円のクーポンが選べる仕様となっていて面白いです。

商品や金額などにより、クーポンの枚数を増やせるのもワクワク感がありますね。

編集部
編集部

堅実で安定した経営状態

設備や建材の仕入れや職人さんたちへの支払いなど、あえて現金取引を行うことでパートナー企業と信頼関係を築いています。多くのことに手を出さず、無借金経営を貫くことで、健全な経営状態を保っているのが強みです。

センチュリーホームのデメリット

編集部
編集部

オプション費用がかかる

設備に関しては、「他メーカーと比べて物足りなさを感じる」という評価が多いのが気になりました。

「坪単価は安いけれど希望の設備を加えたらそうでもなかった。」ということにならないように、多くの会社を検討するとよいでしょう。

編集部
編集部

アフターサービスが不安

オプションの評判と合わせてアフターフォローのスピード感に対して少しマイナスな評価がありました。不具合が出た場合の伝わりやすい相談の仕方など、事前に確認しておくのも長く良好な付き合いをするには大切なのかもしれません。

編集部
編集部

ネット中心でわかりにくい

非営業拠点の人員を整理し、ネット反響営業への転換をしています。電話での問い合わせも対応していますが、特別価格などの対象になるかどうか不安な場合は、確認されることをおすすめします。

センチュリーホームがおすすめなのはこんな人

センチュリーホームを特におすすめしたい人は、20~30代の若い世代です。

  • とにかく費用を抑えたい人
  • 子育て世代の人
  • 関東圏に家を建てる人

十分な性能があれば設備やデザインなどにはこだわらず、費用をかけずに家を建てたいと考えている人におすすめできます。

低価格で長期優良住宅が建てられるので、なにかとお金がかかる子育て世代には、ぜひ検討してもらいたいハウスメーカーです。

金銭面や住環境の不安を少なくできれば、穏やかに楽しく子育てに専念できるのではないでしょうか。

関東圏でマイホーム建築を考えている人には、候補の一つに加えてみるのはいかかでしょうか。